1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って何?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って何?

 2018/04/27 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  61 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って何?

GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年プランとLTEオプション無料プラン(3年)

GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年プランとLTEオプション無料プラン(3年)のどっちに申し込む?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際に、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)のどちらかを選ばないといけないのね。
それぞれのキャンペーンの違いについて、詳しく知りたいわ。
インターネット上でGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込んでも特にメリットはないって書かれている記事を読んだんだけど、本当にそうなのかしら?
じゃあ、契約期間が延びる分、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は損をするって事になるわよね?
GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って、どんな特徴を持った料金プランになるのかな?
メリットデメリットの両方が知りたいんだよね。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)の2択から選ぶ形になります。
そこで気になって来るのが、それぞれの契約プランの違いです。

各契約プランの違いは?

ここで契約プラン選びを間違ってしまうと、その契約プランで契約更新月までずっとGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用し続けなくてはならない形となってしまいます。
だからこそ、GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する前に、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)についてしっかりと把握しておく必要があるのです。

そんなあなたに、おめでとうと申し上げたいです。
と言うのも、この記事を最後までご覧頂く事で、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)それぞれの特徴をしっかりと把握する事が出来るようになるからです。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年プランとLTEオプション無料プラン(3年)について把握する

LTEオプション無料プラン(3年)プランには何のメリットもないと言う情報を発信しているサイトもいくつか存在しますが、そんな事は全くありません
GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)のメリットとデメリットの両方をしっかりと把握した上で、あなたにぴったり合った契約プランをお選び下さい。

そして、この記事があなたの契約プラン選びに大いに役立つ事をここでお約束します。
ですから、ぜひ最後までご覧下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、2年プランLTEオプション無料プラン(3年)の2択から選ぶ形になる。
  • 契約プラン選びを間違ってしまうと、その契約プランで契約更新月までずっとGMOとくとくBB WiMAX 2+を利用し続けなくてはならない形となってしまう。
  • LTEオプション無料プラン(3年)プランには何のメリットもないと言う情報を発信しているサイトもあるものの、事実ではない。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)とは?

従来のGMOとくとくBB WiMAX 2+の契約プランは、2年プランスマホ割プラン(2年)スマホ割(4年)プランの3択しかありませんでした。
つまり、選べる契約期間は2年契約4年契約しかなかった訳です。

選べる契約期間は2種類

そこに、新たに加わったのがLTEオプション無料プラン(3年)スマホ割プラン(3年)です。
ですから、選べる契約期間に3年契約が加わった形となる訳です。

つまり、LTEオプション無料プラン(3年)の特徴としては、契約期間が3年縛りの料金プランである事が挙げられます。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込むメリットについて、引き続きご紹介します。

  • 従来のGMOとくとくBB WiMAX 2+の契約プランは、選べる契約期間が2年契約4年契約しかなかった。
  • LTEオプション無料プラン(3年)の特徴としては、契約期間が3年縛りの料金プランである事が挙げられる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込むメリット

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って必要なの?

ご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は3年契約の契約プランになります。
従って、従来の2年プランよりも契約期間の縛りが1年間延びてしまう契約プランになる訳です。

契約期間が1年間延びてしまう

そこで思うのが、わざわざ契約期間の縛りが長くなる契約プランに申し込むメリットなんてあるのかと言う点でしょう。
と言うのも、契約期間の縛りが長くなってしまうと、それだけGMOとくとくBB WiMAX 2+を解約出来るタイミングは遅くなってしまうからです。

ですから、それ相応のメリットがなければ、わざわざGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込む方など皆無でしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は契約期間が長い

実は、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込む事で、メリットとなる部分もあるのです。
それは、契約プランの名前にもある通り、LTEオプション料金が無料になると言う部分になります。

さて、ここで1つの疑問が湧いて来る事でしょう。
と言う事で、続いてはLTEオプション料金についてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)は、従来の2年プランよりも契約期間の縛りが1年間延びてしまう契約プラン。
  • 契約期間の縛りが長くなってしまうと、それだけGMOとくとくBB WiMAX 2+を解約出来るタイミングは遅くなってしまう。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込む事で、LTEオプション料金が無料になる。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)で無料になるLTEオプション料金って何?

LTEオプション料金とは、WiMAX端末でハイスピードプラスエリアモードを利用した際に発生する月額1,005円のオプション料金の事を指します。

通信モード設定

このハイスピードプラスエリアモードについてですが、標準のハイスピードモードで利用するWiMAX 2+通信に加えて、au 4G LTE通信も同時に利用する通信モードとなります。
そして、同時利用する通信回線が増える事で、通信速度が速くなると言う特徴を持っています。

しかも、au 4G LTE回線人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応しています。
ですので、標準のハイスピードモードでは圏外表示されてしまうようなエリアであっても、インターネットを利用出来るケースが多々出て来るのです。

WiMAXサービスで利用出来る通信

ただし、au 4G LTE通信WiMAXの通信回線ではなく、auの通信回線になります。
ですから、auの通信回線を利用する分だけ、追加で利用料金を支払わされる形になっているのです。

そして、この料金がLTEオプション料金であると言う訳なのです。
そんなLTEオプション料金を支払わなくても良くなるのが、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込むメリットとなります。

LTEオプション料金を支払わなくても良くなる

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)ですが、ハイスピードプラスエリアモードの料金が無料になるからと言って気ままに利用出来ると言う訳ではありません。
と言う事で、引き続きGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方が、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際に注意しなければならない部分についてご紹介します。

  • LTEオプション料金とは、WiMAX端末でハイスピードプラスエリアモードを利用した際に発生する月額1,005円のオプション料金の事。
  • ハイスピードプラスエリアモードは、標準のハイスピードモードで利用するWiMAX 2+通信に加えてau 4G LTE通信も同時に利用する通信モードの事で、通信速度が速くなると言う特徴を持っている。
  • au 4G LTE回線人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応しているので、ハイスピードモードでは圏外表示されてしまうようなエリアであってもインターネットを利用出来る。
  • au 4G LTE通信auの通信回線を利用するので、追加でLTEオプション料金が発生する。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に申し込む際の注意点

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)に対する7GBの速度制限は?

ご紹介しているように、ハイスピードプラスエリアモードauの通信回線を利用します。
ですので、適用される速度制限は厳しくなります。

適用される速度制限が厳しくなる

標準のハイスピードモードであれば、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込む事で月間のデータ利用量による速度制限は免除となります。
つまり、7GBの通信量を超える形で通信を行う事が可能となる訳です。

一方、ハイスピードプラスエリアモードの場合だと、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んだ方であっても月に7GBまでしか通信する事は出来ません。
しかも、ハイスピードプラスエリアモードに対して月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまうと、標準のハイスピードモードに対しても月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまう通信量
通信モード GMOとくとくBB WiMAX 2+ ライトプラン GMOとくとくBB ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

これは、2年プランに申し込もうがLTEオプション無料プラン(3年)に申し込もうが、条件は変わりません。
ですから、LTEオプション無料プラン(3年)であればLTEオプション料金は無料になるものの、ハイスピードプラスエリアモードでの通信のし過ぎには注意しなければなりません。

LTEオプション無料プラン(3年)であってもハイスピードプラスエリアモードの通信量には注意が必要

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)ですが、実は各キャンペーン特典の内容にも影響を与える形となっています。
と言う事で、今度はGMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)が各キャンペーン特典に与える影響についてご紹介します。

  • ハイスピードプラスエリアモードauの通信回線を利用するので、適用される速度制限が厳しくなる。
  • 標準のハイスピードモードであれば、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込む事で月間のデータ利用量による速度制限は免除となる。
  • ハイスピードプラスエリアモードの場合だと、GMOとくとくBB ギガ放題プランに申し込んだ方であっても月に7GBまでしか通信する事は出来ない。
  • ハイスピードプラスエリアモードに対して月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまうと、標準のハイスピードモードに対しても月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまう。
  • LTEオプション無料プラン(3年)であればLTEオプション料金は無料になるものの、ハイスピードプラスエリアモードでの通信のし過ぎには注意しなければならない。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施されている各キャンペーンごとのLTEオプション無料プラン(3年)の違いは?

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックキャンペーンが有名です。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選んだ場合貰えるキャッシュバック額選択出来るWiMAX端末の機種が変わって来ます。

キャッシュバック額に影響する

ちなみに、2年プランよりもLTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方のほうが、貰えるキャッシュバック額は高額になります

では、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選択した場合はどうなるのでしょうか?
この場合、2年プランを選んだ方よりも月額料金の割引き額が多くなるような仕組みになっています。
最後に、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選択した場合キャンペーン特典への影響ですが、実はキャンペーン特典の内容に変化はありません。
ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに限っては、2年プランだろうがLTEオプション無料プラン(3年)だろうが変わりません。
ご紹介して来た内容を参考に、2年プランに申し込むのかLTEオプション無料プラン(3年)に申し込むのか検討してみて下さい。
そして、あなたにとってベストなWiMAX環境を手に入れて下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選んだ場合貰えるキャッシュバック額選択出来るWiMAX端末の機種が変わって来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選択した場合2年プランを選んだ方よりも月額料金の割引き額が多くなる
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込む方がLTEオプション無料プラン(3年)を選択した場合キャンペーン特典の内容に変化などない。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション無料プラン(3年)って何?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 引っ越しの際、GMOとくとくBB WiMAX 2+の住所変更の手続きって必要?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAX通信を利用する事は出来ないの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の期限切れのキャッシュバックはもう無理?!

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+なら料金が安くなるって本当!?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+へ申し込みを行う前に、知っておけば…

  • WiMAXサービスの中でも特に人気のあるGMOとくとくBB WiMAX 2+とは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。