1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの貼り付け機能でクリップボード内のデータを利用する

Microsoft Wordの貼り付け機能でクリップボード内のデータを利用する

 2017/08/11 Microsoft Word この記事は約 8 分で読めます。 86 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

Microsoft Wordの貼り付け機能

Microsoft Wordの貼り付け機能とは?

Microsoft Wordの貼り付け機能とは、クリップボード内に保存されているデータを文書内に貼り付ける事が出来る機能になります。
この貼り付け機能を単体で使う事はなく、切り取り機能コピー機能を使ってクリップボード内にデータを保存した後で利用します。

クリップボード

切り取り機能やコピー機能を何度か利用した場合には、1番最後にクリップボード内に保存されたデータを呼び出せる形になっています。
もし、最後に保存したものではないデータを利用したい場合には、クリップボードグループのダイアログボックスランチャーをクリックしてクリップボードウィンドウを呼び出す必要があります。(Microsoft Wordのクリップボードウィンドウでコピーの履歴を活用を参照)

クリップボードグループのダイアログボックスランチャー

また、クリップボード内に保存されているデータは、何回でも繰り返し貼り付ける事が出来ます。
ですから、文書内で何度も使うであろうキーワードを予めコピーしておいて適宜貼り付ける事で、作業を効率化出来ます。

コピーと貼り付けで作業を効率化

また、この貼り付け機能の優れている点は、貼り付け元の文章に適用されている書式と呼ばれる装飾をそのまま引き継ぐ事が出来る点にあります。
ですので、文章を貼り付けた後で、いちいち書式を合わせる必要がありません。

クリップボード内の書式もそのまま引き継ぐ

また、Wordの文書へ貼り付ける事が出来るのは、Word内の文章だけではありません。
他のアプリケーション内の文章をコピーして、Word文書内に貼り付ける事も出来ます。

例えば、ブラウザで閲覧しているサイトの文書をコピーして、Wordの文書内に貼り付ける事も出来ます。
その際には、そのまま文字の装飾も引き継ぐ事が出来ます。

ブラウザの文字をWordにコピー

勿論、ウェブサイト上の画像もそのまま貼り付ける事が出来ます。
ただし、ウェブサイト上の文章や画像には著作権がありますので、コピーして貼り付けたデータの取り扱いには注意しましょう。

Microsoft Wordの貼り付け機能を実際に使ってみる

貼り付け作業に利用する為の表を作成する

それでは、実際にクリップボード内のデータを貼り付ける手順を追ってみましょう。

記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。
例題を利用したい方は、例題1のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、作業はExcel上の表をコピーして、Word文書内に貼り付けると言う形で行います。
ですので、今度はExcelの新規文書を作成して下さい。

そして、例題2のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Excelのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

Excelの貼り付けボタン

すると、Excel内にデータが挿入されます。
続いて、挿入されたデータに装飾をし、にします。

ホームタブフォントグループ内にある下罫線ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

下罫線ボタン横の下向き三角

すると、下罫線機能が一覧表示されます。
罫線項目の中にある格子をクリックして下さい。

罫線の中にある格子

すると、挿入したデータがになりました。

貼り付けたデータが表に

続いて、ExcelのセルA1:D1を選択して下さい。

A1からD1のセルを選択

そして、ホームタブフォントグループ内にある塗りつぶしの色ボタン横の下向き三角をクリックして下さい。

すると、様々な種類の塗りつぶしの色が一覧表示されます。
この中から、任意の塗りつぶしの色を選択して下さい。

任意の塗りつぶしの色を選択

続いて、A1の文字が隠れてしまっていますので、この部分も修正しておきましょう。
A列とB列との境界線をダブルクリックして下さい。

A列とB列との境界線をダブルクリック

これで、表は完成しました。
作成した表A1:D5の範囲を選択して下さい。

作った表を選択する

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にあるコピーボタンをクリックして下さい。

コピーボタン

すると、選択範囲内のデータがクリップボード内に保存されます。
そして、選択範囲の周りの枠がくるくる回る破線になります。

選択範囲の枠が回る破線に

Excel上の表をWord文書内に貼り付ける

今度は、Word文書を表示して下さい。
そして、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

すると、クリップボード内に保存されている表のデータが、Word文書内に貼り付けられます。

Excelの表がWord文書内に貼り付けられる

Microsoft Wordの貼り付け機能を応用する

Microsoft Wordの貼り付けのオプション

貼り付け先のスタイルを使用して、表をWord文書内に貼り付ける

ご紹介しているMicrosoft Wordの貼り付け機能ですが、実は、様々な形式でクリップボード内のデータをWord文書内に貼り付ける事が出来ます。
その時に利用する機能が、貼り付けのオプションです。

貼り付けのオプション

貼り付けのオプションで利用出来る貼り付けの形式は、その時にクリップボード内に保存されているデータの種類や、貼り付け先となる場所によって変動します。

そして、今回はを貼り付ける際の貼り付けのオプションについてご紹介します。
まずは、キーボードのEnterキーを入力し、改行を行って下さい。

改行を行う

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンの下向き三角をクリックして下さい。

貼り付けボタンの下向き三角

すると、クリップボード内にある表に対して利用出来る貼り付けのオプションが一覧表示されます。

現在利用出来る貼り付けのオプション

この貼り付けのオプションの中から、貼り付け先のスタイルを使用を選択して下さい。

貼り付け先のスタイルを使用

すると、Excel内で設定した塗りつぶし機能が適用されておらず、Word文書と同じ遊明朝体が使われている表が、Word文書内に挿入されます。

貼り付け先のスタイルを使用した表

Excelの表とリンクした状態でWord文書内に表を貼り付ける

今度は、Excelの表とリンクした状態でWord文書内に表を貼り付けてみましょう。
まずは、キーボードのEnterキーを入力し、改行を行って下さい。

表の下に改行を入れる

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンの下向き三角をクリックして下さい。

貼り付けボタンの下向き三角

すると、クリップボード内にある表に対して利用出来る貼り付けのオプションが一覧表示されます。

現在利用出来る貼り付けのオプション

この貼り付けのオプションの中から、リンク(元の書式を保持)を選択して下さい。

リンク(元の書式を保持)

すると、Excelの表とリンクした状態の表がWord文書内に貼り付けられます。

リンク(元の書式を保持)

こうやって貼り付けられた表は、直接データを編集する事が出来ません。
表内のデータを編集したい場合には、Excelの表を編集する必要があります。

もう一度Excelの表を表示させて下さい。
そして、D2のセル内の数字を100に書き換えて下さい。

D2のセルのデータを書き換える

そうしたら、再びWord文書を表示させて下さい。
すると、Excelの表とリンクした状態で貼り付けを行った表のデータだけが、新しい数字に書き換えられています。

リンクで貼り付けられたデータだけが更新される

このように、別のファイルと同期させる形で、常にデータを最新の状態で保っておかねばならない場合に、このリンクで貼り付ける形式が役立ちます。

図として、表をWord文書内に貼り付ける

今度は、表をとして貼り付けてみましょう。
ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンの下向き三角をクリックして下さい。

貼り付けボタンの下向き三角

すると、クリップボード内にある表に対して利用出来る貼り付けのオプションが一覧表示されます。

現在利用出来る貼り付けのオプション

この貼り付けのオプションの中から、を選択して下さい。

図

すると、Word文書内にとしてが貼り付けられます。

表が図として貼り付けられる

こうやって図として貼り付けた表はExcelでの見た目が忠実に再現され、セルが広がったり形が崩れたりなどはしません。
その代わり、画像として貼り付けられますので、セル内のデータを編集する事は出来ません。

テキストのみ保持して、表をWord文書内に貼り付ける

最後に、テキストとして貼り付けてみましょう。
まずは、キーボードのEnterキーを入力し、改行を行って下さい。

改行を行う

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンの下向き三角をクリックして下さい。

貼り付けボタンの下向き三角

すると、クリップボード内にある表に対して利用出来る貼り付けのオプションが一覧表示されます。

現在利用出来る貼り付けのオプション

この貼り付けのオプションの中から、テキストのみ保持を選択して下さい。

テキストのみ保持

すると、Excelのセル内に書かれていたテキストデータがWord文書内に貼り付けられます。
そして、各データはタブ段落で区切られています。

表のテキストのデータが貼り付けられる

貼り付けのオプションによって、これだけ様々な貼り付け方が利用出来ます。
しかも、コピーするデータの種類によっては、更に多くの貼り付けのオプションが存在します。

状況に合わせて使い分けて、効率的に作業を行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. @nifty WiMAX
    @nifty WiMAX比較的早い段階で高額なキャッシュバックを貰える点が特徴的な@nifty WiMAX
    早い段階でキャッシュバック手続きを行う事が出来るので、他のWiMAX取扱店と比較してキャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは低くなっている。

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • Microsoft Wordの囲み線機能で、文字に囲み線を加える

  • Microsoft Wordの隠し文字機能で、テキストが印刷されないようにする

  • Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を使って、行間に変更を加える

  • Microsoft Wordの箇条書き機能を使って、段落を箇条書きに変える

  • Microsoft Wordの上付き機能で、テキスト行の上部に文字を配置する

  • Microsoft Wordの文字の網かけ機能を使って、文字に網かけする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。