1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. GMOとくとくBB WiMAX 2+
  5. GMOとくとくBB WiMAX 2+でのau スマートバリューmineの活用方法

GMOとくとくBB WiMAX 2+でのau スマートバリューmineの活用方法

 2018/05/16 GMOとくとくBB WiMAX 2+
UQ
  110 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
GMOとくとくBB WiMAX 2+でのau スマートバリューmineの活用方法

GMOとくとくBB WiMAX 2+のau スマートバリューmineは申し込まないと利用出来ない

au スマートバリューmineって、わざわざ申込み手続きを行わないと利用出来ない割引き特典みたいね。
じゃあさ、GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーの場合だと、どう言う申込み手続きが必要になって来るのかしら?
GMOとくとくBB WiMAX 2+にあるau スマートバリューmineってさ、どう言う方が利用出来る仕組みになっているの?
au スマートバリューmineの申込み手続きを行った場合って、どう言うメリットがあるのかしら?
au スマートバリューmineって良いなぁとは思うんだけどさ、一つだけ気になっている事があるんだよね。
GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineに申し込む際って、何かデメリットとなる部分はないのかな?

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーの中で一定の条件を満たした方は、au スマートバリューmineと言う割引き特典を利用する事が出来る仕組みになっています。
ただし、au スマートバリューmineは、定められた手続きを行わないと条件に合っている方でも適用されません。

au スマートバリューmineを利用するには手続きが必要

ですから、せっかくau スマートバリューmineを利用出来る条件下にある方であっても、割引きの対象外となってしまいます。
au スマートバリューmineを利用するのとしないのとでは、支払う金額に結構な差額が出てしまいます。

ですので、au スマートバリューmineについてしっかりと理解し、利用出来る方は利用するようにしたいものです。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーau スマートバリューmineを利用する際に必要となる情報について、これから詳しくご紹介して行きます。

au スマートバリューmine

ぜひ、最後までご覧下さい。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーの中で一定の条件を満たした方は、au スマートバリューmineと言う割引き特典へ申し込む事が出来る仕組みになっている。
  • わざわざ申込み手続きを行わないと、au スマートバリューmineを利用出来る条件下にある方であっても割引きの対象外となってしまう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のau スマートバリューmineはこんなにメリットが!

GMOとくとくBB WiMAX 2+で利用出来るau スマートバリューmineって何?

au スマートバリューmineを利用する為には、auでスマートフォンや携帯電話の契約を行っていると言う事が前提条件となって来ます。
そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+で加入している料金プランをスマホ割プランへと変更する事によって、auで契約中のスマートフォンや携帯電話の月額料金が割引きされる形となっています。

スマホ代が割引きされる

ここで気になって来るのが、au スマートバリューmineを利用する事で、どれだけauで契約中のスマートフォンや携帯電話の月額料金が割引きされるようになるのかと言う点でしょう。
auに適用される割引き額は、auで申し込んでいるパケットプランに応じて変動します。

具体的なau スマートバリューmineによる割引き額は、以下の通りです。

auスマートバリューmineによる割引き額
割引き額 パケットプラン
1,000円 auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GBまで
auフラットプラン20/30
934円 データ定額5/20/30
LTEフラット
ISフラット
データ定額5(ケータイ)
743円 データ定額2/3
シニアプラン
ジュニアスマートフォンプラン
データ定額2/3(ケータイ)
カケホ(3Gケータイ・データ付)
500円 auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GBまで
auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GBまで
データ定額1
データ定額1(ケータイ)

au スマートバリューmineによる割引きは、毎月継続して適用されます。
ですから、au スマートバリューmineの利用期間が長ければ長いほど、お得感は大きくなります。

利用期間が長いほどお得

ちなみに、au スマートバリューmineの割引き対象は、WiMAXサービスの契約をしている本人の1回線分となります。
ですから、家族が契約しているスマートフォンや携帯電話も含めて割引きを適用させる事は出来ません。

ご紹介しているau スマートバリューmineですが、そのメリットはau側の契約だけには留まりません。
と言う事で、続いてはau スマートバリューmineを利用する事によるGMOとくとくBB WiMAX 2+側のメリットについてご紹介します。

  • au スマートバリューmineを利用する為には、auでスマートフォンや携帯電話の契約を行っていると言う事が前提条件となって来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+で加入している料金プランをスマホ割プランへと変更する事によって、auで契約中のスマートフォンや携帯電話の月額料金が割引きされるau スマートバリューmineへの申し込みが可能となる。
  • auに適用される割引き額は、auで申し込んでいるパケットプランに応じて変動する。
  • au スマートバリューmineによる割引きは毎月継続して適用されるので、利用期間が長ければ長いほどお得感は大きくなる。
  • au スマートバリューmineの割引き対象は、WiMAXサービスの契約をしている本人の1回線分。

au スマートバリューmineを利用する事によるGMOとくとくBB WiMAX 2+側のメリット

au側でau スマートバリューmineの申込み手続きを終わらせると、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション料金が無料になる特典も付いて来ます。
このLTEオプション料金とは、ハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用すると発生する月額1,005円のオプション料金になります。

LTEオプション料金が無料になります

では、ハイスピードプラスエリアモードとは一体何なのかと言う話になる訳ですが、auの4G LTE通信を使った通信モードになります。
auの4G LTE通信人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応していて、しかも、奥まった場所にまで電波の届きやすいプラチナバンドだったりします。

ですから、標準的なWiMAX 2+通信と比較すると、繋がりやすさと言う点で随分と有利な通信回線だったりするのです。
また、ハイスピードプラスエリアモードを利用時にはWiMAX 2+通信au 4G LTE通信を同時利用する仕組みになっています。

4×4MIMO 3波CA

ですので、ハイスピードプラスエリアモードを利用時には通信速度が加速化されると言ったメリットも付いて来る訳なのです。
そんな利便性の高いハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来るようになる訳ですから、au スマートバリューmineは非常に魅力的であると言えるのです。

そんな様々なメリットを持つau スマートバリューmineですが、デメリットとなる部分はあるのでしょうか?
と言う事で、引き続きau スマートバリューmineを利用する事によるデメリットについてご紹介します。

  • au側でau スマートバリューmineの申込み手続きを終わらせると、GMOとくとくBB WiMAX 2+のLTEオプション料金が無料になる特典も付いて来る。
  • LTEオプション料金とは、ハイスピードプラスエリアモードを一度でも利用すると発生する月額1,005円のオプション料金
  • ハイスピードプラスエリアモードとは、auの4G LTE通信を使った通信モード。
  • auの4G LTE通信人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応していて、奥まった場所にまで電波の届きやすいプラチナバンド
  • ハイスピードプラスエリアモードを利用時には、通信速度が加速化されると言ったメリットも付いて来る。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを利用する

GMOとくとくBB WiMAX 2+でau スマートバリューmineに申し込むデメリットはある?

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineに申し込むデメリットですが、特にありません。
それでも強いてデメリットを挙げるのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+側au側の両方で手続きが必要となって来ると言う位でしょうか。

au側とGMOとくとくBB WiMAX 2+側で手続きが必要

ちなみに、au スマートバリューmineを利用後に解約したとしても、特にデメリットとなる事はありません。
ただ単に、au スマートバリューmineの申し込み前の状況に戻されるだけです。

ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを申し込む上での難点は、先ほどご紹介した手続き面の面倒さだけとなります。
と言う事で、引き続きGMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを申し込む際の手続き方法についてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineに申し込むデメリットは、GMOとくとくBB WiMAX 2+側au側の両方で手続きが必要となって来ると言う部分。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを利用後に解約したとしても、特にデメリットとなる事はない。

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineに申し込む方法

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを利用する場合、まずはGMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランをスマホ割プランへと変更する必要性が出て来ます。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランの変更手続きは、GMOとくとくBBの会員サイトであるBBnaviから行います。

GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランを変更する

その具体的な手順ですが、BBnaviのメニューにある現在ご利用中のサービスの中にあるWiMAX 2+のプラン変更手続きを選択し、あなたが申し込みたいスマホ割プランを選択して下さい。
そうしたら、同意事項にチェックを入れて、申し込みボタンを押して下さい。

これで、GMOとくとくBB WiMAX 2+で申し込んでいる料金プランを、スマホ割プランへと変更する事が出来ます。
そうしたら、今度はauにてau スマートバリュー mineの申し込み手続きを行います。

auショップ

au スマートバリューmineの申込み手続きは、auショップで手続きを行う方法KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける方法の2パターンがあります。
どちらの方法を選んでも良いのですが、お手軽なのはKDDIお客さまセンターへ電話を掛ける方法になります。

KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける場合、電話番号は以下の通りです。

KDDIお客さまセンターの電話番号
電話口 電話番号
auの携帯電話 157
一般電話 0077-7-111

ちなみに、KDDIお客さまセンターの電話対応は年中無休となっています。
ただし、オペレーターが対応する時間帯はと言うと、9時から20時までの時間限定となっています。

KDDIお客さまセンターの対応時間

また、KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける際の通話料金は無料です。

KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける際には、auで登録している4桁の暗証番号WiMAX端末に挿し込んでいるSIMカードに登録されている電話番号の両方が必要となります。
SIMカードに登録されている電話番号に関しては、WiMAX端末のメニューにある端末情報から調べられます。

WiMAX端末の電話番号

KDDIお客さまセンターでオペレーターとやり取りをする際には、au スマートバリューmineの読み方が分からないと言う方もいる事でしょう。
そう言う方は、エーユースマートバリューマインの手続きをお願いしますと伝えれば良いです。

もし、手続きを全て店員さんにやって貰いたいと言う方であればauショップで手続きを行うのも良いです。
その際には、WiMAX端末印鑑と本人確認書類auで登録している4桁の暗証番号がそれぞれ必要となって来ます。

本人確認書類

ご紹介しているau スマートバリューmineですが、対応店は何もGMOとくとくBB WiMAX 2+だけに限りません。
ですが、申し込み先としてはGMOとくとくBB WiMAX 2+がお勧めとなります。

では、なぜau スマートバリューmineGMOとくとくBB WiMAX 2+から申し込んだ方が良いのでしょうか?
と言う事で、引き続きGMOとくとくBB WiMAX 2+au スマートバリューmineを申し込むメリットについてご紹介します。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーがau スマートバリューmineを利用する場合、まずはGMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランをスマホ割プランへと変更する必要性が出て来る。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の料金プランの変更手続きは、GMOとくとくBBの会員サイトであるBBnaviから行う。
  • au スマートバリューmineの申込み手続きは、auショップで手続きを行う方法KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける方法の2パターンがある。
  • KDDIお客さまセンターの電話対応は年中無休で、オペレーターが対応するのは9時から20時まで
  • KDDIお客さまセンター電話を掛ける際の通話料金は無料
  • KDDIお客さまセンターへ電話を掛ける際には、auで登録している4桁の暗証番号WiMAX端末に挿し込んでいるSIMカードに登録されている電話番号の両方が必要となる。
  • auショップで手続きを行う場合、WiMAX端末印鑑本人確認書類auで登録している4桁の暗証番号がそれぞれ必要。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でau スマートバリューmineを申し込むメリット

GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーと他のWiMAX取扱店のau スマートバリューmineの違いはある?

どのWiMAX取扱店を通してau スマートバリューmineの申し込み手続きを行っても、全く同じだと考える方は少なくないです。
ですが、実はそうではありません。

申し込むWiMAX取扱店ごとにau スマートバリューmineは違う?

例外として、スマホ割プランの4年契約が挙げられます。
そんなスマホ割プランの4年契約ですが、各WiMAX取扱店で申し込むと4年間の月額料金がFlatツープラスプランと同額になります。

その状態でありながらも、実はFlatツープラス ギガ放題プランと同条件でWiMAXサービスを利用出来る形になっているのです。
ですから、スマホ割プランの4年契約契約期間の縛りが長くなるものの、安くたっぷりとインターネットを利用出来る仕組みになっていると言う訳なのです。

安くたっぷりとインターネットを利用出来るスマホ割プランの4年契約

ちなみに、一般的なWiMAX取扱店のスマホ割プランの4年契約に申し込むと、月額料金は以下のようになります。

スマホ割プランの4年契約の月額料金
ご利用期間 Flatツープラス ギガ放題プラン Flatツープラス スマホ割プラン(4年)
端末発送月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

さて、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合、条件はどうなっているのかと言う点が気になって来る所でしょう。
実は、一般的なWiMAX取扱店よりも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金は安くなっています。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のスマホ割プラン(4年)の月額料金
ご利用期間 GMOとくとくBB ギガ放題プラン GMOとくとくBB スマホ割プラン(4年)
端末発送月 3,609円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,609円 3,609円
3~48ヵ月目 4,263円
49ヵ月目~ 4,195円

ですので、スマホ割プランの4年契約を利用するのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+に申し込んだ方がお得になります。
4年間も契約期間が続く訳ですから、少しでも月額料金の安い料金プランに申し込んだ方が良いと言う訳なのです。

通信費を節約する

ご紹介しているGMOとくとくBB WiMAX 2+では、現在3種類のキャンペーンを実施しています。
そして、あなたが申し込むキャンペーンによって、お得感が全然異なって来ます。

と言う事で、続いてはGMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の3種類のキャンペーンについてご紹介して行きます。

  • スマホ割プランの4年契約に申し込むと4年間の月額料金がFlatツープラスプランと同額になるものの、Flatツープラス ギガ放題プランと同条件でWiMAXサービスを利用出来る形になっている。
  • 一般的なWiMAX取扱店よりもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金は安くなっているので、スマホ割プランの4年契約を利用するのであればGMOとくとくBB WiMAX 2+に申し込んだ方がお得。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で実施中の3種類のキャンペーン

GMOとくとくBB WiMAX 2+と言えば、キャッシュバックキャンペーンで有名なWiMAX取扱店になります。
と言うのも、たびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していますので、それだけ安くWiMAXサービスを利用出来ると人気なのです。

高額なキャッシュバックキャンペーン

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必須となって来ます。
そして、うっかりキャッシュバック手続きを忘れてしまうと、せっかくのGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは1円も貰えなくなってしまうのです。

ですから、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込むのでしたら、忘れずにキャッシュバック手続きを行う必要性が出て来ます。
そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きについては、キャンペーンサイト内の注意書きに書かれています。

キャッシュバック手続きを忘れない為の一工夫

従って、これからGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンに申し込もうと考えている方は、一読しておく事をお勧めします。

一方、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きが面倒に思える方に関しては、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンをお勧めします。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットは、キャッシュバックキャンペーンには及びません。
ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに申し込んでいる方であれば、手続きが不要確実に安くWiMAXサービスを利用出来るようになっているのです。

料金が確実に安くなる

このGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンに興味のある方は、キャンペーンサイトで詳細をご確認下さい。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+では、一番最初の支払い額が一番高くなる構造になっています。
と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の最初の請求の際には、端末発送月と1ヵ月目の月額料金に加えて、事務手数料である3,000円も請求される形になっているからです。

ですので、GMOとくとくBB WiMAX 2+ユーザーの場合、最初の請求額を見て驚くと言う方も少なくないです。
そんな中、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んでいる方であれば、最初の請求額の負担をかなり抑える事が出来る仕組みとなっています。

最初の負担額を抑える

と言うのも、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んだ場合には、端末発送月と1ヵ月目の月額料金がかなり安くなる構造となっているのです。
その代わり、月額料金の総額で考えると、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンの金銭的メリットは、月額割引キャンペーンには劣ります。

このGMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに興味のある方も、キャンペーンサイトで詳細をご確認下さい。

GMOとくとくBB WiMAX 2+で現在実施中のキャンペーンは、この3種類となっています。
ご紹介した内容を参考にしつつ、あなたにぴったりなキャンペーンを1つ選ぶようにしましょう。

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、たびたび業界最高額になるほど高額なキャッシュバックキャンペーンを実施している。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必須。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額割引キャンペーンの金銭的メリットはキャッシュバックキャンペーンに及ばないものの、手続きが不要確実に安くWiMAXサービスを利用出来るようになっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の最初の請求の際には、端末発送月と1ヵ月目の月額料金に加えて、事務手数料である3,000円も請求される形になっている。
  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンに申し込んだ場合には、端末発送月と1ヵ月目の月額料金がかなり安くなる構造となっている。
  • 月額料金の総額で考えると、GMOとくとくBB WiMAX 2+の得の極みキャンペーンの金銭的メリットは、月額割引キャンペーンには劣る。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

GMOとくとくBB WiMAX 2+でのau スマートバリューmineの活用方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、解約手続き後はいつまで使えるの?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック方法が知りたい

  • まさかGMOとくとくBB WiMAX 2+のWiMAX端末を見た目で選んでない?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+の事務手数料について、色々と知りたい!

  • 引っ越しの際、GMOとくとくBB WiMAX 2+の住所変更の手続きって必要?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAX通信を利用する事は出来ないの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。