1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの拡張書式の割注機能を使って、文章中に注釈を入れる

Microsoft Wordの拡張書式の割注機能を使って、文章中に注釈を入れる

 2017/09/21 Microsoft Word   681 Views
Microsoft Wordの拡張書式

Microsoft Wordの拡張書式の割注機能

Microsoft Wordの拡張書式の割注機能とは?

Microsoft Wordの拡張書式の機能の中に、割注と言う機能があります。
この割注機能とは、文書内に2行の注釈を割り書きする事が出来る機能になります。

割注

難しい専門用語を使う際に補足として説明を付け加えたり強調したい事柄を補足として添えるのも良いでしょう。

また、本来の割注機能の使い方ではないでしょうが、7文字以上の文字をどうしても組み文字にしたい場合にも、この割注機能で代用が可能です。

組み文字と割注

最大6文字までと言う文字数制限のある組み文字に対し、割注機能にはその制限がありません。
また、組み文字の横幅は1文字分しかありませんが、割注機能にはその制限もありません。

ですので、単なるデザインとして割注機能を代用する際には、ある程度の自由度があります。
本来の割注機能の用途とは違いますが、柔軟に使ってみるのも良いでしょう。

Microsoft Wordの拡張書式の割注機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの割注機能を使ってみましょう。
記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。

例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、まずは文書内で割注を挿入したい場所をクリックして下さい。
例題を利用している方は、スマホゲームの後ろの部分をクリックして下さい。

割注を挿入したい場所をクリック

続いて、ホームタブ段落グループ内にある拡張書式ボタンをクリックして下さい。

拡張書式

すると、拡張書式に関するメニューが表示されます。
その中から、割注をクリックして下さい。

割注

すると、割注ダイアログボックスが表示されます。
対象文字列の中に、直前の文字の注釈を記述して下さい。

例題を利用している方は、スマートフォンのアプリケーションを使ったゲームと入力します。

対象文字列

続いて、括弧で囲むのチェックボックスにチェックを入れ、括弧の種類のドロップダウンリストボックスの中から、任意の括弧を選んで下さい。

割注を括弧で囲む

OKをクリックし、割注ダイアログボックスを閉じます。
すると、文書内に作成した割注が挿入されます。

割注機能が適用される

Microsoft Wordの拡張書式の割注機能を応用する

文書内の文字に対して拡張書式の割注機能を利用する

続いて、文書内の文字を使って、割注を作成する方法についてご紹介します。
まず、文書内に記述されている文字のうち、割注に変更したい文字を選択して下さい。

例題を利用している方は、ファミリーコンピューターの略の文字を選択して下さい。

割注に変更したい部分を選択

続いて、ホームタブ段落グループ内にある拡張書式ボタンをクリックして下さい。

拡張書式

すると、拡張書式に関するメニューが表示されます。
その中から、割注をクリックして下さい。

割注

すると、割注ダイアログボックスが表示されます。
対象文字列の中に、選択した文字が挿入されています。

対象文字列欄には選択した文字が

プレビュー欄を見ると、文字の中途半端な部分で改行されている事があります。
割注の改行部分を調整する場合には、Spaceキーを使います。

スペースキー

例題の場合には、ファミリーの直後にSpaceキーを4回入力しました。

Spaceキーで改行の位置を調整

続いて、括弧で囲むのチェックボックスにチェックを入れて下さい。
そして、括弧の種類任意の括弧を選択して下さい。

割注の括弧を指定

OKをクリックし、割注ダイアログボックスを閉じます。
すると、選択部分が割注に変更されます。

選択部分が割注に

文字に適用された拡張書式の割注機能を解除する方法

今度は、割注機能を解除する方法についてご紹介します。
ホームタブ段落グループ内にある拡張書式ボタンをクリックして下さい。

拡張書式

すると、拡張書式に関するメニューが表示されます。
その中から、割注をクリックして下さい。

割注

すると、割注ダイアログボックスが表示されます。
解除と書かれているボタンがありますので、クリックして下さい。

割注の解除ボタン

すると、選択していた部分に適用されていた割注機能が解除されます。

割注機能が解除される

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordの拡張書式

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordのすべての書式をクリア機能で、テキストの書式を初期化

  • Microsoft Wordの編集記号の表示/非表示機能で、編集記号を確認する

  • Microsoft Wordのインデントを増やす機能の特徴と便利な活用方法

  • Microsoft Wordの文字の網かけ機能を使って、文字に網かけする

  • Microsoft Wordの書式のコピー/貼り付けを使い、同じ書式を適用する

  • Microsoft Wordの切り取り機能を使って、いらない部分を削除する

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。