1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能で、編集記号を確認する

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能で、編集記号を確認する

 2017/09/23 Microsoft Word   749 Views
Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能を使って、編集記号の表示と非表示を切り替える

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能とは?

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能とは、編集記号を非表示にしたり、再表示させたりする機能になります。
そうなると気になるのが、編集記号とは一体何なのかと言う点だと思います。

編集記号とは、文書内に表示されるものの、印刷されない記号の事を指します。
例えば、SpaceキーやTabキーを入力した際の隙間、改行を行った場所、改ページや段区切りやセクション区切りを挿入した場所、隠し文字の下、画像を挿入した段落の左側などに表示されます。

編集記号

編集記号の表示/非表示機能で表示を切り替える事が出来る編集記号は、予め決まっています。
例えば、改行した場所に表示される段落記号や画像を挿入した段落の左側に表示されるアンカー記号に関しては、非表示にする事が出来ません。

とは言え、常に画面に表示する編集記号は、Wordのオプション表示の項目で変更する事が可能です。

Wordのオプションの常に画面に表示する編集記号

Wordのオプションダイアログボックスは、ファイルタブオプションの項目から呼び出す事が出来ます。

ファイルタブのオプション

常に画面に表示する編集記号は、必要に応じて切り替えると良いでしょう。

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能を実際に切り替えてみる

それでは実際に、Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能を使ってみましょう。
記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。

例題を利用したい方は、例題1のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

すると、空白のある文章がWord文書内に貼り付けられます。

空白のある文書

続いて、ホームタブ段落グループ内にある編集記号の表示/非表示ボタンをクリックして下さい。

編集記号の表示/非表示

すると、文書内の空白部分にが表示されるようになります。

編集記号が表示される

□は全角スペース、→はタブを表します。

再び、ホームタブ段落グループ内にある編集記号の表示/非表示ボタンをクリックして下さい。

編集記号の表示/非表示

すると、表示されていた編集記号が非表示の状態に戻ります。

編集記号が非表示の状態に戻る

このように、編集記号を表示させたり非表示にしたりと、状況に合わせて切り替えましょう。

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能を応用する

編集記号を表示して、セクション区切りを削除する

今度は、編集記号を表示させる必要が出て来る場面についてご紹介します。
予め、編集記号は表示の状態にしておいて下さい。

編集記号を表示の状態に

今度は、別の例題を使って作業を行います。
例題を利用したい方は、例題2のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、まずは文書内にセクション区切りを挿入します。
例題を利用している方は、「そして」の前をクリックして下さい。

セクション区切りを挿入したい部分をクリック

続いて、レイアウトタブページ設定グループ内にあるページ/セクション区切りの挿入ボタンをクリックして下さい。

ページ/セクション区切りの挿入

すると、ページ/セクション区切りの挿入に関するメニューが表示されます。
セクション区切りの項目内にある現在の位置から開始を選択して下さい。

セクション区切りを現在の位置から開始

すると、前の段落の後ろにセクション区切りが挿入されます。

セクション区切りが挿入される

続いて、ホームタブ段落グループ内にある編集記号の表示/非表示ボタンをクリックして下さい。

編集記号の表示/非表示

すると、セクション区切りが非表示になります。

セクション区切りが非表示に

さて、今回は4段落しかないからまだ良いですが、これが数ページに渡る文章だったとしましょう。
一週間後にこの文書を開いてセクション区切りを削除したいと思った場合に、非常に困る事になるかと思います。

そう言う時に、編集記号の表示/非表示機能が役に立つ訳です。
ホームタブ段落グループ内にある編集記号の表示/非表示ボタンをクリックして下さい。

編集記号の表示/非表示

すると、セクション区切りが再表示されます。

セクション区切りが再表示される

セクション区切りの直前をクリックして下さい。

セクション区切りの直前をクリック

続いて、キーボードのDeleteキーを入力して下さい。

Deleteキー

すると、文書内のセクション区切りが削除されます。

セクション区切りが削除される

このように、作業を行う過程で編集記号を表示させなければならない場面があります。
そう言う時に慌てなくても良いように、編集記号の表示/非表示機能について、しっかりと覚えておきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能を使って、編集記号の表示と非表示を切り替える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの文字種の変換機能で、文字種を自由に変換する

  • Microsoft Wordの文字間隔機能を使って、文章の文字間隔を調整する

  • Microsoft Wordの書式のコピー/貼り付けを使い、同じ書式を適用する

  • Microsoft Wordの字下げ機能を使い、段落1行目のインデントを増やす

  • Microsoft Wordの囲み線機能で、文字に囲み線を加える

  • Microsoft Wordの罫線機能を使って、文字や段落やページに罫線を引く

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。