1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+
  5. ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の特徴やメリット、注意点は?

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の特徴やメリット、注意点は?

 2017/08/17 ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+
UQ
  543 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の特徴やメリット、注意点は?

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+とは?

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+を運営している会社は?

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+は、ヨドバシカメラが運営するWiMAXサービスになります。
そんなヨドバシカメラは、家電量販店として有名な会社になります。

家電量販店

ヨドバシカメラが他の家電量販店と違うのは、通販事業にも力を入れている点になります。
ですから、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の申し込み手続きは、インターネット上からも受け付けています。

ただし、インターネット上からワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+を申し込むよりも、ヨドバシカメラの店舗で実施しているキャンペーン特典を利用した方がお得な印象は受けます。
この部分については、この後詳しくご紹介します。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+は、ヨドバシカメラが運営するWiMAXサービス。
  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の申し込み手続きは、インターネット上からも行える。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の特徴は?

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ならWiMAX端末代が大幅割引きに

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+をインターネット上から申し込む場合、最新のWiMAX端末代が大幅に割引きされるキャンペーン特典が付いて来ます。
具体的には、通常価格で20,000円するWiMAX端末代が1円に割引きされます。

WiMAX端末代が1円に

WiMAX端末代は、初期費用として請求される金額になります。
その初期費用を19,999円も節約出来ますので、非常に魅力的なキャンペーン特典と言えるでしょう。

最初に20,000円を準備してからでないと申し込み手続きを出来ないとなると、結構ハードルが高いです。
ですが、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+であれば、そう言う心配はしなくても良くなります。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+なら、WiMAX端末代が1円に割引きされる。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+のWiMAX2+まとめてプラン

ヨドバシカメラの店舗では、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+と店頭商品とのセット割引きキャンペーンを実施している事があります。
このセット割引きキャンペーンは、WiMAX2+まとめてプランになります。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+と店頭商品とのセット割引きキャンペーン

この方式のキャンペーン特典は家電量販店系列のWiMAX取扱店ならではで、商品を抱える家電量販店だからこそ行えるキャンペーンと言えるでしょう。

このWiMAX 2+まとめてプランを利用するメリットですが、高額商品の一部の料金を分割払いで購入する事が出来るようになります。
しかも、ただ分割払いになるだけではなく、最大1万円近く合計金額が安くなります。

分割払い

そして、ヨドバシカメラ側にもメリットがあり、WiMAXサービスの契約と一緒に高額商品が売れると言うキャンペーン内容になっています。
だからこそ、家電量販店はこの手のキャンペーンを実施している訳です。

そんなWiMAX2+まとめてプランの利用料金は、以下の通りです。

WiMAX2+まとめてプランの利用料金
プラン名 月額料金
WiMAXまとめてプランS8 741円
WiMAXまとめてプランM8 963円
WiMAXまとめてプランL8 1,547円

WiMAX2+まとめてプランを利用すると、この月額料金分をWiMAXサービスの月額料金に上乗せする形で請求されます。

WiMAX2+まとめてプランの利用料金が月額料金に上乗せされる

具体例を挙げてみましょう。
ヨドバシカメラの店頭で、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約と同時にパソコンを購入すると50,000円還元されるキャンペーンが実施されていたとしましょう。

すると、パソコンを50,000円割引きの状態で購入出来るようになります。
その代わり、WiMAXまとめてプランL8が適用され、24ヵ月間WiMAXサービスの月額料金に1,547円が上乗せされる形になります。

24ヵ月間WiMAXサービスの月額料金に1,547円が上乗せ

税込み価格で1,670円を24回支払い続ける形になりますので、総額40,080円の出費になります。
つまり、50,000円の差額となる9,920円がWiMAX2+まとめてプランを利用する事による金銭的メリットとなります。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+のWiMAX2+まとめてプランを利用する事で、店頭の高額商品を分割払いで購入出来るようになる。
  • WiMAX2+まとめてプランの支払い額と商品の割引き額には最大1万円近くの差額があり、その分がお得感となる。
  • WiMAX2+まとめてプランの月額料金は、WiMAXサービスの月額料金に上乗せする形で請求される。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ならワイヤレスゲート Wi-Fiが利用出来る

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約の中には、ワイヤレスゲートWi-Fiの契約も含まれています。
このワイヤレスゲートWi-Fiは何かと言うと、国内約40,000ヵ所のWi-Fiスポットを利用出来るサービスになります。

Wi-Fiスポット

言わば、UQ WiMAXユーザーの利用出来るUQ Wi-Fiプレミアムのようなサービスと思って頂ければ良いです。
このワイヤレスゲートWi-Fiの月額料金は362円なのですが、その分の料金がWiMAXサービスの利用料金の中に含まれている形になります。

かと言って、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金は他のWiMAX取扱店よりも362円分高いと言う事はありません。
ですので、そう考えるとお得感のあるキャンペーン特典と言えます。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約の中には、ワイヤレスゲートWi-Fiの契約も含まれる。
  • ワイヤレスゲートWi-Fiは、国内40,000ヵ所以上のWi-Fiスポットを利用出来るサービス。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の料金プラン

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金

ご紹介しているワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ですが、気になるのは月額料金でしょう。
そんなワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+には、5種類の料金プランがあります。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の5種類の料金プラン

そのワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の5種類の料金プランは、大きく分けて2種類に分類出来ます。
そして、その2種類の料金プランごとに、支払う月額料金が異なって来ます。

まず、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割2年プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割3年プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年プランは、同じ月額料金になります。
一方、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割3年プランの月額料金は、同じ金額になります。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金

要するに、ギガ放題プランであるかどうかで月額料金は異なって来ます。
そんな各料金プランの具体的な月額料金は、以下の通りです。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金
ご利用期間 通常プラン ギガ放題プラン
利用開始月 3,695円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,695円 3,695円
3ヵ月目~ 4,380円

前述しましたが、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金はの中には、ワイヤレスゲートWi-Fiの料金も含まれています。
にも関わらず、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金は一般的なWiMAX取扱店の月額料金と変わりません。

月額料金が高いと言う事はない

ですので、そう考えるとリーズナブルな料金設定となっています。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+には5種類の料金プランがある。
  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の月額料金は、ギガ放題プランであるかどうかで違って来る。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+に適用される速度制限

ご紹介したように、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の各料金プランはギガ放題プランであるかどうかによって月額料金が異なって来ます。
では、ギガ放題プランは月額料金が高額な分、一体何が違うのでしょうか?

 

ギガ放題プラン

それは、適用される速度制限の範囲になります。
そんなワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+に適用される速度制限には、以下の2種類のものがあります。

月間のデータ利用量による速度制限
月初めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度を128Kbpsに制限されてしまう速度制限。
ネットワーク混雑回避の為の速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、18時から翌日の2時に掛けての通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

そして、通常プランに適用される速度制限の範囲は、以下の通りです。

通常プランに適用される速度制限の範囲
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避の為の速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード

一方、ギガ放題プランであれば、速度制限の適用範囲が一部免除になります。

ギガ放題プランに適用される速度制限の範囲
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避の為の速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり

ちなみに、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年プランは少し特殊な形となっていて、適用される速度制限の範囲はギガ放題プランと同じになります。
つまり、契約期間が4年間もある分、特別な扱いになっていると解釈して頂ければ良いです。

契約期間が長い分、特別な料金プラン

現在、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ではノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていません。
ですから、メインの通信回線はハイスピードモードになります。

つまり、通常プランの場合、月に7GBまでしか通信を行う事が出来ません。
一方、ギガ放題プランであれば、月に7GBを超える範囲で通信を行う事が可能です。

たっぷりとインターネットを利用出来る

ですから、ギガ放題プランの月額料金は高額ですが、その分たっぷりとインターネットを利用出来ると思って頂ければ良いです。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+に適用される速度制限には、月間のデータ利用量による速度制限ネットワーク混雑回避の為の速度制限とがある。
  • ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年プランに対する速度制限の適用範囲は、ギガ放題プランと同じ。
  • 通常プランの場合、月に7GBまで通信を行える。
  • ギガ放題プランであれば、月に7GBを超える範囲で通信を行える。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の解約手続き

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約期間と契約解除料

ご紹介しているように、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+には5種類の料金プランがあります。
そして、各料金プランによって、契約期間が決まっています。

各料金プランの契約期間

まず、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割2年プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割2年プランの場合、契約期間は2年間となります。
具体的には、サービス開始月の翌月を1ヵ月目として、24ヵ月間が契約期間になります。

続いて、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割3年プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス ギガ放題 auスマホ割3年プランの場合、契約期間は3年間となります。
具体的には、サービス開始月の翌月を1ヵ月目として、36ヵ月間が契約期間になります。

WiMAXの契約期間

最後に、ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXツープラス auスマホ割4年プランの場合、契約期間は4年間となります。
具体的には、サービス開始月の翌月を1ヵ月目として、48ヵ月間が契約期間になります。

そして、最終月となる契約満了日の翌月を契約更新月とし、この期間内に解約手続きを行える形になっています。
ただし、契約更新月内に解約手続きを行わなかった場合には、契約更新月を1ヵ月目とする形で再契約が行われてしまいます。

契約更新月を1ヵ月目とする形で再契約

ここで注意したいのが、契約更新月以外のタイミングでの解約手続きです。
契約更新月以外のタイミングで解約手続きを行うと、以下の契約解除料を請求されてしまいます。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約解除料
ご利用期間 契約解除料
利用開始月 19,000円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目~ 9,500円

解約手続きの際にこれだけの料金を支払うのは、非常に勿体ないです。
だからこそ、解約手続きは契約更新月内に行いたいものです。

解約手続きは契約更新月内で

ちなみに、わざわざ契約期間の長い3年契約を利用するメリットが分からないと言う方もいるでしょうが、月額1,005円のLTEオプション料金が無料になります。
ですから、人口カバー率99%の広い通信エリアに対応する、ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来るようになります。

更に、4年契約の場合には、LTEオプション料が無料になるだけではなく、通常プランの月額料金でギガ放題プランを利用出来る特典が付いて来ます。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+は、料金プランごとに契約期間が異なる。
  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の契約期間中に解約手続きを行うと、契約解除料を支払わねばならなくなる。
  • 契約更新月内での解約手続きであれば、契約解除料は支払わなくても良くなる。
  • 契約更新月内に解約手続きを行わなかった場合には、契約期間が延長される。
  • 3年プランに申し込むと、月額1,005円のLTEオプション料が無料になる。
  • 4年プランに申し込むと、LTEオプション料の無料化に加え、通常プランの月額料金でギガ放題プランを利用出来るようになる。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の解約手続きの流れ

ご紹介しているように、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の解約手続きは契約更新月内に行う必要があります。
そして、契約更新月内に入ったら、会員ページから解約手続きを行う事が出来ます。

会員ページから解約手続きを行う

具体的なワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の解約手続き方法ですが、退会ボタンをクリックする事で解約出来ます。
わざわざ解約届を郵送したり電話を掛けたりする必要がありませんので、非常に楽です。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の解約手続きは、会員ページ内にある解約ボタンをクリックする。

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の口コミサイト上の評判

ご紹介しているワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ですが、口コミサイト上には、ヨドバシカメラに行ったその日のうちに申し込み手続きを出来たと言った評判があります。
ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+は家電量販店系列のWiMAXサービスですから、店舗でそのまま契約出来る手っ取り早さが1番の魅力になります。

店舗で契約出来る

また、家電量販店系列のWiMAXサービスの魅力としては、店員と直接価格交渉が出来る点になります。

家電量販店系列のWiMAXサービスのキャンペーン特典は、正直なところお得感がイマイチです。
ですから、元々のキャンペーン特典で申し込む位なら、他のWiMAX取扱店から申し込んだ方が圧倒的にお得です。

キャンペーン特典がイマイチ

ただし、店員と価格交渉出来る方であれば、プロバイダ系列のWiMAXサービスが実施しているキャンペーン特典を見せながら価格交渉するのも手でしょう。
価格交渉の末他のWiMAX取扱店よりもお得な条件でワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+を契約出来たなら、結果的に1番お得になります。

逆に、価格交渉が苦手だと言う方は、最初からお得なプロバイダ系列のWiMAX取扱店の方をお勧めします。

店員とやり取りをしながら

もう一点気になるのが、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+のサポート対応面です。
と言うのも、Twitter上のツイートを調べてみると、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の不具合時に対する対応に不満を持っている方が何人かいるようです。

ですから、直接店員とやり取りしながら契約出来る点が特徴的なワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+ではあるものの、サポート対応面は期待し過ぎない方が良さそうです。

サポート対応面は期待し過ぎない

ご紹介して来た内容を参考にしながら、ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+のサービスを利用するかどうか検討するようにしましょう。

  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+は、ヨドバシカメラの店頭でそのまま契約出来る点が評判。
  • 家電量販店系列のWiMAXサービスのキャンペーン特典の内容はイマイチなものの、店員と直接価格交渉が出来る余地はある。
  • ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+に対するTwitter上の呟きでは、サポート対応に不満を持つ声も。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX 2+の特徴やメリット、注意点は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 【必見】Broad WiMAXのライトプラン、注意すべき速度制限は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+とBroad WiMAXを比較。契約するなら?

  • 長期契約向きって本当!?Broad WiMAXとの契約、3年以降はどうなる?

  • Broad WiMAXのWiMAX 2+通信って、実際の使い勝手はどうなの?

  • えっ!?GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTE通信を使ってないの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+からのWiMAX端末は受け取り拒否出来る?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。