1. TOP
  2. インターネット
  3. Xi
  4. 【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

Xi   64 Views
【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターはどうなの?

スマートフォンのテザリング機能とドコモのモバイルWi-Fiルーター

ソコンをインターネット接続させる際に、お手元にあるスマートフォンのテザリング機能を使う事が出来ます。
ただ、スマートフォンのテザリング機能はバッテリーを消耗させる為、外出前外出中の方には不向きな機能となります。

スマートフォンのテザリング機能
スマートフォンのテザリング機能は、バッテリーの消耗を激しくする。

そこで気になる存在が、モバイルWi-Fiルーターだと思います。
と言うのも、モバイルWi-Fiルーターが手元にある事で、スマートフォンのテザリング機能は使わなくても良くなるからです。

つまり、スマートフォンのバッテリーは温存したままで、パソコンやスマートフォンをインターネット接続出来るようになります。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターを介してインターネットへ接続する事で、スマートフォンのバッテリーの消費を抑える事が出来る。

今の時代、スマートフォンのバッテリー切れは不安な状態になります。
そう言うリスクを抑えてくれるのが、モバイルWi-Fiルーターの魅力の1つになる訳なのです。

また、モバイルWi-Fiルーターの通信スペックは、スマートフォンのテザリング機能よりも高性能です。
ですから、高画質な動画を視聴する際などに、モバイルWi-Fiルーターの方がスムーズに視聴出来るようになります。

そんなモバイルWi-Fiルーターですが、ドコモでも取り扱っています。
ですので、ドコモのスマートフォンを使っているユーザーにとって、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは非常に気になる存在かと思います。

そこで、一人暮らしのインターネット環境にドコモのモバイルWi-Fiルーターはどうなのか、これから詳しくご紹介します。
ぜひ、参考にしてみて下さい。

一人暮らしのインターネット環境として、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入する

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、データプラン(ルーター)の基本料金が月額1,200円掛かります。
また、インターネット接続料金(プロバイダ料金)として、mopera Uシンプルプランの月額500円も掛かります。

Wi-Fi STATIONの行う通信
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、データプラン(ルーター)の月額料金とmopera Uシンプルプランの月額料金が発生する。

更に、パケットパックとして、あなたの利用した通信量分月額料金が発生するベーシックパックの料金も支払わねばなりません。
そんなドコモのベーシックパックの月額料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

また、月に5GB以上通信する方であれば、最初からパケット定額サービスの方に申し込んでおいた方がお得です。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

ちなみに、ドコモのスマートフォンを契約中の方であれば、モバイルWi-Fiルーターのパケットパックスマートフォンのパケットパックと共有する形になります。
その際に、シェアオプションと言うオプションサービスへ加入しますから、更に月額料金は500円必要になります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プラン
ドコモのシェアオプションに加入すると、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターのパケットパックを共有する事が出来るようになる。

ご紹介しているように、シェアオプションを利用するには別料金が必要となります。
ですが、スマートフォンのパケットを無駄に余らせたり、モバイルWi-Fiルーターのパケットが足りない等と言うリスクを抑える事が出来ます。

さて、ご紹介したドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金を表にしてまとめると、次のようになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 4,800~9,900円

と言う事で、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、通信量はドコモのスマートフォンを単体で利用する場合と変わりありません。
そして、月にたった1GBも通信していなくても、月額料金は4,800円も支払わなければならなくなってしまいます。

ですから、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを一人暮らしのインターネット環境とするには、結構割高な価格設定となってしまいます。
そうであるなら、別のモバイルWi-Fiルーターを検討してみると言う選択肢もありです。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
モバイルWi-Fiルーターの選択肢は、ドコモだけではない。

この部分については、賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事があります。
ですが、今回改めて、一人暮らし向けのモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

一人暮らしのモバイルWi-Fiルーター、安くてお勧めのサービスは?

一人暮らしのインターネット環境、ドコモのモバイルWi-FiルーターよりもWiMAXサービスの方がお勧め!

モバイルWi-Fiルーターと言えば、有名なのがKDDIグループのUQコミュニケーションズが運営しているWiMAXサービスになります。
そんなWiMAXサービスを利用する場合、次の料金プランが適用となります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この中のFlatツープラスプランとは、月間データ利用量の上限が7GBまでとなる料金プランになります。
その代わりに、月額料金が安くなります。

月間のデータ利用量による速度制限
WiMAXサービスのFlatツープラスプランは、月間データ利用量の上限が7GBまでとなる料金プラン。

一方、Flatツープラス ギガ放題プランの月額料金は684円高くなりますが、ハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
つまり、動画を視聴するような用途の方でも、安心して申し込む事が出来るようになっていると言う訳なのです。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランであっても、無制限に通信出来る訳ではありません。
と言うのも、WiMAXサービスには3日間の合計通信量が10GBまでと言う決まりもあるからなのです。

そして、3日間の合計通信量が10GBを超えてしまうと、18時から翌2時まで通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
WiMAXサービスを利用して3日間で通信出来るのは、10GBまでとなる。

とは言え、概ね1Mbpsの通信速度があればYouTubeの標準画質レベルの再生は出来ますし、速度制限は時間限定となります。
ですから、日中の時間帯であれば、文字通り通信し放題の状態になります。

ここで気になる10GBの通信量についてですが、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

この通信量で問題ない方であれば、WiMAXサービスの速度制限は気にしなくても大丈夫です。
ただ、この通信量を超えてしまう可能性がある方の場合には、18時以降での大容量通信は避けるようにしましょう。

ご紹介しているWiMAXサービスですが、既にご紹介したドコモのモバイルWi-Fiルーターと比較してみてどうでしょうか?
WiMAXサービスの方が月額料金は安い上に、しかも、よりたっぷり通信出来る形になっています。

ですから、一人暮らしのインターネット環境としては、ドコモのモバイルWi-FiルーターよりもWiMAXサービスの方が断然お勧めとなります。
そんなWiMAXサービスには、Pocket WiFiサービスと言う競合サービスが存在します。

WiMAXとPocket WiFi
WiMAXサービスとPocket WiFiサービスは、どちらもモバイルWi-Fiルーターを利用した競合のサービス。

と言う事で、引き続きPocket WiFiサービスについてご紹介します。

一人暮らしのインターネット環境、Pocket WiFiサービスはどう?

Pocket WiFiサービスとは、SoftBankグループのY!mobileが運営しているモバイルインターネットサービスになります。
そんなPocket WiFiサービスは、SoftBankY!mobileとで料金プランが異なります。

Pocket WiFi
Pocket WiFiサービスは、SoftBankとY!mobileとで選べる機種や料金プランが大きく異なって来る。

もしSoftBankでPocket WiFiサービスの契約をする場合には、申し込める料金プランは4G/LTEデータし放題フラットプランになります。
この4G/LTEデータし放題フラットプランは、月額3,696円で月間データ利用量の上限が7GBまでの料金プランになります。

一方、Y!mobileでPocket WiFiサービスの申し込み手続きを行う場合には、次の料金プランが適用される形となります。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

ちなみに、アドバンスオプションとは、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードを利用出来るようになるオプションサービスの事を差します。
つまり、Y!mobileのPocket WiFiサービスであれば、月額4,380円で月間データ利用量の上限なく通信出来る仕組みになっていると言う訳なのです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限なく通信出来る仕組みになっている。

また、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードであっても、3日間に利用出来る通信量は10GBまでとなります。

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、Y!mobileのPocket WiFiプラン2WiMAXサービスの料金プランと同じ料金設定になっています。
ですから、同じ月額料金を支払う事で、同じ通信量通信出来る仕組みになっていると言う訳なのです。

そうなると気になって来るのが、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスは、どちらの方がよりお得なのかと言う点についてです。
この部分について判断するには、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードについて、もう少し詳しく知る必要があります。

Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準では使用出来ていたFDD-LTE通信を利用出来なくなってしまいます。
つまり、Pocket WiFiの通信速度は遅くなりつつ、対応する通信エリアも狭くなってしまうのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、FDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

一方、WiMAXサービスのハイスピードモードは、標準の通信モードになります。
ですから、元々の通信エリアの広さの状態で、月間データ利用量の上限なく通信出来るのがWiMAXサービスの特徴であると言えます。

このPocket WiFiサービスのアドバンスモードWiMAXサービスのハイスピードモードの通信エリアの違いを比較したのが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiサービスの地図でアドバンスモードに対応しているエリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードよりも、WiMAXサービスのハイスピードモードの通信エリアの方が圧倒的に広くなる。

と言う事で、月間データ利用量の上限なく通信出来るエリアにこれだけ差が出て来る訳ですから、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。
もしもPocket WiFiサービスと契約してしまうと、あなたの後に引っ越した場所ではアドバンスモードが圏外表示されてしまうリスクも出て来てしまいます。

そんなWiMAXサービスですが、契約するならBroad WiMAXがお勧めです。
なぜWiMAXサービスはBroad WiMAXから契約した方がお得なのか、引き続きご紹介します。

一人暮らしのモバイルWi-Fiルーターの契約先は、Broad WiMAXがお勧め

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
これらのWiMAX取扱店は、UQコミュニケーションズとMVNO(仮想移動体通信事業者)と言う形で契約をしています。

ですから、UQコミュニケーションズからWiMAXの通信回線を借りて、独自のブランド名で販売をしています。
つまり、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約をしたとしても、利用出来るのは同じWiMAX回線になると言う訳なのです。

ですが、各WiMAX取扱店では独自のキャンペーン料金プランを用意しており、それぞれが集客に力を入れています。
ですから、各WiMAX取扱店によって、お得感がまるで違って来ると言う訳なのです。

お得なキャンペーン
どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約をするのかと言う部分は、お得感と言う点に大きな差を生む。

そう言う理由から、よりお得な条件でWiMAXサービスの契約をしたいのであれば、WiMAX取扱店はしっかりと選ぶ必要性が出て来ます。
そんな中、各WiMAX取扱店を比較するようなサイトでは、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店がお勧めされるケースが多く見られます。

確かに、電卓を使って計算する分には、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店が魅力的に見えて来ます。
ただし、キャッシュバックキャンペーンに申し込んでキャッシュバックを貰えている方と言うのは非常に少なく大半の方は何のキャンペーン特典も貰えなくなってしまうのです。

と言うのも、キャッシュバックを受け取るにはキャッシュバック手続きが必須となって来るのですが、キャッシュバック手続きを行えるようになるまでの期間が長く設定されているのです。
そして、長く待たされた結果、キャッシュバック手続きの事をすっかり忘れてしまう方が続出してしまうのです。

ここでキャッシュバック手続き開始月と、実際に手続きを行った方の割合を表したデータがあります。
データ元は光回線の代理店が公開していたものですが、WiMAXサービスとは大差ないでしょう。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

ちなみに、WiMAX取扱店で一番多いのが、契約から約1年後にキャッシュバック手続きを行えるようになっているパターンです。
そうなると、全体の3割未満の方しかキャッシュバックを貰えていないと言う事になります。

これだけ確率の低いキャッシュバックキャンペーンに、あなたは魅力を感じますか?
ですので、WiMAX取扱店を選ぶ際には、キャッシュバックキャンペーンは避けた方が良いです。

キャッシュバックが貰えず
貰える確率の低いキャッシュバックキャンペーンは、最初から避ける方が良い。

そうなるとどのWiMAX取扱店が良いのかと言う話になるでしょうが、Broad WiMAXがお勧めとなります。
と言うのも、Broad WiMAXは元々の月額料金が安いですから、確実に安くWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているのです。

そんなBroad WiMAXの月額料金は、次の通りです。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

これまでご紹介して来た、各モバイルWi-Fiルーターの月額料金と比較をしてみて下さい。
Broad WiMAXであれば、これだけ安くWiMAXサービスを利用する事が出来るのです。

ですから、一人暮らしのWi-Fi環境には、Broad WiMAXがお勧めとなります。
実際、私自身がBroad WiMAXユーザーであり、安くWiMAXサービスを利用する事が出来ています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、実際に安くWiMAXサービスを利用する事が出来ている。

次はあなたの番です。
月額料金の安いBroad WiMAXと契約して、家計への負担を抑えた状態で利便性の高いWiMAX環境を手に入れて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

  • えっ!?ドコモのモバイルWi-Fiルーターは無料って本当?利用料金の方はどうなの?

  • 契約する前に確認!モバイルWi-Fiルーターの契約先をドコモにした場合の利用料金と、他のサービスを比較

  • インターネット環境を携帯出来る!ドコモのモバイルWi-Fiルーターってどんな通信サービス?

  • ドコモの携帯ユーザーであっても、Wi-Fiをドコモにする意味は…

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。