1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの影機能で、テキストに様々な種類の影を加える

Microsoft Wordの影機能で、テキストに様々な種類の影を加える

 2017/08/30 Microsoft Word   425 Views
Microsoft Wordの影機能で、テキストに様々な種類の影を加える

※現在お勧めのモバイルインターネットサービスは、利便性の関係で断トツクラウドSIMになります。
当サイトの古い記事ではWiMAXPocket WiFiSoftbank AirXiなどもお勧めしていますが、現在は事情が変わっています。

ですので、余程の事情がない限りは、クラウドSIMの中から契約先を選ぶようにした方が良いです。 クラウドSIMの記事については、メニューバーの中からサービスを選んで下さい。

Microsoft Wordの影機能

Microsoft Wordの影機能とは?

Microsoft Wordの機能とは、文字の効果と体裁機能の中の1つになります。
この影機能を使う事で、テキストやワードアートに対して影を加える事が出来ます。
影

また、影機能を使って加える事が出来る影ですが、外側内側透視投影等と言った色々なスタイルの影を指定する事が出来ます。

Microsoft Wordの影機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの機能を使ってみましょう。
まず、文書の中で影機能を適用させたい部分を選択して下さい。

変更したい部分を選択

続いて、ホームタブのフォントグループ内にある文字の効果と体裁ボタンをクリックして下さい。

文字の効果と体裁

すると、文字の効果と体裁に関するメニューが一覧表示されます。
その中にある、にマウスポインタを移動して下さい。

影

すると、更にサブメニューが表示されます。
この中から、任意の影機能を選択して下さい。

透視投影右下

すると、選択している部分に影機能が適用されます。

影機能が適用される

Microsoft Wordの影機能を応用する

文字に適用された影機能を解除する方法

続いて、影機能が適用されている部分の影機能を解除する方法についてご紹介します。
まず、影機能を解除したい部分を選択して下さい。

影機能を解除したい部分

続いて、ホームタブのフォントグループ内にある文字の効果と体裁ボタンをクリックして下さい。

文字の効果と体裁

すると、文字の効果と体裁に関するメニューが一覧表示されます。
その中にある、にマウスポインタを移動して下さい。

影

すると、更にサブメニューが表示されます。
この中から、影なしの項目にあるなしを選択して下さい。

なし

すると、選択部分の影機能が解除されます。

影機能が解除される

ちなみに、影機能が適用されている部分全体を選択した場合には、全体の影機能が解除されます。

文字に適用する影の色を変更する方法

続いて、文書内に色付きの影を適用したいと思います。
色付きの影を適用したい部分を選択して下さい。

色付きの影を適用したい部分

続いて、ホームタブのフォントグループ内にある文字の効果と体裁ボタンをクリックして下さい。

文字の効果と体裁

すると、文字の効果と体裁に関するメニューが一覧表示されます。
その中にある、にマウスポインタを移動して下さい。

影

すると、更にサブメニューが表示されます。
この中から、文字の影のオプションを選択して下さい。

文字の影のオプション

すると、画面右側に文字の効果の設定作業ウィンドウが表示されます。
その中にある、影の色をクリックして下さい。

影の色

すると、テーマの色標準の色その他の色が表示されます。
この中から、任意の影の色を選択して下さい。

任意の影の色を選択する

すると、選択している場所に任意の影の色が適用されます。

任意の影の色が適用される

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの影機能で、テキストに様々な種類の影を加える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能で、文字の上下の配置を調整

  • Microsoft Wordの小型英大文字機能を使って、小型英大文字を入力する

  • Microsoft Wordの並べ替え機能を使い、段落や見出しや表を並べ替える

  • Microsoft Wordの隠し文字機能で、テキストが印刷されないようにする

  • Microsoft Wordの箇条書き機能を使って、段落を箇条書きに変える

  • Microsoft Wordの合字機能を使って、文書内で合字を利用する

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。