1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTとSpeed Wi-Fi HOMEの違いを比較

WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTとSpeed Wi-Fi HOMEの違いを比較

 2018/08/03 WiMAX
au UQ
  814 Views
WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTとSpeed Wi-Fi HOMEの違いを比較

WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTシリーズとSpeed Wi-Fi HOMEシリーズを比較

WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTシリーズとSpeed Wi-Fi HOMEシリーズは、一体何が違うの?

WiMAX端末のラインナップを見ると、大きく分けてSpeed Wi-Fi NEXTシリーズSpeed Wi-Fi HOMEシリーズの2種類の端末が存在します。それぞれの違いですが、モバイルルーターホームルーターの違いを表します。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末はモバイルルーターの事を指していて、バッテリーを内蔵しています。ですから、バッテリーを充電さえしておけば、スマートフォンのように携帯してどこへでもインターネット環境を携帯する事が出来ます。

その代わり、Speed Wi-Fi NEXTシリーズバッテリーの電源を使います。ですから、常にバッテリー残量に気を付ける必要性があります。

バッテリー残量
Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末はモバイルルーターなので、バッテリー残量に気を付けながら使用する必要がある。

その一方で、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末はホームルーターの事を指していて、バッテリーを内蔵していません。ですので、コンセントのない場所で使用する事は出来ません。

つまり、インターネット環境を屋外に持ち出す事は出来ないと言う事になります。その代わり、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末であれば、バッテリー残量の事は気にする必要などありません。

コンセント
Speed Wi-Fi HOMEシリーズのようなホームルーターは、コンセントの近くにしか設置する事が出来ない。

そんな各WiMAX端末に対して、Yahoo!知恵袋では次のような相談が投稿されています。

  • Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を家に据え置きするか、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末を据え置きと持ち出しで併用するかの2択で迷っている。
  • Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末とでは、家の中での通信環境にかなりの差があるのか気になる。
  • 外でも使えるSpeed Wi-Fi NEXTシリーズに興味があるものの、外でインターネットを利用する機会はなさそうで迷っている。

WiMAXサービスには、3年間の契約期間の縛りがあります。そして、あなたが選んだWiMAX端末の機種の持つ通信スペックが、契約期間中の通信環境に大きな影響を与える形となっています。

ですから、あなたの利用するWiMAX端末としてSpeed Wi-Fi NEXTシリーズを選ぶのかSpeed Wi-Fi HOMEシリーズを選ぶのかと言う部分は、大きな選択肢の1つだったりするのです。従って、どのシリーズのWiMAX端末を選ぶのかを考える際には、両方のメリットとデメリットを把握するようにしましょう。

Speed Wi-Fi NEXTシリーズとSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末、それぞれのメリットとデメリットとは?

冒頭でご紹介したように、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末は持ち運び出来ると言う点が大きなメリットとなっています。ですので、通勤途中や通学途中、待ち合わせなどの隙間時間での活用方法も考えられます。

ただし、Speed Wi-Fi NEXTシリーズの構造自体がバッテリーの維持に気を付けていますから、省エネ設計となっています。つまり、通信パフォーマンスを抑え、バッテリーを長持ちさせるような通信の仕方をするようになっている訳なのです。

そう言う理由もあって、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末は、Wi-Fi通信の最大同時接続数が抑え目だったりします。とは言え、最大16台の機器をWi-Fiで同時通信出来る機種もありますので、一般家庭であれば対応出来るレベルではあります。

Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)の同時接続数
Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)と言うWiMAX端末であれば、最大16台の機器をWi-Fiで同時通信出来る。

その一方で、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末パフォーマンス寄りの設計となっていますから、Wi-Fi通信の最大同時接続数は40台となっています。しかも、2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信にも対応していますから、古い機器類と新しい機器類をそれぞれ最適な周波数のWi-Fiを使って通信出来ると言うメリットを持っています。

Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)の同時接続数
Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を使えば、42台もの機器の同時通信に対応出来るようになる。

この違いさえ把握しておけば、あなたはSpeed Wi-Fi NEXTシリーズSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を選ぶ判断基準が身に付いた事になります。

ただ、WiMAX端末を選ぶ上で多い間違いが、念の為外でも使えるSpeed Wi-Fi NEXTシリーズにしておこうかと言う選び方になります。と言う事で、続いては念の為でSpeed Wi-Fi NEXTシリーズを選んだ方の勿体ない事例をご紹介して行きます。

Speed Wi-Fi NEXTシリーズをホームルーターのようにして使う結果になる事例

家族数人で1台のWiMAX端末を共有する場合、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末よりもSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末の方が最適となります。と言うのも、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末は外に持ち出せるのですが、誰かが外に持ち出すと他の家族はインターネットを利用出来なくなってしまうからです。

家族がWiMAX端末を外に持ち出すと…
家族の誰かがWiMAX端末を外に持ち出すと、他の家族はインターネットを利用出来なくなってしまう。

ですから、結局の所はSpeed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末ホームルーターのようにして使ってしまう事になってしまいます。そうであるなら、最初からSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を選んでおいた方が良かったと言うような結果になってしまいます。

と言うのも、前述した圧倒的な同時接続数2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時利用などと言ったメリットを放棄してしまう事になるからです。また、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末よりも大きく、内蔵されているアンテナのサイズも違います。

ですので、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を使った方が、より安定した通信を期待出来ると言う訳なのです。外に持ち出せるかどうかと言う違いは大きいかもしれませんが、必要のない方がそこだけに引っ張られてしまうのは、非常に勿体ない事となります。

HUAWEI製のWiMAX端末
各WiMAX端末にはそれぞれ特徴があるので、1面だけで良し悪しを判断するのは勿体ない。

そう言う勿体ないWiMAX端末の選び方をしない為にも、WiMAX端末を選ぶ際には本当に自分はWiMAX端末を外に持ち出す機会があるのかどうかで考えるようにしましょう。

続いては、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末を選ぶ方に向けて、現在ラインナップ中のWiMAX端末をご紹介します。この段階でWiMAX端末は決まったと言う方であれば、次のボタンからお得なキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店のキャンペーンサイトへと移動してみて下さい。

Speed Wi-Fi NEXTシリーズとSpeed Wi-Fi HOMEシリーズ、各WiMAX取扱店で現在ラインナップ中のWiMAX端末

Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末の選び方

現在の各WiMAX取扱店では、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末を2種類取り扱っています。そのWiMAX端末とは、Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の2種類になります。

その中のSpeed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)はHUAWEI製のWiMAX端末で、通信速度の速さが特徴的となります。ですので、より通信速度を必要とする用途の方には、Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)がお勧めとなります。

Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)
より通信速度を必要とする方には、Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)がお勧めのWiMAX端末となる。

一方、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)はNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末で、WiMAXハイパワーに対応している点が特徴的となります。ですので、弱電波エリアでの通信において、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)であれば安定した通信を期待出来ます。

なぜWiMAXハイパワーに対応していると弱電波エリアでの通信が安定するのかと言うと、WiMAX端末から基地局へと向かう電波が強化されているからです。ですので、基地局からの電波は届くけどWiMAX端末からの電波は基地局まで届かないと言うエリアにおいて、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)ならば通信が可能となって来るのです。

WiMAXハイパワー
WiMAXハイパワーに対応しているWiMAX端末かどうかは、弱電波エリアでの通信環境に影響を与える。

さて、今度はSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を選ぶ方に向けて、現在ラインナップ中のWiMAX端末をご紹介します。

Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末の選び方

現在ラインナップ中のSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末は、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)1択となっています。ですので、Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を選びたい方は、特に迷う事などないでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)
現在ラインナップ中のSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末は、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)のみとなっている。

そんなSpeed Wi-Fi HOME L02(HWS33)は、Wi-Fiで同時に40台LANケーブルを使えば更に2台の機器の同時通信に対応しています。ですので、無線に非対応の古い機器も、同時に通信させる事が出来ます。

これだけの機器の同時通信に対応している訳ですから、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)はオフィスでの用途にも向いていると言えます。ですから、ビジネス向けとしてもお勧め出来るWiMAX端末なのです。

ちなみに、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信にも対応している訳ですが、Wi-Fiの周波数の違いが良く分からないと言う方も多いです。ですから、各周波数のWi-Fiの違いを説明します。

2.4GHzのWi-Fi
古い機器から比較的新しい機器まで対応している汎用性の高い周波数のWi-Fiだが、電子レンジなどの家電製品が出す電磁波の電波干渉を受けやすい。
5GHzのWi-Fi
比較的新しい機器しか対応していない周波数のWi-Fiだが、電波干渉を受けにくく通信スペックも高い。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末は、どちらか片方の周波数のWi-Fiしか使えません。ですので、5GHzに非対応の機器が1台でも混ざっていると、全てのWi-Fiを2.4GHzにしなければなりません。

2.4GHzのWi-Fiを利用
Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末だと、1台でも5GHzに非対応の機器が混ざっていた段階で2.4GHzで通信しなければならなくなる。

一方、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)ならそう言う心配はありませんので、通信する各機器に最適なWi-Fiを利用出来ます。

2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時利用
Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末であれば、2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時通信に対応している。

ちなみに、Speed Wi-Fi HOMEシリーズではありませんが、WiMAX端末の中にはもう1台ホームルーターが存在します。そのホームルーターとは、WiMAX HOME 01になります。

WiMAX HOME 01
WiMAX端末の中には、WiMAX HOME 01と言うホームルーターもある。

このWiMAX HOME 01は、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)と同じNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末になります。ですので、搭載されている機能はSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)とほとんど同じです。

つまり、ホームルーターでWiMAXハイパワーを利用したい方に向いているのが、このWiMAX HOME 01になります。勿論、同時接続数は多くて22台もあるのですが、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)の42台には及びません。

WiMAX HOME 01の同時接続数
WiMAX HOME 01の同時接続数は22台にもなるので、オフィスでの用途にも対応している。

また、WiMAX HOME 01の通信速度も、Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)ほど速くはありません。とは言え、他社のSoftbank Airで使用されるAirターミナル3と比べれば、約1.2倍もの通信速度で通信が出来ます。

以上が、現在ラインナップ中のSpeed Wi-Fi NEXTシリーズSpeed Wi-Fi HOMEシリーズの各WiMAX端末が持つ特徴になります。これだと言うWiMAX端末は、見付かりましたでしょうか?

自分に合いそうなWiMAX端末が見付かりましたら、今度はWiMAX取扱店のキャンペーンサイトをご覧になってみて下さい。そんなWiMAX取扱店のキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXTシリーズとSpeed Wi-Fi HOMEシリーズ、各WiMAX端末の販売価格は?

Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末、それぞれの特徴についてご紹介しました。

さて、ここで気になって来るのが、各WiMAX端末の値段についてでしょう。と言う事で、引き続き各WiMAX端末の販売価格についてご紹介します。

WiMAXサービスで取り扱っている各WiMAX端末ですが、通常価格は20,000円します。ただ、いきなりこれだけの金額を初期費用として支払うと言うのは、結構な負担になります。

ですが、そこは安心して大丈夫です。と言うのも、実際にUQ WiMAXでWiMAXサービスの申し込み手続きを行うと、WiMAX端末代は割り引き価格になるからです。

具体的な各WiMAX端末の割り引き後の価格は、次の通りです。

UQ WiMAXでのWiMAX端末代
WiMAX端末の機種 端末代 クレードルセット時
Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37) 3,800円
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35) 6,500円
Speed Wi-Fi HOME L02(HWS33)
WiMAX HOME 01

ですので、WiMAX端末の通常価格は20,000円しますが、実際にはそこまで負担をしなくても済みます。

そんなWiMAX端末ですが、実はもっと負担なく購入出来る方法があります。それが、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行う方法になります。

と言うのも、Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約を行うと、WiMAX端末代が無料になる特典を用意しているからです。しかも、Broad WiMAXは月額料金が他のWiMAX取扱店よりも安いですから、そう言う点でもお得感のあるWiMAX取扱店となります。

月額料金が安くなる
Broad WiMAXは、月額料金の設定金額が他のWiMAX取扱店よりも安い。

そんなBroad WiMAXについては、キャンペーンサイトでより詳しくご紹介されています。ですので、Broad WiMAXに興味のある方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動してみて下さい。

Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末とSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末、両方使う事は出来る?

ごれまでご紹介した内容をご覧になって、Speed Wi-Fi NEXTシリーズSpeed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末のどちらか片方だけを選ぶ事なんて出来ないと言う方もいたかもしれません。実際、Yahoo!知恵袋でも、次のような相談が投稿されていました。

Yahoo!知恵袋に投稿されていた相談
Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末を選んだ場合、SIMカードをSpeed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末に差し替えて使う事は可能なのでしょうか?

その答えですが、可能です。実際、私自身SIMカードを色々なWiMAX端末に差し替えて使っていた時期もありました。

しかも、SIMカードの変換アダプタを使って、SIMカードのサイズが違うWiMAX端末同士を使い分けていました。このように、WiMAX用のSIMカードを色々なWiMAX端末に差し替える事は可能となっています。

URoad-Home2+とSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
WiMAX端末間でSIMカードを差し替える事は、普通に出来る。

ただ、この方法の問題点としては、Speed Wi-Fi NEXTシリーズのWiMAX端末Speed Wi-Fi HOMEシリーズのWiMAX端末をもう1台用意する方法の部分でしょう。と言うのも、WiMAXサービスの契約をする際には、WiMAX端末は1契約に付き1台しか購入出来ないからです。

そこでお勧めなのが、Amazon楽天などの通販サイトになります。と言うのも、これらの通販サイトで、実はWiMAX端末を販売しているからです。

と言う事で、WiMAX端末をもう1台所有したいと言う方は、通販サイトを有効活用するようにしましょう。ただし、発売されたばかりの最新のWiMAX端末だと、通販サイトには並んでいない事もあります。

>>AmazonでWiMAX端末を探す

>>楽天でWiMAX端末を探す

ですから、WiMAX取扱店で購入する際のWiMAX端末は、最新の機種を選ぶようにしましょう。そうする事で、通販サイトでは売っていないと言ったリスクを回避する事に繋がります。

と言う事で、WiMAX端末を選ぶポイントが分かったら、キャンペーンサイトをご覧になってみて下さい。WiMAX取扱店のキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXTとSpeed Wi-Fi HOMEの違いを比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • UQコミュニケーションズってどんなサービスを運営しているの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+とエディオンのKuaLnet WiMAX 2+を比較

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+とケーブルテレビのJ:COM WiMAX 2+を比較

  • GMO WiMAXのキャッシュバックとコミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックとASAHIネット WiMAX 2+

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックとKDDI系列のWiMAXを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。