1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって、実際に必要なの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって、実際に必要なの?

 2018/03/22 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  870 Views
GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって、実際に必要なの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって必要?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約しようかなと思ったんだけど、クレードルってやつを購入するのかどうか選ばないといけないのね。
でも、このクレードルって必要なのかしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+をクレードルセットで契約すると、貰えるキャッシュバック額は減ってしまうのね。
キャッシュバック額を減らしてでも必要になるほど、WiMAX端末のクレードルは便利な機能を持っているのかしら?
WiMAX端末のクレードルって、別売り扱いになっているじゃない?
このクレードルを無料で購入出来るWiMAX取扱店って、どこかないのかな?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際に、WiMAX端末にクレードルをセットで付けるかどうかが1つの選択肢となって来ます。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方はキャッシュバック額が減ってしまいますし、月額割引キャンペーンに申し込む方はクレードルが別売り扱いとなって来るからです。

WiMAX端末のクレードルセット

ですから、わざわざクレードル代を負担するほどのメリットをクレードルは持っているのかと言う点が、非常に気になって来る訳です。
わざわざクレードルを購入したのにも関わらず、全然使わなかったでは意味がありませんよね?

そもそも、クレードルなどなくても普通にWiMAXサービスは利用出来ますし、実際、クレードルは一度も使った事がないと言うWiMAXユーザーも多いです。
ですから、節約と言う点で考えると、クレードルなど購入しない方が良い訳です。

クレードル代が掛かる

そんな中、わざわざクレードルについて調べているあなたは、より良い通信環境を導入したいと言う意識の高い方に違いないです。
そう言うあなただからこそ、クレードルの必要性を正しく判断し、より自分に適した通信環境を選ぶ事が出来るのではないかと思います。

そして、私はあなたにおめでとうと言いたいです。
と言うのも、この記事を読む事でクレードルの持つ機能は大体把握出来るようになるからです。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)のクレードルセット

ですから、あなたにとってクレードルが必要なのかクレードル代を負担するほどの魅力はあるのかどうかの判断が出来るようになる事をお約束します。
ぜひ参考にしてみて、あなたのWiMAX環境の導入にお役立て下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際に、WiMAX端末にクレードルをセットで付けるかどうかが1つの選択肢となって来る。
  • WiMAX端末のクレードルセットを選ぶと、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方はキャッシュバック額が減り月額割引キャンペーンに申し込む方はクレードルが別売り扱いとなる。
  • クレードルなどなくても普通にWiMAXサービスは利用出来、クレードルは一度も使った事がないと言うWiMAXユーザーも多い。
  • 節約と言う点で考えると、クレードルなど購入しない方が良い。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルについて知りたい!

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって、そもそも何?

そもそもクレードルとは何なのかと言う話ですが、各WiMAX取扱店で別売り扱いとなっている充電台になります。
そんなクレードルWiMAX端末をセットする事で、WiMAX端末の充電を行う事が出来るようになります。

WiMAX端末のクレードル

ちなみに、クレードルがなくても、ケーブルを直接WiMAX端末に差し込む事で充電は出来ます。
ですから、わざわざクレードルを購入しなくても、普通にWiMAX端末は使えます。

ただし、WiMAX端末に備わっている機能をフル活用する場合には、クレードルが必要となって来ます。
と言うのも、クレードルがないと使えない機能を各WiMAX端末は持っているからです。

クレードル設定

元々、クレードルモバイルルーターを一時的にホームルーターへと変更出来るアイテムでした。
ですが、今となっては、WiMAX端末の機能を強化出来る付属品と言う意味合いの方が大きいかもしれません。

ですので、クレードルの持つ機能クレードル代を考慮しつつ、自分にとって必要かどうかを判断するようにしたいものです。
さて、次の項目からは、クレードルが持つ機能についてより具体的にご紹介して行こうと思います。

  • クレードルとは、各WiMAX取扱店で別売り扱いとなっている充電台の事。
  • わざわざクレードルを購入しなくても、普通にWiMAX端末は使える。
  • クレードルがないと使えない機能を各WiMAX端末は持っているので、WiMAX端末に備わっている機能をフル活用する場合には、クレードルが必要
  • クレードルモバイルルーターを一時的にホームルーターへと変更出来るアイテムだったものの、今となってはWiMAX端末の機能を強化出来る付属品と言う意味合いの方が大きい。
  • クレードルの持つ機能クレードル代を考慮しつつ、自分にとって必要かどうかを判断する。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルはモバイルルーターをホームルーターにする

元々のWiMAX端末のクレードルの役割は充電台になります。
ですから、WiMAX端末をクレードルにセットする形で充電出来るようになります。

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)のクレードルセット

しかも、クレードルにセットしている間は、常にWiMAX端末が通電状態になります。
ですので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出す事が出来るようになります。

また、クレードルにWiMAX端末をセットすると、WiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなります。
そして、常に時計が表示されるようになりますので、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来ると言うメリットも付いて来ます。

クレードル

逆に、クレードルを持っていない方の場合、WiMAX端末のディスプレイは数秒で消灯してしまいます。
ですから、時間を確認する為には、いちいちボタンを押さねばならなくなってしまいます。

ちなみに、WiMAX端末の時計の表示は、電源を入れるタイミングで自動的に現在時刻へと修正されます。
ですから、電波時計のような認識で良いかと思います。

電波時計

このように、クレードルがある事で、モバイルルータータイプのWiMAX端末ホームルーターとして据え置きする事が出来るようになります。
WiMAX端末のバッテリーが切れる事はありませんし、逆に、停電時でもWiMAX端末のバッテリーを利用しますので、インターネットが突然切れてしまうと言うリスクは抑える事が出来ます。

そんなWiMAX端末のクレードルは、通信面でも大きな役割を果たす事になります。
続いて、WiMAX端末のクレードル通信面に与える影響について、ご紹介して行きます。

  • 元々のWiMAX端末のクレードルの役割は充電台で、WiMAX端末をクレードルにセットする形で充電出来るようになる。
  • クレードルにセットしている間は常にWiMAX端末が通電状態になるので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出す事が出来る。
  • クレードルにWiMAX端末をセットするとWiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなり、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来るようになる。
  • クレードルを持っていない方の場合WiMAX端末のディスプレイは数秒で消灯してしまうので、いちいちボタンを押してから時間を確認する形に。
  • WiMAX端末の時計の表示は、電源を入れるタイミングで自動的に現在時刻へと修正される。
  • クレードルがある事で、モバイルルータータイプのWiMAX端末ホームルーターとして据え置きする事が出来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルはWiMAX端末の通信状態を強化する

GMOとくとくBB WiMAX 2+でクレードルを購入すると、WiMAX端末の通信状態を強化する事が出来るようになります。
それはどう言う事なのかと言うと、3つの理由があるのです。

その1つ目の理由は、WiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が、高い状態で維持されると言う点になります。
ですから、地面にWiMAX端末を直置きする場合と比べて、通信効率が良くなると言うメリットがあるのです。

クレードルによって受信効率アップ

2つ目の理由は、クレードルに内蔵されたアンテナによって、通信状態が更に強化されると言う点にあります。
また、WiMAX端末の機種によってはアンテナが両サイドに設置されていて、あらゆる方向からの電波を効率良くキャッチ出来るタイプのものもあります。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)のクレードルセット

3つの理由としては、Wウイングアンテナを使ったビームフォーミングと言う機能が使えるようになると言う点になります。
この機能はSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)と言うWiMAX端末が対応している機能なのですが、ビームフォーミングに対応したスマートフォンめがけてWi-Fiを集中的に照射する事が出来る機能になります。

あちこちにWi-Fiを飛ばすのではなく対象物の方向に集中してWi-Fiを飛ばす事により、通信の安定性を高めつつ電波の飛距離を伸ばす事が出来るようになります。
また、実質的な通信速度に関しても、ビームフォーミングを利用した方が速くなります。

ビームフォーミング

そんなWiMAX端末のクレードルですが、効果があるのは無線だけではありません。
次は、WiMAX端末のクレードルを使った、有線通信についてご紹介します。

  • WiMAX端末クレードルを組み合わせると、WiMAX端末の通信状態を強化する事が出来るようになる。
  • WiMAX端末をクレードルにセットする事でWiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が高い状態で維持されるので、地面にWiMAX端末を直置きする場合よりも通信効率が良くなる
  • クレードルにはアンテナが内蔵されていて、WiMAX端末の通信状態を強化する事が出来る。
  • WiMAX端末の機種によってはアンテナが両サイドに設置されていて、あらゆる方向からの電波を効率良くキャッチ出来るようになる。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)と言うWiMAX端末であれば、Wウイングアンテナを使ったビームフォーミングと言う機能が使えるようになる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルは有線通信に対応出来る

WiMAX端末のクレードルは、裏側にEthernetポートが1つ設置されています。
ですので、WiMAX端末をルータモードにしてクレードルにLANケーブルを差し込む事で、一台の機器と有線通信を行う事が出来るようになります。

クレードルのEthernetポート

この機能のメリットとしては、Wi-FiBluetoothに非対応の古い機器と通信する事が出来る点にあります。
また、モバイルルータータイプのWiMAX端末のWi-Fi同時接続数は最大10台までなのですが、有線通信でもう一台接続数を増やす事が出来るようになります。

ルータモード

ちなみに、光回線やADSLなどの固定回線が引かれてある建物内であれば、WiMAX端末をAPモードにする事でWi-Fiルーター代わりに利用する事が出来るようにもなります。
この機能は、旅行先のホテルでLANケーブル一本しか使えない場合などに、大きな効果を果たします。

本来なら、1台のパソコンしかインターネットへ接続する事は出来ない訳ですが、WiMAX端末がWi-Fiルーター代わりになる訳です。
ですので、スマートフォンやタブレットなどのEthernetポートを持たない機器を含めた最大10台までの機器を、Wi-Fiを通して通信する事が出来るようになります。

APモード

このように、WiMAX端末のクレードルがあれば、有線通信を行えるようになります。
そんなWiMAX端末のクレードルですが、ここで気になって来るのがGMOとくとくBB WiMAX 2+で購入する際の料金面の話でしょう。

と言う事で、次はWiMAX端末のクレードルの価格面についてご紹介します。

  • WiMAX端末のクレードルは、裏側にEthernetポートが1つ設置されている。
  • WiMAX端末をルータモードにしてクレードルにLANケーブルを差し込む事で、一台の機器と有線通信を行う事が出来るようになる。
  • 光回線やADSLなどの固定回線が引かれてある建物内であれば、WiMAX端末をAPモードにする事でWi-Fiルーター代わりに利用する事が出来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルの価格は?

冒頭でご紹介したように、WiMAX端末のクレードルは別売り扱いとなっています。
そんなWiMAX端末のクレードル代は、選ぶWiMAX端末の機種によって変わって来ます。

WiMAX端末の機種ごとにクレードル代は変わる

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンでラインナップ中のWiMAX端末の場合、クレードル代は3,150円から3,686円の間になります。
ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方であれば、クレードル代は無料になります。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、最新WiMAX端末のクレードル代が無料になる唯一のWiMAX取扱店のキャンペーンだったりするのです。
しかも、キャッシュバック額もたびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバック額ですから、その金銭的メリットは非常に大きいです。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット

とは言え、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンでWiMAX端末のクレードルセットを選ぶと、貰えるキャッシュバック額は減ってしまいます。
ですから、自分にクレードルは必要なのかどうかを考えつつ、クレードルセットにするのかどうかを選ぶようにしたいものです。

また、既にGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約中の方の場合には、UQアクセサリーショップAmazon楽天でクレードルを購入する形になります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンについてご紹介しましたが、このキャンペーンを利用する際には注意しなければならないポイントがあります。
と言う事で、最後にGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用する際の注意点についてご紹介します。

  • WiMAX端末のクレードル代は、選ぶWiMAX端末の機種によって変わって来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンでラインナップ中のWiMAX端末の場合、クレードル代は3,150円から3,686円の間になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、最新WiMAX端末のクレードル代が無料になる唯一のWiMAX取扱店のキャンペーン。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンでWiMAX端末のクレードルセットを選ぶと、貰えるキャッシュバック額は減ってしまう。
  • 既にGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約中の方の場合には、UQアクセサリーショップAmazon楽天でクレードルを購入する形になる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンに申し込む際の注意点

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来ます。
そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくの高額キャッシュバックを貰い損ねてしまう方は実際にいます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう

わざわざGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込んでおいてキャッシュバックを貰えないのでは、何の意味もありません。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのであれば、キャッシュバック手続きは忘れないようにしなければなりません。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きに関しては、キャンペーンサイト内の注意事項欄で詳しく解説されています。
ですので、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうと考えている方は、必ず一読しておく事をお勧めします。

一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思える方に関しては、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンをお勧めします。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンに及びませんが、手続き不要で確実に安くなると言うメリットは大きいです。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに関しても、キャンペーンサイト内で詳しくご紹介されています。
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに興味のある方は、キャンペーンサイトをご覧下さい。

これらGMOとくとくBB WiMAX 2+のそれぞれのキャンペーンの中から、あなたにぴったりなキャンペーンを選ぶようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくの高額キャッシュバックを貰い損ねてしまう方は実際にいる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのであれば、キャッシュバック手続きは忘れないようにする。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思える方に関しては、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンがお勧め。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンに及ばないものの、手続き不要で確実に安くなると言うメリットは大きい。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+のクレードルって、実際に必要なの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のネットワーク混雑回避のための速度制限は?

  • 契約前に確認!GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判はどうなの?

  • 知らないと損する!?GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック方法

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を接続させる方法が分からない…

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+には速度制限があるって本当なの?!

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+を1年契約で解約する際、負担を減らす方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。