1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+とiPadのベストな組み合わせ方法とは?

GMOとくとくBB WiMAX 2+とiPadのベストな組み合わせ方法とは?

 2018/05/31 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
この記事は約 13 分で読めます。 30 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+とiPadのベストな組み合わせ方法とは?

iPadとWiMAXサービスを組み合わせて利用する事は可能?

WiMAXサービスと組み合わせる際のiPadのモデルは?

WiMAXサービスiPadを組み合わせて使いたいなぁと思っているんだけど、問題なく通信出来るのかしら?
実際にWiMAXサービスと契約してみてiPadと通信出来なかったら、本当に困るわ…。
WiMAX取扱店って色々存在するけど、iPadとのセットキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店はないのかしら?
どうせなら、まとめてお得に購入したいのよね。
iPadを購入しようとしたんだけど、色々なモデルのiPadがあって迷うんだよね。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と組み合わせる用途の場合って、iPadはどのモデルを購入すれば良いのかな?

WiMAXサービスiPadを組み合わせて利用する事は出来ます。
実際に私もiPad miniWiMAXサービスを組み合わせて何年も利用していますし、持ち運びのしやすさにありがたみを感じています。

iPad miniとWiMAXサービス

そんなWiMAXサービスと組み合わせるiPadですが、iPad選びの際に注意したい部分があります。
ここを間違ってしまうと、15,000円も無駄にお金を使ってしまう事になりますので、くれぐれも気を付けて頂きたい部分になります。

まず、iPad、iPad mini、iPad Proと言うiPadの機種や、32GB、64GB、128GB、512GBなどと言ったiPadの容量は気にしなくても大丈夫です。
あなたの用途に合わせて、好みのiPadの種類を選びましょう。

iPad選び

ただし、間違ってはいけないのがWiMAXサービスと組み合わせる際のiPadのモデルです。
iPadにはWi-FiモデルWi-Fi + Cellularモデルとがあり、それぞれ販売価格が15,000円も違って来るのです。

Wi-Fi + Cellularモデルとは、ドコモ、au、Softbank各社のSIMカードを挿入出来る構造となっていて、携帯電話の通信網を使ってインターネットを利用する事が出来るモデルとなっています。
ですから、Wi-Fi + Cellularモデルを選ぶ場合には、そもそもWiMAXサービスの契約は不要となります。

SIMカード

そして、Wi-Fi + CellularモデルのiPadを利用する際には、ドコモ、au、Softbankのいずれか格安SIM販売店の中から、自分の通信量に合ったSIMカードの契約を行う形になります。
ですから、Wi-Fi + Cellularモデルを選ぶ場合には、あまりインターネットを利用しないライトユーザーであれば月額料金を安く抑える事が出来る可能性も出て来ます。

ただし、契約したSIMカードはiPadをインターネット接続する事しか出来ず、パソコンやスマートフォンなどをインターネット接続する事は出来ません。
また、Wi-Fi + CellularモデルのiPad本体価格が15,000円も高くなりますので、ほとんどの方は出費が高くなってしまいます

出費が高くなってしまう

それに対し、Wi-FiモデルのiPadにはSIMカードの挿入口がありませんので、Wi-Fi環境は必須となります。
その代りに、Wi-FiモデルのiPadであれば、Wi-Fi + CellularモデルのiPadよりも本体価格が15,000円も安上がりです。

また、WiMAXサービスWi-FiモデルのiPadを組み合わせて利用している方であれば、お手元のパソコンやスマートフォンもWiMAXサービスを通して通信する事が出来ます。
このように、WiMAXサービスWi-FiモデルのiPadを組み合わせて利用する方が、Wi-Fi + CellularモデルのiPadを単体で利用するよりも利便性が高いのです。

WiMAXサービスを利用した方が利便性は高い

ご紹介したように、WiMAXサービスと組み合わせる用途であれば、Wi-FiモデルのiPadを選ぶ方がお勧めとなります。
そして、わざわざ販売価格の高いWi-Fi + CellularモデルのiPadを購入し、SIMカードの契約まで行う利点はどこにもありません。

Wi-Fi + CellularモデルのiPadを購入してSIMカードの契約まで行う場合、WiMAXサービスSIMカードの月額料金が発生してしまいます
これでは二重に通信費を支払う事となり、コストパフォーマンスとしては最悪です。

通信費の二重払い

そう言う無駄な出費をしない為にも、iPadのモデル選びはしっかりと行うようにしましょう。

さて、WiMAXサービスにぴったりなiPadの選び方についてご紹介した訳ですが、引き続きiPadWiMAXサービスを利用する際の接続方法についてご紹介します。

  • WiMAXサービスiPadを組み合わせて利用する事は出来る。
  • WiMAXサービスと組み合わせるiPadの機種や容量に関しては、自分の用途に合わせて選んでも問題ない。
  • iPadにはWi-FiモデルWi-Fi + Cellularモデルとがあり、それぞれ販売価格が15,000円も違って来る。
  • Wi-Fi + CellularモデルのiPadを利用する際には、ドコモ、au、Softbankのいずれか格安SIM販売店の中から、自分の通信量に合ったSIMカードの契約を行う形になる。
  • Wi-Fi + Cellularモデルを選ぶ場合には、あまりインターネットを利用しないライトユーザーであれば月額料金を安く抑える事が出来る可能性も出て来る。
  • Wi-Fi + CellularモデルのiPad本体価格が15,000円も高くなるので、ほとんどの方は出費が高くなってしまう
  • Wi-FiモデルのiPadにはSIMカードの挿入口がないので、Wi-Fi環境は必須となる。
  • WiMAXサービスWi-FiモデルのiPadを組み合わせて利用している方であれば、お手元のパソコンやスマートフォンもWiMAXサービスを通して通信する事が出来る。
  • Wi-Fi + CellularモデルのiPadを購入してSIMカードの契約まで行う場合、WiMAXサービスSIMカードの月額料金が発生してしまう。

iPadをWiMAXサービスへと接続させる方法

iPadWiMAXサービスを組み合わせて利用する場合、iPad側で設定を行う必要があります。
ですが、iPad側でWiMAXサービスとの接続設定を行う前に、まずはWiMAX端末を操作してSSID情報の画面から名前パスワードを表示させておいて下さい。

SSIDの名前とパスワード

続いて、iPadの設定アプリから、Wi-Fiをタップして下さい。
そうしたら、該当するWiMAX端末のSSIDを探して、パスワードを入力するだけです。

このWi-Fi設定を一度行っておくと、次からは自動でWiMAX端末とiPadとを通信させる事が出来るようになります。

非常に簡単ですよね?

ご紹介しているiPadですが、WiMAX取扱店の中にはiPadとのセット割り引きキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店も存在します。
と言う事で、続いてはiPadとのセット割り引きキャンペーンを実施するWiMAX取扱店についてご紹介します。

  • iPad側でWiMAXサービスとの接続設定を行う前に、まずはWiMAX端末を操作してSSID情報の画面から名前パスワードを表示させておく。
  • iPadの設定アプリを操作して、該当するWiMAX端末のSSIDを探してパスワードを入力する。
  • Wi-Fi設定を一度行っておくと、次からは自動でWiMAX端末とiPadとを通信させる事が出来るようになる。

WiMAXサービスとiPadのセットキャンペーンを利用する

家電量販店のセット割引キャンペーンを利用する

WiMAXサービスを利用する上で、iPadの無料プレゼントキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店は存在しないのか気になる方もいる事でしょう。
ですが、残念ながらiPadの無料プレゼントキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店は存在しません。

iPadの無料プレゼントキャンペーンを実施するWiMAX取扱店は存在しない

と言うのも、iPadの販売価格を考えると、WiMAXサービスのキャンペーンで補える価格帯ではないからです。

この記事を書いている現時点で、一番安いiPadの販売価格が37,800円です。
ですが、これだけの金銭的メリットがあるキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店は、GMOとくとくBB WiMAX 2+位しか存在しません。

キャンペーンの金銭的メリット

ですので、iPadをタダで貰えると言う希望は捨てましょう。
その上で、iPadがより購入しやすくするセット割引キャンペーンを行っているWiMAX取扱店でしたら、数社存在します。

その中の代表例としては、ヤマダ電機やヨドバシカメラなどと言った家電量販店系列のWiMAX取扱店が挙げられます。
家電量販店の店頭では、WiMAXサービスの契約者に対して、対象商品のキャッシュバックを実施すると言う内容のチラシやPOPが置かれています。

キャッシュバック

ただ、その実態はキャッシュバックキャンペーンではなく、対象商品の分割払いキャンペーンとなっています。
ですから、実際にはiPadの料金が分割されてWiMAXサービスの月額料金と一緒に請求されますので、毎月の支払いは大変になります。

同様のiPadの分割払いキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店は、他にもあります。
と言う事で、続いてはGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンについてご紹介します。

  • iPadの無料プレゼントキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店は存在しない。
  • ヤマダ電機やヨドバシカメラなどと言った家電量販店系列のWiMAX取扱店では、対象商品の分割払いキャンペーンを実施している。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンを利用する

楽天市場では、GMOとくとくBB WiMAX 2+の取次店となるギガメディアがWiMAXサービスを取り扱っています。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンを利用した場合にも、iPadを分割払いで購入出来る仕組みになっています。

分割払い

このGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンに申し込むと、まずは9,980円の購入代金が発生します。
そして更に、25ヵ月間の月額料金1,154円分高くなります。

25ヵ月間1,154円分余計に料金を支払い続ける訳ですから、合計額は28,850円になります。
そして、最初に支払った9,980円を含めると、総額38,830円分通常のGMOとくとくBB WiMAX 2+の料金よりも高くなる計算となります。

通常のGMOとくとくBB WiMAX 2+の料金よりも高くなる

さて、上記WiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンの料金設定は、32GBのiPadを選んだ場合の料金になります。
では、Appleの公式サイトでの32GBのiPadの販売価格はいくらなのかと言うと、実は37,800円で販売されています。

そう、GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンを利用して購入した32GBのiPadの方が、実はAppleの公式サイトから購入するよりも高くなってしまうのです。
キャンペーン特典が付くどころか、どさくさに紛れてより高くiPadを売り付けている状況…。

iPadがより高くなる

この実態に気付いた方は、非常に驚いてしまう事でしょう

とは言え、GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンを利用しなければ、最初に37,800円を一括で支払わねばなりません。
そう考えると、毎月少しずつ料金を支払えば良くなるWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンであれば、分割での後払いと言うメリットはある訳なのです。

iPadの購入代金を毎月少しずつ

とは言え、せっかくWiMAXサービスの契約を行うのであれば、金銭的メリットの大きなキャンペーンを利用してWiMAXサービスの申し込み手続きを行いたいと言う人の方が多い事でしょう。
と言う事で、金銭的メリットを考える上で特にお勧めなWiMAX取扱店について、引き続きご紹介します。

  • 楽天市場では、GMOとくとくBB WiMAX 2+の取次店となるギガメディアがWiMAXサービスを取り扱っている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンを利用して購入した32GBのiPadの方が、実はAppleの公式サイトから購入するよりも高くなってしまう。
  • 毎月少しずつ料金を支払えば良くなるWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンであれば、分割での後払いと言うメリットはある。

金銭的メリットでお勧めなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

金銭的メリットでWiMAXサービスを選ぶのであれば、一番お勧めなのがGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンになります。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではたびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していますので、金銭的メリットがWiMAXサービスの中でもトップクラスになるのです。

高額なキャッシュバックキャンペーン

金額にして30,000円前後のキャッシュバックが貰えますので、前述したWiMAX2+ ギガメディアデバイスセットキャンペーンよりも60,000円以上も安くなる計算になります。
その代わりに、iPadは自分で購入しなければなりません。

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック契約12ヵ月目の最終営業日にならないと貰えません。
ですので、貰えるキャッシュバックでiPadを購入しようと言うような手順は踏めません。

キャッシュバックが貰えるのは後になってから

こう言ったGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの特性を考慮しつつ、あなたにぴったりなキャンペーンへ申し込むようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ではたびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているので、金銭的メリットがWiMAXサービスの中でもトップクラスになる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むと、iPadは自分で購入しなければならなくなる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック契約12ヵ月目の最終営業日にならないと貰えないので、iPadの購入代金に充てる事は出来ない。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+とiPadのベストな組み合わせ方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックのメールはいつ送られる?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の鬼安キャンペーンって、実際お得なの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX2+ ギガ放題接続サービスは魅力的

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の2年縛りって、正確には何ヵ月目?

  • GMO WiMAXのキャッシュバック特典、上り通信速度が速いWiMAX端末は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+を1年契約で解約する際、負担を減らす方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。