1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はどう?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はどう?

 2018/05/19 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  123 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はどう?

GMOとくとくBB WiMAX 2+におけるSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)は買い?

GMOとくとくBB WiMAX 2+って、色んなWiMAX端末がラインナップされているじゃない?
例えば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)とかSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)とか、何を基準にして選べば良いのかしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンって、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のキャッシュバック額が高額ね。
じゃあさ、キャッシュバック額が高額な分だけSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の性能は落ちるのかしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップされているWiMAX端末の中でも、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)が気になるんだよね。
見た目が格好良いSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)なんだけど、性能面でのSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の特徴ってどうなの?

この記事を書いている現時点において、GMOとくとくBB WiMAX 2+にラインナップされているWiMAX端末の中で、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)が最新機種となります。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込み手続きを行うのであれば、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶと言うのは非常に良い選択であると言えます。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)

ただし、あなたの用途GMOとくとくBB WiMAX 2+で申し込むキャンペーンによっては、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)が第一選択肢にはならないケースも出て来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み手続きを行う際にあなたが選んだWiMAX端末は、契約期間中のWiMAX環境を大きく左右する形になります。
ですから、WiMAX端末選びを間違うと言う事は、WiMAX環境選びを間違うのと同じ意味合いになってしまいます。

WiMAX環境選びを間違う

だからこそ、あなたが本当に選ぶべきWiMAX端末はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)なのか、しっかりと見極める必要性が出て来ます。

と言う事で、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶメリットSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ばない方が良いケースを、それぞれご紹介したいと思います。
これからGMOとくとくBB WiMAX 2+との契約を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+にラインナップされているWiMAX端末の中で、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)が最新機種となる。
  • あなたの用途GMOとくとくBB WiMAX 2+で申し込むキャンペーンによっては、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)が第一選択肢にはならないケースも出て来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み手続きを行う際にあなたが選んだWiMAX端末は、契約期間中のWiMAX環境を大きく左右する形になる。
  • WiMAX端末選びを間違うと言う事は、WiMAX環境選びを間違うのと同じ意味合いになってしまう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶメリット

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の特徴は?

冒頭でご紹介したSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)ですが、通信速度はWiMAX端末最速となっています。
具体的な通信速度ですが、下り最大通信速度が708Mbps上り最大通信速度が75Mbpsとなっています。

通信速度重視

ただし、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度がこれだけ速くなるのは、ハイスピードプラスエリアモードと言う通信モードを利用した場合での通信速度となります。
このハイスピードプラスエリアモードですが、実は速度制限が厳しく月額1,005円のLTEオプション料金を支払う必要のある通信モードだったりします。

ですので、これは常に利用出来る通信速度ではなく、必要に応じて補助的に利用出来る通信速度となります。
とは言え、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の標準的な通信モードであるハイスピードモードであっても、下り最大通信速度は558Mbps上り最大通信速度は37.5Mbpsと高速です。

快適な通信速度

ですので、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の標準的な通信モードであっても、快適な通信速度である事は間違いありません。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の下り最大通信速度は、型落ちのWiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)と同じ下り最大通信速度だったりします。
ですが、 Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)上り最大通信速度は30Mbpsですから、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)ならば倍以上の上り最大通信速度が出る事になります。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の上り通信

ですので、例えばスマートフォンで撮影した4K動画をYouTubeにアップロードする際に、待機時間が長くてイライラさせられてしまうと言ったストレスから解放されます。
このように、画像や動画をインターネット上にアップする際に、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の方が有利となります。

その他にも、Wi-Fiお引っ越し機能Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)にしか搭載されていません。
ですから、パソコンやスマートフォンなど沢山の機器をWi-Fi接続する場合には、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の方がお勧めとなります。

お引っ越し機能でWi-Fi設定を引き継ぐ

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、キャッシュバックキャンペーンで人気のWiMAX取扱店になります。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、選ぶWiMAX端末の機種によってキャッシュバック額が変わって来ます。

では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選んだ場合のキャッシュバック額は、どうなるのでしょうか?
と言う事で、引き続きSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選んだ場合のキャッシュバック額の扱いについてご紹介します。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度はWiMAX端末最速で、下り最大通信速度が708Mbps上り最大通信速度が75Mbpsとなっている。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度が速くなるのはハイスピードプラスエリアモードと言う通信モードを利用した場合で、速度制限が厳しくLTEオプション料金も発生する通信モード。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の標準的な通信モードであるハイスピードモードであっても、下り最大通信速度は558Mbps上り最大通信速度は37.5Mbpsと高速。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)下り最大通信速度は型落ちのWiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)と同じものの、上り最大通信速度の方は倍以上ある。
  • 画像や動画をインターネット上にアップする際に、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の方が有利。
  • Wi-Fiお引っ越し機能Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)にしか搭載されておらず、沢山の機器をWi-Fi接続する場合にはSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の方がお勧め。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で貰えるキャッシュバック額が高額に!?

ご紹介しているように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額選ぶWiMAX端末の機種ごと変わって来ます。
では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のキャッシュバック額はどうなのかと言う点が気になって来る訳ですが、実はGMOとくとくBB WiMAX 2+の中でも最高額のキャッシュバック額となっています。

最高額のキャッシュバック額

しかも、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のキャッシュバック額は、型落ちのWiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を選んだ時よりも高額になります。

わざわざ型落ちのWiMAX端末を選んで、それでいて貰えるキャッシュバック額が減ると言うのは馬鹿らしいですよね?
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ばない理由がありません。

Speed Wi-Fi NEXT W04 & Speed Wi-Fi NEXT W05

ご紹介しているSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではクレードルセットも取り扱っています。
と言う事で、引き続きSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセットについてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は、選ぶWiMAX端末の機種ごと変わって来る。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のキャッシュバック額は、GMOとくとくBB WiMAX 2+の中でも最高額のキャッシュバック額となっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+におけるSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のキャッシュバック額は、型落ちのWiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)を選んだ時よりも高額になる。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセットは買い?

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)には、別売りのクレードルが存在します。
そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルを購入する場合には、3,290円のクレードル代が発生してしまいます。

WiMAX端末のクレードル

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方であれば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードル代は無料になります。
その代わり、キャッシュバックキャンペーンで貰えるキャッシュバック額は、クレードル代分だけ減額されてしまいます。

さて、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルを購入する場合、こう言う形で負担が発生してしまいます。
では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルには、この負担分だけの価値があるのでしょうか?

クレードルに負担する分だけの価値はあるの?

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルがある事によってもたらされるメリットは、以下の通りです。

  • 常にWiMAX端末が通電状態になるので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出せる。
  • WiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなるので、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来る。
  • WiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が高い状態で維持されるので、通信効率が良くなる
  • クレードルに内蔵されたアンテナによって、通信状態が更に強化される。
  • クレードルの有線LANポートにLANケーブルを差してWiMAX端末をルータモードにする事で、Wi-Fiに非対応の機器を有線通信する事が出来る。
  • クレードルの有線LANポートと光回線やADSLを繋いでWiMAX端末をAPモードにする事で、WiMAX端末をWi-Fiルーター代わりにする事が出来る。

これだけのメリットが、GMOとくとくBB WiMAX 2+との契約期間中にずっともたらされます。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+との契約期間中の利便性を考えると、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセットは十分にお勧め出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット

これまで、GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶ事を前提にお話をして来ました。
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーの中には、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ばない方が良い人も出て来ます。

と言う事で、引き続きGMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーのうちSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ばない方が良い人について、ご紹介します。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)には別売りのクレードルが存在し、購入の際には3,290円のクレードル代が発生する。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方であればクレードル代は無料になるが、キャッシュバック額は減額される。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+との契約期間中の利便性を考えると、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセットは十分にお勧め出来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ばない方が良いケース

別に外出時にインターネットを利用する事がない場合

ご紹介しているSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)は、外に持ち出す事が出来るモバイルルーターになります。
ただ、WiMAX端末の機種の中には、コンセントのある場所でしか利用出来ないホームルーターも存在します。

コンセント

現在GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のホームルーターで言うと、機種はSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)が該当します。
このSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)ですが、下り最大通信速度は440Mbpsになります。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)

ですので、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の下り最大通信速度と比べると、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は遅いです。
とは言え、それでもSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は、実は実用レベル以上の通信速度を持っています。

ですから、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)と比べて動画の読み込みが遅いだとかそう言う実感などありません。
どちらを使用したとしても、動画の読み込みが止まる事はありません。

動画の読み込みが止まる

ただ、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)はホームルーターですから、外でインターネットを利用する用途には対応していません。
ですから、外でインターネットを利用する方には不向きなWiMAX端末になります。

では、わざわざ室内でしか利用出来ないSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)を選ぶ意味はあるのかと言う話になる訳ですが、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)沢山の機器を同時にWi-Fi接続出来ると言うメリットを持っているのです。
と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)だと最大11台までの機器しか同時通信出来ませんが、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)なら最大42台もの機器を同時通信出来るのです。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の同時接続数

従って、同時通信する機器が11台を超えると言う方の場合には、選択肢は強制的にSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)一択となります。

また、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)5GHzのWi-Fi2.4GHzのWi-Fiの同時通信にも対応しています。
ですので、古い機器新しい機器とをごちゃ混ぜにして通信を行うと言う方の用途にも、対応しています。

2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時利用

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+では、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)と言うWiMAX端末も取り扱っています。
と言う事で、GMOとくとくBB WiMAX 2+で契約をする際に、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)よりもSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)を選んだ方が良い人についてご紹介します。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)は、外に持ち出す事が出来るモバイルルーター
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は、現在GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップしているホームルーター
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の下り最大通信速度は440Mbpsだが、実は実用レベル以上の通信速度を持っている。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)だと最大11台までの機器しか同時通信出来ないものの、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)なら最大42台もの機器を同時通信出来る。
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)5GHzのWi-Fi2.4GHzのWi-Fiの同時通信にも対応している。

ビームフォーミングに対応しているスマートフォンを持っている方の場合

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)ですが、下り最大通信速度は440Mbpsとなっています。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度には及びませんが、実用レベル以上の通信速度は持っています。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)

一方、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)に搭載されているビームフォーミングは、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)には搭載されていません。
ですので、通信の安定性と言う点では、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の方が有利だったりします。

ただし、あなたが持っているスマートフォンがビームフォーミングに非対応であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)を選ぶ意味はなくなってしまいます。

そのスマートフォン、ビームフォーミングには対応している?

前述しましたが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込んだ方がSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選んだ場合キャッシュバック額は最高額になるとご紹介しました。
では、GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の他のキャンペーンの場合は、一体どうなるのでしょうか?

と言う事で、最後にGMOとくとくBB WiMAX 2+のその他のキャンペーンに申し込んだ場合の、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の取り扱いについてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)は、下り最大通信速度が440Mbps
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)に搭載されているビームフォーミングは、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)には搭載されていない。
  • 通信の安定性と言う点では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)よりSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の方が有利。
  • あなたが持っているスマートフォンがビームフォーミングに非対応であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)を選ぶ意味はなくなってしまう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用せず、出来るだけ安くサービスを利用したい場合

GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶ場合、金銭的メリットはGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンがダントツでトップクラスになります。
ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むと、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来ます。

指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要

もし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、せっかくのキャッシュバックは1円も貰えなくなってしまいます。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうと考えている方は、キャンペーンサイト内の注意書きに必ず目を通すようにしましょう。

キャッシュバック手続きが面倒な方の場合には、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン得の極みキャンペーンがお勧めとなって来ます。

これらのキャンペーンであれば月額料金が割引きされるタイプのキャンペーンですので、面倒な手続きなど不要となっています。
ちなみに、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンよりも月額割引キャンペーンの方がお得になります。

よりお得なキャンペーン

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンについて詳しく知りたい方は、キャンペーンサイトをご覧下さい。

ただし、WiMAX端末を型落ちの端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)にしても構わないと言う方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンの方がお得になります。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンについても、キャンペーンサイトでより詳しい情報をご確認下さい。
こう言った形で申し込むキャンペーンを選べば、あなたにとってベストなキャンペーンに申し込む事が出来ます。
ぜひ活用して頂き、あなたのWiMAXライフのお役に立てて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶ場合、金銭的メリットはGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンがダントツでトップクラスになる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むと、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来る。
  • キャッシュバック手続きが面倒な方の場合には、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン得の極みキャンペーンがお勧め。
  • WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選ぶのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンよりも月額割引キャンペーンの方がお得。
  • WiMAX端末を型落ちの端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)にしても構わないと言う方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンの方がお得。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+のSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はどう?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックなしのキャンペーン

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックの金額は変動するの!?

  • えっ!?GMOとくとくBB WiMAX 2+のau 4G LTE通信を使ってないの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約後、WiMAX端末はいつ届く?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+にはUQ Wi-Fiプレミアムってあるの?

  • WiMAXサービスって、セキュリティ対策ソフトは必要?お勧めは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。