1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMO WiMAXのキャッシュバック特典で選べるNEC製の各WiMAX端末の違い

GMO WiMAXのキャッシュバック特典で選べるNEC製の各WiMAX端末の違い

 2018/03/10 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  126 Views
GMO WiMAXのキャッシュバック特典で選べるNEC製の各WiMAX端末の違い

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末について知りたい

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうかなと思っているところなんだけど。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+って、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は取り扱っているのかしら?
中国製のWiMAX端末は不安だから、メイドインジャパンのWiMAX端末を利用したいなぁ。
GMOとくとくBB WiMAX 2+って、日本製のWiMAX端末は取り扱っているのかしら?
自分が使うWiMAX端末には、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を使いたいなぁと思っている所なんだよね。
GMOとくとくBB WiMAX 2+NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を選んだ場合ってさ、契約条件は変わって来るのかな?

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバック額が高額だと言う点で有名です。
ですから、より金銭的にお得な条件でWiMAXサービスを利用したいと言う方に、GMOとくとくBB WiMAX 2+は選ばれる傾向にあります。

金銭的メリットが大きい

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、色々な種類のWiMAX端末を取り扱っています。
そして、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末も、GMOとくとくBB WiMAX 2+のラインナップの中にあります。

では、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで取り扱われているNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末には、どう言った機種があるのでしょうか?
これから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで取り扱われているNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末について、詳しくご紹介して行きます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで取り扱われているNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は?

2年以上あなたのWiMAX環境を支えて行くWiMAX端末ですから、しっかりと調べてから選びたいものですよね?
また、高額なキャッシュバックを貰える事で有名なGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する訳ですから、より貰えるキャッシュバック額が高額になる条件を知りたいですよね?

この記事では、こう言った疑問への回答をご用意しています。
また、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際に絶対に注意した方が良い点についても、併せてご紹介しています。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際に絶対に注意した方が良い点

ですので、ぜひ最後までご覧下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバック額が高額だと言う点で有名。
  • より金銭的にお得な条件WiMAXサービスを利用したいと言う方に、GMOとくとくBB WiMAX 2+は選ばれる傾向にある。
  • NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末も、GMOとくとくBB WiMAX 2+のラインナップの中にある。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末の機種

冒頭でご紹介したように、GMOとくとくBB WiMAX 2+ではNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を取り扱っています。
そんなNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末が選ばれる理由としては、何と言っても安心の日本製であると言う点になるでしょう。

日本製

それに対し、GMOとくとくBB WiMAX 2+で他にラインナップしているWiMAX端末は、HUAWEIが製造した中国製のWiMAX端末になります。
日本製のWiMAX端末中国製のWiMAX端末のどちらを選びたいかと言う考え方をした場合に、日本製のWiMAX端末じゃないと不安だと言う方がNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を選ぶ形になります。

そんなNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末ですが、この記事を書いている現在GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のWiMAX端末の機種は2種類となります。
具体的には、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)になります。

NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の違いですが、実はSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の後継機に該当します。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)に搭載されている機能の全ては、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)にも搭載されています。

では、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)だけに搭載されている機能には何があるのかと言うと、人口カバー率99%のau 4G LTE通信を利用したハイスピードプラスエリアモードに対応しています。
ですから、より広いエリアでの通信を考えている方であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)が選択肢になります。

Speed Wi-Fi Triprouter(TPR001W)の行う通信

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用すると、利用した月は月額1,005円のLTEオプション料を請求されてしまいます。
また、LTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方であればLTEオプション料は無料になりますが、契約期間は3年間縛りになってしまいます。

しかも、ハイスピードプラスエリアモード月に7GBまでしか通信出来ない通信モードになりますので、あくまでも補助的に利用する通信回線となります。
ですので、WiMAX端末にハイスピードプラスエリアモードが搭載されていたとしても、実際には使っていない方も多いのです。

通信モード設定

従って、自分にはハイスピードプラスエリアモードは必要ないなと思える方であれば、割り切ってSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選ぶと言うのもアリです。

  • NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末が選ばれる理由としては、安心の日本製であると言う点が挙げられる。
  • HUAWEIが製造したWiMAX端末は、中国製のWiMAX端末になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でラインナップ中のNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の2種類。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の後継機になる。
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)だけに搭載されている機能は、人口カバー率99%のau 4G LTE通信を利用したハイスピードプラスエリアモード
  • より広いエリアでの通信を考えている方であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)が選択肢になる。
  • ハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用すると、利用した月は月額1,005円のLTEオプション料が請求される。
  • LTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方であればLTEオプション料は無料になるものの、契約期間が3年間縛りになる。
  • ハイスピードプラスエリアモード月に7GBまでしか通信出来ない通信モードなので、あくまでも補助的に利用する通信回線
  • 自分にはハイスピードプラスエリアモードは必要ないなと思える方であれば、割り切ってSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)を選ぶと言うのもあり。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンで選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は契約プランで変わる

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を選ぶ場合には、1つ注意しなければならない点があります。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を選ぶと、申し込む契約プランによって選択出来るWiMAX端末の機種が決まって来るのです。

WiMAX端末の機種が選べなくなる

具体的には、2年プランに申し込んだ方が選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)一択となってしまいます。
その一方で、LTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方が選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の一択となってしまうのです。

従って、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際には、どの契約プランを選ぶのかと言う選択肢とどのWiMAX端末の機種にするのかと言う選択肢をセットで考えなければならないと言う事になります。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末を選ぶと、申し込む契約プランによって選択出来るWiMAX端末の機種が決まって来る。
  • 2年プランに申し込んだ方が選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)一択。
  • LTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方が選べるNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の一択。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際には、どの契約プランを選ぶのかと言う選択肢とどのWiMAX端末の機種にするのかと言う選択肢をセットで考えなければならない。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は選ぶNECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末の機種ごとに変わる

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンでは、選ぶWiMAX端末の機種ごとにキャッシュバック額が変わって来ると言う点も考慮しなければならない部分の1つになります。
そして、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末にしてみても、これはそのまま当てはまります。

貰えるキャッシュバック額が変わって来る

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額の傾向ですが、最新機種のWiMAX端末を選ぶよりも型落ちのWiMAX端末を選んだ方が、キャッシュバック額は高額になります。
また、2年プランに申し込むよりLTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方が、キャッシュバック額は高額になる傾向があります。

では、Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)とではどうなのかと言うと、WiMAX端末の新しさで考えるとSpeed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)の方がキャッシュバック条件は良くなるハズです。
ところが、契約プランで考えると、LTEオプション無料プラン(3年)に申し込む形になるSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の方がキャッシュバック条件は良くなるハズです。

キャッシュバック額はどうなるの?

そう、GMOとくとくBB WiMAX 2+2つのキャッシュバック額の傾向が、それぞれぶつかり合っているのです。
では、実際にはどうなっているのかと言うと、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)に申し込んだ方が、貰えるキャッシュバック額は高額になります。

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、毎月キャッシュバック額が変動します。
ですから、実際にGMOとくとくBB WiMAX 2+と契約する際には、必ずキャッシュバック額をご自身で確認するようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンでは、選ぶWiMAX端末の機種ごとにキャッシュバック額が変わって来る。
  • 最新機種のWiMAX端末を選ぶよりも型落ちのWiMAX端末を選んだ方が、キャッシュバック額は高額になる。
  • 2年プランに申し込むよりLTEオプション無料プラン(3年)に申し込んだ方が、キャッシュバック額は高額になる。
  • 実際には、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)に申し込んだ方が、貰えるキャッシュバック額は高額になる。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、毎月キャッシュバック額が変動する。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込む際の注意点

これまでご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、キャッシュバック額以外にも注意しておきたい部分があります。
それは何かと言うと、キャッシュバック手続きの部分になります。

キャッシュバック手続きを行う

と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来るからです。
そして、このキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう方と言うのが、結構な人数いるのです。

そこで、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンについてご紹介している記事の中で、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまわない為の一工夫をご紹介しています。
ですから、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうかと考えている方は、一読しておく事をお勧めします。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバック手続きの部分についても注意が必要。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となって来る。
  • キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまう事で、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう方と言うのが、結構な人数いる。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMO WiMAXのキャッシュバック特典で選べるNEC製の各WiMAX端末の違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の3年契約、2年契約との違いはどんな点に?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+は法人契約に対応しているの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のネットワーク混雑回避のための速度制限は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+はどんな仮想移動体通信事業者(MVNO)?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+を解約した方は、後ほど再契約出来る?

  • GMOインターネット株式会社のモバイルWi-Fiルーターって、どんな特徴を持っているの?その特徴を惜しみなくご紹介!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。