1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordのコピー機能を使って、文章や画像を複製する

Microsoft Wordのコピー機能を使って、文章や画像を複製する

 2017/08/11 Microsoft Word この記事は約 5 分で読めます。 148 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
Microsoft Wordのコピー機能を使って、文章や画像を複製する

Microsoft Wordのコピー機能

Microsoft Wordのコピー機能とは?

Microsoft Wordのコピー機能とは、選択した文字や画像クリップボード内に一時的に保存する機能の事を指します。
このコピー機能を使う事で、使い回したい文章や画像をクリップボード内に保存し、クリップボード内のデータをいつでも使える状態にする事が出来るようになります。

クリップボード

ですので、平仮名や片仮名や漢字やアルファベットが混じっているような入力が面倒な固有名詞を何度も入力する場合には、このコピー機能を使うと便利です。
また、図形などと言った様々なデータもクリップボード内に保存出来ますので、非常に利便性の高い機能になります。

このコピー機能は、貼り付け機能とセットで使われる機能になります。
ですので、演習でも貼り付け機能と組み合わせてご紹介します。

貼り付け

貼り付け機能についてより詳しく知りたい方は、Microsoft Wordの貼り付け機能でクリップボード内のデータを利用するもご覧下さい。

Microsoft Wordのコピー機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordのコピー機能を使ってみましょう。

記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。
例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

では、Microsoft Wordのコピー機能を実際に使ってみて、文字をクリップボード内に保存してみましょう。
まずは、クリップボード内に保存したい文字を、マウスを使って選択して下さい。

コピーしたい文字を選択する

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にあるコピーボタンをクリックして下さい。

コピー

すると、選択した文字がクリップボード内に保存されます。

ちなみに、クリップボード内に保存されているデータは、クリップボードグループのダイアログボックスランチャーをクリックする事で確認出来ます。

クリップボードの詳細

クリップボードグループのダイアログボックスランチャーをクリックすると、画面左側にクリップボードウィンドウが表示されます。
クリップボードウィンドウでは、これまでクリップボード内に保存したデータの履歴を呼び出す事も出来ますので、必要に応じて活用してみて下さい。(Microsoft Wordのクリップボードウィンドウでコピーの履歴を活用を参照)

クリップボードの中身を確認したら、閉じるをクリックして、クリップボードウィンドウを閉じて下さい。

クリップボードを閉じる

Microsoft Wordのコピー機能を応用する

Microsoft Wordのコピー機能を貼り付け機能と組み合わせて使う

ご紹介しているように、コピー機能を使う事で、文字や画像をクリップボード内に一時的に保存する事が出来ます。
ただし、文字や画像をクリップボード内にコピーしただけでは意味がありません。

クリップボード

単にデータをクリップボード内にコピーすると言う行為だけでは意味がなく、コピーした文字や画像を複製して利用すると言う事で意味が出て来ます。
ですから、Microsoft Wordのコピー機能は、基本的に貼り付け機能と組み合わせて利用します。

実際、コピー機能と貼り付け機能(ペースト機能)を組み合わせた動作をコピー&ペーストなどと言う事がありますし、略してコピペなどと言われる事もあります。
それ位、コピー機能と貼り付け機能はセットで使われる事が多い機能になります。

コピー&ペースト

では、先ほどクリップボード内に保存したデータを、文書内に貼り付けてみましょう。
まず、データの貼り付け先となる部分をクリックして下さい。

データの貼り付け場所となる部分をクリック

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

すると、文書内にコピーした文章が貼り付けられます。

コピーしたデータが貼り付けられる

クリップボード内のデータを別の場所にも複製する方法

冒頭でご紹介したように、クリップボード内に保存されているデータは何度でも利用する事が出来ます。
クリップボード内にあるデータを貼り付けたい、別の場所を選択して下さい。

コピーしたデータを貼り付けたい別の場所

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

すると、文書内にコピーした文章が貼り付けられます。

クリップボード内のデータが別の場所にも貼り付けられる

図形をコピー機能と貼り付け機能を使って複製する方法

ご紹介しているコピー機能ですが、図形に対しても利用出来ます。
そこで、図形を文書内に挿入し、それをコピー機能と貼り付け機能を使って複製してみましょう。

挿入タブ図グループ内にある図形ボタンをクリックして下さい。

図形ボタン

すると、様々な図形が一覧表示されます。
この中のどの図形でも良いので、任意の図形を選択して下さい。

任意の図形を選択する

そうしたら、文書内を斜めにドラッグして下さい。

文書内を斜めにドラッグする

すると、文書内に図形が描画されます。

図形が描画される

続いて、ホームタブクリップボードグループ内にあるコピーボタンをクリックして下さい。

コピー

すると、クリップボード内に描画した図形が保存されます。

そうしたら、ホームタブクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

すると、文書内にコピーした図形が貼り付けられます。

図形が複製される

ご紹介したコピー機能は、複雑な書式が適用されているテキストや図形もそのまま保存する事が出来ます。
ですから、かなりの作業効率の向上が図れます。

パソコン作業が早い方は必ず利用しているテクニックですから、あなたもぜひ利用してみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordのコピー機能を使って、文章や画像を複製する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. @nifty WiMAX
    @nifty WiMAX比較的早い段階で高額なキャッシュバックを貰える点が特徴的な@nifty WiMAX
    早い段階でキャッシュバック手続きを行う事が出来るので、他のWiMAX取扱店と比較してキャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは低くなっている。

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • Microsoft Wordの段落ダイアログボックスの間隔機能で行間を調整

  • Microsoft Wordの文字の輪郭機能で、テキストに様々な枠線を入れる

  • Microsoft Wordの罫線機能を使って、表の罫線を自由に指定する

  • Microsoft Wordの太字機能で、文字をくっきり目立たせる

  • Microsoft Wordの後の間隔機能を使って、段落の後に間隔を挿入する

  • Microsoft Wordの左揃え機能を使って、段落の文章を左揃えにする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。