1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を使って、段落前後の間隔を調整

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を使って、段落前後の間隔を調整

 2017/09/25 Microsoft Word   281 Views
Microsoft Wordの行と段落の間隔機能

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能とは?

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能とは、行や段落の間隔を調整する事が出来る機能になります。
今回は段落単位での間隔の調整方法についてご紹介しますので、行間の調整方法が知りたい方はMicrosoft Wordの行と段落の間隔機能を使って、行間に変更を加えるをご覧下さい。

行間と段落の間隔

行と段落の間隔機能を利用すると、段落の前後に12pt分の間隔を追加したり削除したり出来ます。
行と段落の間隔機能を使って段落の間隔を広く取る事で、段落が変わる事を読み手に意識付けさせる事が出来ます。

また、段落の間隔を数値で指定する事も出来ます。
この場合には、レイアウトタブ段落グループ内にある前の間隔機能と後の間隔機能を利用します。

前の間隔機能と後の間隔機能

ただし、段落の間隔がコロコロ変わると読み手のリズムが崩れてしまいますので、長文を読ませる文書は文書全体で利用する段落の間隔を統一する方が良いです。

Microsoft Wordでは、同じスタイルが連続して続く際、段落間にスペースを追加しないようにする機能もあります。
その機能については、Microsoft Wordの段落ダイアログボックスの間隔機能で段落前後を調整にて詳しくご紹介します。

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を使ってみましょう。
記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。

例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、行間を可視化した状態で作業を行って頂きたいので、まずはグリッド線を表示させる設定から行いたいと思います。
表示タブ表示グループ内にあるグリッド線のチェックボックスにチェックを入れて下さい。

グリッド線

すると、文書内に1行間隔の横線が表示されるようになります。

グリッド線が追加される

それでは、行と段落の間隔機能を使って、実際に段落前の間隔を変更してみましょう。
まずは、段落前の間隔を変更したい段落内をクリックして下さい。

前後の間隔を変更したい段落を選択

続いて、ホームタブ段落グループ内にある行と段落の間隔ボタンをクリックして下さい。

行と段落の間隔

すると、行と段落の間隔機能に関するメニューが表示されます。
その中にある段落前に間隔を追加をクリックして下さい。

段落前に間隔を追加

すると、段落前に12pt分の間隔が追加されます。

段落前に間隔が追加される

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を応用する

段落後に間隔を追加する方法

今度は、段落後に間隔を追加してみましょう。
ホームタブ段落グループ内にある行と段落の間隔ボタンをクリックして下さい。

行と段落の間隔

すると、行と段落の間隔機能に関するメニューが表示されます。
その中にある段落後に間隔を追加をクリックして下さい。

段落後に間隔を追加

すると、段落後に12pt分の間隔が追加されます。

段落後に間隔が追加される

追加した段落の間隔を削除する方法

今度は、追加した段落前後の間隔を削除する方法についてご紹介します。
ホームタブ段落グループ内にある行と段落の間隔ボタンをクリックして下さい。

行と段落の間隔

すると、行と段落の間隔機能に関するメニューが表示されます。
その中にある段落後の間隔を削除をクリックして下さい。

段落後の間隔を削除

すると、段落後に追加されていた12pt分の間隔が削除されます。

段落後の間隔が削除される

同様に、段落前の間隔を削除を利用すると、追加されていた段落前の12pt分の間隔が削除されます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの行と段落の間隔機能

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの文字幅機能を使って、文字幅の倍率を変更する

  • Microsoft Wordの隠し文字機能で、テキストが印刷されないようにする

  • Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

  • Microsoft Wordの行と段落の間隔機能を使って、行間に変更を加える

  • Microsoft Wordの水平線機能を使って、文書内に水平線を挿入する

  • Microsoft Wordの囲み線機能で、文字に囲み線を加える

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。