1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. WiMAXサービスの移行先、GMOとくとくBB WiMAX 2+じゃないの?!

WiMAXサービスの移行先、GMOとくとくBB WiMAX 2+じゃないの?!

 2018/04/05 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  66 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
WiMAXサービスの移行先、GMOとくとくBB WiMAX 2+じゃないの?!

お乗り換えキャンペーンよりGMOとくとくBB WiMAX 2+への移行がお得!

WiMAXサービスを使ってたら、お乗り換えキャンペーンってお知らせが届いたんだけど。
でもこれ、WiMAX端末が新しくなるだけだよね…。
WiMAXサービスの契約更新をするより、契約先を他のWiMAX取扱店に移行した方がお得に思えるんだけど…。
だって、新規契約だとキャンペーン特典が付いて来るじゃない?
WiMAXサービスの移行先にGMOとくとくBB WiMAX 2+と考えているんだけど。
WiMAXサービスの移行先にGMOとくとくBB WiMAX 2+を選ぶメリットについて、詳しく知りたいなぁ。

WiMAXサービスの契約期間の終了が近付くと、契約しているWiMAX取扱店から乗り換えキャンペーンのお知らせが届きます。
この乗り換えキャンペーンの内容はと言うと、無料で最新のWiMAX端末に乗り換える事が出来ると言うものになっています。

最新のWiMAX端末

ただし、クレードルは相変わらず別売り扱いですし、その他にはこれと言ったキャンペーン特典など付いて来ません。
月額料金も据え置きのままですから、乗り換えキャンペーンそこまで魅力的なキャンペーン特典とは言えません。

そこでお勧めしたいのが、契約しているWiMAXサービスをGMOとくとくBB WiMAX 2+へと移行する方法です。
現在契約しているWiMAX取扱店を解約してGMOとくとくBB WiMAX 2+へと乗り換えれば、豪華なキャンペーン特典が付いて来ます。

豪華なキャンペーン特典が付いて来る

特に、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は非常に高額ですから、金銭的メリットは非常に大きいです。
WiMAX端末代がタダになるだけのキャンペーン特典よりも、高額なキャッシュバックを貰える形の方がお得だと思いませんか?

GMOとくとくBB WiMAX 2+への移行について調べているあなたは、GMOとくとくBB WiMAX 2+が金銭的メリットの大きいWiMAX取扱店である事をご存知であるに違いないです。
そして、このサイトをご覧になっている事におめでとうと申し上げたいです。

金銭的メリットの大きいGMOとくとくBB WiMAX 2+

と言うのも、この記事ではGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用する上で必要な情報を一通り網羅しているからです。
この記事を最後まで読む事で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のどのキャンペーンどの料金プランに申し込んで、どのWiMAX端末を選べば良いのかまでしっかりと判断出来るようになる事をお約束します。

ぜひ参考にしてみて、あなたのWiMAXライフのお役に立てて下さい。

  • WiMAXサービスの契約期間の終了が近付くと、契約しているWiMAX取扱店から乗り換えキャンペーンのお知らせが届く。
  • 乗り換えキャンペーンを利用する事で無料で最新のWiMAX端末に乗り換える事が出来るものの、クレードルは別売り扱いで、月額料金も据え置きのまま。
  • 現在契約しているWiMAX取扱店を解約してGMOとくとくBB WiMAX 2+へと乗り換えれば、豪華なキャンペーン特典が付いて来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は非常に高額なので、金銭的メリットは非常に大きい。

WiMAXサービスの移行先はGMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧め

なぜGMOとくとくBB WiMAX 2+への移行がお勧め?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うと、WiMAXサービスのプロバイダだと思い込んでいる方が多いです。
ただ、プロバイダとは、インターネット回線インターネットを繋ぐ役割をする事業者の事を指します。

プロバイダ

ですから、WiMAXサービスにおいては、GMOとくとくBB WiMAX 2+プロバイダではありません。
プロバイダではなく、UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りて、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うブランド名で販売しているMVNO(仮想移動体通信事業者)になります。

ですから、契約後に利用出来る通信回線はWiMAX回線ですし、他のWiMAX取扱店と比較して何かしら通信環境に違いが出ると言う事はありません。
そう、どのWiMAX取扱店から申込み手続きを行ったとしても、利用出来る通信環境には違いなどないのです。

利用出来る通信環境は全く同じ

では、契約する各WiMAX取扱店ごとに何が違って来るのかと言うと、実施されているキャンペーン特典利用料金の設定金額の部分になります。
また、サポート対応先が契約したWiMAX取扱店になると言う部分も無視出来ない所でしょう。

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+に関しては、サポートセンターの対応についての悪評があります。
とは言え、既にWiMAXサービスを利用した事があるあなたであれば、基本的にサポートセンターのお世話になる機会は多くないでしょう。

サポートセンター

従って、単純にキャンペーン特典が豪華なGMOとくとくBB WiMAX 2+を選べば良くなります。
と言う事で、次はGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中のキャンペーンについてご紹介します。

  • WiMAXサービスにおいては、GMOとくとくBB WiMAX 2+はプロバイダではない。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りて、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うブランド名で販売しているMVNO(仮想移動体通信事業者)
  • どのWiMAX取扱店から申込み手続きを行ったとしても、利用出来る通信環境には違いなどない。
  • 契約する各WiMAX取扱店ごとに違って来るのは実施されているキャンペーン特典利用料金の設定金額の部分で、サポート対応先契約したWiMAX取扱店になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+サポートセンターの対応に関する悪評があるものの、既にWiMAXサービスを利用した事があるのであればサポートセンターのお世話になる機会は多くない。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の魅力的なキャンペーン

冒頭でご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+金銭的メリットが大きいと言う点で有名なWiMAX取扱店になります。
と言うのも、たびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していますから、それだけ安くWiMAXサービスを利用出来るようになる仕組みとなっているのです。

安くWiMAXサービスを利用出来る

ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+キャッシュバックキャンペーンが人気なのです。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施されているキャンペーンは、キャッシュバックキャンペーンだけではありません。

実は、GMOとくとくBB WiMAX 2+では、他にも様々なキャンペーンを実施しています。
そして、それぞれのキャンペーンによって特徴がありますので、それぞれの目的に合わせた形でキャンペーンを活用すると良いです。

自分の目的に合わせてキャンペーンを選ぶ

例えば、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンだと、約1年後にキャッシュバック手続きが必要となります。
そして、キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは貰えなくなってしまいます。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+では月額割引キャンペーンを用意しています。
このGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込むと、手続きは不要最初から月額料金が割引きされます。

月額料金が安くなる

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、一番最初の請求の際に、端末発送月と1ヵ月目の月額料金と、事務手数料の3,000円をまとめて請求される形になります。
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+の一番最初の請求額は、どうしても高額になりがちです。

この一番最初の支払いが大変になるのを避けたい方の為に、GMOとくとくBB WiMAX 2+では得の極みキャンペーンを用意しています。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーン最初の3ヵ月間の月額料金が安くなる為、一番最初の支払いが大変になると言うリスクを抑える事が出来るのです。

最初のうちの支払額を安く抑える

ただ単にWiMAX端末が新しくなるだけのお乗り換えキャンペーンと比べれば、そのお得感の差は火を見るより明らかでしょう。
せっかく実施されているキャンペーンですから、ぜひとも活用したいところです。

お得なキャンペーンを実施中

さて、契約先をGMOとくとくBB WiMAX 2+へ移行するとなると、利用料金の面も気になって来る事でしょう。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+で用意されている2種類の料金プラン2種類の契約プランについても、これから詳しくご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+たびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、それだけ安くWiMAXサービスを利用出来るようになる仕組みとなっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンだと、約1年後にキャッシュバック手続きが必要。
  • キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは貰えなくなってしまう。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込むと、手続きは不要で最初から月額料金が割引きされる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では、一番最初の請求の際に、端末発送月と1ヵ月目の月額料金と、事務手数料の3,000円をまとめて請求される形になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーン最初の3ヵ月間の月額料金が安くなる為、一番最初の支払いが大変になると言うリスクを抑える事が出来る。
  • タブレットやパソコンを新調したいと言う方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX 2+ & ASUS TransBook T90Chi セットキャンペーンGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX 2+ & ASUS EeeBook X205TA セットキャンペーンを活用する。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の利用料金や取り扱っているWiMAX端末

GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランと契約プラン

GMOとくとくBB WiMAX 2+では、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランGMOとくとくBB ギガ放題プランの2種類の料金プランが用意されています。
GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランGMOとくとくBB ギガ放題プランそれぞれの月額料金は、以下の通りです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金
ご利用期間 GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプラン GMOとくとくBB ギガ放題プラン
端末発送月 3,609円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,609円 3,609円
3ヵ月目~ 4,263円

このように、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの月額料金よりも、GMOとくとくBB ギガ放題プランの月額料金の方が高額です。
その代わり、GMOとくとくBB ギガ放題プランの方がたっぷり通信出来るような仕組みになっているのです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で月に利用出来る通信量
通信モード GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプラン GMOとくとくBB ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)の2種類の契約プランが存在します。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年プランは、契約期間の縛りが2年間の契約プランになります。

契約期間の縛りが2年間

一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は、契約期間の縛りが3年間の契約プランになります。
LTEオプション無料プラン(3年)だと契約期間の縛りが1年間長くなってしまいますが、その代わりに月額1,005円のLTEオプション料が無料になります。

従って、通常なら有料であるハイスピードプラスエリアモードを、無料で利用出来るようになる訳です。
ハイスピードプラスエリアモードは、より広いエリアで高速通信を行う事の出来る利便性の高い通信モードです。

通信モード設定

そんなハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来るようになる訳ですから、必要な方はLTEオプション無料プラン(3年)に申し込むのも良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+へ移行する際には、勿論最新のWiMAX端末が無料で貰える特典も付いて来ます。
そこで、次はGMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱っているWiMAX端末についてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では、GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランGMOとくとくBB ギガ放題プランの2種類の料金プランが用意されている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプランの月額料金よりも、GMOとくとくBB ギガ放題プランの月額料金の方が高額。
  • GMOとくとくBB ギガ放題プランの方が、たっぷり通信出来るような仕組みになっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)の2種類の契約プランが存在する。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年プランは、契約期間の縛りが2年間の契約プラン。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は、契約期間の縛りが3年間の契約プラン。
  • LTEオプション無料プラン(3年)だと契約期間の縛りが1年間長くなるものの、月額1,005円のLTEオプション料が無料になる。
  • ハイスピードプラスエリアモードは、より広いエリアで高速通信を行う事の出来る利便性の高い通信モード。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+へ移行する際には、最新のWiMAX端末が無料で貰える特典も付いて来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱っているWiMAX端末とクレードル

GMOとくとくBB WiMAX 2+に申し込む際には、以下の3種類のWiMAX端末の中から1台を選ぶ形になります。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
より通信速度が速いWiMAX端末で、下り最大通信速度708Mbps上り最大通信速度75Mbpsの超高速通信を利用する事が出来るようになる。
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)
安心の国産WiMAX端末で、クレードルにセットする事でビームフォーミングを利用出来るようになる。
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
5GHz2.4GHzのWi-Fiの同時通信に対応し、Wi-Fiで最大40台LANケーブルで最大2台の機器を同時通信させる事が出来るホームルータータイプのWiMAX端末

また、同じ機種の型落ちモデルもラインナップされていますが、型番の数字が大きいほどに最新で高性能なWiMAX端末になります。
ここで選ぶWiMAX端末あなたのWiMAX環境を左右しますので、基本的には最新モデルを選ぶようにしましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04 & Speed Wi-Fi NEXT W05

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン以外のキャンペーンだと、クレードルは別売り扱いになっています。
ここで気になって来るのが、クレードルは必要なのかどうかと言う点でしょう。

WiMAX端末のクレードルセットを購入した場合、以下の機能を利用出来るようになります。

  • 常にWiMAX端末が通電状態になるので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出せる。
  • WiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなるので、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来る。
  • WiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が高い状態で維持されるので、通信効率が良くなる
  • クレードルに内蔵されたアンテナによって、通信状態が更に強化される。
  • クレードルの有線LANポートにLANケーブルを差してWiMAX端末をルータモードにする事で、Wi-Fiに非対応の機器を有線通信する事が出来る。
  • クレードルの有線LANポートと光回線やADSLを繋いでWiMAX端末をAPモードにする事で、WiMAX端末をWi-Fiルーター代わりにする事が出来る。
  • Wウイングアンテナを使ったビームフォーミングを利用する事で、通信の安定性を高めつつ電波の飛距離を伸ばす事が出来る。

これだけ色々な機能が付いて来ますので、出費が負担でなければクレードルを購入してみるのも良いです。
とは言え、クレードルがなくても、WiMAX端末は利用出来ます。

WiMAX端末のクレードル

さて、GMOとくとくBB WiMAX 2+がどんなWiMAX取扱店なのか、大体イメージ出来たのではないでしょうか?
続いて、実際にGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、どう言った流れでWiMAXサービスを導入出来るのかご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+に申し込む際には、3種類のWiMAX端末の中から1台を選ぶ形になる。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)通信速度の速いWiMAX端末。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)クレードルにセットする事で、ビームフォーミングを利用出来るようになる。
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)Wi-Fiで最大40台LANケーブルで最大2台の機器を同時通信させる事が出来るホームルータータイプのWiMAX端末。
  • 同じ機種の型落ちモデルもラインナップされているものの、型番の数字が大きいほどに最新で高性能なWiMAX端末になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン以外のキャンペーンだと、クレードルは別売り扱いになっている。
  • WiMAX端末のクレードルセットを購入した場合、さまざまな追加機能を利用出来るようになる。
  • クレードルがなくても、WiMAX端末は利用出来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+へサービスを移行する流れと注意点

GMOとくとくBB WiMAX 2+を利用開始するまでの流れ

今契約しているWiMAX取扱店の解約手続きを済ませたら、続いてGMOとくとくBB WiMAX 2+への移行手続きを行います。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の利用開始までの流れですが、通常発送ではなく即日発送を利用するとスムーズです。

WiMAX端末の発送

そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み手続きのタイミングが平日の15時30分、もしくは土日祝日の14時までに完了していれば、その日のうちにGMOとくとくBB WiMAX 2+からWiMAX端末が発送されます。
このタイミングに間に合わなかった場合には、WiMAX端末翌日に発送されます。

そして、関東圏なら翌日、遠くても3日程度WiMAX端末が手元に届くハズです。
WiMAX端末が手元に届いたら、すぐにインターネットを利用開始出来ます。

WiMAXサービスを利用開始

光回線のように数週間から数ヵ月も待たされる事はなく、すぐに利用開始出来るのがWiMAXサービスの強みと言えるでしょう。

ご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、サービスを移行後に注意しなければならない点があります。
最後に、GMOとくとくBB WiMAX 2+を利用する上で注意しなければならない部分についてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の利用開始までの流れは、通常発送ではなく即日発送を利用するとスムーズ。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の申込み手続きのタイミングが平日の15時30分、もしくは土日祝日の14時までに完了していれば、その日のうちにGMOとくとくBB WiMAX 2+からWiMAX端末が発送される。
  • WiMAX端末が手元に届いたら、すぐにインターネットを利用開始出来る。
  • 光回線のように数週間から数ヵ月も待たされる事はなく、すぐに利用開始出来るのがWiMAXサービスの強み

GMOとくとくBB WiMAX 2+サービスへ移行後の注意点

ご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+キャッシュバックキャンペーンで人気のWiMAX取扱店になります。
ただし、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、キャッシュバックは1円も貰えなくなってしまいます。

キャッシュバックが貰えなくなってしまう

ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのでしたら、キャッシュバック手続きは絶対に忘れないようにしなければなりません。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きに関しては、キャンペーンサイト内の注意事項欄で詳しくご紹介されています。

ですので、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうかと思っている方は、一読しておく事をお勧めします。
その一方で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思える方は、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンをお勧めします。

月額料金が安くなるキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンほどではありませんが、手続き不要確実に安くなると言うメリットは大きいです。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに関しても、キャンペーンサイト内で詳しくご紹介されています。

それぞれの記事を参考にしつつ、あなたにとってベストなWiMAX環境を手に入れて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうキャッシュバックが1円も貰えなくなってしまう。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思える方は、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンがお勧め。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンほどではないものの、手続き不要確実に安くなると言うメリットは大きい。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

WiMAXサービスの移行先、GMOとくとくBB WiMAX 2+じゃないの?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックがいる方だけ読んで下さい

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンは本当にお得なの?

  • GMO WiMAXのキャッシュバックキャンペーンって、どんなサービス?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランの変更で、キャッシュバックは?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+を解約した方は、後ほど再契約出来る?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+は法人契約に対応しているの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。