1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器はどれを選べば良いの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器はどれを選べば良いの?

 2018/03/12 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  54 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器はどれを選べば良いの?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器って、どれが良いのだろう?

GMOとくとくBB WiMAX 2+に申し込もうとしたんだけど、色々な種類の通信機器の中から一台を選べって言われちゃって…。
別にWiMAXについて詳しい訳じゃないからさ、通信機器の写真を並べられても選べないわよ。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際に選ばないといけない通信機器だけどさ、どの通信機器もそんなに大きな違いはないのかしら?
単純に、見た目で気に入った通信機器を選べば良いのかしらね?
GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の通信機器ってさ、それぞれ何が違うのかな?
契約期間中ずっと使う通信機器だからさ、しっかり選びたいなぁって思うんだよね。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、ラインナップ中の通信機器の中から一台を選ぶ形になります。
ただ、様々な種類の通信機器がラインナップしていますので、なかなか自分では選べないと言う方もいます。

ラインナップ中のWiMAX端末

中には、よく分からないから通信機器の見た目や色で選ぶと言う方もいる位です。
ただ、ここで選んだ通信機器のスペックが、あなたの2年間のインターネット環境を左右する事になる訳です。

そして、あまり良くない通信機器を選んでしまうと、同じ月額料金を支払っている人よりも良くないインターネット環境が手に入る事になってしまいます。
だからこそ、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各通信機器の特徴を把握して、間違いのない選択をしたいものです。

各通信機器の特徴を把握する

よりスペックの高い通信機器を選ぶ事が出来れば、それだけ快適なインターネット環境が手に入ります。
それでいて月額料金が高くなる訳ではありませんので、通信機器選びだけは間違えないようにしたいものです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器について気になっているあなたは、非常に良い着眼点をお持ちの方であるに違いありません。
そんなあなただからこそ、よりスペックの高い通信機器を利用する重要性に対する理解は大きいかと思います。

よりスペックの高い通信機器を選ぶ

そして、そんなあなたにおめでとうございますと言いたいです。
と言うのも、この記事ではあなたにぴったりの高スペックな通信機器をご紹介しています。

ぜひ、この記事を最後までご覧頂き、あなたにぴったりの一台を見付けてみて下さい。
そして、より良い通信機器を選んで、快適なWiMAX環境を手に入れて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、ラインナップ中の通信機器の中から一台を選ぶ形になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+では様々な種類の通信機器がラインナップしているので、なかなか自分では選べないと言う方もいる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際に選んだ通信機器のスペックが、あなたの2年間のインターネット環境を左右する事になる。
  • あまり良くない通信機器を選んでしまうと、同じ月額料金を支払っている人よりも良くないインターネット環境が手に入る事になってしまう。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の各通信機器の特徴を把握して、間違いのない選択をしたいもの。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のモバイルルーター

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWシリーズ

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の通信機器は、モバイルルーターホームルーターとに分ける事が出来ます。
モバイルルーターバッテリーを内蔵していて、常にインターネット環境を持ち歩く事が出来るようになります。

インターネット環境を持ち歩く

つまり、外でも使用出来ると言うのが、モバイルルータータイプの通信機器の特徴と言えるでしょう。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のモバイルルータータイプの通信機器の1つに、Wシリーズがあります。

Wシリーズの通信機器としてはSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)がラインナップ中なのですが、実はSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の後継機に該当します。
ですから、より高スペックで多機能な通信機器と考えるのであれば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選べば間違いありません。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWシリーズHUAWEIの製造する通信機器で、ハイスピードプラスエリアモードを利用時の通信速度が速いと言う特徴を持っています。
つまり、より高速通信を行いたいと思う方であれば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)があなたの選択肢になります。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の通信機器は、モバイルルーターホームルーターとに分ける事が出来る。
  • モバイルルーターバッテリーを内蔵していて、常にインターネット環境を持ち歩く事が出来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+モバイルルータータイプの通信機器の1つにWシリーズがありSpeed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)がラインナップ中。
  • Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)の後継機なので、より高スペックで多機能な通信機器をと考えるのであればSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選べば間違いない。
  • WシリーズHUAWEIの製造する通信機器で、ハイスピードプラスエリアモードを利用時の通信速度が速いと言う特徴を持っている。
  • より高速通信を行いたいと思う方であれば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)があなたの選択肢になる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWXシリーズ

GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルーターの中には、WXシリーズの通信機器もラインナップ中です。
そんなWXシリーズの通信機器としては、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)が挙げられます。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)とSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)

そして、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の後継機に該当する通信機器になります。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の方がより高スペックで多機能な通信機器になります。

そんなWXシリーズの通信機器は、NECプラットフォームズ株式会社が製造する安心の日本製の通信機器になります。
ですので、国産の通信機器の方が安心出来ると言う方であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)があなたの選択肢になります。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の機能的な特徴で言うと、クレードルにセットした際にビームフォーミングを利用出来るようになります。
このビームフォーミング対象物に対して集中的にWi-Fiを照射する通信技術の事で、結果的に通信速度の向上が望めます。

ちなみに、この機能はWシリーズのSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)には搭載されていません。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のモバイルルーターの中には、WXシリーズの通信機器もラインナップ中。
  • WXシリーズの通信機器としては、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)が挙げられる。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の後継機に該当する通信機器なので、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)の方がより高スペックで多機能な通信機器になる。
  • WXシリーズの通信機器は、NECプラットフォームズ株式会社が製造する安心の日本製の通信機器になる。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)クレードルにセットすると、ビームフォーミングを利用出来るようになる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のホームルーター

前述しましたが、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の通信機器には、モバイルルーターホームルーターとがあります。
ホームルータータイプの通信機器の場合には、コンセントのある場所でしか利用出来ません。

ホームルータータイプの通信機器はコンセントが必要

とは言っても、コンセントのある場所でしたら、どの建物からでも利用出来ると言うメリットがあります。
また、回線工事が不要であると言う点が、固定回線とは大きく違います。

そんなホームルータータイプの通信機器ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)がラインナップ中です。
このSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は、同時接続数が42台にも及ぶ点が最大の特徴と言えます。

Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の同時接続数

また、2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時使用にも対応していますので、5GHzのWi-Fiに非対応の古い機器最新の機器とを同時にWi-Fi接続出来ると言う特徴も持っています。

2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時利用

この部分に関しては、モバイルルータータイプの通信機器は非対応となっています。

2.4GHzのWi-Fiを利用

また、モバイルルータータイプの通信機器の最大接続数は11台までですので、そう言う点ではホームルータータイプの通信機器の方がパワフルであると言えるでしょう。
こう言った点を考慮しつつ、ホームルータータイプの通信機器を選択するのかどうかの検討を行うようにしましょう。

  • ホームルータータイプの通信機器の場合には、コンセントのある場所でしか利用出来ない。
  • コンセントのある場所ならどの建物からでも利用出来て回線工事が不要であると言う点が、固定回線とは大きく異なる。
  • ホームルータータイプの通信機器は、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)がラインナップ中。
  • Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)同時接続数が42台にも及ぶ点が最大の特徴で、2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時使用にも対応している。
  • モバイルルータータイプの通信機器最大接続数は11台まで

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンを利用する際の注意点

これまで、GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中の通信機器についてご紹介して来ました。
ご紹介して来た内容を考慮すれば、通信機器選びでミスをする事はなくなるかと思います。

WiMAXの通信機器選び

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+を利用する上で、もう1点注意しておかねばならない点があります。
それは何かと言うと、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン選びの部分になります。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、高額なキャッシュバックキャンペーンが有名です。
ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来るのです。

指定されている期間内でのキャッシュバック手続き

このキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう方が実際にいるのです。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのであれば、キャッシュバック手続きを忘れないようにすると言う点が前提条件となって来ます。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンについて詳しく解説しているページの中で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きを忘れない為の一工夫についてご紹介しています。
ですから、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうかと考えている方は、必ず一読しておく事をお勧めします。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きを行う

その一方で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒だと思う方であれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込むのをお勧めします。
月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンには及ばないものの、手続きが不要確実に安くなると言うメリットは大きいです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中のそれぞれのキャンペーンのメリットを考慮しつつ、あなたにベストなキャンペーンを活用するようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、高額なキャッシュバックキャンペーンが有名。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来る。
  • キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう方が実際にいる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのであれば、キャッシュバック手続きを忘れないようにすると言う点が前提条件。
  • 月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンには及ばないものの、手続きが不要確実に安くなると言うメリットは大きい。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+の通信機器はどれを選べば良いの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の事務手数料について、色々と知りたい!

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの通信エリア

  • こんな簡単な事でWiMAXを数万円も節約出来るなんてっ!

  • 賢い人は皆申込むGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーン

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金確認の方法って、どうやるんだっけ?

  • WiMAXサービスの中でも特に人気のあるGMOとくとくBB WiMAX 2+とは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。