1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 【重要】Broad WiMAXで7GB以上通信する場合の速度制限への対策方法

【重要】Broad WiMAXで7GB以上通信する場合の速度制限への対策方法

 2018/10/15 Broad WiMAX
au UQ
  125 Views
【重要】Broad WiMAXで7GB以上通信する場合の速度制限への対策方法

Broad WiMAXで7GB以上通信すると速度制限の対象になる!?

Broad WiMAXで月に7GB以上通信すると、速度制限の対象となってしまいます。
その時に適用されてしまう速度制限は、月間のデータ利用量による速度制限になります。

この月間のデータ利用量による速度制限ですが、ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードで使用した上り通信下り通信の合計通信量で計算されます。
そして、月間のデータ利用量による速度制限が適用された後は、月末までの通信速度は128Kbpsに制限されてしまいます。

月間のデータ利用量による速度制限
月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまうと、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードに対して月末までの通信速度が128Kbpsへと制限されてしまう。

この128Kbpsの通信速度がどれほどのものなのか、気になる方もいる事でしょう。
そこで、auが作成した128Kbpsの通信速度を再現した動画をご紹介します。

このように、通信速度が128Kbpsに制限されてしまうと、動画の再生は不可能になってしまいます。
それだけではなく、画像の読み込みすらも数十秒待たされてしまいますし、ビデオ通話アプリネットゲームも出来なくなってしまいます。

ただ、メールLINEインターネット上の文字だけを読み込む目的であれば、月間のデータ利用量による速度制限が適用中でも通信を行う事が可能です。
ですが、画像が含まれているサイトを開く際には、画像の部分だけは読み込みがかなり遅くなってしまいます

では、月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまうきっかけとなる7GBは、どれだけの通信量になるのでしょうか?
この部分に関しては、SoftBankのサポートサイト上で掲載されているデータが参考になります。

7GBの通信量で出来る事の目安
通信内容 7GBで出来る事 1日に換算
メール 14,630通 488通
ネットサーフィン 24,430ページ 814ページ
動画再生 31時間30分 1時間3分
音楽のDL 1,750曲 58曲

このデータだけを見ると、7GBも通信出来れば十分だと思う方もいるかもしれません。
ただ、実際の通信は複合的に行われますし、上り通信下り通信の両方の合計通信量で計算されます。

データのアップロードとダウンロード
月間のデータ利用量による速度制限の計算は上り通信と下り通信の合計通信量で行われる為、そこも考慮しなければならない。

また、再生する動画の画質によっては再生時間が大幅に減ってしまいますし、常時バックグラウンドで通信するようなアプリやソフトも存在します。
更に、パソコンなどのOSのアップデートが行われると、それだけで数GB消費してしまう事もあるのです。

ですから、7GB分の通信量の目安をSoftBankが掲載してくれてはいますが、実際にこれだけ通信出来る訳ではありません。
そこは気を付けるようにしましょう。

ご紹介したように、Broad WiMAXで7GB以上通信すると月間のデータ利用量による速度制限の対象となってしまいます。
ただし、月間のデータ利用量による速度制限が適用される条件は、一部緩和されるケースも出て来ます。

と言う事で、続いてはBroad WiMAXに対する月間のデータ利用量による速度制限が一部緩和される、ギガ放題プランと言う料金プランについてご紹介します。

Broad WiMAXのギガ放題プランであれば、7GB以上通信出来る!

Broad WiMAXと契約する際には、ライトプランギガ放題プランのどちらかに申し込む形となります。
そして、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、3ヵ月目以降の月額料金が684円高くなってしまいます

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

その代わりに、Broad WiMAXのギガ放題プランへ申し込む事で、月間のデータ利用量による速度制限の適用条件が一部緩和されるのです。
具体的には、ハイスピードモードを利用時の通信量が、月間のデータ利用量による速度制限の計算から免除される形になります。

Broad WiMAXの月間データ利用量
通信モード ライトプラン ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

そう、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込んでハイスピードモードだけを利用している分には、月間のデータ利用量による速度制限は気にならなくなると言う訳なのです。
つまり、動画の視聴ネットゲームなどをたっぷりと楽しむ事が出来るようになると言う訳なのです。

通信モード設定
Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込んでいる方は、ハイスピードモードを標準の通信モードとして利用するようにする。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードで月に7GB以上通信した場合には、ハイスピードモードに対しても月間のデータ利用量による速度制限が適用されてしまいます。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際には、月に7GB以上通信しないようにしましょう。

Broad WiMAXのギガ放題プランであっても、無制限に通信出来る訳ではない

ご紹介しているBroad WiMAXですが、実はもう1つの速度制限が存在します。
その速度制限とは、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限と言う速度制限になります。

この前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が存在する為、ギガ放題プランに申し込んでハイスピードモードだけを利用していたとしても、無制限に通信出来る訳ではなくなります。
と言う事で、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込む方は、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限について知っておく必要があります。

そんな前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限とは、前日までの直近3日間のハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードの合計通信量が10GBを超過する事で適用される速度制限になります。
ここで気になる10GBの通信量についてですが、UQコミュニケーションズYouTubeの視聴時間に換算したデータを公開しています。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

そして、10GBの通信量を超過してしまうと、18時から翌日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。
とは言え、概ね1Mbpsの通信速度が確保されていれば、YouTubeの標準画質レベルの再生は可能となります。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超過すると、18時から翌日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまう。

また、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が適用されてしまうのは夕方から真夜中に掛けてとなります。
ですから、日中しかインターネットを利用しないと言う方であれば、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限は全く考慮する必要すらなくなります。

逆に、夜しかインターネットを利用しない方が10GBの通信量を消費するケースは多くない為、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が適用されてしまうケースはあまりないでしょう。

一方、一日中インターネットを利用している方だと、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が適用されてしまいます。
ただ、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限の適用時間は夜間帯ですから、通信速度を必要とするような用途は日中の時間帯で済ませるようにしましょう。

このような形で対策を取っておけば、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限はあまり影響を感じなくする事が可能です。
ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【重要】Broad WiMAXで7GB以上通信する場合の速度制限への対策方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 実際に使った上でUQ WiMAXとBroad WiMAXの違いを比較

  • 【確認】Broad WiMAXを解約するのに必要なものは?

  • Broad WiMAXはお試し出来る?Try WiMAXでWiMAXをレンタルする方法

  • Broad WiMAXの初月分は日割り?月初めと月末、契約はいつがお得?

  • Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

  • 【重要】Broad WiMAXの有料オプションを解約したいあなたへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。