1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. UQ WiMAX
  5. 機械音痴の自分でも大丈夫?UQ WiMAXのルーターの使い方

機械音痴の自分でも大丈夫?UQ WiMAXのルーターの使い方

 2018/06/14 UQ WiMAX
UQ
  25 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
機械音痴の自分でも大丈夫?UQ WiMAXのルーターの使い方

WiMAX端末の使い方、理解出来るか不安なあなたへ

UQ WiMAXのルーター、機械音痴の自分にも使いこなす事は出来る?

UQ WiMAXに興味があるんだけど、ルーターの操作が難しそうな気がして…。
UQ WiMAXのルーターの使い方って、難しくないのかしら?

UQ WiMAXの契約を行うと、専用のルーターを使う形になります。
この時気になるのが、UQ WiMAXのルーターで何が出来るのかと言う点です。

また、自分にUQ WiMAXのルーターを使いこなす事は出来るのかUQ WiMAXのルーターの使い方は難しくないのかと言った点も気になって来る所でしょう。

WiMAX端末
UQ WiMAXのルーターの使い方は難しくないのかどうかが、これから契約を考えている方の不安材料の1つに。

そんな不安を持っているあなたでも、安心して大丈夫です。
と言うのも、UQ WiMAXのルーター最低限必要な事さえ知っておけば、問題なく使う事が出来ます。

そして、その最低限必要な事に関しては、この記事を最後までご覧頂く事で身に付ける事が出来ます
これからUQ WiMAXとの契約を検討中の方にとってお得な情報もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧頂けたらと思います。

  • UQ WiMAXの契約を行うと、専用のルーターを使う形になる。
  • UQ WiMAXのルーター最低限必要な事さえ知っておけば、問題なく使う事が出来る。

そもそも、UQ WiMAXのルーターで一体何が出来る?

そもそもの話なんだけど、UQ WiMAXのルーターって、一体何が出来るのかしら?
UQ WiMAXのルーターを使うメリットとしては、どんな部分があるの?

UQ WiMAXのルーターの事を、一般的にはWiMAX端末と言います。
そんなWiMAX端末の用途としては、パソコンやスマートフォン、タブレットやゲーム機器など、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングに対応したあらゆる機器類をインターネットに接続する為に使用します。

WiMAX端末の用途
WiMAX端末を使う事で、Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングに対応している機器をインターネットに接続させる事が出来る。

もっと簡単に考えるなら、インターネット接続機器と考えても良いでしょう。
今まで主流だった光回線とは違いどこへでもインターネット環境を自由に持ち歩けると言うのが、WiMAX端末を使うメリットとなります。

でも、スマートフォンを持っている方の場合だと、わざわざWiMAXサービスの契約をする意味が見出だせないと言う方も出て来る事でしょう。
と言うのも、スマートフォンにはテザリングと言う機能がありますので、パソコンやタブレットなどをインターネット接続させる事も出来るからです。

では、わざわざWiMAX端末を使ってパソコンやスマートフォンをインターネット接続させる意味はあるのでしょうか?
実は、通信速度利用出来る通信量の面から、わざわざWiMAX端末を経由する意味合いが出て来るのです。

と言うのも、UQ WiMAX標準のハイスピードモードで下り最大558Mbpsハイスピードプラスエリアモードなら708Mbpsの超高速通信を行う事が出来ます。
ですから、下り最大通信速度150Mbpsのスマートフォンを使っていたとしても、更に速い通信速度を体感出来るようになります。

これだけ通信速度が速くなると、画質の良い動画を視聴時にその差を体感出来るようになります。

快適な通信速度
高画質な動画の再生でも、サクサク出来るようになる。

また、UQ WiMAXの料金プランであるUQ Flatツープラス ギガ放題プランに申し込むと、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
その結果、たっぷり通信を行う事が出来るようになります。

ですから、スマートフォンWiMAX端末と一緒に持ち歩く事で、スマートフォンの通信量は消費しなくなります。
つまり、スマートフォンのパケットプランを一番安いものへと変更したとしても、大丈夫な状態になる訳なのです。

そうなると、結果的にスマホ代の節約にも繋がります。
これが、あなたの気になっているUQ WiMAXのルーターを使う事で手に入るメリットとなります。

そんなUQ WiMAXのサービスですが、使いこなすにはWiMAX端末で利用出来る5種類の通信について理解しておく必要があります。
と言う事で、引き続きWiMAX端末で利用出来る5種類の通信についてご紹介したいと思います。

  • WiMAX端末の用途としては、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングに対応したあらゆる機器類をインターネットに接続する為に使用する。
  • 今まで主流だった光回線とは違いどこへでもインターネット環境を自由に持ち歩けると言うのが、WiMAX端末を使うメリット。
  • スマートフォンにはテザリングと言う機能があるので、パソコンやタブレットなどをインターネット接続させる事も出来る。
  • UQ WiMAX標準のハイスピードモードで下り最大558Mbpsハイスピードプラスエリアモードなら708Mbpsの超高速通信を行う事が出来る。
  • UQ WiMAXの料金プランであるUQ Flatツープラス ギガ放題プランに申し込むと、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなる。
  • スマートフォンWiMAX端末と一緒に持ち歩く事でスマートフォンの通信量が余るようになり、スマートフォンのパケットプランを一番安いものへと変更出来るようになる。

WiMAX端末が行う5種類の通信

WiMAX端末と基地局との間で行う通信

WiMAX端末って、5種類の通信を行うの!?
そんなに沢山の通信使いこなす事は出来るのかしら…。

前述したように、WiMAX端末全部で5種類の通信を行います。
5種類の通信全てを一度に説明すると混乱してしまいますので、まずはWiMAX端末基地局との間で行う3種類の通信から説明します。

WiMAX端末と基地局との間で通信を行う
WiMAX端末と基地局との間で行う通信は、全部で3種類存在する。

WiMAX端末基地局との間で行う通信には、WiMAXの基地局との間で行うWiMAX通信WiMAX 2+通信auの基地局との間で行うau 4G LTE通信とが存在します。
この中でも、WiMAX通信は対応している機器がラインナップされていませんので、今回は説明を割愛させて貰います。

WiMAX端末の行う通信
WiMAX端末は、WiMAXの基地局とauの基地局とを使って通信を行う。

そして、WiMAX 2+通信WiMAX端末を標準の通信モードであるハイスピードモードへ設定している時に利用する通信回線となります。
このハイスピードモードは、UQ WiMAXの料金プランをUQ Flatツープラス ギガ放題プランで申し込んでいると、月間データ利用量の上限がなくなります。

つまり、たっぷりと通信を行う事が出来る通信回線が、このWiMAX 2+通信になります。
ですから、WiMAX 2+通信が、UQ WiMAXにおけるメインの通信回線となります。

それに対して、au 4G LTE通信auの基地局を使ったオプション的な通信回線になります。
そんなau 4G LTE通信ですが、WiMAX端末をハイスピードプラスエリアモードへ設定時に利用出来る通信回線となります。

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード
WiMAX端末の通信モード設定を利用する事で、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードを使い分ける事が出来る。

au 4G LTE通信を利用するメリットとしては、人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応し、奥まった場所に届きやすいプラチナバンドと呼ばれる通信帯域を利用している点が挙げられます。
つまり、より広いエリアで通信出来ると言うのが、au 4G LTE通信を利用するメリットと言える訳なのです。

しかも、WiMAX端末をハイスピードプラスエリアモードへ設定する事によって、WiMAX 2+通信au 4G LTE通信とを組み合わせる形で超高速通信を行う事が出来ます。
ですので、au 4G LTE通信を利用すると言う事は、通信速度の向上にも繋がると言う訳なのです。

WiMAX端末の通信モードと利用出来る通信回線
WiMAX端末の通信モード WiMAX 2+通信 au 4G LTE通信
ハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード

ただし、WiMAX端末をハイスピードプラスエリアモードへと切り替えると、月額1,005円のLTEオプション料が発生してしまいます。
とは言え、3年プランに申し込んだ方auでスマートフォンや携帯電話を契約中の方の場合であれば、LTEオプション料は免除となります。

また、ハイスピードプラスエリアモードでの月間データ利用量の上限は7GBまでと決まっていて、超過すると厳しい速度制限が適用されてしまいます。
ですので、利便性の高いハイスピードプラスエリアモードではありますが、通信のし過ぎには気を付けたいものです。

さて、WiMAX端末基地局との間で行う通信に関しては、ご紹介した通りです。
続いては、WiMAX端末家電製品との間で行う2種類の通信についてご紹介します。

  • WiMAX端末は全部で5種類の通信を行い、WiMAX端末基地局との間では3種類の通信を行う。
  • WiMAX端末基地局と間で行う通信には、WiMAXの基地局との間で行うWiMAX通信WiMAX 2+通信auの基地局との間で行うau 4G LTE通信とが存在する。
  • WiMAX通信は、現在対応している機器がラインナップされていない。
  • WiMAX 2+通信ハイスピードモードへ設定時に利用する通信回線で、UQ Flatツープラス ギガ放題プランへ申し込んでいる方を対象に月間データ利用量の上限がなくなる通信回線。
  • au 4G LTE通信ハイスピードプラスエリアモードへ設定時に利用出来る通信回線で、より広いエリアに対応しつつ、WiMAX 2+通信と組み合わせる事で高速化出来る通信回線。
  • ハイスピードプラスエリアモードの利用には月額1,005円のLTEオプション料が発生するものの、3年プランに申し込んでいる方auのスマートフォンや携帯電話を利用中の方は免除となる。
  • ハイスピードプラスエリアモードでの月間データ利用量の上限は7GBまでと決まっていて、超過すると厳しい速度制限が適用されてしまう。

WiMAX端末と家電製品との間で行う通信

WiMAX端末基地局とで行う3種類の通信については、大体理解出来たわ。
じゃあ、WiMAX端末パソコンやスマートフォンを通信させる場合って、どうなっているのかしら?

WiMAX端末とパソコンやスマートフォンなどの家電製品を通信させる際には、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングを利用します。
その中でも、まずはWi-Fiテザリングについてご紹介します。

Wi-FiとBluetooth
WiMAX端末は、Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングを使って家電製品と通信を行う。

Wi-FiテザリングBluetoothテザリングと比べてパフォーマンスの高いテザリング方法となっていて、より高速で遠い距離通信したい場合に利用するのが向いています。
そんなWi-Fiテザリングですが、WiMAX端末では2.4GHzのWi-Fi5GHzのWi-Fiを使い分ける必要性が出て来ます。

まずは2.4GHzのWi-Fiについてですが、古い機器から新しい機器まで対応している汎用性の高いWi-Fiになります。
ただし、2.4GHzのWi-Fi電子レンジなどの家電製品と電波干渉を起こしやすく、通信が不安定になりやすいと言うデメリットを持っています。

それに対して、5GHzのWi-Fi比較的新しい機器しか対応していないと言うデメリットを持っています。
その代りに、5GHzのWi-Fi電波干渉を起こしにくくて安定した通信を行える上に、通信速度や飛距離などのパフォーマンスが良いテザリング方法となっています。

Wi-Fiテザリング
Wi-Fiテザリングは、2.4GHzと5GHzのWi-Fiを使い分ける事が出来る。

Bluetoothテザリングの方はと言うと、省エネ重視のテザリング方法となっています。
ですから、モバイルルータータイプのWiMAX端末のバッテリーを温存し、長時間通信させたい場合に利用するテザリング方法となります。

ただし、Wi-Fiテザリングの同時接続数に比べてBluetoothテザリングの同時接続数は少ないです。
ですから、4台以上の機器を同時通信させたい方の選択肢は、必然的にWi-Fiテザリングとなってしまいます。

さて、これまでご紹介して来た基礎知識さえ分かっておけば、UQ WiMAXのルーターは使う事が出来るようになります。
とその前に、実際にUQ WiMAXのルーターを使う為には、家電製品との通信設定を行わなければなりません。

WiMAX端末と家電製品を接続する
WiMAX端末と家電製品を通信させるには、接続する為の通信設定が必要となる。

と言う事で、続いてはUQ WiMAXのルーター家電製品とを接続させる方法についてご紹介します。
これからUQ WiMAXとの契約を考えている方も、ざっと目を通しておくと安心です。

  • WiMAX端末とパソコンやスマートフォンなどの家電製品を通信させる際には、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングを利用する。
  • Wi-FiテザリングBluetoothテザリングと比べてパフォーマンスの高いテザリング方法となっていて、より高速で遠い距離通信したい場合に利用するのが向いている。
  • 2.4GHzのWi-Fiは汎用性が高いものの、家電製品との電波干渉を起こしやすいのが難点。
  • 5GHzのWi-Fiは比較的新しい機器しか対応していないものの、電波干渉に強くて通信パフォーマンスも良い。
  • Bluetoothテザリングは省エネ重視のテザリング方法で、モバイルルータータイプのWiMAX端末のバッテリーを長持ちさせる事が出来る。
  • Wi-Fiテザリングの同時接続数に比べてBluetoothテザリングの同時接続数は少なく、最大3台までの機器しか同時通信出来ない。
  • 実際にUQ WiMAXのルーターを使う為には、家電製品との通信設定を行わなければならない。

WiMAX端末と家電製品とを接続させる方法

そっか、UQ WiMAXのルーター家電製品を通信させるには、事前に通信設定を行わなければならないのね。
でも、UQ WiMAXのルーターの操作って、難しくないのかしら?

UQ WiMAXは、回線工事が不要なインターネットサービスになります。
ですから、WiMAX端末が自宅に届いたら、簡単な設定でWiMAXサービスを利用開始する事が出来ます。

UQ WiMAXからルーターが届く
UQ WiMAXからルーターが届いたら、簡単な設定でWiMAXサービスを利用開始する事が出来るようになる。

まずは、WiMAX端末の中にau Micro IC Card(LTE)au Nano IC Card 04 LEを挿入して下さい。

UIMカードをWiMAX端末に挿入
WiMAX端末の中に、au Micro IC Card(LTE)やau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

そして、WiMAX端末の電源を入れます。
続いて、WiMAX端末の画面を操作し、情報のボタンをタップします。

WiMAX端末のメニュー
WiMAX端末のメニューの中にある、情報ボタンをタップする。

すると、WiMAX端末のSSID情報が表示されます。
その中にある、SSIDの名前パスワードを控えて下さい。

SSIDの名前とパスワード
SSID情報の名前とパスワードを控えておく。

そうしたら、今度はパソコンやスマートフォンなどと言ったWiMAX端末と接続させたい機器の方を操作します。
そして、接続可能な通信機器の一覧から、WiMAX端末のSSIDの名前を探して下さい。

Wi-Fiのセキュリティキーを入力する
事前に控えておいたWiMAX端末のパスワードを、記入欄に入力する。

続いて、パスワードの入力が求められますので、事前に控えておいたパスワードを入力して下さい。
たったこれだけの手続きで、パソコンやスマートフォンなどをWiMAX端末へと接続する事が出来るようになります。

ちなみに、今のWiMAX端末にはワンタッチ設定(WPS)NFCタッチAtermらくらくQRスタートなどに対応している機種もあります。
これらの機能を利用すれば、いちいちパスワードを入力する手間を省く事も可能です。

また、WiMAX端末の乗り換えであれば、最近はWi-Fi設定お引越し機能に対応しているWiMAX端末も登場しています。
ですので、この先のWiMAX端末の接続設定に関しては、どんどん簡単になって来ています。

さて、これまでUQ WiMAXのルーターの使い方について、最低限知っておきたい部分を中心にご紹介して来ました。
UQ WiMAXに対して興味を持たれた方も、読まれている方の中にはいるのではないでしょうか?

そんなUQ WiMAXですが、実はよりお得な条件で申し込む事の出来る方法があります。
と言う事で、引き続きUQ WiMAXをお得な条件で申し込む為の方法についてご紹介します。

  • UQ WiMAXは、回線工事が不要なインターネットサービス。
  • WiMAX端末のSSIDの名前パスワードを控えておいて、接続させたい機器側からパスワードの入力を行う。
  • 今のWiMAX端末には、ワンタッチ設定(WPS)NFCタッチAtermらくらくQRスタートWi-Fi設定お引越し機能に対応した機種もある。

UQ WiMAXの契約をするなら、もっとお得に

UQ WiMAXの申し込み手続きを行うのに、よりお得な条件で申し込み手続き行う事が出来る方法があるの?
普通にUQコミュニケーションズのオンラインショップから申し込み手続きを行ったら駄目なのかしら?

UQ WiMAXのサービスは、UQコミュニケーションズのオンラインショップから申し込む事が出来ます。
ですが、もう1つの方法として、UQ WiMAXのキャンペーンサイトから申し込み手続きを行うと言う方法もあります。

UQ WiMAXのキャンペーンサイトから申し込み手続きを行う方法の場合には、オンラインショップでは実施されていないキャンペーン特典が付いて来ます。
つまり、それだけお得な条件UQ WiMAXの申し込み手続きを行う事が出来るようになると言う訳なのです。

お得なキャンペーン特典
UQコミュニケーションズのオンラインショップでは実施されていないキャンペーン特典が、UQ WiMAXのキャンペーンサイトなら付いて来る。

ここで気になって来るのが、UQ WiMAXのキャンペーンサイトで実施されているキャンペーン特典についてでしょう。
この部分に関しては、キャンペーンサイトで詳しく解説されています。

ですので、UQ WiMAXのキャンペーンに興味のある方は、併せてご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

機械音痴の自分でも大丈夫?UQ WiMAXのルーターの使い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • キャンペーン特典だけで選ぶな!間違いのないWiMAX取扱店の選び方

  • 契約前に確認!auのiPhoneはUQ WiMAXに対応している?

  • UQ WiMAXを海外で使いたい方向け!World WiMAXって何?

  • UQ WiMAXは8日以内なら解約出来るって、本当なの!?

  • 重要!UQ WiMAXの料金プランと口コミサイト上の評判、解約手続き方法

  • 損したくない方にお勧めなUQ WiMAXの商品券プレゼントキャンペーン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。