1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. まさかGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を見た目で選んでない?

まさかGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を見た目で選んでない?

GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
この記事は約 20 分で読めます。 18 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
まさかGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を見た目で選んでない?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末は見た目で選んではいけない!?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約しようとしたんだけど、WiMAX端末が沢山ラインナップされてて迷っちゃう…。
どのWiMAX端末を選べば良いのか分からないし、見た目で選んじゃっても大丈夫かしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末選びの方法について知りたいわ。
これだけWiMAX端末の種類があると、どれが良いのか判断出来ないー。
出来るだけスペックの高いWiMAX端末を使いたいんだけど、どのWiMAX端末を選べば良いの?
通信速度が遅くてイライラさせられてしまうような、そんな状況は避けたいんだよね。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行う際には、いくつかあるWiMAX端末の中から1台を選ばなければなりません。
ここで選んだWiMAX端末でGMOとくとくBB WiMAX 2+の契約期間を過ごさなければなりませんので、適当に選ぶ訳には行きません。

GMOとくとくBB WiMAX 2+との契約期間

また、あなたが選んだWiMAX端末の性能が、あなたのWiMAX環境を大きく左右する事になります。
例えば、下り最大通信速度が440MbpsのWiMAX端末を選ぶと440Mbpsの通信環境になりますし、ハイスピードプラスエリアモードに対応していないWiMAX端末を選ぶとハイスピードプラスエリアモードを利用する事は出来ません。

とは言え、GMOとくとくBB WiMAX 2+では沢山のWiMAX端末がラインナップ中ですから、どのWiMAX端末を選べば良いのか良く分からないと言う方も少なくないです。
そんな中で、見た目だけでWiMAX端末を選び、わざわざ型落ちのWiMAX端末を選ぶと言う勿体ない選び方をする方もいます。

型落ちのWiMAX端末

そう言うWiMAX端末の選び方をしないように、間違いのないWiMAX端末の選び方をご紹介します。
また、この記事が古くなっても通用するテクニックとして、型落ちのWiMAX端末最新のWiMAX端末の見分け方についてもご紹介します。

ぜひ参考にして頂き、あなたのWiMAX環境作りのお役に立てて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行う際には、いくつかあるWiMAX端末の中から1台を選ばなければならない。
  • 契約時にで選んだWiMAX端末で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約期間を過ごさなければならない。
  • あなたが選んだWiMAX端末の性能が、あなたのWiMAX環境を大きく左右する事になる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各WiMAX端末、お勧めは?

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末の機種

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末としては、モバイルルーターとしてHUAWEI製のWシリーズNECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズがあります。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のホームルーターとしては、HUAWEI製のLシリーズがあります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+では同シリーズの新端末型落ちの旧端末が同時に取り扱われている状況だったりします。
そんなWiMAX端末の新しさを調べる方法ですが、型番の数字が大きいほど新端末となります。

Speed Wi-Fi NEXT W04 & Speed Wi-Fi NEXT W05

基本的に、WiMAX端末は新端末の方が性能が高く、より利便性の高いWiMAX環境を手に入れる事が出来るようになっています。
ですから、WiMAX端末を選ぶ際には、同モデル間では最新端末を選ぶようにするのがポイントとなって来ます。

さて、GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAX端末を選ぶ際には、まずモバイルルーターホームルーターかを選ぶ必要があります。
そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルーターホームルーターを選び分ける際のポイントについてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のモバイルルーターとしては、HUAWEI製のWシリーズNECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズがある。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のホームルーターとしては、HUAWEI製のLシリーズがある。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末の新しさを調べる方法としては、型番の数字が大きいほど新端末となる。
  • WiMAX端末は新端末の方が性能が高く、より利便性の高いWiMAX環境を手に入れる事が出来るようになっている。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルーターとホームルーター、どちらを選ぶ?

GMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱っているモバイルルータータイプのWiMAX端末は、バッテリーが内蔵されています。
ですので、外に持ち出してインターネットを楽しむ事が出来る形になっています。

外でインターネットを利用する場合

一方で、GMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱っているホームルーターは、バッテリーを内蔵していません。
ですから、コンセントのある場所でしか利用する事は出来ません。

ホームルータータイプのWiMAX端末を選ぶ

この部分から、どうせなら外でも使えるモバイルルーターの方が良いなと考える方が多いです。
また、今はデスクトップ型のパソコンしか持っていないけれど、いつかはタブレットを購入する事があるかもしれない…そう考える方もモバイルルータータイプのWiMAX端末を選びがちでしょう。

ただし、モバイルルータータイプのWiMAX端末は、バッテリーの消費を抑える為に省エネ設計となっています。
従って、モバイルルーターだと、通信性能に対してセーブを掛ける作りになっているとも言える訳なのです。

バッテリーの消費を抑える作り

一方、ホームルータータイプのWiMAX端末はバッテリー切れの心配がないので、通信パフォーマンスに特化した作りになっています。
ですから、一概にホームルーターよりもモバイルルーターの方が優れているとは言えなかったりするのです。

また、わざわざモバイルルーターを購入していながらも、実際には家にいる間しかインターネットは利用しないと言う方が意外と多かったりします。
特に、誰かと一緒に暮らしている方の場合だと、WiMAX端末を外に持ち出す事で他の人がインターネットを利用出来なくなると言った状況も起きてしまいます。

WiMAX端末を外に持ち出すと…

その為、結局はモバイルルーターホームルーターのように使うと言った勿体ない使用方法になる事も多々あります。
だったら、より通信パフォーマンスに特化したホームルーターを最初から選んでおいた方が、結果的には良かったと言う事になるのではないでしょうか?

ですので、ホームルーターモバイルルーターの選択を適当にせず、しっかりと行うようにしましょう。

WiMAX端末の選択をしっかりと行う

さて、ホームルーターモバイルルーターかの選択が出来たら、いよいよどの機種のWiMAX端末を選ぶのかと言う点について考える流れになって来ます。
と言う事で、引き続きGMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末の機種の選び方について、詳しくご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルータータイプのWiMAX端末はバッテリーが内蔵されているので、外出時でもインターネットを利用出来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のホームルータータイプのWiMAX端末はバッテリーを内蔵しておらずコンセントのある場所でしか利用出来ない。
  • モバイルルータータイプのWiMAX端末バッテリーの消費を抑える為に省エネ設計となっていて、通信性能に対してセーブを掛ける作りになっている。
  • ホームルータータイプのWiMAX端末バッテリー切れの心配がないので、通信パフォーマンスに特化した作りになっている。
  • わざわざモバイルルーターを購入していながらも、実際には家にいる間しかインターネットは利用しないと言う方が意外と多い。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各WiMAX端末を比較

前述したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルーターの中には、HUAWEI製のWシリーズが存在します。
そして、現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)がラインナップ中です。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)

このHUAWEI製のWシリーズですが、スピード特化型のWiMAX端末であると言う事が出来ます。
従って、現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+では、下り通信上り通信が共に最速となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の上り通信

つまり、HUAWEI製のWシリーズを選んだ方であれば、スマートフォンで撮影した画像や動画をインターネット上にアップロードする際に待たされる時間を短くする事が出来るようになります。
動画のアップロードが終わるまでずっとスマートフォンと睨めっこを続ける状況を考えれば、どれだけ快適なのかはお分かり頂けるかと思います。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のモバイルルーターとしては、他にもNECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズが存在します。
そんなNECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズですが、現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の機種としてはSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)が挙げられます。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)

そんなNECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズですが、通信の安定性に優れているWiMAX端末であると言えます。
と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)現時点で唯一ビームフォーミングに対応しているWiMAX端末で、ビームフォーミングに対応したスマートフォンに対して安定したWi-Fi通信を行う事が出来る仕組みとなっているからです。

ただし、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)でビームフォーミング機能を利用する場合には、別売りのクレードルを購入する必要があります。
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+でSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)を選択する場合には、必ずクレードルセットを選ぶようにしましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)クレードルセット

一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+でホームルーターを選ぶ際には、選択肢がHUAWEI製のLシリーズ一択となります。
そして、現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のHUAWEI製のLシリーズは、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)となります。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)

このHUAWEI製のLシリーズは、同時接続特化型のWiMAX端末と言う事が言えます。
と言うのも、HUAWEI製のLシリーズ2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信に対応していいますので、古い機器新しい機器とをそれぞれベストな通信帯域を使ってWi-Fi通信出来る仕組みになっているのです。

2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時利用

また、HUAWEI製のLシリーズWi-Fiで最大40台LANケーブルで最大2台の機器を同時通信出来ると言う特徴も持っています。
ですから、一家に一台どころか、オフィスでの用途にも十分対応出来る同時接続数だと言えるのではないでしょうか?

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の同時接続数

ご紹介しているように、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末の下り最大通信速度は、HUAWEI製のWシリーズが特化しています。
とは言うものの、他のWiMAX端末も実用レベル以上の通信速度が出る状況だったりするのです。

従って、各WiMAX端末の下り最大通信速度に関しては、特に気にする必要などありません
ただし、上り最大通信速度に関しては、実感としても違いがお分かり頂けるかと思います。

上り通信と下り通信

さて、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各WiMAX端末の違いについて、これまで詳しくご紹介して来ました。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+で取り扱っている各WiMAX端末ですが、実は、あなたが申し込むキャンペーンによっても選べるWiMAX端末の機種が左右される事をご存知でしょうか?

と言う事で、今度はGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の各キャンペーンごとに選べるWiMAX端末の機種について、詳しくご紹介します。

  • 現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+では、HUAWEI製のWシリーズとしてSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)がラインナップ中。
  • HUAWEI製のWシリーズスピード特化型のWiMAX端末で、下り通信上り通信が共に現行のWiMAX端末の中でも最速。
  • 現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+では、NECプラットフォームズ株式会社製のWXシリーズとしてSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)がラインナップ中。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)現時点で唯一ビームフォーミングに対応しているWiMAX端末で、ビームフォーミングに対応したスマートフォンに対して安定したWi-Fi通信を行う事が出来る仕組みとなっている。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)でビームフォーミング機能を利用する場合には、別売りのクレードルを購入する必要がある。
  • 現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+では、HUAWEI製のLシリーズとしてSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)がラインナップ中。
  • HUAWEI製のLシリーズ同時接続特化型のWiMAX端末で、2.4GHzのWi-Fiで20台5GHzのWi-Fiで20台LANケーブルで2台の機器を同時通信させる事が出来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各WiMAX端末の下り最大通信速度は異なるものの、どのWiMAX端末にしても実用レベル以上の通信速度は持っている。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の3種類のキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンごとに、選べるWiMAX端末の機種が異なる!?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックキャンペーンが最も有名です。
なぜなら、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではたびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているからです。

高額なキャッシュバックキャンペーン

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用した場合、選ぶWiMAX端末の機種によって貰えるキャッシュバック額が変動する仕組みになっています。
また、WiMAX端末のクレードルを無料で貰えますが、クレードルセットを選ぶキャッシュバック額が減額されてしまいます。

WiMAX端末のクレードル

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約プランを2年プランで申し込んだ方の場合だと、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)を選ぶ事が出来ないようになっています。
その他にも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約プランをLTEオプション無料プラン(3年)で申し込んだ方の場合には、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選ぶ事が出来ないようになっています。

このように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むと、選ぶ契約プランごとにWiMAX端末の選択肢が制限されてしまう形式になっています。
それに対して、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んだ方であれば、選べるWiMAX端末の制限などありません。

どのWiMAX端末でも選べる

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んだ方の場合には、クレードルが別売り扱いとなっています。
ですので、WiMAX端末のクレードルセットを選ぶ方の場合だと、その分だけ初期費用が高くなってしまいます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+では、他に得の極みキャンペーンと言うキャンペーンを実施しています。
このGMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンにはお得コース極みコースがあるのですが、各コースによって選べるWiMAX端末の機種が変わって来ます。

得の極みキャンペーンの2種類のコース

もしも得の極みキャンペーンのお得コースを選んだ場合には、WiMAX端末の機種はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)一択となってしまいます。
それに対し、得の極みキャンペーンの極みコースを選んだ場合だと、WiMAX端末の機種はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の二択になります。

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んだ方の場合には、クレードルが別売り扱いとなっています。
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んでクレードルセットを選んでしまうと、その分だけ初期費用は高くなってしまいます。

初期費用が高くなってしまう

さて、GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の各キャンペーンに対応しているWiMAX端末について、それぞれご紹介して来ました。
ここで気になって来るのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の各キャンペーンの違いについてではないでしょうか?

と言う事で、最後にGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の各キャンペーンの特徴について、一通りご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では、たびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを利用した場合、選ぶWiMAX端末の機種によって貰えるキャッシュバック額が変動する。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンならWiMAX端末のクレードルを無料で貰えるものの、クレードルセットを選ぶキャッシュバック額が減額されてしまう。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで契約プランを2年プランと言う形で申し込んだ方の場合だと、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)を選ぶ事が出来ないようになっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで契約プランをLTEオプション無料プラン(3年)と言う形で申し込んだ方の場合には、WiMAX端末にSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選ぶ事が出来ないようになっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んだ方であれば、選べるWiMAX端末の制限などない。
  • 得の極みキャンペーンのお得コースを選んだ場合には、WiMAX端末の機種はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)一択となってしまう。
  • 得の極みキャンペーンの極みコースを選んだ場合だと、WiMAX端末の機種はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の二択になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン得の極みキャンペーンに申し込んだ方の場合には、クレードルが別売り扱いとなっている。

GMOとくとくBB WiMAX 2+はキャンペーン選びも重要!?

ご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えばキャッシュバックキャンペーンが有名です。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、GMOとくとくBB WiMAX 2+が実施するキャンペーンの中でも圧倒的にお得です。

圧倒的にお得なキャッシュバックキャンペーン

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来ます。
そして、有効期限内でのキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは貰えなくなってしまいます。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンについて詳しく解説している記事の中で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きを忘れない為の一工夫についてご紹介しています。
ですので、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうかと考えている方は、一読しておく事をお勧めします。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きについて知る

その一方で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思えると言う方もいる事でしょう。
そう言う方にお勧めなのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンになります。

月額料金が安くなるキャンペーン

と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込む事で、自動的に月額料金が割り引きされるようになるからです。
つまり、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んでおけば、手続き不要確実に安くGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用出来るようになるのです。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、一番最初の請求額が一番高い仕組みになっています。
なぜなら、端末発送月と1ヵ月目の月額料金に加えて、事務手数料の3,000円が請求される形になっているからです。

最初の請求額が高過ぎる

ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+から最初の請求が来た際に、金額を見て驚くと言う方もいます。
そう言う最初の支払いの際のリスクを抑えたいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンがお勧めです。

なぜなら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んでおけば、端末発送月と1ヵ月目の月額料金が集中的に割り引きされる形になっているからです。
つまり、GMOとくとくBB WiMAX 2+の最初の請求額を、大幅に抑える事が出来るようになると言う訳なのです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の最初の請求額を抑える

ご紹介したGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の3種類のキャンペーンの特徴を考慮しつつ、あなたにとってベストなWiMAX環境を手に入れて下さい。
WiMAX端末選びGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン選びに関しても、あなたの納得の行く契約が出来る事を応援しています。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、GMOとくとくBB WiMAX 2+が実施するキャンペーンの中でも圧倒的にお得
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んでおけば、手続き不要確実に安くGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用出来るようになる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では、一番最初の請求額が一番高い仕組みになっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んでおけば、端末発送月と1ヵ月目の月額料金が集中的に割り引きされる形になっている。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

まさかGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を見た目で選んでない?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. @nifty WiMAX
    比較的早い段階で高額なキャッシュバックを貰える点が特徴的な@nifty WiMAX
    早い段階でキャッシュバック手続きを行う事が出来るので、他のWiMAX取扱店と比較してキャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは低くなっている。

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、新幹線内では通信出来るの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、何日後に利用開始出来るの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信スピードって、速いの?遅いの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、一年契約には対応しているの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックのメールがまだ来ていない

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約をする前にお試しする事は可能!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。