1. TOP
  2. インターネット
  3. Xi
  4. ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

 2018/07/25 Xi   79 Views
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

※現在お勧めのモバイルインターネットサービスは、利便性の関係で断トツクラウドSIMになります。
当サイトの古い記事ではWiMAXPocket WiFiSoftbank AirXiなどもお勧めしていますが、現在は事情が変わっています。

ですので、余程の事情がない限りは、クラウドSIMの中から契約先を選ぶようにした方が良いです。 クラウドSIMの記事については、メニューバーの中からサービスを選んで下さい。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約方法は2パターン

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約を行う際には、モバイルWi-Fiルーター単体で契約を行うのか、スマートフォンと通信量を共有するシェアオプションを利用するのかの2択の選択肢があります。
シェアオプションを利用する場合には月額料金が500円高くなってしまいますが、スマートフォンの通信量が余っているのに使えないなどと言った無駄を抑える事が出来ます。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターのシェアオプション
ドコモのシェアオプションに申し込めば、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターの通信量を共有する事が出来るようになる。

そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約を行う事で、家にモバイルWi-Fiルーターを据え置きしておいて、自分が家にいない間も家族がインターネットを利用出来るなどと言った利便性を得る事が出来ます。
また、モバイルWi-Fiルーターを使う事で、スマートフォンのバッテリーの消費を抑えながらインターネットを楽しむ事も出来るでしょう。

ですので、利便性高くインターネットを楽しみたいのであれば、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約をお勧めします。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約を行う際には、モバイルWi-Fiルーター単体で契約を行うのか、スマートフォンと通信量を共有するシェアオプションを利用するのかの2択の選択肢がある。
  • シェアオプションを利用する場合には月額料金が500円高くなってしまうものの、スマートフォンの通信量が余っているのに使えないなどと言った無駄を抑える事が出来る。

便利なのはドコモのモバイルWi-Fiルーターだけではない!?

ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターは、実はドコモ以外にも存在します。
しかも、非常に都合が良い事に、月間データ利用量の上限がないサービスも存在します。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
モバイルWi-Fiルーターは、実はドコモ以外にも存在する。

一方、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは月に利用出来る通信量が予め決まっていますから、ある程度以上通信する方には対応していません。
例えば、1人で契約する方の一番高額なパケットパックは30GBまでですし、家族で契約する方でも100GBが上限となっています。

ですので、動画を毎日視聴するなどと言った用途の方は、月間データ利用量の上限がないモバイルWi-Fiルーターの方がお勧めとなります。
ただ、月間データ利用量の上限が ないモバイルWi-Fiルーターは料金が高いのではないかと言った不安を持つ方もいる事でしょう。

と言う事で、月間データ利用量の上限がないモバイルWi-Fiルーターとして有名なWiMAXサービスPocket WiFiサービスを、ドコモのモバイルWi-Fiルーターと比較する形でご紹介します。

  • モバイルWi-Fiルーターの中には、月間データ利用量の上限がないサービスも存在する。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを1人で利用する方の月間データ利用量は最大30GBまでで、家族で利用する方でも最大100GBまでとなる。

モバイルWi-Fiルーターの契約をする上で、安いサービスは?

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、基本プランとしてデータプラン(ルーター)の月額料金1,200円、そして、インターネット接続サービスとしてmopera U シンプルプランの月額料金200円が請求されます。
そして更に、あなたが利用する通信量に応じたパケットパックの月額料金と、シェアオプションとして月額500円も請求されます。

ここで注意すべきなのが、ドコモのパケットパックの月額料金です。
そんなドコモのパケットパックを利用する際には、次の月額料金が請求されます。

ドコモのベーシックパックの月額料金
パケットパック 通信量 月額料金
ベーシックパック 1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

もし、月に20GB以上通信する方の場合だと、更に月額料金が高いパケット定額サービスへ申込む形になります。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 通信量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

従って、ドコモで月に1GBの契約を行った場合であっても、支払う月額料金は4,800円にもなってしまうのです。
たった1GBの契約に毎月4,800円も支払い続けると考えると、モバイルWi-Fiルーターとしてはかなり割高となってしまいます。

では、WiMAXサービスの場合はどうなのかと言う話になる訳ですが、次の料金プランの設定金額となっています。

一般的なWiMAX取扱店の月額料金
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、Flatツープラスプランに申し込んだ方が月に利用出来る通信量は7GBまでとなっています。
それに対し、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方であれば、月間データ利用量の上限はありません

つまり、月間データ利用量の上限がない料金プランであっても、WiMAXサービスなら月に1GBまでしか通信出来ないドコモのモバイルWi-Fiルーターよりも安上がりとなっていたりするのです。
となると気になるのが、Pocket WiFiサービスの料金プランでしょう。

Pocket WiFiサービス月に7GBまで通信出来るPocket WiFiプラン2(さんねん)に申込むと、月額料金は3,696円します。
そして、月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスオプションに申込むと、月額料金は684円高くなります

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiサービスでアドバンスオプションに申し込むと、月間データ利用量の上限がなくなる。

ただ、アドバンスオプションは最大3ヵ月無料となっていますから、結果的にはWiMAXサービスと全く同じ料金体系になっています。
従って、料金面でモバイルWi-Fiルーターを選ぶ場合には、ドコモのモバイルWi-FiルーターよりもWiMAXサービスPocket WiFiサービスの方がお勧めとなります。

そうなると次に湧いて来る疑問が、WiMAXサービスPocket WiFiサービスはどちらの方がお勧めなのかと言う点についてでしょう。
と言う事で、引き続きWiMAXサービスPocket WiFiサービスを比較したいと思います。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、1,900円の月額料金あなたが利用する通信量に応じたパケットパックの月額料金が請求される形になる。
  • ドコモで月に1GBの契約を行った場合であっても、支払う月額料金は4,800円にもなってしまう。
  • WiMAXサービスのFlatツープラスプランに申し込んだ方は月に7GBまで通信出来、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方は月間データ利用量の上限がない
  • WiMAXサービスの月間データ利用量の上限がない料金プランであっても、月に1GBまでしか通信出来ないドコモのモバイルWi-Fiルーターよりも安上がりになる。
  • Pocket WiFiサービスでアドバンスオプションに申込むと、月間データ利用量の上限がなくなる。
  • Pocket WiFiサービスのアドバンスオプションは最大3ヵ月無料となっているので、結果的にはWiMAXサービスと全く同じ料金体系となる。
  • 料金面でモバイルWi-Fiルーターを選ぶ場合には、ドコモのモバイルWi-FiルーターよりもWiMAXサービスPocket WiFiサービスの方がお勧め。

WiMAXサービスとPocket WiFiサービス、契約先としてはどちらの方がお勧め?

ご紹介しているように、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは料金が全く同じです。
しかも、利用出来る通信量も全く同じですし、通信速度に関しても実用上は大きな差とはなりません。

では、WiMAXサービスPocket WiFiサービスはどちらに申し込んでも変わらないのかと言うと、実はそうとも言い切れません。
と言うのも、WiMAXサービスPocket WiFiサービスとで大きく異なる点があるからです。

そんなWiMAXサービスPocket WiFiサービスとで大きく異なる点としては、月間データ利用量の上限がなくなる条件下での通信エリアになります。
つまり、たっぷりと通信出来る条件下での通信エリアが異なると言う訳なのです。

WiMAXサービスの場合だと、標準のWiMAX 2+通信に対応しているエリアが月間データ利用量の上限がない通信エリアとなります。
一方、Pocket WiFiサービスの場合だと、アドバンスモードに対応しているエリアが月間データ利用量の上限がない通信エリアとなっています。

そして、各通信エリアを地図上に表したのが次の図となります。
ちなみに、Pocket WiFiサービスでアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られているエリアだけとなっています。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
WiMAXサービスのWiMAX 2+通信に対応している通信エリアとPocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアとでは、大きな差が出て来る。

関東圏でさえこれだけ差がある訳ですから、地方はどうなのか想像に難くないかと思います。
ですから、利便性を考えるのであれば、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。

そんなWiMAXサービスですが、実はよりお得な条件で契約出来る方法があります。
と言う事で、続いてはWiMAXサービスの契約をお得に行う方法についてご紹介します。

  • WiMAXサービスPocket WiFiサービスとでは利用料金利用出来る通信量が全く同じで、利用出来る通信速度も大した差はない。
  • WiMAXサービスPocket WiFiサービスとで大きく異なる点としては、月間データ利用量の上限がなくなる条件下での通信エリアになる。
  • WiMAXサービスのWiMAX 2+の通信エリアと比べると、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは非常に限られた範囲となる。

WiMAXサービスをよりお得に契約するには?

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、利用出来る通信回線に違いなどありません。

では、各WiMAX取扱店で何が違うのかと言う話になる訳ですが、実は実施しているキャンペーン月額料金の設定金額が異なります。
ですので、よりお得な料金設定となっているWiMAX取扱店と契約する方が、契約条件としては良くなるのです。

そこでお勧めなのが、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店になります。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言う独自の料金プランを用意しており、安くWiMAXサービスを利用出来る形になっているからです。

Broad WiMAXなら月額料金が安くなる
Broad WiMAXの月額最安プランに申込むと、月額料金が安くなる。

そんなBroad WiMAXに関しては、キャンペーンサイトでより詳しくご紹介されています。
ですので、Broad WiMAXに興味のある方は、併せてそちらもご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

  • ドコモでPocket WiFiの契約をしたいあなたが知るべき情報はこれだ!

  • 最新版!ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランってどうなっているの?

  • えっ!?ドコモのモバイルWi-Fiルーターは無料って本当?利用料金の方はどうなの?

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約する前に把握しておくべき情報

  • 【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。