1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. KuaLnet WiMAX 2+
  5. エディオンネットのKuaLnet WiMAX 2+の料金や特徴、解約手続き方法

エディオンネットのKuaLnet WiMAX 2+の料金や特徴、解約手続き方法

 2017/08/18 KuaLnet WiMAX 2+
UQ
  702 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
エディオンネットのKuaLnet WiMAX 2+の料金や特徴、解約手続き方法

KuaLnet WiMAX 2+とは?

KuaLnet WiMAX 2+を運営している会社は?

KuaLnet WiMAX 2+は、株式会社エディオンの運営するWiMAXサービスになります。
ですから、WiMAX取扱店の種類としては、家電量販店系列のWiMAX取扱店になります。

家電量販店系列のWiMAX取扱店

そんな株式会社エディオンのエディオングループには、株式会社デオデオ株式会社エイデン株式会社ミドリ電化石丸電気100満ボルトがあります。
そして、現在は、100満ボルト以外の店舗はエディオンに屋号が統一されています。

そんな株式会社エディオンの運営するエディオンネットには、固定回線対応のインターネットサービスプロバイダであるEnjoy netと、モバイルインターネットサービス対応のインターネットサービスプロバイダのKuaLnetとがあります。

エディオンネット内の2種類のISP

Enjoy netでは、フレッツ光ドコモ光SoftBank光auひかりコミュファ光ADSLISDNを取り扱っています。
一方、KuaLnetでは、WiMAXY!mobileXiを取り扱っています。

このように、KuaLnet WiMAX 2+を取り扱っているエディオンネットでは、様々なインターネットサービスを取り扱っています。
ですから、家電量販店だからサポート対応を行う担当者はインターネット接続サービスに詳しくないのではないかと言うような心配をする必要はありません。

  • KuaLnet WiMAX 2+は、株式会社エディオンの運営するWiMAXサービス。
  • 株式会社エディオンの運営するエディオンネットでは、固定回線のEnjoy netとモバイルインターネットサービスのKuaLnetとがある。

KuaLnet WiMAX 2+の特徴は?

KuaLnet WiMAX 2+のキャンペーン情報が分かるのは店舗でのみ

冒頭でご紹介したように、KuaLnet WiMAX 2+は家電量販店系列のWiMAX取扱店になります。
そんな家電量販店系列のWiMAX取扱店は、実店舗での集客に力を入れています。

実店舗での集客

ですから、お客さんには店舗に足を運んで貰う事を1番の目的にしています。
そう言う事もあり、ホームページ上では基本的な情報しか公開されていません。

また、家電量販店同士値引き合戦にならないように、実店舗であっても、本当の売値を公開していない事も多々あります。
購入の際に、店員が今回だけ特別に割引きしてくれたように演出する、あの状況を思いだして頂けると分かるかと思います。

特別に割引き

ですので、KuaLnet WiMAX 2+のホームページ上に行っても、どんなキャンペーンが実施されているのかと言った情報は一切書かれていません。
ここが、家電量販店系列のWiMAX取扱店最大のデメリットと言えます。

従って、店舗に行くまでは、他のWiMAX取扱店との比較が出来ません。
また、時期や店舗ごとにキャンペーン特典は変動になりますので、キャンペーン特典は運任せの要素が出て来ます。

  • KuaLnet WiMAX 2+のキャンペーン内容は、店舗に行くまで分からない。
  • KuaLnet WiMAX 2+は時期や店舗ごとにキャンペーン内容が変わる為、運任せの要素も出て来る。

エディオンカードや100満ボルトカードの会員はKuaLnet WiMAX 2+がお得に

KuaLnet WiMAX 2+を利用する上で特にお得になるのが、エディオンカードや100満ボルトカードの会員になります。
と言うのも、KuaLnet WiMAX 2+の支払いをこれらのクレジットカードから行う事で、契約月翌月以降の月額料金が200円割引きされるのです。

契約月翌月以降の月額料金が200円割引き

ですから、25ヵ月間の契約期間の中で、総額5,000円分のお得感が出て来ます。

  • エディオンカードや100満ボルトカードの会員であれば、契約月翌月以降の月額料金が、200円安くなる。

KuaLnet WiMAX 2+のアシストパック(WiMAX2+)

KuaLnet WiMAX 2+には、アシストパック(WiMAX2+)と言うキャンペーン特典があります。
これは何かと言うと、家電量販店系列のWiMAX取扱店では定番となっている、高額商品とのセット割引きキャンペーンになります。

高額商品とのセット割引きキャンペーン

このアシストパック(WiMAX2+)を利用する事で、高額商品の価格の一部を24回の分割払いにして購入する事が出来ます。
そして、分割払い分の料金は、WiMAXサービスの月額料金に上乗せされる形で請求されます。

とは言え、月額料金で支払う総額よりも、高額商品の割引き額の方が大きくなる計算になっています。
ですから、その差額分がこのアシストパック(WiMAX2+)を利用するメリットになります。

差額分がアシストパック(WiMAX2+)を利用するメリット

一方、エディオン側からしてみれば、WiMAXサービスの契約と一緒に高額商品が売れる訳です。
ですから、このアシストパック(WiMAX2+)は、双方にとってメリットのあるキャンペーン内容になっています。

そんなアシストパック(WiMAX2+)の月額料金は、以下の通りです。

アシストパック(WiMAX2+)の月額料金
アシストパックの種類 月額料金
アシストパックM(WiMAX2+) 741円
アシストパックLL(WiMAX2+) 1,547円

つまり、アシストパックM(WiMAX2+)の場合、24回で支払う総額は、消費税を含めて19,200円になります。
一方、アシストパックLL(WiMAX2+)の場合、24回で支払う総額は、消費税を含めて40,104円になります。

分割払いで支払う総額

それに対し、KuaLnet WiMAX 2+のアシストパック(WiMAX2+)を利用する事による高額商品の割引き額は、KuaLnet WiMAX 2+のサイト上には記述されていません。
前述したように、KuaLnet WiMAX 2+のサイト上では、基本的な情報しか公開されていないのです。

また、その時期や店舗によってアシストパック(WiMAX2+)を利用する事による割引き額は変動してしまいますので、一概には言えない部分もあります。
参考程度にインターネット上の情報を一通り調べてみた所、アシストパックLL(WiMAX2+)を利用した際の割引き額は45,000~60,000円の金額辺りが多いようです。

インターネット上の情報

ですから、アシストパックLL(WiMAX2+)を利用した場合の差額は、4,896~19,896円の間だと考える事が出来ます。
こうやってみると、本当に運任せの要素が大きい印象を受けてしまいます。

  • KuaLnet WiMAX 2+のアシストパック(WiMAX2+)を利用する事で、対象となる高額商品の一部の金額を分割払いで購入出来る。
  • アシストパック(WiMAX2+)には、アシストパックM(WiMAX2+)アシストパックLL(WiMAX2+)の2種類がある。
  • アシストパック(WiMAX2+)を利用する事による割引き額は、時期や店舗で変動する。

KuaLnet WiMAX 2+の料金プラン

KuaLnet WiMAX 2+の月額料金

ご紹介しているKuaLnet WiMAX 2+には、7種類の料金プランがあります。
各料金プランごとに違うのが、月額料金契約期間、そして、適用される速度制限の範囲LTEオプション料の有無になります。

7種類の料金プランの違い

まず、KuaLnet WiMAX 2+で用意されている7種類の料金プランを確認してみましょう。

  • スタンダード
  • にねん
  • 3年
  • よねん
  • ギガ放題スタンダード
  • ギガ放題にねん
  • ギガ放題3年

まず各料金プランで大きく分類出来るのが、ギガ放題プランであるかどうかです。
ギガ放題プランを選んだ場合、契約4ヵ月目以降の月額料金が684円高額になります。

ギガ放題プラン

次に、スタンダードプラン契約期間のあるプランかで月額料金は異なります。
契約期間のないスタンダードプランを選んだ場合には、月額料金が1,500円高額になります。

これらの情報をまとめると、各料金プランごとの月額料金は、以下の通りになります。

KuaLnet WiMAX 2+の月額料金
料金プラン 1~3ヵ月目 4ヵ月目~
スタンダード 5,196円
にねん 3,696円
3年
よねん
ギガ放題スタンダード 5,880円
ギガ放題にねん 3,696円 4,380円
ギガ放題3年

また、前述したように、エディオンカードや100満ボルトカードでKuaLnet WiMAX 2+の支払いを行う場合には、上記月額料金から200円が割引きされます。
そんな200円の割引きは、初月の翌月から適用されます。

  • KuaLnet WiMAX 2+には、スタンダードにねん3年よねんギガ放題スタンダードギガ放題にねんギガ放題3年の7種類の料金プランがある。
  • ギガ放題プランを選んだ場合、契約4ヵ月目以降の月額料金が684円高額になる。
  • スタンダードプランを選んだ場合、月額料金が1,500円高額になる。
  • エディオンカードや100満ボルトカードでKuaLnet WiMAX 2+の支払いを行うと、月額料金が200円安くなる。

KuaLnet WiMAX 2+に適用される速度制限

ご紹介しているように、KuaLnet WiMAX 2+の7種類の料金プランは、ギガ放題プランであるかどうかで分ける事が出来ます。
そして、ギガ放題プランだと月額料金は高額になりますが、その分、適用される速度制限が一部免除になります。

速度制限が一部免除に

そんなKuaLnet WiMAX 2+に適用される速度制限には、以下の2種類のものがあります。

月間のデータ利用量による速度制限
月初めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度を128Kbpsに制限されてしまう速度制限。
ネットワーク混雑回避の為の速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、翌日の18時から翌々日の2時に掛けての通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

そして、ギガ放題ではない場合には、以下の範囲で各速度制限が適用されてしまいます。

ギガ放題プランではない場合に適用される速度制限の範囲
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避の為の速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード

一方、ギガ放題プランであれば、ハイスピードモードに対して適用される速度制限が一部免除となります。

ギガ放題プランに適用される速度制限の範囲
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避の為の速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり

また、よねんプランは少し特殊で、適用される速度制限の範囲がギガ放題プランと同じになります。

よねんプランに適用される速度制限の範囲はギガ放題プランと同じ

ちなみに、現在、KuaLnet WiMAX 2+ではノーリミットモードに対応するWiMAX端末を取り扱っていません。
ですから、ギガ放題プラン以外の料金プランに申し込んでしまうと、月に7GBまでしか通信を行えなくなってしまいます。

一方、ギガ放題プランやよねんプランでハイスピードモードを中心に利用していれば、月に7GBを超える範囲で通信を行う事も可能です。
ただし、3日間で10GBを超える範囲での通信は出来ません。

  • KuaLnet WiMAX 2+に適用される速度制限には、月間のデータ利用量による速度制限ネットワーク混雑回避の為の速度制限とがある。
  • ギガ放題プランやよねんプランであれば、月に7GBを超える範囲で通信を行える。

KuaLnet WiMAX 2+の解約手続き

KuaLnet WiMAX 2+の契約期間と契約解除料

ご紹介しているように、KuaLnet WiMAX 2+の各料金プランごとで契約期間が決まっています。
各料金プランの具体的な契約期間は、以下の通りです。

KuaLnet WiMAX 2+の契約期間
料金プラン 契約期間
スタンダード なし
ギガ放題スタンダード
にねん 契約月の翌月から24ヵ月間
ギガ放題にねん
3年 契約月の翌月から36ヵ月間
ギガ放題3年
よねん 契約月の翌月から48ヵ月間

そして、各料金プランの契約期間終了月の翌月が契約更新月になります。
この契約更新月内であれば、解約手続きを行う事が出来ます。

解約手続きを行う

逆に、契約更新月以外のタイミングで解約手続きを行ってしまうと、契約解除料と言う形で違約金を請求されてしまいます。
そんなKuaLnet WiMAX 2+で請求される契約解除料は、9,500円になります。

また、スタンダードプランであれば、契約期間はありません。
ですが、契約月の末日までの解約手続きには、2,000円の契約解除料を請求されてしまいます。

契約解除料を請求される

ちなみに、契約更新月内で解約手続きを行わなかった場合には、自動的に、契約期間が更新されてしまいます。
そうなってしまうと、再び同内容での契約期間の縛りが発生してしまいます。

ここで気になるのが、にねんと3年の各契約プランの違いでしょう。
3年プランだと契約期間の縛りが長くなる訳ですが、その代わり、月額1,005円のLTEオプション料が無料になります。

WiMAX端末の行う通信

LTEオプション料とは、人口カバー率99%の広い通信エリアで繋がるハイスピードプラスエリアモードを利用した際に発生するオプション料金になります。
ハイスピードプラスエリアモードを利用するとauの通信回線を利用する為、別料金が発生してしまうのです。

ちなみに、よねんプランに対しても、LTEオプション料が無料になる特典が付いて来ます。

  • KuaLnet WiMAX 2+の各料金プランごとに、契約期間が決まっている。
  • 契約更新月以外のタイミングでの解約手続きには、契約解除料が発生する。
  • スタンダードプランであっても、契約月内での解約手続きには契約解除料が発生する。
  • 契約更新月内に解約手続きを行わなかった場合には、自動的に契約期間が更新される。
  • 3年プランやよねんプランであれば、月額1,005円のLTEオプション料が無料になる。

KuaLnet WiMAX 2+の解約手続きの流れ

ご紹介しているように、KuaLnet WiMAX 2+の契約更新月内に入ったら、契約解除料を請求されない形での解約手続きが出来ます。
その際の手続き方法ですが、マイページから手続きを行う形になります。

解約手続きはマイページから

また、エディオンネットカスタマーセンターに電話を掛ける方法でも、解約手続きを行う事が出来ます。
その際の電話番号は、以下の通りです。

エディオンネットカスタマーセンター
0120-71-2133

また、フリーコールに対応していないIP電話などの場合には、以下の電話番号へ電話を掛けて下さい。

エディオンネットカスタマーセンター
082-553-5523

ちなみに、エディオンネットカスタマーセンターの電話受付時間は、年末年始を除いた9時から19時までとなっています。

営業時間

ここで注意したいのが、KuaLnet WiMAX 2+の解約月分の月額料金です。
そんなKuaLnet WiMAX 2+の解約月分の月額料金は、日割り計算されません。

ですので、その点には注意しましょう。

  • KuaLnet WiMAX 2+の解約手続きは、マイページから手続きを行うエディオンネットカスタマーセンターへ電話を掛ける形で行う。
  • エディオンネットカスタマーセンターの営業時間は、年末年始を除いた9時から19時まで。
  • KuaLnet WiMAX 2+の解約月分の月額料金は、日割り計算されない。

KuaLnet WiMAX 2+の口コミサイト上の評判

ご紹介しているKuaLnet WiMAX 2+の口コミサイト上の評判ですが、エディオンの店舗でそのまま契約出来ると言う手続きの早さが評判です。
この部分は、家電量販店系列のWiMAX取扱店最大のメリットと言えます。

店舗でそのまま契約出来る

ただし、契約更新ごとにいちいちエディオンの店舗に出向かねばならないので、その点を面倒に感じている口コミも見掛けます。
特に、Twitter上の呟きで多いのが、契約更新の際の待ち時間の長さです。

お店の商品を見ていればある程度時間は潰せますが、それでも、かなり待たされたと言った呟きを見掛けます。

順番待ちが長い

また、KuaLnet WiMAX 2+はエディオンや100満ボルトの店舗に出向かないと、キャンペーン特典の内容が分かりません。
ですから、売り込まれたらどうしようと言った不安のある方には、ちょっとハードルが高くなります。

逆に、店員との交渉事が得意な方であれば、価格交渉出来る点が家電量販店系列のWiMAX取扱店の魅力と言えます。
キャンペーン特典の豪華さでは1番のプロバイダ系列のWiMAX取扱店のキャンペーン特典を持ち出せば、もしかしたら、よりお得な条件でWiMAXサービスの契約を出来るかもしれません。

店員と価格交渉

ここは、人によりけりな部分になります。
一方、交渉事が苦手な方の場合には、最初からキャンペーン特典の内容が明らかにされているプロバイダ系列のWiMAX取扱店の方をお勧めします。

  • KuaLnet WiMAX 2+は、エディオンや100満ボルトの店舗でそのまま契約出来る点が評判。
  • KuaLnet WiMAX 2+の利用者は、契約更新の度に店舗へ出向く必要がある点に面倒さを感じている方も。
  • KuaLnet WiMAX 2+は、店舗に行かないとキャンペーン特典の内容が分からない。
  • KuaLnet WiMAX 2+であれば、店員と価格交渉が可能。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

エディオンネットのKuaLnet WiMAX 2+の料金や特徴、解約手続き方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 今すぐ確認!一人暮らしのWi-Fi環境って、いくら位の値段掛かる?

  • 1択問題!一人暮らしでWi-Fiを設置するなら?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のネットワーク混雑回避のための速度制限は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、7GB以上通信出来るの?

  • GMO WiMAXのキャッシュバック特典とビックカメラ、お勧めなのは?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月7GBまでの料金プランってどうなの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。