1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. DTI WiMAX 2+
  5. DTI WiMAX 2+の料金プランと、口コミや評判、解約手続きについて

DTI WiMAX 2+の料金プランと、口コミや評判、解約手続きについて

 2017/07/24 DTI WiMAX 2+
UQ
  136 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
DTI WiMAX 2+の料金プランと、口コミや評判、解約手続きについて

DTI WiMAX 2+とは?

DTI WiMAX 2+を運営しているのは?

ユビキタスプロバイダをキャッチコピーに掲げるDTI WiMAX 2+は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営するWiMAXサービスです。
株式会社ドリーム・トレイン・インターネットは元々三菱電機傘下の会社でしたが、現在はフリービットの完全子会社となっています。

DTI WiMAX 2+は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営するWiMAXサービス

そんな株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが取り扱っているインターネットサービスは、WiMAXサービスだけではありません。
DTI WiMAX 2+以外にも、光ファイバーADSL格安SIMも取り扱っています。

そして、光ファイバーとしては、DTI 光au ひかりDTI with ドコモ光DTI 光 with フレッツDTI 光 with フレッツライトDTI 光 シンプルを取り扱っています。
ADSLとしては、DTI ADSL シンプルプランDTI ADSL 12Mを取り扱っています。

株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが取り扱っているインターネットサービス

モバイルサービスとしては、DTI SIMDTI SIM LEDTI WiMAX 2+を取り扱っています。

このように、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットでは、様々なインターネットサービスを取り扱っています。
それだけインターネットサービスに関する専門性を培っていますので、安心してWiMAXサービスを申込む事が出来ます。

  • DTI WiMAX 2+は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営するWiMAXサービス。
  • 株式会社ドリーム・トレイン・インターネットでは、光ファイバーADSL格安SIMも取り扱っている。

DTI WiMAX 2+の特徴は?

DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーン

DTI WiMAX 2+でWiMAXサービスを申込むメリットは、キャッシュバックキャンペーンになります。
と言うのも、後から高額なキャッシュバックを貰える形になっていて、その分安くWiMAXサービスを利用出来る形になっているのです。

キャッシュバック

特に、DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、どのWiMAX端末を選んでもキャッシュバック額が変動しないと言う点がポイントとなります。
一方、高額キャッシュバックキャンペーンを行っている事で有名なGMOとくとくBB WiMAX 2+の場合、選ぶWiMAX端末ごとにキャッシュバック額が変動してしまいます。

ですから、WiMAX端末の機種によっては、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が高額になります。
具体的には、ホームルータータイプのWiMAX端末を選ぶ際に、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額の方が高額になります。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)

従って、ホームルータータイプのWiMAX端末を利用しようと考えている方の場合には、DTI WiMAX 2+を利用するとお得感が更に大きくなります。
そんなDTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額キャッシュバック手続きに関しては、別記事にて詳しくご紹介します。

  • DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額は、WiMAX端末の機種には影響されない。
  • ホームルータータイプのWiMAX端末の場合、DTI WiMAX 2+のキャッシュバック額はGMOとくとくBB WiMAX 2+よりも高額になる。

DTI WiMAX 2+ならWiMAX端末代が無料に

DTI WiMAX 2+でWiMAXサービスの申込みを行うと、最新のWiMAX端末を無料で貰う事が出来ます。
WiMAX端末の通常価格は20,000円するのですが、その分の初期費用を節約する事が出来ると言う訳です。

WiMAX端末代が無料に

現在キャンペーン対象となっているWiMAX端末の機種は、以下の3種類になります。

Speed Wi-Fi NEXT WX03(NAD33)
NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末で、4×4MIMO CAにより下り最大通信速度440Mbpsの高速通信を行える点が特徴的。
Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35)
Huawei Japan製のWiMAX端末で、ハイスピードプラスエリアモードを利用時の下り最大通信速度は590Mbpsも出る点が特徴的。
Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)
Huawei Japan製のWiMAX端末で、Wi-Fiで40台、LANケーブルで2台の機器を同時通信する事が出来る点が特徴的。

この中のどのWiMAX端末を選んでも、無料対象になります。
また、前述したように、どのWiMAX端末を選んでも貰えるキャッシュバック額には影響しません。

どのWiMAX端末でもキャッシュバック額は変わらず

ですので、純粋にWiMAX端末の性能を比較しながら、あなたに合ったWiMAX端末を選ぶようにしましょう。

  • DTI WiMAX 2+であれば、通常価格で20,000円するWiMAX端末代が無料になる。

DTI WiMAX 2+の機器修理保証サービス

DTI WiMAX 2+には、安心サポート安心サポートワイドの2種類の端末修理補償サービスがあります。
これはどう言ったサービスなのかと言うと、WiMAX端末が故障した際に無料で修理対応をしてくれるサービスになります。

WiMAX端末の無料修理

WiMAX端末を修理する場合、5,000円以上の修理代が必要となります。
また、修理が不可能な場合には、19,000~20,000円を支払ってWiMAX端末を再購入しなければならなくなります。

突然これだけの金額を支払わされるのは、家計への影響が大きいですよね?
そう言うリスクを避けるのに、この安心サポートと安心サポートワイドが役に立つのです。

突然WiMAX端末の修理代が請求される

では、安心サポートと安心サポートワイドはどう違うのかと言う点が気になる訳ですが、水濡れが保証対象になるかどうかによって違って来ます。
安心サポートは水濡れが保証対象外となりますが、安心サポートワイドであれば水濡れも保証対象となります。

安心サポートと安心サポートワイドはどちらも有料オプションと言う形にはなりますが、安心サポートの方は最大2ヵ月無料で利用出来ます。
そして気になる料金面ですが、安心サポートの方は月額300円、安心サポートワイドの方は月額500円になります。

  • DTI WiMAX 2+には、安心サポート安心サポートワイドがある。
  • WiMAX端末の修理代は5,000円以上、修理出来ない場合には19,000~20,000円が掛かる。
  • 安心サポートワイドであれば、水濡れの際も無料修理対象となる。
  • DTI WiMAX 2+なら、安心サポートの月額料金が最大2ヵ月無料になる。
  • 安心サポートは月額300円、安心サポートワイドは月額500円の料金が必要になる。

DTI WiMAX 2+ならDTI Club Offが利用出来る

DTI WiMAX 2+ユーザーであれば、DTI Club Offを利用出来る特典が付いて来ます。
これは何かと言うと、様々なサービスを特別優待価格で利用出来るサービスになります。

DTI Club Off

DTI Club Offに対応する店舗のジャンルは多岐に渡り、宿泊施設やレジャー施設、飲食店やスポーツクラブ、その他様々な店舗で利用する事が出来ます。
一例を挙げると、宿泊施設だけでも国内20,000軒以上の店舗が対応しています。

割引き額もそれなりに大きく、VIP会員なら90%OFFになるケースもあります。
ですから、活用次第では、かなりメリットの出て来るキャンペーン特典と言えるでしょう。

  • DTI Club Offを利用すると、様々なサービスを特別優待価格で利用出来る。
  • DTI Club Offに対応するサービスは多岐に渡り、宿泊施設だけでも国内20,000軒以上の店舗で利用出来る。
  • DTI Club OffのVIP会員であれば、90%OFFでサービスを利用する事も可能。

DTI WiMAX 2+の料金プラン

DTI WiMAX 2+の2種類の料金プラン

ご紹介しているDTI WiMAX 2+では、DTI WiMAX 2+ モバイルプランDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランの2種類の料金プランが存在します。
そして、各料金プランごとに事務手数料月額料金が異なります。

事務手数料や月額料金が異なる

そんなDTI WiMAX 2+ モバイルプランとDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランの料金を比較すると、以下の通りです。

DTI WiMAX 2+ モバイルプランとDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランの料金を比較
ご利用期間 DTI WiMAX 2+ モバイルプラン DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン
ご利用開始月~3ヵ月目 3,500円 3,500円
4~25ヵ月目 4,300円
事務手数料 5,500円 3,000円

つまり、DTI WiMAX 2+ モバイルプランとDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランとでは、25ヵ月間の契約期間の中で総額15,100円分もの差額が出て来る訳です。
ですので、少しでも安く通信費を抑えたいのであれば、DTI WiMAX 2+ モバイルプランに申し込んでおけば良いと言う事になります。

  • DTI WiMAX 2+には、DTI WiMAX 2+ モバイルプランDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランとがある。
  • 少しでも安くDTI WiMAX 2+を利用したいのであれば、DTI WiMAX 2+ モバイルプランの方が安い。

DTI WiMAX 2+の各料金プランに適用される速度制限

ご紹介したように、DTI WiMAX 2+にはDTI WiMAX 2+ モバイルプランDTI WiMAX 2+ ギガ放題プランとがあります。
そして、それぞれの料金プランによって月額料金が異なります。

ギガ放題プラン

では、その月額料金差分は何になるのかと言うと、速度制限の適用具合が変わって来ます。
そう、DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランは月額料金が高額な代わりに、速度制限の適用具合はある程度緩くなっているのです。

そんなDTI WiMAX 2+に適用される可能性のある速度制限は、以下の2種類です。

月間のデータ利用量による速度制限
月初めからの総通信量が7GBを超えると、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまう速度制限。
ネットワーク混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超えると、18時から翌日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

そして、各速度制限は申し込む料金プランごとに適用具合が変わって来ます。
そんな各料金プランに適用される具体的な速度制限は、以下の通りです。

DTI WiMAX 2+ モバイルプランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避のための速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 ネットワーク混雑回避のための速度制限
ノーリミットモード 速度制限なし
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり

つまりは、DTI WiMAX 2+ モバイルプランに申し込んだ方の場合には、月に7GBまで通信を行う事が出来ます。
一方、DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランに申し込んだ方であれば、月に7GBを超える範囲で通信を行う事が出来ます。

月に利用出来る通信量

ですから、動画を視聴したりビデオ通話を利用したりするような方の場合には、DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランに申し込んだ方が良いと言う事になります。
一方で、メールやネットサーフィンを時々すると言う用途の方であれば、DTI WiMAX 2+ モバイルプランでも大丈夫です。

  • DTI WiMAX 2+は、申し込む料金プランによって速度制限の適用具合が異なって来る。
  • DTI WiMAX 2+に適用される可能性のある速度制限は、月間のデータ利用量による速度制限ネットワーク混雑回避のための速度制限
  • DTI WiMAX 2+ モバイルプランの方が月に利用出来る通信量は、7GBまで。
  • DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランの方が月に利用出来る通信量は、7GB以上。

DTI WiMAX 2+の解約手続き

DTI WiMAX 2+の契約期間と契約解除料

ご紹介しているDTI WiMAX 2+の各料金プランですが、予め契約期間が決まっています。
具体的なDTI WiMAX 2+の契約期間ですが、2年契約の自動更新型になっています。

DTI WiMAX 2+の契約期間

そして、DTI WiMAX 2+の利用開始月の翌月を1ヵ月目として計算し、25ヵ月目が契約更新月になります。
その契約更新月前月の26日から契約更新月の25日までの間が、解約手続きの受付期間となります。

この期間内に解約手続きを行わなかった場合には、自動的に今まで契約して来た契約内容と同じ契約での再契約が行われます。
その際に、WiMAX端末が無料で貰える特典は付いて来るものの、キャッシュバックなどは貰えません。

WiMAXの契約期間

一方、解約手続きの受付期間以外のタイミングで解約手続きを行ってしまうと、中途解約と言う形になってしまいます。
そして、解約手続きの際に、契約解除料という形で違約金を支払わねばならなくなってしまいます。

そんなDTI WiMAX 2+で請求される契約解除料は、以下の通りです。

DTI WiMAX 2+で請求される契約解除料
ご利用期間 契約解除料
利用開始月 19,000円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目~ 9,500円

解約手続きの際に、これだけの料金を支払うのは大変です。
ですから、出来るだけ契約解除料を支払わなくても済むタイミングで解約手続きを行うようにしましょう。

  • DTI WiMAX 2+は2年契約の自動更新型
  • DTI WiMAX 2+の利用開始月の翌月を1ヵ月目として計算し、25ヵ月目が契約更新月
  • 契約更新月の前月26日から契約更新月の25日までの間なら、無料で解約手続きを行える。
  • 解約を受け付けていないタイミングで解約手続きを行うと、契約解除料が請求される。
  • 契約更新月の25日までに解約手続きを行わなかった場合には、WiMAX端末を貰える形で契約期間が2年間延長される。

DTI WiMAX 2+の解約手続きの流れ

契約更新月の前月26日から契約更新月の25日までの間に入っている方の場合には、無料でDTI WiMAX 2+の解約手続きを進める事が出来ます。
その際には、書面解約オンライン解約電話での解約を利用する事が出来ます。

DTI WiMAX 2+の解約手続き

書面解約を利用する場合には、25日までに書面がDTIに届いていなければなりません。
また、2月の場合には24日までに届いていなければなりません。

ここで注意が必要なのは、25日が土日祝日だった場合です。
その場合には、解約受付日は前営業日に前倒しされます。

解約日が前倒しされる

つまり、確かに25日に書面が届いたはずなのに、解約が受理されないと言う場合もあります。
ですので、書面解約は十分に余裕を持って行いたいものです。

オンライン解約を利用する場合には、My DTIへログイン後、各種お問い合わせのメールフォームから手続きを行います。

My DTIから解約手続きを行う

ちなみに、オンライン解約であれば土日祝日の影響は受けません。
土日祝日関係なく、25日までがオンライン解約の受付期限となります。

一方、電話解約を利用する場合、平日の10時から17時までの間が受け付け対応となります。
そして、一般電話から電話を掛ける方であれば、通話料金が掛かりません。

一般電話から解約手続きを行う
(186)-0120-830-501

一方、携帯電話やPHSの方は電話代が掛かりますので、その点にはお気を付け下さい。

携帯電話やPHSから解約手続きを行う
(186)-03-5749-8091

ちなみに、どの解約方法を選んでも、解約処理は月末に実施されます。
つまり、解約手続き後は月末までDTI WiMAX 2+をそのまま利用出来て、月額料金の日割り計算はされません。

月額料金の日割り計算はされない

また、一度解約手続きを行うと、その解約手続きの取り消しは出来ません。
ですので、その点には注意しましょう。

  • DTI WiMAX 2+の解約手続きには、書面解約オンライン解約電話解約の3つの方法がある。
  • 25日が土日祝日だと、書面解約の方は受付期限が前営業日に前倒しされる。
  • オンライン解約は、My DTIへログイン後にメールフォームから行う。
  • 電話解約の受け付けは、平日の10時から17時まで。
  • 携帯電話やPHSから電話解約を行う場合、通話代が掛かる。
  • 解約手続き後は月末まで契約が続き、月額料金の日割り計算はされない。
  • 一度解約手続きを行うと、その手続きを取り消す事は出来ない。

DTI WiMAX 2+と解約後のau Micro IC Card(LTE)とWiMAX端末

DTI WiMAX 2+の解約成立後は、20日以内にau Micro IC Card(LTE)を返却しなければなりません。
と言うのも、au Micro IC Card(LTE)はDTI WiMAX 2+からレンタルしている形になっているのです。

au Micro IC Card(LTE)

ですので、期日以内に返却しなかった場合には、3,000円のSIM損害金を支払わねばならなくなってしまいます。

一方、WiMAX端末は買い取りと言う形になっています。
ですので、解約手続き後は自分で処分しても大丈夫です。

WiMAX端末は自分で処分する

ただ、今後他のWiMAXサービスを利用する場合には、このWiMAX端末をそのまま利用出来ます。
ですから、予備用のWiMAX端末として保管しておくのをお勧めします。

  • DTI WiMAX 2+の解約成立後は、20日以内にau Micro IC Card(LTE)を返却する。
  • WiMAX端末は、予備用のWiMAX端末として保管しておく。

DTI WiMAX 2+の初期契約解除

通常の解約手続き以外に、DTI WiMAX 2+には初期契約解除も用意されています。
これは何かと言うと、いざDTI WiMAX 2+と契約したものの、思った程のインターネット環境が手に入らなかった場合に利用出来る制度になります。

イマイチなインターネット環境

この初期契約解除制度を利用する事で、契約解除料を支払わずにDTI WiMAX 2+との契約を解約する事が出来るようになります。
言うなれば、クーリングオフ制度のようなものです。

初期契約解除制度を利用する場合には、DTI WiMAX 2+から届いた書面を受け取った日から8日以内に手続きを行う必要があります。
具体的な初期契約解除制度の手続き方法ですが、以下の項目を記載した書類をDTI WiMAX 2+に郵送する必要があります。

  • 契約書交付日 平成○年○月○日
  • ご契約者氏名
  • ご契約住所
  • ご連絡先電話番号
  • お申し込みプラン名
  • 「契約を解除します」の文言

初期契約解除制度の書類の郵送先となる住所は、以下になります。

初期契約解除制度の書類の郵送先
〒847-0083
佐賀県唐津市和多田大土井4740-1
フリービットスマートワークス株式会社内
株式会社 ドリーム・トレイン・インターネット DTIカスタマーサービス 行

また、初期契約解除制度の書面と一緒に、WiMAX端末を返却しなければなりません。
その際に、DTI WiMAX 2+から配送されて来た同梱物は、全て返却するようにしましょう。

同梱物は全て返却する

この手続きを行えば、返却物の配送料と事務手数料以外の料金は免除となります。

  • DTI WiMAX 2+には、初期契約解除制度と言うクーリングオフ制度のようなものがある。
  • 初期契約解除制度の利用期限は、DTI WiMAX 2+から届いた書面を受け取った日から8日以内。
  • 初期契約解除制度の書面と一緒に、WiMAX端末一式も返却する。
  • 初期契約解除制度を利用しても、返却物の配送料と事務手数料は請求される。

DTI WiMAX 2+の口コミサイト上の評判

DTI WiMAX 2+の口コミサイト上の評判ですが、まず、DTI WiMAX 2+ モバイルプランの事務手数料が高い点に疑問の声があります。
一般的なWiMAX取扱店の場合、事務手数料は3,000円になります。

WiMAXサービスの事務手数料

そんな中、WiMAXサービスの事務手数料で5,500円も取られるケースは珍しいです。
初期費用が他社よりも2,500円高額な分の説明書きがないので、その点への疑問が残る形になっています。

とは言え、DTI WiMAX 2+はキャッシュバック額が高額です。
特に、ホームルータータイプのWiMAX端末を選んだ時のキャッシュバック額が高額になりますから、その点が評判です。

高額なキャッシュバック

ただ、DTI WiMAX 2+のキャッシュバックは楽天銀行株式会社のメルマネマスペイメントサービスを利用する形になります。
ですから、楽天からの広告メールが連日届き、肝心の送金通知メールを見落としてしまう方もいるようです。

楽天からの送金通知メール送信日から45日以内にキャッシュバック手続きを行わなかった場合、キャッシュバックの対象外になってしまいます。
ですので、DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバックを貰い損ねてしまう方もいます。

キャッシュバックが貰えず

折角の高額キャッシュバックでも、貰えなければ意味がありません。
ですから、DTI WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込み手続きを行う場合には、確実にキャッシュバック手続きを行うようにしましょう。

そんなDTI WiMAX 2+の詳しいキャッシュバック手続き方法は、別記事にてご紹介します。

  • DTI WiMAX 2+ モバイルプランの事務手数料が高い点に疑問の声も。
  • DTI WiMAX 2+でホームルータータイプのWiMAX端末を選んだ時のキャッシュバック額は、他のWiMAX取扱店よりも高額。
  • DTI WiMAX 2+のキャッシュバック手続きは、楽天の広告メールの中から送金通知メールを探す必要がある。
  • 手続き忘れによって、DTI WiMAX 2+のキャッシュバックを貰い損ねてしまう方もいる。
この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

DTI WiMAX 2+の料金プランと、口コミや評判、解約手続きについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • EクーポンにてDTI WiMAX 2+のEPARK会員さま限定キャンペーン開始

  • 長期契約の方向けのWiMAXサービス、DTI WiMAX 2+の特徴とは?

  • DTI WiMAX 2+で3年プラン用のキャンペーン開始。従来との違いは?

  • DTI WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンの魅力や手続き方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。