1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. インターネットを繋ぐのに、便利で料金が安いお勧めなサービスは?

インターネットを繋ぐのに、便利で料金が安いお勧めなサービスは?

 2019/03/13 Broad WiMAX
au UQ
  24 Views
インターネットを繋ぐのに、便利で料金が安いお勧めなサービスは?

インターネットを繋ぐ際に必要な契約とは?

在、インターネットを繋ぐのに必要な契約は、大きく分けて2種類に分ける事が出来ます。

その中のまず1つ目が、光回線などの固定回線の契約を行う方法になります。こちらは20年以上も前から日本にあるオーソドックスなインターネット接続方法ですので、ご存知の方も多いかと思います。

モデムとパソコンをLANケーブルで繋ぐ
インターネットを繋ぐ方法としては、光回線などの固定回線が一般的。

それに対して、もう1つ無線通信に対応したモバイルWi-Fiルーターの契約を行う方法もあります。こちらは、スマートフォンの電話機能がないものを想像して頂くと分かりやすいかと思います。

モバイルインターネット
インターネットを繋ぐ方法としては、無線を利用したモバイルWi-Fiルーターも選択肢の1つになって来る。

では、インターネットを繋ぐのには、どちらのサービスを選んだ方が良いのでしょうか?その答えですが、モバイルWi-Fiルーターの方がお勧めとなります。

なぜインターネットを繋ぐのに固定回線よりもモバイルWi-Fiルーターの方がお勧めなのか、これから詳しくご紹介して行きます。また、利便性が高くて安いモバイルWi-Fiルーターについてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧下さい。

インターネットを繋ぐのに光回線はお勧め出来ない6つの理由とは?

ご紹介したように、インターネットを繋ぐのに固定回線はお勧め出来ません。なぜ固定回線はインターネットを繋ぐのにお勧め出来ないのか、その理由は次の6つとなります。

  • 光回線は、料金体系がかなり複雑過ぎる。
  • 光回線の契約には、プロバイダとの契約も必要。
  • 光回線を利用開始するのには、回線工事が必要。
  • Wi-Fiを利用する為には、別途Wi-Fiルーターのレンタルが必要。
  • 光回線を利用出来るのは、回線工事を行った建物内だけ。
  • 光回線だから通信速度が速いとは、一概に言い切れない。

まず1つ目の理由ですが、光回線の料金体系はかなり複雑です。ですから、一概にいくら掛かるとは断言出来なかったりします。

にも関わらずインターネット上には光回線の料金比較サイトなどがありますが、実際に契約してみてその値段にはならないケースも多々あります。そうなってしまう主な理由としては、光回線には様々な選択肢が用意されているからです。

例えば、全く同じインターネット回線でも東日本と西日本で料金体系が異なりますし、実施されているキャンペーンも異なります。また、戸建てかマンションかによっても、料金体系が大きく異なって来ます。

西日本と東日本
固定回線の契約を行うと、東日本と西日本とで料金体系が違って来る。

更に、同じマンションタイプであっても、マンション内の契約数によって料金が違って来ます。このように、光回線の料金体系は、一概にいくらとは言えない仕組みになっていたりするのです。

また、光回線の契約には、プロバイダとの契約も必要となって来ます。そして、各プロバイダごとに料金体系が異なり、実施されているキャンペーン内容も違って来ます。

この部分が、更に光回線の契約を困難なものにしているのです。しかも、最近では光回線プロバイダが一緒になった、光コラボレーション(転用)と言ったモデルも登場しています。

と言う事で、全ユーザーが一律同じ月額料金ではなく、ケースバイケースで料金が変わると言う複雑さが、光回線の契約を行う際のデメリットの1つになって来ます。

そんな固定回線ですが、一番大きなデメリットは回線工事が必要となる部分になります。この部分は沢山のデメリットを持っていて、ユーザーからの悪評が沢山投稿されている部分にもなります。

ちなみに、回線工事とは一体何なのかと言うと、最寄りの電柱から建物内へと光ファイバーなどの通信回線を引き込む工事になります。

最寄りの電柱
光回線を利用する為には、最寄りの電柱までその通信回線が引かれてあると言う事が前提条件。

この回線工事を行わない限りは、固定回線を利用する事が出来ません。

そんな固定回線の回線工事ですが、勿論工事作業員がやって来て工事を行います。ですので、工事作業員を家の中に入れて、工事が終わるまで見届ける必要があります。

また、固定回線の回線工事費はそれなりの金額が掛かりますので、3年間などの長期に渡って分割払いで支払う形になります。ただ、インターネット契約を中途解約してしまうと、残りの回線工事費は一括で支払わねばならなくなってしまいます。

ちなみに、固定回線の中には回線工事費0円を売りにしているサービスもありますが、月額料金の中にセットで組み込まれているだけです。いずれにせよ、工事作業員の手間賃は支払わねばならない仕組みになっています。

そんな回線工事には立ち会う必要がありますので、それで1日の予定が潰れてしまいます。しかも、回線工事を休日に指定してしまうと、工事加算金として3,000円余計に支払いをしなければならなくなってしまいます。

回線工事日
インターネットの回線工事日は、平日で指定した方が安上がりになる。

そんな回線工事にまつわる悪評の中でも、一番多いのが回線工事の順番待ちについてでしょう。

実は、固定回線の契約を行ったとしても、すぐに回線工事を行ってくれる訳ではありません。通常であれば数週間、混雑状況によっては数ヵ月間、回線工事が行われるまでに待たねばならない期間が発生してしまいます。

勿論、回線工事が行われるまでの期間中は、インターネットを利用する事が出来ません。ですから、この部分に大きなストレスを感じている方の声が、Twitter上では沢山見受けられます。

このように、光回線の回線工事は、実際に行われるまでの待つ期間のストレスがかなり大きいです。しかも、後にあなたが引っ越す場合には、撤去工事再びの回線工事を経験しなければならなくなってしまいます。

これだけの理由でも十分に固定回線はお勧め出来ない訳ですが、他にも固定回線にはデメリットがあります。例えば、LANケーブルでごちゃごちゃするのが嫌なら、Wi-Fiを利用する形になります。

光回線
固定回線ユーザーでも、無線LANルーターをレンタルする事でWi-Fi(無線)化出来る。

ただ、無線LANルーターの利用料金は固定回線の月額料金の中には含まれていませんので、別途無線LANルーターのレンタル料金を請求されてしまいます。そして、何ヵ月も無線LANルーターをレンタルする位なら、自分で無線LANルーターを購入して利用した方がお得なケースも普通にあったりします。

Wi-Fiルーター
無線LANルーターのレンタル料金は毎月掛かるので、結局は普通に購入するよりも高い費用を支払わされてしまう。

それだけあれこれとお金の掛かる固定回線ですが、勿論回線工事を行った建物内だけでしか利用する事は出来ません。もし無線LANルーターを利用しない場合だと、モデムからLANケーブルで届く範囲内だけに限られてしまいます。

LANケーブル
Wi-Fiを利用しない場合だと、LANケーブルが物理的に届く範囲内でしかインターネットを利用出来なくなる。

と言う事で、固定回線はお金が掛かる割に、利便性も良くないインターネットサービスになります。ですから、今更光回線などの固定回線と契約するメリットはそれほどありません。

中には、通信速度の速さを引き合いにして、モバイルWi-Fiルーターよりも光回線の方がお勧めだと主張する方もいます。ですが、実際の所は光回線だから通信速度が速いとは言い切れない状態になっていたりします。

例えば、マンションタイプの建物内で固定回線を利用する場合だと、他の入居者と通信速度を分割する形になります。ですから、大容量通信を行うユーザーが何人も入居していたりすると、光回線なのに通信速度が出ないと言う事も普通に起こったりします。

また、フレッツ光ネクストの通信速度は1Gbpsなのですが、下り最大通信速度が1Gbpsを超えるモバイルWi-Fiルーターも続々とラインナップされている現状だったりします。それだけモバイルWi-Fiルーターの性能が良くなって来ている現在において、これまでのように光回線にしがみ付く必要性はなかったりします。

HUAWEI製のWiMAX端末
ギガビット超えのモバイルWi-Fiルーターは、続々と登場して来ている。

それよりも、モバイルWi-Fiルーターなら回線工事が必要ありませんし、インターネット環境を携帯して持ち歩けると言う大きなメリットも付いて来ます。しかも、料金プランがシンプルで、光回線よりも安上がりだと言うメリットも無視する事は出来ません。

ちなみに、フレッツ光ネクストよりも通信速度が速いモバイルWi-Fiルーターとしては、WiMAXサービスのSpeed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)を例に出す事が出来ます。そんなWiMAXサービスのSpeed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)について詳しく知りたい方は、Broad WiMAXのサイト内にある説明をご覧になってみて下さい。

そんなBroad WiMAXのホームページへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

インターネットを繋ぐ事が出来るモバイルWi-Fiルーター4選

ご紹介したように、インターネットを繋ぐ際には固定回線よりもモバイルWi-Fiルーターの方がお勧めとなります。そんなモバイルWi-Fiルーターとしては、次の4種類のサービスに分類する事が出来ます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air

まず1つ目がドコモのモバイルWi-Fiルーターなのですが、このサービスは最大でも月に30GBまでしか通信する事が出来ません。しかも、料金の設定額金額も結構割り高ですので、4種類のサービスの中では一番お勧め出来ません。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 1,900~9,400円

続いて、SoftbankのSoftbank Airについてご紹介したいのですが、こちらはホームルーターになります。ですので、コンセントの近くにしか設置する事が出来ません。

SoftBank Airはコンセントが必要
Softbank Airにはバッテリーが内蔵されておらず、コンセントの届く場所にしか設置する事が出来ない。

とは言え、完全通信無制限で利用する事が出来ますので、その点でのSoftbank Airの魅力はかなり大きいです。ただ、Softbank Airの口コミが散々で、それらを読んでいるととてもじゃないですがあなたにお勧め出来るインターネットサービスであるとは言えません。

では、人にお勧め出来るモバイルWi-Fiルーターは他に何があるのかと言う話になる訳ですが、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスがそれに該当します。そんなWiMAXサービスの価格設定は、次のようになっています。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、Flatツープラスプランは月に7GBまで通信出来る料金プランとなっています。

月間のデータ利用量による速度制限
Flatツープラスプランの月額料金は安いものの、

その一方で、Flatツープラス ギガ放題プランの方はと言うと、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がありません。

WiMAXサービスの月間のデータ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ですから、たっぷりとインターネットを利用したい方に、WiMAXサービスは向いていると言えます。ただし、WiMAXサービスは無制限に通信出来ると言う訳ではなく、3日間の合計通信量が10GBまでと決まっています。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

そして、10GBの通信量を超過してしまうと、18時から翌日の2時に掛けての時間帯の通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。ただ、概ね1Mbpsの通信速度があれば、YouTubeの標準画質レベルの動画を視聴する事は出来ます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
3日間の合計通信量が10GBを超過したとしても、速度制限は時間限定となる。

では、Y!mobileのPocket WiFiサービスの方はどうなのでしょうか?Y!mobileのPocket WiFiサービスを利用する場合、料金プランは次のようになっています。

Pocket WiFiサービスの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のPocket WiFiプラン2に申し込んでアドバンスオプションに加入すれば、月間データ利用量の上限なく通信出来るアドバンスモードを利用出来るようになっています。ただし、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードは、3日間の合計通信量が10GBまでと決まっています。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードを利用する事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

そう、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは、価格設定利用出来る通信量が同じ条件になっていると言う訳なのです。ただし、利用出来る通信エリアに関しては、条件が同じと言う訳ではありません。

と言うのも、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、メインのFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまうからです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、利用出来る通信帯域は限られた物になってしまう。

実際、Pocket WiFiサービスWiMAXサービスのそれぞれが対応している通信エリアを比較したのが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスでアドバンスモードを利用出来るのは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

と言う事で、現時点でインターネットを繋ぐのであれば、WiMAXサービスが一番お勧めとなります。その中でも特にお勧めなのが、Broad WiMAXになります。

そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

インターネットを繋ぐのなら、Broad WiMAXがお勧めな理由

ご紹介したように、現時点でモバイルWi-Fiルーターの契約をするのであれば、WiMAXサービスが特にお勧めです。そんなWiMAXサービスですが、実は複数の取扱店が存在します。

そして、各WiMAX取扱店ごとに価格設定が異なりますので、お得感が違う形になります。そんなWiMAX取扱店の中でも、特にBroad WiMAXと言うWiMAX取扱店がお勧めとなります。

その理由ですが、Broad WiMAXは月額料金の価格設定が安いからです。ですので、同じWiMAXサービスを利用する訳ですが、支払う料金は抑える事が出来ます。

WiMAXサービスの利用料金
同じWiMAXサービスであっても、支払う料金は違って来る。

では、Broad WiMAXの月額料金がどれだけ安いのか、一般的なWiMAX取扱店の月額料金と比較をしてみましょう。まずは、一般的なWiMAX取扱店の料金プランをご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

続いて、Broad WiMAXの料金プランをご紹介します。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

このように、全く同じWiMAX回線を利用する訳ですが、Broad WiMAXならかなり費用を抑える事が出来ます。

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

と言う事で、安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

インターネットを繋ぐのに、便利で料金が安いお勧めなサービスは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットのミッションステートメント
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 【必見】Broad WiMAXは他のWiMAX取扱店と比較してどう?その特徴やメリットは?

  • Broad WiMAXユーザーの私が語る。Broad WiMAXの全て

  • 【解決】Broad WiMAXの解約手続きの際、SIMカード(UIMカード)は返却しなきゃ駄目なの?

  • 【要注意】Broad WiMAXの解約手続きのタイミングっていつ?解約手続きの際に気を付けるべき点って?

  • Broad WiMAXのWiMAX 2+通信って、実際の使い勝手はどうなの?

  • 契約前にBroad WiMAXのギガ放題プランとライトプランの違いを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。