1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordのインデントを増やす機能の特徴と便利な活用方法

Microsoft Wordのインデントを増やす機能の特徴と便利な活用方法

 2017/09/18 Microsoft Word   565 Views
Microsoft Wordのインデントを増やす機能の特徴と便利な活用方法

Microsoft Wordのインデントを増やす機能

Microsoft Wordのインデントを増やす機能とは?

Microsoft Wordのインデントを増やす機能とは、段落と余白の間にある隙間を1文字分増やす機能になります。
インデントを加える事で、その段落は他の段落とは別の独立した段落だと見せる事が出来ます。

インデントを増やす

インデントを増やす機能の具体的な用途としては、例えば、ビジネス文書の記書きの部分で使ったりします。

ビジネス文書の記書きの部分

また、インデントを増やす機能を段落番号機能やアウトライン機能を適用している段落に対して使う事で、リストのレベルを下げる事も出来ます。
ボタン1つでリストのレベルの操作を簡単に出来るようになりますので、是非活用してみて下さい。

リストのレベルを下げる

Microsoft Wordのインデントを増やす機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordのインデントを増やす機能を使ってみましょう。
記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。

例題を利用したい方は、例題1のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブのクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、インデントを増やしたい段落を選択して下さい。
段落単位での選択には、選択領域を利用すると便利です。

インデントを増やしたい段落を選択

そうしたら、ホームタブの段落グループ内にあるインデントを増やすボタンをクリックして下さい。

インデントを増やす

すると、選択している段落のインデントが1文字分増えます。

インデントが1文字分増える

Microsoft Wordのインデントを増やす機能を応用する

増やしたインデントを元に戻す方法

今度は、増やしたインデントを元に戻す方法についてご紹介します。
ホームタブの段落グループ内にあるインデントを減らすボタンをクリックして下さい。

インデントが減る

このインデントを増やすとインデントを減らす機能を使う事で、自由にインデントを増減させる事が出来るようになります。
ですので、セットで覚えておくと良いです。

インデントを0.5文字単位で増減させる方法

ご紹介しているインデントを増やす機能とインデントを減らす機能ですが、1文字単位でインデントを増減させる事が出来ます。
ですが、Microsoft Wordでは0.5文字単位でインデントを指定する事も可能です。

ホームタブの段落グループのダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

段落グループのダイアログボックスランチャー

すると、段落ダイアログボックスが表示されます。
インデントと行間隔タブのインデント項目内の左のスピンボタンを使う事で、インデントを指定する事が出来ます。

インデント項目内の左のスピンボタン

左のスピンボタンにて任意の文字数を指定したら、OKをクリックして下さい。
すると、段落ダイアログボックスが閉じられ、選択している段落のインデントが変更されます。

指定したインデントが適用される

右インデントを増減させる方法

ご紹介しているインデント機能ですが、実は段落の右側に対しても指定する事が出来ます。
ホームタブの段落グループのダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

段落グループのダイアログボックスランチャー

すると、段落ダイアログボックスが表示されます。
インデントと行間隔タブのインデント項目内の右のスピンボタンを使う事で、インデントを指定する事が出来ます。

インデント項目の右を指定

右のスピンボタンにて任意の文字数を指定したら、OKをクリックして下さい。
すると、段落ダイアログボックスが閉じられ、選択している段落の右インデントが変更されます。

右インデントが変更になる

インデントを増やす機能を使って、リストのレベルを下げる

冒頭でご紹介しましたが、インデントを増やす機能は段落番号やアウトラインが適用されている段落のリストのレベルを下げる機能も持っています。
実際に、段落番号機能が適用されている段落に対して、インデントを増やす機能を使ってみましょう。

記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。
例題を利用したい方は、例題2のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブのクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そうしたら、段落番号機能を適用したい段落を選択して下さい。
段落単位での選択は、選択領域を利用すると便利です。

段落番号機能を適用したい段落を選択

続いて、ホームタブの段落グループ内にある段落番号ボタンをクリックして下さい。

段落番号

すると、選択している段落に対して段落番号機能が適用されます。

段落に対して段落番号機能が適用される

続いて、段落番号機能が適用されている段落のうち、リストのレベルを下げたい段落を選択して下さい。
段落を選択しますので、選択領域を利用すると便利です。

リストのレベルを下げたい段落を選択する

続いて、ホームタブの段落グループ内にあるインデントを増やすボタンをクリックして下さい。

インデントを増やす

すると、選択している段落のリストのレベルが下がります。

段落のリストのレベルが下げられる

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordのインデントを増やす機能の特徴と便利な活用方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの塗りつぶし機能を使って、背景を好きな色で塗り潰す

  • Microsoft Wordの文字間隔機能を使って、文章の文字間隔を調整する

  • Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能で、文字の上下の配置を調整

  • Microsoft Wordの取り消し線機能を使って、文字に取り消し線を引く

  • Microsoft Wordの拡張書式の中にある文字の拡大/縮小機能とは?

  • Microsoft Wordの囲み線機能で、文字に囲み線を加える

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。