1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 【要チェック】Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末に対する評判は?

【要チェック】Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末に対する評判は?

 2018/10/07 Broad WiMAX
au UQ
  304 Views
【要チェック】Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末に対する評判は?

Broad WiMAXで取り扱う各WiMAX端末の評判について知りたい!

Broad WiMAXでは、現在3種類のWiMAX端末を取り扱っています。
そして、あなたが選んだWiMAX端末の通信スペックは、あなたの通信環境を決定付けるものになります。

Broad WiMAXでラインナップ中のWiMAX端末
どのWiMAX端末を利用するのかと言う点は、あなたの通信環境に大きな影響を及ぼす。

ですから、WiMAX端末選びはそれだけ重要となって来ます。
そんなBroad WiMAXで取り扱っているWiMAX端末の機種は、次の通りです。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
通信速度の速さが特徴の、モバイルルータータイプのWiMAX端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)
ビームフォーミングに対応している、モバイルルータータイプのWiMAX端末。
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時使用で最大42台の機器を同時通信出来る、ホームルータータイプのWiMAX端末。

ここで気になるのが、Broad WiMAXで取り扱っている各WiMAX端末に対する評判でしょう。
と言う事で、Twitterで検索した各WiMAX端末に対する評判をご紹介します。

また、私自身Broad WiMAXユーザーであり、WiMAX端末としてSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を使っています。
ですから、実際にSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を使っていてどうなのか、レビューもご紹介します。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXでSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を使っているので、リアルなユーザーの声をご紹介出来る。

ぜひ参考にして頂いた上で、Broad WiMAXを検討してみて下さい。

Broad WiMAXで取り扱う各WiMAX端末、評判はどう?

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)に対する評判とレビュー

この記事を書いている現時点で、最新機種のWiMAX端末がSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)になります。
そんなSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)HUAWEI製のWiMAX端末で、通信速度の速さが特徴となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)は通信速度の速さが特徴なので、より速く通信したい方に向いている。

では、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信スペックはどれほどなのかと言う点が気になる所かと思います。
このSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)上り最大通信速度は112.5Mbpsで、下り最大通信速度は758Mbpsになります。

以前の光回線の通信速度が100Mbps今の光ネクストの通信速度が1,000Mbps(1Gbps)になります。
そう考えると、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度がどれだけ速いのかイメージ湧くかと思います。

そう、WiMAX端末としてSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を選べば、実用上通信速度が足りないと言う事はあまり考えられなくなります。
と言う事で、動画を視聴する際に快適なインターネット環境を手に入れたいと言う方には、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)をお勧めします。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)ですが、Twitter上の口コミを読んでいると悪評を見掛ける事もあります。
それは何かと言うと、突然通信が止まり、SIMカードが認識されてないと言う症状が起きてしまうと言う部分になります。

そうなってしまうと、au Nano IC Card 04 LEを挿し直して、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を再起動しなければならなくなってしまいます。
ですから、インターネットで生放送番組を視聴していたりすると、1分間ほど番組の視聴を中断させられてしまいます。

WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)でSIMカードが認識されなくなると、au Nano IC Card 04 LEを挿し直して再起動しなければならなくなる。

実はこの症状、私も過去に3回経験があります
回数としてはそこまで頻度が多くはありませんが、この不具合は確かに私も経験しています

ですので、稀に突然通信が止まる事があると言うのが、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のデメリットであると言えるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)に対する評判は?

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)は、NECプラットフォームズ株式会社製のWiMAX端末になります。
ですので、安心の国産WiMAX端末になります。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)は、メイド・イン・ジャパンのWiMAX端末。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)は、ビームフォーミングに対応している点が特徴となるWiMAX端末になります。
このビームフォーミングとは、ビームフォーミング対応スマートフォンのある位置をSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)が把握し、そこへ目掛けてWi-Fiを照射する機能の事を差します。

従来のWiMAX端末の場合、四方八方へとWi-Fiを飛ばしていました。
ですが、1方向目掛けてWi-Fiを照射する事で、通信の安定性通信速度の向上Wi-Fiの飛距離の伸びなどを期待する事が出来ます。

ビームフォーミング
ビームフォーミングを利用する事で、効率良くWi-Fi通信を行えるようになる。

ただし、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)のビームフォーミング機能を利用する為には、ビームフォーミングに対応しているスマートフォンを所有していなければなりません。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)でビームフォーミング機能を利用する為には、別売りのクレードルも持っていなければなりません。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)のクレードルセット
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)でビームフォーミング機能を利用するには、別売りのクレードルにセットした状態でなければならない。

と言う事で、ビームフォーミング対応のスマートフォンを持っている方の場合には、Broad WiMAXでSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)のクレードルセットを選ぶようにしましょう。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)ですが、上り最大通信速度は75Mbps下り最大通信速度は440Mbpsと、実用レベルをゆうに超えている通信スペックは持ち合わせています。
と言うより、むしろ現在ラインナップ中の各WiMAX端末の通信スペックは実用レベル以上あるのですが、通信速度が1Mbps前後しか出ていないと言った不満の声も口コミサイト上で見掛ける事があります。

これは、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)などの通信スペックに対する不満の声ではなく、正確にはWiMAXサービスの速度制限に対する不満の声である事が推測出来ます。

そんなBroad WiMAXですが、ライトプランギガ放題プランの2種類の料金プランが用意されています。
そして、ギガ放題プランの方が、月額料金は684円高くなります。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

Broad WiMAXのライトプランは月額料金が安いのですが、月に7GB以上通信する事で速度制限の対象となってしまいます。

月間のデータ利用量による速度制限
Broad WiMAXのライトプランに申し込むと、月に7GB以上通信した段階で月末まで速度制限が適用されてしまう。

一方、ギガ放題プランへ申し込んだ方であれば、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、Broad WiMAXのギガ放題プランへ申し込んでハイスピードモードだけを利用していたとしても、3日間の合計通信量は10GBまでと決まっています。
そして、この通信量を超えてしまうと、18時から翌日の2時に掛けて速度制限が適用されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
WiMAXサービスで3日間に10GB以上通信すると、18時から翌2時にかけて速度制限が適用されてしまう。

この速度制限が適用されてしまうと、Broad WiMAXの通信速度は概ね1Mbpsになります。
つまり、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)などの通信速度が1Mbps程度しか出ないと言うケースに関しては、この速度制限を適用されてしまっている可能性が高いと思われます。

とは言え、この速度制限の適用は18時から翌日2時までの時間限定となります。
また、概ね1Mbpsの通信速度が出ていれば、YouTubeの標準画質レベルの再生は可能です。

と言う事で、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)でも速度制限時の通信速度は遅いですが、そこまで心配し過ぎなくても大丈夫です。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)に対する評判は?

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は、HUAWEI製のWiMAX端末になります。
その特徴としては、モバイルルーターではなくホームルーターであると言う点が挙げられます。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)はホームルーターなのでバッテリーを内蔵しておらず、コンセントのない場所では利用出来ない。

ホームルーター外にインターネット環境を持ち出せませんので、そう言う点でのデメリットが目立ちます。
ですが、内蔵されているアンテナが大きくバッテリーの消費を抑えるような構造になっていない分通信パフォーマンスが高いのです。

実際、Twitter上の口コミを読んでいると、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は通信の安定性が大きいと好評だったりします。
ですから、外でインターネットを利用する機会が少ないと言う方であれば、Broad WiMAXでSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)を選択するのも良いでしょう。

ちなみに、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信に対応しています。
また、Wi-Fiで最大40台有線で最大2台の機器を同時通信出来ると言う点も、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)よりも優れている点になります。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の同時接続数
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は同時接続数が圧倒的に多いWiMAX端末なので、オフィスに設置するような用途にも対応している。

ご紹介したBroad WiMAXでラインナップ中の各WiMAX端末のスペックを考慮しつつ、あなたにとってベストなWiMAX端末の機種を選ぶようにしましょう。

Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末、付属品は必要?

Broad WiMAXのWiMAX端末、クレードルは必要?

Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約をする際、別売りのクレードルを購入するかどうかも選択肢の1つになります。
と言うのも、わざわざ別料金を支払ってまでクレードルを購入する意味はあるのか、そこが気になって来るからです。

WiMAX端末のクレードル
WiMAX端末のクレードルとは、WiMAX端末を設置する事が出来る充電台の事を指す。

一応、クレードルを購入しなくてもWiMAX端末は使用出来ます。
ただ、クレードルが手元にある事で、次のメリットが付いて来るのです。

  • 常にWiMAX端末が通電状態になるので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出せる。
  • WiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなるので、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来る。
  • WiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が高い状態で維持されるので、通信効率が良くなる
  • クレードルに内蔵されたアンテナによって、通信状態が更に強化される。
  • クレードルの有線LANポートにLANケーブルを差してWiMAX端末をルータモードにする事で、Wi-Fiに非対応の機器を有線通信する事が出来る。
  • クレードルの有線LANポートと光回線やADSLを繋いでWiMAX端末をAPモードにする事で、WiMAX端末をWi-Fiルーター代わりにする事が出来る。
  • Wウイングアンテナを使ったビームフォーミングを利用する事で、通信の安定性を高めつつ電波の飛距離を伸ばす事が出来る。

ですので、わざわざ別料金を支払ってまでクレードルを購入する利便性はあります。
例えば、WiMAX端末をデジタル電波時計に出来ると言う点だけを取ってみても、その利便性は大きいかと思います。

と言う事で、特にお金に困っていないのであれば、Broad WiMAXのクレードルセットは選ぶようにしましょう。

Broad WiMAXのWiMAX端末、充電器は必要?

Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約をする際、別売りの充電器を購入するかどうかも選ぶ形になります。
この充電器とは、モバイルバッテリーの事ではありません。

Broad WiMAXで言う充電器とは、ACアダプタの事を指します。
ですから、モバイルバッテリーが欲しいからと、間違えてBroad WiMAXの充電器を購入しないようにしましょう。

充電器とはACアダプタの事
Broad WiMAXで充電器を購入しても、モバイルバッテリーは届かない。

とは言え、Broad WiMAXの充電器を購入しなければ、WiMAX端末の充電はパソコンのUSBポートから行わねばならなくなってしまいます。
ですから、パソコンを持っていない方だと、WiMAX端末を充電する事が出来ません。

USB給電
Broad WiMAXで充電器を購入しなかった場合、WiMAX端末を充電している間はパソコンを起動していなければならない。

と言う事で、パソコンを持っていない方の場合には、Broad WiMAXの充電器の購入は必須となります。

Broad WiMAXの機種変更キャンペーンってどうなの?

Broad WiMAXとの契約を20ヵ月以上続けていると、機種変更キャンペーンの案内が届きます。
この機種変更キャンペーンを利用する事で、無料で最新機種へと乗り換えが出来ます。

冒頭でご紹介したように、あなたの利用するWiMAX端末のスペックが、あなたの通信環境を左右します。
ですから、WiMAX端末の最新機種へと乗り換える事は、あなたの通信環境を最新のものへと最適化させる事に繋がります。

Speed Wi-Fi NEXT W04 & Speed Wi-Fi NEXT W05
WiMAX端末を最新機種へと乗り換える事は、通信環境の向上に繋がる。

また、Broad WiMAXの機種変更キャンペーンを利用すると、24ヵ月間の月額料金が300円割り引きされます。
ですので、あなたが支払っている月額料金が、今よりも安くなると言う訳なのです。

その代わり、Broad WiMAXの機種変更キャンペーンを利用すると、契約期間が1ヵ月目にリセットされます。
つまり、そこから36ヵ月間Broad WiMAXを利用し続けなければならなくなってしまいます。

と言う事で、Broad WiMAXの機種変更キャンペーンには、メリットデメリットの両方があります。
その両方を把握した上で、Broad WiMAXの機種変更キャンペーンを利用するかどうか検討するようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【要チェック】Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末に対する評判は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Broad WiMAXのホームルーターを徹底比較!お勧めの端末は?

  • Broad WiMAXが安い理由とは?他のWiMAX取扱店との料金プランを比較

  • 【要注意】Broad WiMAXの解約手続きのタイミングっていつ?解約手続きの際に気を付けるべき点って?

  • 【必須】Broad WiMAXのギガ放題プランで、注意すべき速度制限とは?

  • Broad WiMAXはお試し出来る?Try WiMAXでWiMAXをレンタルする方法

  • Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。