1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. Broad WiMAXって遅い?通信速度を改善する為の対策方法とは?

Broad WiMAXって遅い?通信速度を改善する為の対策方法とは?

Broad WiMAX
au UQ
  56 Views
Broad WiMAXって遅い?通信速度を改善する為の対策方法とは?

Broad WiMAXを使っていたら、急に通信速度が遅くなった!

Broad WiMAXで利用出来る通信速度は、使用するWiMAX端末の通信スペックに影響されます。
ちなみに、この記事を書いている現時点での各WiMAX端末の通信スペックは、次の通りです。

各WiMAX端末の通信速度
WiMAX端末の機種 下り最大通信速度 上り最大通信速度
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36) 758Mbps 112.5Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35) 440Mbps 75Mbps
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32) 440Mbps 37.5Mbps
WiMAX HOME 01 440Mbps 75Mbps

このように、どのWiMAX端末を選んだとしても、今のBroad WiMAXなら実用レベル以上の通信速度が利用出来る環境下にあるのです。
それもそのハズ、昔の光回線の下り最大通信速度が100Mbpsだった事を考えると、どのWiMAX端末の通信速度も十分に速いと言う事が言える訳なのです。

ラインナップ中のWiMAX端末
どのWiMAX端末を選んだとしても、通信速度が実用レベル以下と言うような通信スペックではない。

ただし、Broad WiMAXを使っていて、通信速度が急に遅くなる場面は実際にあります。
と言うのも、Broad WiMAXの通信速度が遅くなる原因として考えられるポイントは、いくつかあるからです。

ただ、Broad WiMAXは無線を利用する関係から、原因の特定が難しいと言うデメリットもあったりします。
なぜなら、電波は目に見えませんから、起きている不具合から推測する形で、順番に対策方法を試して行くしかないのです。

では、どのような順番で、Broad WiMAXの通信速度の低下に対応する必要があるのでしょうか?
その順番とは、次の通りです。

  1. WiMAX端末の電波状況を、WiMAX端末に表示されたアンテナの本数で確認する。
  2. WiMAX端末と機器間で行われている、Wi-Fi側の電波干渉を疑う。
  3. 通信のし過ぎによって、速度制限が実施されていないかを疑う。
  4. そもそものWiMAX端末の故障を疑う。

これから、それぞれの原因と対策方法について詳しく解説して行きます。
ですので、あなたのBroad WiMAXの通信速度が速くなるまで、順番に読み進めてみて下さい。

Broad WiMAXの通信速度が遅い原因とその対策方法

WiMAX端末における電波の送受信具合が悪い場合の対策方法

冒頭でご紹介したように、Broad WiMAXで通信速度が出ない原因の1つに、電波状況の問題があります。
まずは、WiMAX端末に表示されているアンテナの本数を確認してみて下さい。

WiMAX端末のアンテナの状況
WiMAX端末のアンテナの本数が2本以下であれば、電波状況はあまり良くないと判断出来る。

もしWiMAX端末に表示されているアンテナの本数が少なければ通信速度が遅い原因は電波状況にあると特定出来ます。
そうなると、考えなければならないのが、あなたのいる場所はBroad WiMAXのサービスエリア内なのかどうかと言う点です。

ちなみに、WiMAX端末が利用出来る通信エリアに関しては、サービスエリアマップで確認する事が可能です。

もし、あなたのいる場所がサービスエリア外であれば、その場所で十分な通信速度を得る事は難しいと言う事になります。
逆に、サービスエリア内なのに通信速度が出ないのであれば、WiMAX端末の設置場所に問題があります。

この時の対策方法としては、WiMAX端末の設置場所を窓際に変えてみると言う対策が考えられます。
たったそれだけの事でBroad WiMAXの通信状況は変わって来るのかと、疑う方もいるかもしれません。

ですが、WiMAX端末の設置場所を少し移動するだけでも、実は通信状況が大きく変わって来るものなのです。
そして、窓際ほど基地局からの電波が届きやすくなる為、WiMAX端末の通信状況が改善されやすくなると言う訳なのです。

WiMAX端末の設置場所を変えてもアンテナの本数が改善されなかった場合には、WiMAX端末の通信モードをハイスピードプラスエリアモードへと切り替えてみる方法があります。
と言うのも、ハイスピードプラスエリアモードは人口カバー率99%の広大な通信エリアに対応していますから、標準のハイスピードモードよりも広いエリアで通信出来ると言う特徴があるのです。

通信モード設定
WiMAX端末の通信モードをハイスピードプラスエリアモードへと切り替える事で、アンテナの本数が改善されるようになる。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードで利用出来る通信量は、月に7GBまでと決まっています。
ですので、あくまでもハイスピードプラスエリアモードは補助的に出来る通信モードである事を忘れてはいけません。

また、WiMAX端末の通信状況を改善するのに、別売りのクレードルも役に立ちます。
と言うのも、クレードルにはアンテナが内蔵されており、WiMAX端末の通信環境を良くする機能が搭載されているのです。

WiMAX端末のクレードル
WiMAX端末をクレードルに設置する事で、通信環境は良くなる。

そんなWiMAX端末のクレードルは、楽天市場Amazonなどの通販サイトなどで購入する事が出来ます。
このように、WiMAX端末のクレードルは別売り扱いではありますが、コストパフォーマンス以上のメリットは付いて来ます。

>>楽天でクレードルを探す

>>Amazonでクレードルを探す

WiMAX端末の通信状況を改善させる方法は、他にもあります。
その方法とは、パラボラアンテナを自作して設置すると言う方法になります。

と言うのも、WiMAXの基地局の数が不十分だった頃に、パラボラアンテナを自作する方法が流行ったのです。
ちなみに、パラボラアンテナは100円ショップにある材料で作れますので、興味のある方は試してみるのも良いのではないでしょうか?

パラボラアンテナを自作する
パラボラアンテナを利用する事で、WiMAXの電波をかき集める事が出来るようになる。

ですが、パラボラアンテナなんて本当に効果あるのかと疑う方もいる事でしょう。
この部分については、過去にGMOとくとくBB WiMAX 2+の行った実験動画が分かりやすいかと思います。

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+では、傘にアルミホイルを巻いたパラボラアンテナでも実験を行っています。
そちらの実験動画についても、併せてご紹介しておきます。

Wi-Fi通信で電波干渉が起きている場合の対策方法

Broad WiMAXで通信速度が出ない時には、Wi-Fi側の電波干渉が疑われるケースもあります。
ただ、Wi-Fi側の問題に対してもいくつか対策方法がありますので、そこは安心して頂いて大丈夫です。

WiMAXとau 4G LTE
Wi-Fi側に問題がある事で、通信速度が遅くなる事もある。

まず最初にご紹介するのが、WiMAX端末で利用するWi-Fiの周波数を切替えてみる方法になります。
と言うのも、各WiMAX端末では、2種類の周波数のWi-Fiを利用して通信しているのです。

そんなWiMAX端末で利用出来るWi-Fiの周波数は、次の2種類になります。

2.4GHzのWi-Fi
古い機器から比較的新しい機器まで対応している汎用性の高い周波数のWi-Fiだが、電子レンジなどの家電製品が出す電磁波の電波干渉を受けやすい。
5GHzのWi-Fi
比較的新しい機器しか対応していない周波数のWi-Fiだが、電波干渉を受けにくく通信スペックも高い。

と言う事で、WiMAX端末の通信速度が出ない場合には、Wi-Fiの周波数を5GHzに切り替えてみましょう。

Wi-Fi設定
WiMAX端末を操作する事で、Wi-Fiの周波数を2.4GHzから5GHzへと切り替える事が出来る。

WiMAX端末の周波数を5GHzに切り替えても、WiMAX端末の通信速度は遅いままだった。
そんな時には、WiMAX端末を再起動してみましょう。

WiMAX端末を再起動する意味はあるのかと、変に思う方もいる事でしょう。
ですが、WiMAX端末を再起動するだけでも、一時的なWi-Fiの不具合が解消される事もあるのです。

再起動
WiMAX端末を再起動すると、調子良く通信を再開する事がある。

また、WiMAX端末の再起動で状態が改善されなくても、WiMAX端末のリセットボタンを長押しする事で改善される事があります。
実際に、私自身がUQコミュニケーションズのサポートセンターからこのアドバイスを受けて、通信状態を改善させました。

リセットボタン
リセットボタンの位置はWiMAX端末によって違って来るが、間違って押せないような場所に隠されている。

リセットボタンと聞くと怖くなる方もいるかもしれませんが、Broad WiMAXからWiMAX端末が届いた状態に戻すだけの事です。
あなたがWiMAX端末で行っていた各設定をリセットするだけですから、そこは怖がらなくても大丈夫です。

Broad WiMAXで速度制限が実施されている場合の対策方法

Broad WiMAXで通信速度が遅くなった場合、速度制限も疑われる原因の1つになります。
もし速度制限が原因の場合、月間のデータ利用量による速度制限前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が実施されている事になります。

それぞれの速度制限の種類によって制限具合が異なりますので、一度速度制限の内容を確認しておきましょう。

Broad WiMAXの速度制限後の通信速度
速度制限後の種類 速度制限後の通信速度 速度制限の実施期間
月間のデータ利用量による速度制限 128Kbps 月末まで
前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限 概ね1Mbps(1,000Kbps) 18時から翌日の2時まで

このように、特に注意すべきなのは月間のデータ利用量による速度制限になります。
と言うのも、月間のデータ利用量による速度制限適用後の通信速度は128Kbpsになりますので、ほとんどの用途に対応出来なくなってしまいます。

しかも、月間のデータ利用量による速度制限は翌月になるまで解消されませんので、出来るだけ避けたい速度制限になります。
ちなみに、Broad WiMAXで月間のデータ利用量による速度制限が実施されるのは、次の通信量を超過した場合です。

Broad WiMAXの月間データ利用量
通信モード ライトプラン ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

と言う事で、文字ばかりのページの表示ですら時間が掛かる場合、月間のデータ利用量による速度制限が疑われます。

月間のデータ利用量による速度制限
月間のデータ利用量による速度制限が実施されてしまうと、その月はロクに通信出来なくなる。

一方、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限の方であれば、YouTubeの再生くらいであれば可能です。
ただし、他の動画配信サイトで動画を視聴する場合だと、通信速度が足りなくなる事もしばしばです。

ですので、そう言う方は、18時から翌2時までの間は動画を視聴しないと割り切る必要があります。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が実施されると、動画の視聴に問題が出て来る時間帯もある。

また、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限が実施されている時間帯に、YouTubeであっても動画を視聴出来なくなる事があります。
その場合、パソコンやスマートフォンが、バックグラウンドで何かしらの通信を行っていたりします。

例えば、OSやアプリのアップデート、ファイルの同期、メールの送受信など、あなたの気が付かない間にデータのやり取りが行われている事があるのです。
そうなると、YouTubeの視聴に必要な通信速度が足りなくなってしまい、動画の再生は出来なくなってしまいます。

この問題への対処方法としては、18時から翌2時までの時間帯を出来るだけ避ける形で、アップデート関連やファイルの同期を行うようにしたいものです。
例えば、OSのアップデートであれば、予め時間帯を指定しておく事が出来るケースもあるかと思います。

一度、あなたがお使いのパソコンやスマートフォンを確認をしてみる事をお勧めします。

WiMAX端末の故障が疑われる場合の対策方法

ご紹介して来た方法でWiMAX端末の通信速度が改善されなかった場合、WiMAX端末の故障も疑われます。
そうなると自分では対処出来ない問題となりますので、まずはBroad WiMAXのサポートセンターでアドバイスを貰うようにしましょう。

コールセンター
最終手段としては、Broad WiMAXのサポートセンターを利用する。

ちなみに、Broad WiMAXのサポートセンターへお問い合わせをする場合には、次の電話番号へ電話を掛けて下さい。

Broad WiMAXのオペレーターとのやり取りでWiMAX端末の交換となった場合には、いくら費用が掛かるのかを事前に確認するのがポイントです。
もし、通常価格の20,000円でWiMAX端末を再購入させられそうになったら、交換しない方がお得です。

と言うのも、各WiMAX端末は通販サイトで安く販売されているからです。
ですので、通常価格の20,000円でWiMAX端末を購入すると言うのは、非常に勿体ない買い物となります。

>>楽天でWiMAX端末を探す

>>AmazonでWiMAX端末を探す

ぜひ参考にして頂いて、少ない負担額で新しいWiMAX端末を手に入れるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Broad WiMAXって遅い?通信速度を改善する為の対策方法とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。




Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Broad WiMAXで住所変更の際に必要な手続きのまとめ

  • 【注意】Broad WiMAXのau 4G LTE通信に対して適用される速度制限には何がある?

  • Broad WiMAXユーザーって、UQ Wi-Fiプレミアムを使えるの?

  • 【必見】Broad WiMAXの月額最安プランって、どんな料金プラン?そのメリットとデメリットは?

  • Broad WiMAXの有料オプションの解約方法。電話とWebの違いとは?

  • 【必見】Broad WiMAXの解約を考えている方が知っておくべき6つのポイント

    Broad WiMAXのサポートセンターの電話番号
    お問い合わせ窓口 電話番号
    一般窓口 050‐5212‐7322
    解約窓口
    新規お申込窓口 0120-299-964