1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

 2017/08/26 Microsoft Word   631 Views
Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

Microsoft Wordの取り消し線機能

Microsoft Wordの取り消し線機能とは?

Microsoft Wordの取り消し線機能とは、文字の中央に横棒を引く機能になります。
使い道としては、何か訂正や変更があった部分を表す際に使う機能になります。

文書の訂正を表す

BackSpaceキーDeleteキーで文字そのものを削除する場合と違い、訂正前の文章を残すになります。
具体例としては、何かの催し物の開催日が変更になった場合などに使われる事もあります。

Microsoft Wordの取り消し線機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの取り消し線機能を使ってみましょう。

記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。
例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、まずは文書内の取り消し線機能を適用させたい部分を選択して下さい。

取り消し線を適用する部分を選択

続いて、ホームタブフォントグループ内にある取り消し線ボタンをクリックして下さい。

取り消し線

すると、選択した部分に取り消し線が適用されます。

取り消し線が適用される

Microsoft Wordの取り消し線機能を応用する

文字に適用された取り消し線機能を解除する方法

続いて、文書内で取り消し線機能を適用した部分に対し、取り消し線機能を解除する方法についてご紹介します。
まず、取り消し線機能を解除したい部分を選択して下さい。

取り消し線を解除したい部分を選択

続いて、ホームタブフォントグループ内にある取り消し線ボタンをクリックして下さい。

取り消し線

すると、選択部分に適用されている取り消し線機能が解除されます。

取り消し線機能が解除される

ちなみに、取り消し線機能が適用されている文章全てを選択した場合には、全ての取り消し線機能が解除されます。

二重取り消し線を利用する方法

今度は、二重取り消し線を文書内で利用してみましょう。
まず、二重取り消し線を適用したい部分を選択して下さい。

二重取り消し線を適用したい部分を選択

続いて、ホームタブフォントグループ内にあるダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

フォントグループのダイアログボックスランチャー

表示されたフォントダイアログボックスフォントタブ文字飾り項目の中にある、二重取り消し線のチェックボックスにチェックを入れて下さい。
そして、OKボタンをクリックして下さい。

二重取り消し線にチェックを入れる

すると、選択部分に二重取り消し線が適用されます。

二重取り消し線機能が適用される

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの蛍光ペンの色機能を使って、大事な部分を目立たせる

  • Microsoft Wordの番号スタイル機能で、数字の配置を変更する

  • Microsoft Wordの両端揃え機能とは?左揃え機能との違いは?

  • Microsoft Wordで左右のインデントや見開きページのインデントを指定

  • Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能で、編集記号を確認する

  • Microsoft Wordのフォント サイズ機能を使って、文字の大きさを変更

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。