1. TOP
  2. インターネット
  3. Xi
  4. ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

 2018/01/03 Xi   1,118 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

ドコモのモバイルWi-Fiルーター

ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?

ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、ドコモのXi(4G)やFOMA(3G)を利用する無線通信サービスになります。
そして、専用のモバイルWi-Fiルーターを利用する事により、スマートフォンやパソコン、タブレットなどの複数の機器と通信を行う事が出来るようになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの行う通信

一応、同様の事をスマートフォンのテザリング機能を使って行う事は可能です。
ただし、テザリング中はスマートフォンのバッテリーの消費が激しくなってしまいますし、通信速度はスマートフォンのスペックに影響されます。

一方、モバイルWi-Fiルーターを利用する事で、スマートフォンのバッテリーを消費しなくなります。
また、通信性能もモバイルWi-Fiルーターの方が特化していますので、より快適な高速通信を体感する事が出来るようになります。

モバイルWi-Fiルーターの通信性能は高い

そう言う点から、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用すると便利なインターネット環境が手に入るようになります。
その上、光回線のように回線工事は必要ありませんし、契約した建物内だけでしか利用出来ないと言うような制限もありませんから、非常に便利なインターネットサービスとなります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、XiFOMAを使った無線通信が利用出来る。
  • スマートフォンのテザリング機能よりも通信性能が高くスマートフォンのバッテリーを消費しない点が大きなメリット。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、光回線のような回線工事が必要ない。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、インターネット環境を自由に持ち歩けるようになる。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターにはどんなものがある?

ご紹介しているドコモのモバイルWi-Fiルーターですが、Wi-Fi STATIONと言う専用の通信端末を通してインターネットへアクセス出来るようになります。
そして、NECプラットフォーム社製品にはNHUAWEI社製品にはHWLG社製品にはLの型番が付いています。

Wi-Fi STATION

各Wi-Fi STATIONによって通信スペックが異なり、それがあなたのインターネット環境を決めるものとなります。
ですので、契約時には出来るだけ高スペックなWi-Fi STATIONを選ぶようにしたいものです。

ちなみに、どのWi-Fi STATIONを選んだとしても、月額料金が変わる事はありません。
ですから、同じ料金を支払いつつも、手に入る通信環境には違いが出て来る形となります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターには、Wi-Fi STATIONと言う機種名が付いている。
  • 各Wi-Fi STATIONによって通信スペックが異なるので、それが自分のインターネット環境へ影響を与える形となる。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの利用料金

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額基本料金とパケットパック

ご紹介しているドコモのモバイルWi-Fiルーターですが、特に気になるのが料金面の話でしょう。
契約した料金プランが契約期間中毎月支払い続ける料金となりますから、無理のない範囲での料金設定額となっておく必要があります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金

そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、まずデータプラン(ルーター)へ加入しなければなりません。
このデータプラン(ルーター)の月額料金は、1,200円になります。

それに加え、光回線で言うプロバイダ料に該当するmopera Uの月額料金200円も加算されます。
この合計額1,400円が、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する上での月額基本料金になります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額基本料金

そして更に、使用した通信量に応じたデータ通信料が加算される仕組みになっています。
このデータ通信料は、Xiなら1KB辺り0.6円FOMAなら1パケット辺り0.08円掛かります。

ただ、利用したデータ通信量が多いと料金が無尽蔵に膨れ上がってしまいますので、データ定額プランとなるパケットパックへ加入するのが一般的です。
そんなドコモのパケットパックの月額料金は、以下の通りです。

ドコモのパケットパックの月額料金
パケットパック 月間のデータ利用量 月額料金
データSパック(小容量) 2GB 3,500円
データMパック(標準) 5GB 5,000円
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

このパケットパックの月額料金と前述した月額基本料金の合計額が、毎月ドコモから請求される月額料金となります。
ちなみに、契約したパケットパックの月間のデータ利用量を超過してしまうと、月末までの通信速度は128Kbpsにまで制限されてしまいます。

  • データプランの月額料金mopera Uの月額料金の合計額が、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額基本料金となる。
  • 月額基本料金パケットパックの月額料金の合計額が、ドコモから毎月請求される金額となる。
  • パケットパックの月間のデータ利用量を超過してしまうと、月末までの通信速度は128Kbpsに制限されてしまう。

ドコモのシェアオプション

ご紹介しているドコモのモバイルWi-Fiルーターですが、もし、ドコモのスマートフォンを契約中の方であれば、シェアオプションを利用する事が可能です。
このシェアオプションへ加入すると、モバイルWi-Fiルータースマートフォンのデータ利用量を共有する事が出来るようになります。

シェアオプション

そうなると、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターのパケットが余ってしまい、そのまま無駄にしてしまうリスクを抑える事が出来ます。
そう言う意味では、シェアオプションは効率の良いオプションサービスと言えるでしょう。

その代わり、シェアオプションを利用する際には、月額500円のシェアオプション料金が別途請求されます。

  • ドコモのシェアオプションを利用すれば、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターのデータ利用量を共有する事が出来るようになる。
  • ドコモのシェアオプションを利用するには、月額500円のシェアオプション料金が必要となる。

家族でドコモのモバイルWi-Fiルーターをシェアする

前述したように、スマートフォンとモバイルWi-Fiルーターとでデータ利用量をシェアする事が出来ます。
このシェアオプションですが、実は、家族間でも利用する事が出来ます。

シェアパック

つまり、家族内に通信量を余らせている人がいれば、その人の余っている分の通信量を無駄なく使う事が出来るようになります。
ちなみに、家族間でパケットパックをシェアする場合には、1回線追加ごとに月額500円のシェアオプション料金が必要となります。

そして更に、家族間でシェアオプションを利用する場合、パケットパックの更に大容量プランであるシェアパックへ申し込む事が出来るようになります。
そんなドコモのシェアパックの料金プランは、以下の通りです。

ドコモのシェアパックの月額料金
パケットパック 月間のデータ利用量 月額料金
シェアパック5(小容量) 5GB 6,500円
シェアパック10(小容量) 10GB 9,500円
シェアパック15(標準) 15GB 12,500円
ウルトラシェアパック30 30GB 13,500円
ウルトラシェアパック50 50GB 16,000円
ウルトラシェアパック100 100GB 25,000円

パケットパックの時よりもシェアパックは月額料金が割高になりますが、最大100GBの料金プランに申し込む事が出来るようになります。
ですから、ある程度たっぷり通信を行う家族でも、割と対応出来るようになります。

  • ドコモでは、家族間でシェアオプションを利用する事も出来る。
  • 家族間でシェアオプションを利用する場合、1回線を追加するごとに月額500円が掛かる。
  • 家族間でシェアオプションを利用する場合、料金プランはシェアパックになる。
  • シェアパックに申し込むと、月間のデータ利用量は最大で100GBも利用出来るようになる。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターをよりお得に利用する方法

ドコモの格安SIMとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを組み合わせる

これまでご紹介して来たように、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは割と料金設定額が高額です。
ですから、WiMAXサービスPocket WiFiサービスなどの他のモバイルインターネットサービスと比べると、あまり割に合わないように思えて来ます。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile

しかも、ドコモのモバイルWi-Fiルーターには月間のデータ利用量に上限がありますので、インターネットのヘビーユーザーには向いていません。
そこでお勧めしたいのが、ドコモの格安SIMSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとを組み合わせたサービスになります。

ドコモの格安SIMとは、ドコモから通信回線を借りているMVNO(仮想移動体通信事業者)が、独自の料金プランで安くモバイルインターネットサービスを提供しているものになります。
つまり、通信回線自体はドコモのXiを利用しつつも、料金はドコモより格安価格で利用出来る形となっています。

格安SIM

従って、ドコモのXiを利用しつつも、WiMAXサービスPocket WiFiサービスの価格設定に引けを取らないインターネット環境を手に入れる事が可能となります。
そんなドコモのXiを利用出来るモバイルインターネットサービスは複数存在しますので、その中からあなたに合ったサービスを選ぶのをお勧めします。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターは料金設定額が高額で、しかも、月間のデータ利用量に上限がある。
  • ドコモの格安SIMSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとを組み合わせたサービスを利用すれば、ドコモより格安価格でXiを利用出来るようになる。
  • ドコモの格安SIMSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターとを組み合わせたサービスは、複数社存在する。

ドコモの格安SIMを利用する際の注意点

前述したドコモの格安SIMを利用する場合、いくつか注意しなければならない点が出て来ます。
ですので、最後に格安SIMを利用する際の注意点についてご紹介したいと思います。

格安SIMを利用する際の注意点

まず、ドコモの格安SIMを利用する場合、ドコモで契約中のスマートフォンとのパケットのシェアは行えません。
ですから、スマートフォンのパケットが余ったから、モバイルWi-Fiルーターで利用すると言うような使い方には対応出来なくなってしまいます。

とは言え、スマートフォンの通信もモバイルWi-Fiルーターを通して行う形となります。
ですから、むしろスマートフォンで契約中のドコモのデータ利用量はほとんど消費しなくなってしまいます。

格安SIM&モバイルWi-Fiルーター

従って、ドコモの格安SIMを利用してモバイルWi-Fiルーターの契約を行う方は、ドコモのスマートフォンで契約中のパケットパックを安いものへと変更しましょう。
そうすれば、スマートフォンのパケットが余ってしまうと言うような無駄は、ほとんど発生しなくなります。

また、ドコモの格安SIMは、各MVNO(仮想移動体通信事業者)によって料金設定額月間のデータ利用量の上限がバラバラになっています。
つまり、それぞれによって契約条件が大きく異なって来る事を意味しています。

格安SIM取扱店ごとに契約条件が変わる

ですので、よりお得な条件でモバイルWi-Fiルーターを利用したいのであれば、各MVNO(仮想移動体通信事業者)の契約条件を比較する作業が必要となって来ます。
この作業をせずに適当に契約先を選んでしまうと、他の人よりも契約内容がいまいちな状況になりかねません。

そんなドコモのXiに対応した各モバイルインターネットサービスについては、別記事にて詳しくご紹介します。

  • ドコモの格安SIMを利用する場合、ドコモのスマートフォンモバイルWi-Fiルーターのパケットをシェアする事は出来ない。
  • 格安SIMと組み合わせたモバイルWi-Fiルーターを通してインターネットを利用するようになるので、スマートフォンのパケットパックは安いもので良くなる。
  • 各MVNO(仮想移動体通信事業者)ごとに契約条件が大きく異なるので、それぞれの契約条件を比較する必要がある。
MediSIMのキャッシュバックキャンペーン
パソコンやタブレットがセットになったライトユーザー向けのXiサービスに、10,000円分のJCBギフトカードのプレゼント付き。
@モバイルくん。の3G使い放題プラン
速度制限がない料金プランで、比較的通信速度は遅いものの動画の視聴は出来る実用レベルは確保している。
C mobileのキャッシュバックキャンペーン
月額3,600円月間データ利用量の上限なしのXiサービスに、最大20,000円のキャッシュバック付き。
ONLY Mobileのキャッシュバックキャンペーン
月額3,900円月間データ利用量の上限なしのXiサービスに、最大40,000円のキャッシュバック付き。
ONLY MobileのプラスXi 使い放題5900プラン
月額5,900円月間データ利用量の上限なしのXiサービスタブレットがセットとなったサービスに、最大15,000円のキャッシュバック付き。
ONLY MobileのプラスXi 使い放題6600プラン
月額6,600円月間データ利用量の上限なしのXiサービスノートパソコンがセットとなったサービスに、最大15,000円のキャッシュバック付き。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

ドコモのモバイルWi-Fiルーターって、どんなサービス?月額料金は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • ドコモの携帯ユーザーであっても、Wi-Fiをドコモにする意味は…

  • インターネット環境を携帯出来る!ドコモのモバイルWi-Fiルーターってどんな通信サービス?

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットとデメリット

  • 【要注意】一人暮らしにドコモのモバイルWi-Fiルーターを導入するメリットは?料金はいくら位になりそう?

  • えっ!?ドコモのモバイルWi-Fiルーターは無料って本当?利用料金の方はどうなの?

  • 契約する前に確認!モバイルWi-Fiルーターの契約先をドコモにした場合の利用料金と、他のサービスを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。