1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+からのWiMAX端末は受け取り拒否出来る?

GMOとくとくBB WiMAX 2+からのWiMAX端末は受け取り拒否出来る?

GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
この記事は約 10 分で読めます。 12 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+からのWiMAX端末は受け取り拒否出来る?

GMOとくとくBB WiMAX 2+から送られて来たWiMAX端末、受け取り拒否は出来る?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約はしたんだけど、やっぱりキャンセルしたいなぁって思って。
GMOとくとくBB WiMAX 2+から送られて来るWiMAX端末受け取り拒否しようかしら。
GMOとくとくBB WiMAX 2+をキャンセルしたい場合って、どう言う手続き方法があるのかしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+をキャンセルする場合に、負担すべき部分とか知りたいわ。
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証を利用する場合って、送料は自己負担になるよね?
じゃあさ、GMOとくとくBB WiMAX 2+から送られて来た荷物を受け取り拒否すれば、送料は発生しなくなるのかな?

GMOとくとくBBのよくある質問のページにもありますが、GMOとくとくBB WiMAX 2+への申込み手続き後のキャンセル手続きは出来ない形となっています。
ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+から送られて来たWiMAX端末を受け取り拒否する事は出来ません。

荷物が届く

GMOとくとくBB WiMAX 2+への申し込み後は解約と言う形になりますので、WiMAX端末を受け取ってから解約手続きを行う流れになります。
ここで気になって来るのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の解約手続きの方法についてでしょう。

と言う事で、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来る3種類の解約手続きの方法についてご紹介します。
解約手続きの方法によって、あなたが負担すべき金額は変わって来ます。

解約手続きに伴う料金の支払い

ですので、少しでも負担の少ない方法を選んで、GMOとくとくBB WiMAX 2+の解約手続きを行うようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+から送られて来たWiMAX端末を、受け取り拒否する事は出来ない。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+への申し込み後は、WiMAX端末を受け取ってから解約手続きを行う流れになる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来る解約手続きの方法は3種類あり、それぞれあなたが負担すべき金額が変わって来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来る3種類の解約手続きの方法

GMOとくとくBB WiMAX 2+の初期契約解除制度を利用する

GMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来る解約手続きの方法ですが、一番負担の少ない方法が初期契約解除制度になります。
この初期契約解除制度とは、総務省からの指示で全WiMAX取扱店に導入されている、クーリングオフに似た制度の事を差します。

クーリングオフ制度に似た制度

具体的には、書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでであれば、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除出来る制度になります。
この初期契約解除制度を利用するには、送られて来た荷物と一緒にサービスを解約する旨の文書をGMOとくとくBB WiMAX 2+へと送る必要があります。

荷物の送り先ですが、以下の住所宛てで送って下さい。

WiMAX端末の返却先
〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
GMOとくとくBBお客さまセンター 宛

ちなみに、初期契約解除制度を利用したとしても、WiMAX端末発送月を含めた日数分で日割り計算された月額料金と、3,000円の事務手数料は発生します。
ですが、その他の料金は免除となります。

初期契約解除制度

ただし、届いた荷物を返却しなかった場合には、20,000円のWiMAX端末代3,000円のSIM損害金が発生してしまいます。
ですので、荷物はしっかりと返却するようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来る解約手続きの方法の中でも、一番負担の少ない方法が初期契約解除制度になる。
  • 初期契約解除制度とは、総務省からの指示で全WiMAX取扱店に導入されている、クーリングオフに似た制度の事。
  • 初期契約解除制度を利用する事で、書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでであれば、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除出来る
  • 初期契約解除制度を利用するには、送られて来た荷物と一緒にサービスを解約する旨の文書をGMOとくとくBB WiMAX 2+へと送る必要がある。
  • 初期契約解除制度を利用したとしても、WiMAX端末発送月を含めた日数分で日割り計算された月額料金3,000円の事務手数料は発生する。
  • 届いた荷物を返却しなかった場合には、20,000円のWiMAX端末代3,000円のSIM損害金が発生してしまう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度を利用する

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーであれば、キャンセル保証制度を利用する事も出来ます。
このキャンセル保証制度とは、初期契約解除制度が導入される前から存在していたGMOとくとくBB WiMAX 2+オリジナルの制度になります。

安心のキャンセル保証制度

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度ですが、申し込み手続きから20日以内であれば解約違約金WiMAX端末代を支払わずにGMOとくとくBB WiMAX 2+を解約する事が出来る制度となっています。
ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度を利用する際には、前提条件としてピンポイントエリア判定の結果が○でなければなりません。

ですから、元々WiMAXサービスのエリア圏外の方が、ダメ元でキャンセル保証制度を目当てにGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する事は出来ません。
ここで気になるピンポイントエリア判定の結果ですが、以下から調べる事が出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度を利用する場合、まずはGMOとくとくBB お客さまセンターへ電話を入れる必要があります。
そんなGMOとくとくBB お客さまセンターの電話番号は、以下の通りです。

GMOとくとくBB お客さまセンターの電話番号
0570-045-109

ちなみに、GMOとくとくBB お客さまセンターの電話対応時間は、平日の10時から19時までとなっています。
月曜日10時から12時までの間、そして、16時から18時までの間は混み合いますから、それ以外の時間帯で電話を掛けるようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度とは、初期契約解除制度が導入される前から存在していたGMOとくとくBB WiMAX 2+オリジナルの制度になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度は、申し込み手続きから20日以内であれば解約違約金WiMAX端末代を支払わずにGMOとくとくBB WiMAX 2+を解約する事が出来る制度となっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度を利用する際には、前提条件としてピンポイントエリア判定の結果が○でなければならない。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンセル保証制度を利用する場合、まずはGMOとくとくBB お客さまセンターへ電話を入れる必要がある。
  • GMOとくとくBB お客さまセンターの電話対応時間は、平日の10時から19時までとなっている。
  • GMOとくとくBB お客さまセンター月曜日10時から12時までの間、そして、16時から18時までの間は混み合う。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で通常の解約手続きを行う

ご紹介したGMOとくとくBB WiMAX 2+の初期契約解除制度キャンセル保証制度を利用しない場合中途解約と言う形でGMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスを解約する形となります。
そうなると、申し込んだキャンペーン利用期間に応じた金額の契約違約金を支払って、GMOとくとくBB WiMAX 2+を解約する形になってしまいます。

解約違約金を支払ってサービスの解約を行う

ちなみに、現在のGMOとくとくBB WiMAX 2+で言えば、キャッシュバックキャンペーン月額割引キャンペーン得の極みキャンペーンの3種類のキャンペーンが存在します。
そして、各キャンペーンの解約違約金は、以下の通りになります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の解約違約金
ご利用期間 キャッシュバックキャンペーン 月額割引キャンペーン 得の極みキャンペーン
端末発送月 24,800円 19,000円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目~ 9,500円

これだけの解約違約金を支払っての解約手続きとなってしまいますので、出来ればGMOとくとくBB WiMAX 2+の中途解約は避けたいものです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の中途解約は避ける

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+の会員サイトであるBBnaviからは、中途解約の手続きが出来ません。
ですので、GMOとくとくBB お客さまセンターへ電話を入れる形で、解約手続きを行いましょう。

そんなGMOとくとくBB お客さまセンターの電話番号は、以下の通りです。

GMOとくとくBB お客さまセンターの電話番号
0570-045-109

ちなみに、GMOとくとくBB お客さまセンターの電話対応時間は、平日の10時から19時までとなっています。
月曜日10時から12時までの間、そして、16時から18時までの間は混み合いますから、それ以外の時間帯で電話を掛けるようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の初期契約解除制度キャンセル保証制度を利用しない場合中途解約と言う形でGMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスを解約する形となる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のサービスを中途解約する場合、申し込んだキャンペーン利用期間に応じた金額の契約違約金を支払ってGMOとくとくBB WiMAX 2+を解約する形になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の会員サイトであるBBnaviからは中途解約の手続きが出来ずGMOとくとくBB お客さまセンターへ電話を入れる形解約手続きを行う。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+からのWiMAX端末は受け取り拒否出来る?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めインターネットランキング

インターネット環境を見直す

  1. UQ WiMAX
    UQ WiMAX WiMAXサービスの提供元であるUQコミュニケーションズが運営しているWiMAXサービス
    金銭的メリットはそこまででもないが、サポート対応で選ぶならトップレベル。
    安心感を求める方にお勧めしたい、間違いのないWiMAX取扱店

    詳細ページキャンペーンサイト


  2. GMOとくとくBB WiMAX 2+
    GMOとくとくBB WiMAX 2+頻繁に業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店。
    金銭的メリットだけではなく、12ヵ月無料のセキュリティソフト(マカフィー マルチアクセス)や20日以内のキャンセル保証WiMAX端末の即日発送などと言った充実したサービスも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト


  3. 株式会社NEXTのSoftBank Airキャンペーン
    株式会社NEXT短時間での大容量通信を行わなければ速度制限はないとされている、SoftBank Airの取扱店。
    ほぼ確実に貰えるキャッシュバックキャンペーンも利用出来る。

    詳細ページキャンペーンサイト



スマートフォンとのセット割引きを活用する

快適なインターネット環境が整ったら、今度はスマートフォンの契約先を乗り換えましょう。
月額料金の安いスマートフォンに乗り換えれば、あなたの通信費を大幅に節約する事が出来るようになります。

その際にお勧めなのがUQ mobileです。
スマホ代が安くなるのは勿論の事、UQ mobileポータルアプリを活用して好きなだけSNSを楽しむ事が出来るようになります。
また、5分以内の通話なら、何度でも無料になります。



ただし、インターネット環境にPocket WiFiサービスSoftBank Airを選んだ方は、Y!mobileのスマートフォンの方がお勧めとなります。
と言うのも、おうち割と言うセット割引きを利用する事が出来るからです。

通信費を出来るだけ安く抑えて、家計のやり繰りを楽にしましょう。


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンに対する評判は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックに関するお問い合わせ方法

  • 契約前に確認!GMOとくとくBB WiMAX 2+の評判はどうなの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックのメールがまだ来ない

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って何?

  • 価格.com経由のGMOとくとくBB WiMAX 2+はキャッシュバックがお得に?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。