1. TOP
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft Word
  4. Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能で、文字の上下の配置を調整

Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能で、文字の上下の配置を調整

 2017/09/10 Microsoft Word   1,492 Views
Microsoft Wordのフォントダイアログボックスランチャー

Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能

Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能とは?

Microsoft Wordの文字幅と間隔の機能の1つに、位置機能があります。
この機能は何かと言うと、文字を配置する際の上下の位置を変更出来る機能になります。

文字幅と間隔の位置機能

文字幅と間隔の位置機能を利用する主な用途としては、22やH2Oのような上付き機能や下付き機能を適用している部分の上下の位置を微調整する際などに使います。

この文字幅と間隔の位置機能を利用する際には、注意点があります。
それは、文字の上下の位置を変更すると、行全体の間隔が広がってしまうと言う点です。

ですから、数行に渡る文章内で文字幅と間隔の位置機能を利用すると、文字幅と間隔の位置機能を利用した行だけ行の高さが不自然に広がってしまいます。

行全体の間隔が広がってしまう

一応、段落ダイアログボックスの間隔項目の行間固定値に変更する事で、行の高さを統一する事は可能です。

段落ダイアログボックスの間隔項目の行間

ですが、文字の上下の位置が行の間隔からはみ出てしまうと、文字のはみ出てしまった部分は隠れてしまいます。

行の間隔からはみ出た部分は非表示に

ですので、文字幅と間隔の位置機能を利用する際には、そう言う点に注意が必要となります。

Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能を実際に使ってみる

それでは実際に、Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能を使ってみましょう。
記事と同じ文章を使って練習を行いたい方へ向けて、例題を用意しています。

例題を利用したい方は、例題のボタンをクリックして下さい。

続けて、Microsoft Wordのホームタブのクリップボードグループ内にある貼り付けボタンをクリックして下さい。

貼り付け

そして、必要に応じて改行などを加えておいて下さい。

それではまず、文字幅と間隔の位置機能を適用したい部分を選択しましょう。

文字幅と間隔の位置機能を適用したい部分を選択

続いて、ホームタブのフォントグループ内にあるダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

フォントダイアログボックスランチャー

すると、フォントダイアログボックスが表示されます。
文字幅と間隔位置機能は、詳細設定タブの中にあります。

詳細設定タブ

文字幅と間隔の項目内に、位置機能があります。
そして、間隔(Y)のスピンボタンを操作する事で、文字の上下の配置を変更する事が出来ます。

文字幅と間隔項目の位置の間隔のスピンボタン

間隔(Y)のスピンボタンを操作し、任意の数値を設定して下さい。
スピンボタンの上ボタンを押すと位置は上げるに、スピンボタンの下ボタンを押すと位置は下げるに自動的に切り替わります。

文字幅と間隔の位置を任意の数値に

OKをクリックし、フォントダイアログボックスを閉じます。
すると、選択している部分の上下の配置が変更されます。

文字幅と間隔の位置機能が適用される

Microsoft Wordの文字幅と間隔の位置機能を応用する

文字に適用された文字幅と間隔の位置機能を解除する方法

続いて、文字幅と間隔の位置機能が適用されている部分の文字幅と間隔の位置機能を解除する方法についてご紹介します。
ホームタブのフォントグループ内にあるダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

フォントダイアログボックスランチャー

すると、フォントダイアログボックスが表示されます。
詳細設定タブの文字幅と間隔項目内にある、位置のドロップダウンリストボックスをクリックして下さい。

文字幅と間隔の位置機能のドロップダウンリストボックスをクリック

すると、標準上げる下げるのリストが一覧表示されます。
この中から、標準を選択し、OKをクリックして下さい。

文字幅と間隔の位置を標準へ

すると、選択している部分の上下の配置が元に戻ります。

文字の上下の配置が元に戻る

上付き文字の配置の調整に文字幅と間隔の位置機能を利用する

冒頭でもご紹介しましたが、文字幅と間隔の位置機能は上付きや下付きで配置した文字の微調整で利用するケースが考えられます。
そこで、実際に文字を上付きで配置し、その上付き文字の微調整を文字幅と間隔の位置機能を使って行ってみましょう。

文書内の上付き文字にしたい部分を選択して下さい。

上付き文字を適用したい部分

続いて、ホームタブのフォントグループ内にある上付きボタンをクリックして下さい。

上付き

すると、選択している部分が上付き文字に変更されます。

選択部分が上付き文字に

続いて、上付き文字の上下の位置を変更してみましょう。
ホームタブのフォントグループ内にあるダイアログボックスランチャーをクリックして下さい。

フォントダイアログボックスランチャー

すると、フォントダイアログボックスが表示されます。
詳細設定タブの文字幅と間隔項目内にある間隔(Y)のスピンボタンをクリックし、任意の数値に変更して下さい。

間隔(Y)を変更する

OKをクリックし、フォントダイアログボックスを閉じます。
すると、選択している上付き文字の配置が変更されます。

上付き文字の配置が変更に

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Microsoft Wordのフォントダイアログボックスランチャー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Microsoft Wordの中央揃え機能を使って、段落を中央揃えにする

  • Microsoft Wordの段落番号機能を使って、段落に番号を割り振る

  • Microsoft Wordの水平線機能を使って、文書内に水平線を挿入する

  • Microsoft Wordの文字間隔機能を使って、文章の文字間隔を調整する

  • Microsoft Wordの拡張書式の割注機能を使って、文章中に注釈を入れる

  • Microsoft Wordの上付き機能で、テキスト行の上部に文字を配置する

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。