1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTEはギガ放題でも速度制限の対象に

GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTEはギガ放題でも速度制限の対象に

GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  901 Views
GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTEはギガ放題でも速度制限の対象に

au 4G LTE通信は、GMOとくとくBB WiMAX 2+のギガ放題プランでも速度制限の対象に!?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のGMOとくとくBB ギガ放題プランで契約しているんだけど、通信速度が128kbpsに制限されてしまって…。
GMOとくとくBB ギガ放題プランって、月間データ利用量の上限がない料金プランじゃなかったの!?
確か、au 4G LTE通信を利用するハイスピードプラスエリアモードって、月に利用出来る通信量が決まっていたわよね?
どれ位まで通信しても大丈夫だったかしら?
確か、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んでいたとしても、ハイスピードプラスエリアモードでの通信のし過ぎは駄目だったよね?
となると、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んでいる自分って、どう言う通信の仕方をするのがベストなんだろう?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックキャンペーン月額割引キャンペーンで有名なWiMAX取扱店になります。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、GMOとくとくBB ギガ放題プランGMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの2種類の料金プランがあります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の2種類の料金プラン

そして、GMOとくとくBB ギガ放題プランよりもGMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの方が月額料金は安いのですが、その代わり月に利用出来る通信量は7GBまでと決まっています。
ですから、たっぷり通信を行う方に関しては、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込むのがお勧めとなります。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のGMOとくとくBB ギガ放題プランなのですが、実は、au 4G LTE通信を使い過ぎると速度制限が適用されてしまいます。
ですので、au 4G LTE通信を行うハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎると、厳しい速度制限が待っています。

厳しい通信速度が制御されてしまう

そして、この速度制限が適用されてしまうと、月末までの通信速度は128Kbpsに制限されてしまいます。
しかも、au 4G LTE通信で速度制限が適用されてしまうと、WiMAX 2+通信しか行わないハイスピードモードに対しても速度制限が適用されてしまいます。

そう言う大変な状態にならない為にも、GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約後に利用出来るau 4G LTE通信について、詳しく知っておく必要があります。
これから、GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約後に利用出来るau 4G LTE通信の通信量についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+には、GMOとくとくBB ギガ放題プランGMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの2種類の料金プランがある。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの月額料金は安いものの、月に利用出来る通信量は7GBまで
  • たっぷりと通信を行う方は、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込むのがお勧め。
  • GMOとくとくBB ギガ放題プランであっても、au 4G LTE通信を使い過ぎると速度制限が適用される。
  • ハイスピードプラスエリアモードを利用し過ぎると、月末までの通信速度が128Kbpsに制限される。
  • au 4G LTE通信に速度制限が適用されると、WiMAX 2+通信に対しても速度制限が適用される。

GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んだ方がau 4G LTE通信で速度制限に掛かってしまう通信量は?

GMOとくとくBB ギガ放題プランとGMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの違いとは?

冒頭でご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+にはGMOとくとくBB ギガ放題プランGMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの2種類の料金プランがあります。
そして、それぞれの料金プランごとに月額料金が異なります。

月額料金

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の各料金プランの月額料金は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金
ご利用期間 GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプラン GMOとくとくBB ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,609円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,609円 3,609円
3ヵ月目~ 4,263円

ご覧頂いたように、3ヵ月目以降のGMOとくとくBB ギガ放題プランの月額料金は、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの月額料金よりも684円高額になります。
ですので、出来るだけ安くGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの方が向いています。

安くGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用したい

ただ、各料金プランごとに月額料金が異なる代わりに、適用される速度制限も変わって来ます。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+に適用される速度制限は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 直近3日間の混雑回避による速度制限
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード
GMOとくとくBB ギガ放題プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 直近3日間の混雑回避による速度制限
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり
月間のデータ利用量による速度制限
月初めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度が128Kbpsに制限される速度制限。
直近3日間の混雑回避による速度制限
前日までの3日間の合計通信量が10GBを超えると、18時から翌日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限される速度制限。

このように、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んでいる方であれば、ハイスピードモードを利用時にたっぷりと通信出来る仕組みとなっています。
従って、GMOとくとくBB ギガ放題プランの月額料金は高いですが、たっぷりインターネットを利用したい方に向いている料金プランだと言える訳です。

  • 3ヵ月目以降のGMOとくとくBB ギガ放題プランの月額料金は、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの月額料金よりも684円高額。
  • 出来るだけ安くGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの方が向いている。
  • 各料金プランごとに月額料金が異なる代わりに、適用される速度制限も変わって来る。
  • GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んでいる方であれば、ハイスピードモードを利用時にたっぷりと通信出来る。
  • GMOとくとくBB ギガ放題プランは、たっぷりインターネットを利用したい方に向いている料金プラン。

GMOとくとくBB ギガ放題プランであっても、au 4G LTE通信は速度制限の対象に

ご紹介しているように、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んでいる方であれば、たっぷりとインターネットを利用する事が出来ます。
ただし、それはハイスピードモードを利用時に限られます。

WiMAX端末の通信モード

もう一度、GMOとくとくBB WiMAX 2+に適用される速度制限を再確認してみましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 直近3日間の混雑回避による速度制限
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり
GMOとくとくBB ギガ放題プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 直近3日間の混雑回避による速度制限
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり

実は、au 4G LTE通信を利用するハイスピードプラスエリアモードの場合、料金プランに関係なく月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。
つまり、au 4G LTE通信を行うハイスピードプラスエリアモードに関しては、月に7GBまでしか通信出来ないと言う事になります。

月に利用出来る通信量が決まっている

と言うのも、ハイスピードプラスエリアモードに設定時のau 4G LTE通信は、実はauの通信回線を利用しているのです。
UQコミュニケーションズの通信回線ではありませんので、適用される速度制限が厳しいのです。

ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードに対して速度制限が適用されてしまうと、ハイスピードモードに対しても速度制限が適用されてしまいます。
従って、基本的に利用するのはWiMAX 2+通信のみを行うハイスピードモードにしなければなりません。

基本的にはハイスピードモードを利用する

そして、WiMAX 2+通信が圏外表示される場所や、より高速通信を利用したい場合にのみ、au 4G LTE通信を行うハイスピードプラスエリアモードを利用する事を心掛けておくと良いです。
こう言う通信の仕方をしておけば、au 4G LTE通信を利用し過ぎる事による速度制限は避ける事が出来ます。

  • au 4G LTE通信を利用するハイスピードプラスエリアモードの場合、料金プランに関係なく月間のデータ利用量による速度制限が適用される。
  • au 4G LTE通信を行うハイスピードプラスエリアモードに関しては、月に7GBまでしか通信出来ない。
  • ハイスピードプラスエリアモードに設定時のau 4G LTE通信は、auの通信回線
  • ハイスピードプラスエリアモードに対して速度制限が適用されると、ハイスピードモードに対しても速度制限が適用される。
  • WiMAX 2+通信が圏外表示される場所や、より高速通信を利用したい場合でだけ、au 4G LTE通信を行うハイスピードプラスエリアモードを利用するようにする。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTEはギガ放題でも速度制限の対象に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器はどれを選べば良いの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って設定方法が難しそうなんだよね…

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+へ申し込みを行う前に、知っておけば…

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の3年契約、2年契約との違いはどんな点に?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のレビューと口コミサイト上に多い評判

  • 必見!GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する前に知っておきたい評判

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。