1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. 契約前に確認!あなたの家はWiMAX 2+やau 4G LTEの通信エリア圏内?

契約前に確認!あなたの家はWiMAX 2+やau 4G LTEの通信エリア圏内?

 2017/11/23 WiMAX   340 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
契約前に確認!あなたの家はWiMAX 2+やau 4G LTEの通信エリア圏内?

WiMAXサービスの通信エリアの確認方法と注意点

WiMAXやau 4G LTEの通信エリアの確認方法

WiMAXサービスに興味があるのだけど、私の自宅って、WiMAXサービスの電波は届いているのかしら?
WiMAXサービスって、一定の契約期間があるのよね?
もし、契約後に電波が来てませんでしたじゃ困ると思うのだけれど…。
WiMAXサービスって、確か、電波を使って通信を行うんだったよね?
実際、WiMAXサービスってどれだけの通信エリアをカバーしているのかな?

WiMAXサービスは、WiMAXの基地局WiMAX端末との間で通信を使い、インターネット回線へと接続するサービスです。
ですから、WiMAXの基地局からの電波が届かない場所では、サービスを利用する事が出来ません。

WiMAXとWi-Fi

ただ、WiMAXサービスには2~4年間の契約期間の縛りがあります。
ですから、契約後に通信状態がイマイチだったらどうしようかと、不安を持つ方もいます。

そんな方の為に、UQコミュニケーションズでは、WiMAXサービスのサービスエリアマップを一般に公開しています。
WiMAXの基地局の場所は非公開ですが、電波の届く範囲に関してはサービスエリアマップで確認出来ます。

サービスエリアマップでは、WiMAX回線WiMAX 2+回線au 4G LTE回線の3種類の通信回線を確認する事が出来ます。
この中でも、メインの通信回線はWiMAX 2+回線になります。

ですから、1番注意して確認すべきは、あなたの自宅がWiMAX 2+回線の通信エリアに対応しているかどうかになります。

一番注意して確認すべきポイント

一方、WiMAX回線は、古いWiMAX端末を使用中の方が利用出来る通信回線になります。
ですから、今からWiMAXサービスに申し込むと言う方は、どのみち利用する事が出来ない通信回線になります。

それに対し、au 4G LTE回線は人口カバー率99%のauの4G LTE回線を利用する通信回線になります。
au 4G LTE回線の通信エリアはWiMAX 2+回線よりも広いですから、WiMAX 2+回線の圏外エリアで補助的に利用する形になります。

WiMAX端末の行う通信

ただ、au 4G LTEの通信回線は、利用時に色々と注意が必要な部分が出て来ます。
ですので、au 4G LTE回線をメインの通信回線として利用する事は出来ません。

あくまでも、au 4G LTE通信はお出かけ時にWiMAX 2+回線が圏外表示された際に、補助的に利用する通信回線だと思って下さい。
この認識がないと、契約後に聞いてないぞと言った不満に繋がってしまいます。

月に使いたい放題じゃなかったの?!

ここで1番大事なポイントとなって来るのは、あなたがお住まいの建物はWiMAX 2+回線の通信エリア圏内にあるかどうか。
この部分が、あなたがWiMAXサービスを導入するかどうかの決め手となります。

  • WiMAXサービスは無線を使ったインターネットサービスだが、契約期間の縛りがあるから不安を持つ方もいる。
  • WiMAXサービスの通信エリアは、サービスエリアマップにて確認する事が出来る。
  • サービスエリアマップを確認する際には、自宅がWiMAX 2+回線の通信エリア圏内であるかどうかが1番重要となって来る。
  • 現在ラインナップ中のWiMAX端末はWiMAX回線に非対応な為、これから契約する方は気にしなくて良い通信回線になる。
  • au 4G LTE回線の通信エリアはWiMAX 2+回線よりも広いが、あくまでも補助的に利用する通信回線になる。

住所でWiMAXやau 4G LTEのサービスエリアを確認する方法

ご紹介しているWiMAXサービスの通信エリアですが、実は、地図ではなく住所を使って×で通信状態を判定する事も可能です。
その際に利用するのが、ピンポイントエリア判定になります。

このピンポイントエリア判定の結果がであれば、何も気にせずWiMAXサービスに申し込むと良いです。
ただ、ピンポイントエリア判定の結果が×だった場合には、通信状態が思わしくない可能性も出て来ます。

とは言え、日々、WiMAXサービスの通信エリアは拡大しています。
実際、私も以前は繋がらなかったエリアでWiMAXサービスを利用出来るようになったと実感する事が多々あります。

WiMAXサービスが利用出来るようになった

ですから、ピンポイントエリア判定の結果が×だったとしても、今はまだ時期ではなかったと言うだけです。
数ヵ月後には、あなたの自宅のピンポイントエリア判定の結果がに変わる事も普通にあります。

ですから、WiMAXの基地局が近所に増設されるのを待つと良いです。
その際には、エリア改善要望受付フォームを利用し、こちらから電波が来ていない事をUQコミュニケーションズに対してアピールする事も可能です。

UQコミュニケーションズに対してエリア改善の要望を出す

ちなみに、ピンポイントエリア判定の結果がの方は、WiMAXサービスに申し込む前にWiMAXサービスのお試し制度を利用される事をお勧めします。
このWiMAXサービスのお試し制度は、Try WiMAX レンタルと言うサービスになります。

このTry WiMAX レンタルサービスですが、WiMAXサービス提供元であるUQコミュニケーションズが実施しているサービスになります。
Try WiMAX レンタルを利用したWiMAXサービスのお試し期間は、WiMAX端末の発送から返却までの期間全てを合わせて15日以内に行わなければなりません。

Try WiMAXレンタル

ただし、Try WiMAX レンタルを利用する為には、クレジットカードの登録が必要となります。
とは言え、Try WiMAX レンタルの利用料金は無料で、万が一WiMAX端末を壊してしまったり返却しなかった時の為の登録になります。

また、Try WiMAX レンタルサービスを利用中には、UQ WiMAXで実施中のキャンペーンに関する営業の電話が掛かって来ます。
ですので、他のWiMAX取扱店で実施中のキャンペーンの利用を検討中の方は、断らなければならない気まずさが出て来ます。

営業の電話を断る気まずさ

とは言え、WiMAXサービスには、こう言う便利な制度が予め用意されています。
ですから、Try WiMAX レンタルサービスを活用して、実際にあなたがお住まいの建物内での通信状態を確認するのも良いでしょう。

  • ピンポイントエリア判定を利用する事で、その住所の通信状態はどうなのかを×で確認出来る。
  • ピンポイントエリア判定の結果が×だったとしても、エリア改善要望受付フォームで要望を出しつつ、WiMAXの基地局が増設されるのを待つと良い。
  • ピンポイントエリア判定の結果がだった場合には、Try WiMAX レンタルサービスを利用してWiMAXサービスをお試しするのが安心。
  • Try WiMAX レンタルサービスの利用にはクレジットカードの登録が必要で、利用期間中に営業の電話が掛かって来る。

契約後にWiMAXサービスの通信状態に不満がある場合は?

きちんとサービスエリアマップピンポイントエリア判定で結果を確認して契約をしたのに、実際に使ってみたら思っていた通信環境は手に入らなかった。
そう言う方も、稀にいます。

思ったほどの通信環境ではなかった

と言うのも、WiMAX回線やWiMAX 2+回線は2.5GHzの高周波数帯域を利用して通信を行う為、障害物に弱いと言うデメリットがあるのです。
ですから、実際に利用してみたら、ビルや山などの障害物によって電波が上手く届かない事もあるのです。

高周波数の帯域

前述したエリア改善要望受付フォームを利用する事で対応して貰える可能性はあるのですが、それまで利用料金を支払い続けるのも酷な話。
そこで、WiMAXサービスには初期契約解除制度と言うクーリングオフ制度に似た制度が用意されています。

この初期契約解除制度を利用すると、契約解除料(違約金)とWiMAX端末代を支払わない状態でWiMAXサービスの解約手続きが出来ます。
つまり、初期契約解除制度を利用する事で、WiMAXサービスの契約期間の縛りを気にしなくても良くなるのです。

契約期間の縛り

ただ、WiMAX端末代を無料にする為には、WiMAX端末を返却しなければなりません。
また、3,000円の事務手数料は、初期契約解除制度の保証対象外になりますので、戻って来ません。

ご紹介している初期契約解除制度には、利用期限があります。
具体的には、WiMAX端末が届いた日を含めた8日以内に、手続きを行う必要があります。

WiMAX端末が届いた日

初期契約解除制度の手続きとは、契約したWiMAX取扱店のサポートセンターへ電話を入れるか、初期契約解除制度の申請書を郵送する手続きの事を指します。

初期契約解除制度の申請書は、契約を行う各WiMAX取扱店のホームページ上からダウンロードする形になります。
そして、初期契約解除制度の申請書が各WiMAX取扱店に届く日が、WiMAX端末を受け取った日から8日以内でなければなりません。

初期契約解除制度の申請書を郵送する

初期契約解除制度は万が一の際に安心出来る制度ではありますが、期限内での手続きが必要となります。
ですから、WiMAXサービスを利用してみて思っていたインターネット環境が手に入らなかった場合には、お早目の手続きをお勧めします。

  • WiMAX回線やWiMAX 2+回線は2.5GHzの高周波数帯域を利用する為、障害物に弱いと言う欠点がある。
  • WiMAXサービスに用意されている初期契約解除制度を利用する事で、契約解除料WiMAX端末代を支払わずに解約手続きを行う事も可能。
  • 初期契約解除制度を利用しても、3,000円の事務手数料は対象外になる。
  • 初期契約解除制度を利用するには、WiMAX端末を受け取った日から8日以内に手続きを行う必要がある。

au 4G LTE通信を利用する際の注意点

au 4G LTE通信は補助的に利用しなければならない理由

前述しましたが、WiMAXサービスを利用する際に、au 4G LTEと言う通信回線を利用する事も可能です。
この通信回線は、WiMAX回線WiMAX 2+回線よりも広い通信エリアをカバーしています。

そんなau 4G LTEを利用するには、WiMAX端末の通信モードをハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードへと切り替える必要があります。
このハイスピードプラスエリアモードを利用すると、WiMAX 2+回線au 4G LTE回線を同時利用する事で通信速度が高速化されます。

4×4MIMO 3波CA

このように良い事尽くめのハイスピードプラスエリアモードではあるのですが、実は、au 4G LTE回線の利用には注意が必要です。
その中でも、特に注意したいのは月間のデータ利用量の上限です。

と言うのも、au 4G LTE回線はauの通信回線を利用する関係から、月に7GBまでしか利用する事が出来ないのです。
そして、この通信量を超えてしまうと、WiMAX 2+回線au 4G LTE回線の月末までの通信速度を128Kbpsに制限されてしまいます。

通信速度が128Kbpsに制限される

一方、UQ Flat ツープラス ギガ放題プランと言う料金プランに申し込む事で、ハイスピードモードの月間のデータ利用量の上限はなくなります。ネットワーク混雑回避のための速度制限は免除対象外。)
ですので、メインで利用する通信回線はハイスピードモードになります。

  • WiMAX端末をハイスピードプラスエリアモードへと変更すると、広大な通信エリアに対応するau 4G LTE回線が利用出来るようになる。
  • au 4G LTEはauの通信回線を利用する為、月に7GBまでしか利用する事は出来ない。
  • 月に7GB以上ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、WiMAX 2+回線au 4G LTE回線の月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまう。
  • UQ Flat ツープラス ギガ放題プランと言う料金プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間のデータ利用量の上限は免除される。

au 4G LTE通信の利用はオプション料金が必要!?

ご紹介しているように、au 4G LTE回線はauの通信回線を利用します。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードを利用時には、月額1,005円のLTEオプション料が発生します。

LTEオプション料

このLTEオプション料ですが、auのスマートフォンユーザーが利用出来るauスマートバリューmineに申し込んでいる方は免除となります。
また、WiMAXサービスの3年プランに申し込んでいる方も、LTEオプション料が免除になります。

それ以外の方は、ハイスピードプラスエリアモードは追加料金が必要な通信回線となります。
ですので、一度でもハイスピードプラスエリアモードを利用した月は、月額料金が高くなります。

  • au 4G LTEはauの通信回線を利用するので、追加料金が必要。
  • auのスマートフォンユーザーが利用出来るauスマートバリューmineに申し込んでいる方は、LTEオプション料が無料となる。
  • WiMAXサービスの3年プランに申し込んでいる方に対しても、LTEオプション料が無料になる。

WiMAXサービスに申し込む際の重要なポイント

これまで、WiMAXサービスの通信エリアについてご紹介して来ました。
ご紹介して来たポイントを抑えておけば、WiMAXサービスを実際に利用開始する際にも安心出来るかと思います。

WiMAXサービスを利用開始

そんなWiMAXサービスですが、実は、WiMAX取扱店ごとに違いがある事をご存じでしょうか?
つまり、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの申し込み手続きを行うのかによって、契約後のWiMAX環境が違って来ます。

例えば、各WiMAX取扱店ごとに月額料金キャンペーン特典の内容が異なります。
ですので、お得感が違って来ます。

WiMAX取扱店ごとにお得感が異なる

また、あなたが申し込み手続きを行ったWiMAX取扱店が、契約後のWiMAXサービスのサポート対応の窓口になります。
ですので、サポート対応の悪いWiMAX取扱店でWiMAXサービスの申し込み手続きを行ってしまうと、トラブル時に困ってしまいます。

この部分に関しては、別記事にて詳しくご紹介しています。
WiMAXサービスの比較サイトには書かれていない重要なポイントについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • 各WiMAX取扱店ごとに、月額料金や実施しているキャンペーン特典の内容が異なる。
  • あなたが申し込み手続きを行ったWiMAX取扱店が、WiMAXサービスのサポート対応の窓口になる。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

契約前に確認!あなたの家はWiMAX 2+やau 4G LTEの通信エリア圏内?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーンと家電量販店、お勧めは?

  • 比較サイトで教えてくれない、本当に後悔しないWiMAX取扱店の選び方

  • 珍しいタイプのWiMAX端末Speed Wi-Fi Triprouter(TPR001W)の特徴は?

  • 動画のアップロードが快適なSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)登場!

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックとau one net WiMAXコース

  • GMO WiMAXのキャッシュバック特典とビックカメラ、お勧めなのは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。