1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの罫線機能を使って、文字や段落やページに罫線を引く

Microsoft Wordの罫線機能を使って、文字や段落やページに罫線を引く

 2017/09/29 Microsoft Word この記事は約 7 分で読めます。 307 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
Microsoft Wordの罫線機能

Microsoft Wordの罫線機能

Microsoft Wordの罫線機能とは?

Microsoft Wordの罫線機能とは、文字や段落、ページに対して罫線を引く事が出来る機能になります。
また、文書内に水平線を引いたり表内に引かれている罫線に対して変更を加える事も出来ます。

罫線

今回は、文字に対する罫線段落罫線ページ罫線についてご紹介します。

Microsoft Wordの罫線機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの罫線機能を使ってみましょう。

記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。
例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、まずは文字に対して罫線機能を利用してみましょう。
文字に対して罫線機能を利用する場合には、文字単位での選択を行う必要があります。

例題を利用している方は、「身動きの取りやすい服装」の部分を選択して下さい。

文字単位での選択

続いて、ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線横の下向き三角

すると、罫線に関するメニューが表示されます。
この中から、外枠を選択して下さい。

外枠

すると、選択している文字が外枠の罫線で囲まれます。

文字単位での罫線

ちなみに、文字単位で罫線機能を利用する場合、どの罫線を選択しても外枠が適用されてしまいます。

Microsoft Wordの罫線機能を応用する

適用された罫線機能を解除する方法

今度は、適用された罫線機能を解除する方法についてご紹介します。
ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線ボタン横の下向き三角

すると、罫線機能に関するメニューが表示されます。
この中から、枠なしを選択して下さい。

枠なし

すると、選択部分に適用されていた罫線機能が解除されます。

罫線機能が解除される

段落罫線機能を利用する方法

続いて、段落に対して利用する段落罫線についてご紹介します。

ご紹介したように、文字単位の罫線には外枠しかありません。
一方、段落罫線の場合には様々な種類の罫線を組み合わせて利用する事が出来ます。

文字単位の罫線と段落罫線

具体的には、下罫線、上罫線、左罫線、右罫線、枠なし、外枠を自由に組み合わせて利用する事が出来ます。
実際に、下罫線を利用してみましょう。

段落罫線を利用する場合には、適用したい段落の段落記号を選択します。

段落記号を選択

とは言え、段落記号のみを選択するのは面倒なので、実際には段落罫線を適用したい段落横の選択領域をクリックする形で選択します。
例題を利用している方は、「備考」の段落を選択して下さい。

段落罫線を利用したい段落を選択

続いて、ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線横の下向き三角

すると、罫線に関するメニューが表示されます。
この中から下罫線を選択して下さい。

下罫線

すると、選択している段落に下罫線の段落罫線が引かれます。

段落に下罫線が引かれる

複数の段落に対して段落罫線機能を利用する方法

今度は、複数の段落に対して段落罫線を引く方法についてご紹介します。
複数段落に対して段落罫線を利用する場合、格子や横罫線(内側)も利用出来るようになります。

一方、段落内に縦罫線は引く事が出来ませんので、縦罫線(内側)を選んでも何も効果はありません。
同じ理由で、罫線(内側)を利用したとしても、横罫線(内側)と全く同じ結果になります。

罫線(内側)と横罫線(内側)は同じ結果に

複数段落に対して段落罫線を利用する場合、どの段落を選択したかによって罫線の引かれ方が変わって来ます。
ですので、複数の段落を選択する際には注意が必要となります。

例えば、全ての段落に対して下罫線を適用させたいと考えたとしましょう。

全ての段落に下罫線を

全ての段落に対して下罫線を適用させたい・・・と言う事で、全ての段落を選択してみて下さい。

下罫線を適用させたい段落全てを選択

続いて、ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線ボタン横の下向き三角

すると、罫線機能に関するメニューが表示されます。
その中にある、下罫線を選択して下さい。

下罫線

すると、選択した段落全てに下罫線機能が適用される訳ではなく、選択した段落全てを一括りとし、一番最後の段落に対してのみ下罫線が適用されてしまいました。

選択範囲の下罫線が引かれる

このように、Microsoft Wordで複数段落に対して段落罫線を利用する場合には、その時選択した段落を一括りとして考える必要が出て来ます。

続けて、ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線ボタン横の下向き三角

すると、罫線機能に関するメニューが表示されます。
この中にある、横罫線(内側)を選択して下さい。

横罫線(内側)

すると、全ての段落に対して下罫線が引かれます。

全ての段落に下罫線が引かれる

罫線の種類や色、太さを自由に変更する方法

続いて、罫線の種類や色、太さを自由に変更する方法についてご紹介します。
ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線横の下向き三角

すると、罫線に関するメニューが表示されます。
その中から、線種とページ罫線と網かけの設定を選択して下さい。

線種とページ罫線と網かけの設定

すると、線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックスが表示されます。
罫線タブ内の種類を変更する事で、どのような罫線を適用したいのかを指定出来ます。

罫線の種類

試しに、種類項目内の罫線なしをクリックしてみて下さい。
すると、プレビュー内の罫線がなくなります。

罫線なし

今度は、種類項目内の囲むをクリックしてみて下さい。
すると、プレビュー内の罫線が四角く表示されます。

囲む

続いて、種類項目内の指定をクリックして下さい。

罫線の種類を指定に

そして、種類(Y)のリスト色や線の太さの各ドロップダウンリストボックスの中から任意のリストを選んで下さい。

種類や色、線の太さを指定

そうしたら、プレビュー内をクリックしてみて下さい。
すると、選択した罫線を好きな場所に引く事が出来ます。

プレビュー内をクリック

OKをクリックし、線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックスを閉じます。
すると、選択している部分に指定した罫線が適用されます。

指定した罫線が引かれる

ページ罫線機能を利用する方法

ご紹介しているように、罫線機能は文字単位段落単位で利用する事が出来ます。
ですが、それだけではなく、ページ単位でも罫線機能を利用する事が出来ます。

ホームタブ段落グループ内にある罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

罫線横の下向き三角

すると、罫線に関するメニューが表示されます。
その中から、線種とページ罫線と網かけの設定を選択して下さい。

線種とページ罫線と網かけの設定

すると、線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックスが表示されます。
そうしたら、ページ罫線タブをクリックして下さい。

ページ罫線タブ

ここでのページ罫線の指定方法は、基本的に段落罫線と同じです。
ただ、ページ罫線の場合は絵柄と言う項目を選ぶ事も出来ます。

ページ罫線の絵柄

試しに、絵柄のドロップダウンリストボックスから任意の絵柄を選んでみて下さい。
また、プレビュー内をクリックする事で、ページ罫線の適用場所を指定する事も出来ます。

ページ罫線の絵柄と適用場所を指定

そして、設定対象のドロップダウンリストボックスでは、このページ罫線を文書全体に適用するのか、同じセクションの部分のみに限定するのか、1ページ目は除くのか、それとも1ページ目だけに適用するのかを選ぶ事が出来ます。

ページ罫線の設定対象

更に、オプションをクリックする事で、罫線とページ罫線のオプションダイアログボックスを呼び出す事も出来ます。

線種とページ罫線と網かけの設定のオプション

罫線とページ罫線のオプションダイアログボックスでは、ページ罫線と本文の間の余白の距離、ページ罫線の重ね順などの細かい部分を変更する事が出来ます。

罫線とページ罫線のオプション

各項目で任意の設定を行ったらOKをクリックし、各ダイアログボックスを閉じて下さい。
すると、指定した設定でページ罫線が適用されます。

ページ罫線機能が適用される

ご紹介しているページ罫線機能ですが、実は、もっと少ない手順で設定を行う事が出来ます。
デザインタブページの背景グループ内にある罫線と網かけボタンをクリックして下さい。

罫線と網かけ

すると、線種とページ罫線と網かけの設定ダイアログボックスページ罫線タブが表示されます。

線種とページ罫線と網かけの設定のページ罫線タブ

ページ罫線を設定する際には、こちらの手順の方が手早いです。
ですので、併せて覚えて起きましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの罫線機能

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. @nifty WiMAX
    比較的早い段階で高額なキャッシュバックを貰える点が特徴的な@nifty WiMAX
    早い段階でキャッシュバック手続きを行う事が出来るので、他のWiMAX取扱店と比較してキャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは低くなっている。

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • Microsoft Wordの左揃え機能を使って、段落の文章を左揃えにする

  • Microsoft Wordのクリップボードウィンドウでコピーの履歴を活用

  • Microsoft Wordの合字機能を使って、文書内で合字を利用する

  • Microsoft Wordのグラデーション機能を使って、フォントの色を変える

  • Microsoft Wordの太字機能で、文字をくっきり目立たせる

  • Microsoft Wordのインデントを減らす機能の特徴と、便利な活用方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。