1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 【レビューあり】Broad WiMAXに対する様々な評判が知りたいあなたへ

【レビューあり】Broad WiMAXに対する様々な評判が知りたいあなたへ

 2018/10/13 Broad WiMAX   15 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
【レビューあり】Broad WiMAXに対する様々な評判が知りたいあなたへ

Broad WiMAXの料金プランに対する評判

Broad WiMAXの月額最安プランに対する評判

WiMAX取扱店は複数存在しますが、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行ったとしても利用出来る通信環境に違いはありません。
では何が違うのかと言う話になる訳ですが、実施しているキャンペーン特典利用料金の設定金額サポート対応面が異なって来ます。

そんな中、Broad WiMAXと言うと月額料金が安いタイプのWiMAX取扱店になります。
ですから、長くお得に利用出来るWiMAX取扱店であると言う事になります。

月額料金が安い
Broad WiMAXは月額料金が安いので、長くお得に利用する事が出来る。

このBroad WiMAXの料金設定に対する評判をTwitterで検索してみると、次のような口コミがありました。

WiMAX取扱店の比較サイトの記事を読んでいると、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店がお勧めされる傾向にあります。
ですが、実際にキャッシュバックを受け取る為には約1年後の手続きが必要となりますので、手続き忘れによって貰えなくなってしまう方が大勢出ているのが現状だったりするのです。

一方、Broad WiMAXはキャッシュバックと言う方式を採用していませんから、確実に安くWiMAXサービスを利用する事が出来ます。
この部分が、Broad WiMAXの人気の秘密となっているのです。

そんなBroad WiMAXの料金プランですが、一般的なWiMAX取扱店の月額料金と比較をしてみましょう。
まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の月額料金
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

続いて、Broad WiMAXの月額料金についてご紹介します。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

同じWiMAXサービスを利用出来るのに、これだけ月額料金に差が出て来るのです。
ですので、Broad WiMAXの価格設定に対して、次のような声もあったりします。

ご紹介しているBroad WiMAXですが、長期契約に向いているWiMAX取扱店になります。
と言うのも、Broad WiMAXを20ヵ月以上契約している方は機種変更キャンペーンに申し込めるのですが、この機種変更キャンペーンに割引き特典も付いて来るからです。

一般的なWiMAX取扱店の場合、機種変更キャンペーンは無料で最新機種のWiMAX端末が貰えると言うだけのキャンペーンになっています。
一方、Broad WiMAXであれば、24ヵ月間の月額料金が300円割り引きされるのです。

ですから、長期契約が他のWiMAX取扱店よりもお得になっているのです。
そんなBroad WiMAXの機種変更キャンペーンに対しては、次のような口コミがあります。

WiMAX取扱店の名前は書かれていませんが、機種変更後の月額料金が3,000円台になると言う事なのでBroad WiMAXである事が分かります。
このように、安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXをお勧めします。

Broad WiMAXのWEB割キャンペーンに対する評判

ご紹介しているBroad WiMAXの月額最安プランですが、実はデメリットもあります。
それは何かと言うと、18,857円もの高額な初期費用が掛かると言う点になります。

一般的なWiMAX取扱店だと、この初期費用に該当する料金はありません。
ですので、Broad WiMAXの初期費用は何に対して支払う料金なのか明確ではなく、批判の声も見受けられます。

とは言え、Broad WiMAXで実施中のWEB割キャンペーンに申し込む事で、18,857円もの初期費用は無料になります。
つまり、Broad WiMAXの月額最安プランは、月額料金の安さだけが残る形となる訳なのです。

ただし、Broad WiMAXのWEB割キャンペーンに申し込む事で、次の有料オプションへ加入しなければならなくなってしまいます。

安心サポートプラス
WiMAX端末の自然故障水濡れ故障に対応した、月額550円の端末無料修理サービス。
MyBroadサポート
PCプレミアムサポートBroadメールKINGSOFT Internet Securityがセットになった、月額907円のオプションサービス。

一応、WiMAX端末が届いてすぐにこれらの有料オプションは解約出来ます
また、MyBroadサポートは最大2ヵ月無料ですから、実際に利用料金が発生する事はありません。

ですが、安心サポートプラスの月額料金は初月から発生してしまいますので、月額料金が550円高くなってしまいます。
それでいて、Broad WiMAXの最初の支払いは初月分1ヵ月分の月額料金が合算されます。

また、契約事務手数料の3,000円クレードルなどの付属品の購入代金も合わせて請求されますので、Broad WiMAXからの最初の請求額はどうしても高くなってしまいます。
この部分について、Twitter上では次のような意見もあります。

ちなみに、私へのBroad WiMAXからの最初の請求額は、次の通りです。

Broad WiMAXからの最初の請求額
Broad WiMAXの最初の請求額は初月分と1ヵ月目の月額料金が合算され、しかも契約事務手数料などの料金が上乗せされる為高額になる。

この月額料金にはBroad WiMAX側の手違いで発送されなかったクレードル代が含まれていませんので、実際の最初の請求額は4,000円ほど高くななります。
また、Broad WiMAXの契約初月分の月額料金は日割り計算される為、人によっては更に高額な月額料金を請求されるケースもあります。

と言う事で、Broad WiMAXの最初の請求額はそれなりに高くなると言う点に、注意しましょう。

Broad WiMAXのauスマホ割プランに対する評判

Broad WiMAXでは、月額最安プラン以外にauスマホ割プランと言う料金プランも用意しています。
そんなBroad WiMAXのauスマホ割プランに対しては、Twitter上で次のような呟きがありました。

この呟きを見ていると誤解されているように見受けられますが、Broad WiMAXの月額最安プランauスマートバリュー mineには対応していません。
そして、auスマートバリュー mineに対応しているauスマホ割プランだと、Broad WiMAXの月額料金は大して安くなりません。

Broad WiMAXのauスマホ割プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,695円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,695円 3,695円
3ヵ月目~ 4,380円

とは言え、auで契約中のスマートフォンに対して割り引きが適用されるauスマートバリュー mineの対象となります。
ですので、総合的な通信費で考えると、Broad WiMAXのauスマホ割プランの方が安くなるケースも出て来ます。

auスマートバリューmine
Broad WiMAXのauスマホ割プランに申し込む事で、auで契約中のスマートフォンに対してauスマートバリュー mineが適用されるようになる。

と言う事で、Broad WiMAXで加入する料金プランについては、どちらのケースがより安くなるのかを考えた上で申し込むようにしましょう。

Broad WiMAXで取り扱っているWiMAX端末に対する評判

Broad WiMAXでラインナップ中のWiMAX端末のスペックに対する評判

この記事を書いている現在、Broad WiMAXでは次の端末がラインナップ中です。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
通信速度の速さが特徴の、モバイルルータータイプのWiMAX端末。
Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)
ビームフォーミングに対応している、モバイルルータータイプのWiMAX端末。
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時使用で最大42台の機器を同時通信出来る、ホームルータータイプのWiMAX端末。

この中にあるSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)ですが、Twitter上では次のように呟かれています。

それもそのハズ、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はWiMAX端末の中でも最速ですから、通信速度が一番速いのは当たり前です。
対して、Softbank Airで利用するAirターミナル3の通信スピードはあまり速くないですから、比較する間でもない訳なのです。

と言う事で、通信速度重視の方については、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)をお勧めします。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット
通信速度重視の方にはSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)がお勧めとなる。

続いて、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)についてですが、Twitter上での評判は次の通りです。

結構意外だったのですが、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)に対しては、通信が切れるとか再起動されると言ったTweetをいくつか目にしました。
ですから、電波状況によっては、あまり良くない動作を起こしてしまう場合があるようです。

とは言え、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)現行のWiMAX端末の中で唯一ビームフォーミングに対応している点が大きな強みとなっています。
ですので、ビームフォーミングに対応したスマートフォンを持っていると言う方であれば、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)を使った方がスマートフォンの通信機能をフル活用出来るようになります。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)クレードルセット
ビームフォーミングに対応したスマートフォンを持っていると言う方であれば、WiMAX端末にはSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)を選んだ方が良い。

今度はSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)に対するTwitter上の評判ですが、次のようなTweetを見掛けました。

ホームルータータイプのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は、Speed Wi-Fi HOME L01(HWS31)の後継機になります。
そして、前のモデルのSpeed Wi-Fi HOME L01(HWS31)と比べて、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は通信が安定しているようです。

と言う事で、室内専用のホームルーターを探していると言う方については、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)をお勧めします。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)はホームルーターとしての通信に特化しているので、室内専用のインターネット環境を考えている方にお勧め。

同じBroad WiMAXユーザーであっても、あなたが利用するWiMAX端末によって通信環境が大きく変わります。
ですので、あなたの通信環境に最も合っているWiMAX端末を選びたいものです。

Broad WiMAXで取り扱っているWiMAX端末の配送に対する評判

Broad WiMAXが他のWiMAX取扱店と違う点の1つに、WiMAX端末の最短即日発送対応が挙げられます。
これは何なのかと言と、Broad WiMAXでWiMAXサービスの申し込み手続きを行ったその日のうちにWiMAX端末が発送される仕組みの事を指しています。

一方、一般的なWiMAX取扱店だと、WiMAX端末の発送までに4日ほどの審査期間があります。
ですから、Broad WiMAXであれば、いち早くWiMAX環境を導入する事が出来る形になっているのです。

Broad WiMAXからWiMAX端末が配送されて来る。
Broad WiMAXであれば、WiMAX端末が届くまでの期間が短い。

この部分について、Twitterでは次のように呟かれています。

確かに、Broad WiMAXの最短即日発送対応は日曜日と祝日には行っていません。
ですが、土曜日なら普通に対応して貰えます。

実際、私自身も土曜日にBroad WiMAXと契約をしました。
また、日曜日に申し込んだ方は月曜日での発送となりますが、それでも一般的なWiMAX取扱店よりは早い発送対応となります。

ちなみに、Broad WiMAXでは店舗受取サービスバイク便サービスにも対応しています。
そして、これらのサービスを利用すれば、申し込んだその日のうちからBroad WiMAXを利用開始する事も可能だったりします。

ただし、Broad WiMAXの店舗受取サービスを利用するには、次の店舗まで直接WiMAX端末を取りに行ける方でなければなりません。

  • 東京都の渋谷センター
  • 東京都の秋葉原センター
  • 埼玉県の大宮センター
  • 大阪府の梅田センター

また、Broad WiMAXのバイク便サービスについても、東京23区内にいる方でなければ利用出来ません。

そんなBroad WiMAXの店舗受取サービスについては、次のようなTweetが投稿されています。

このように、出来るだけ早くWiMAXサービスを利用開始したいと言う方に、Broad WiMAXはお勧めとなります。
ぜひ活用して頂いて、いち早く快適なWiMAX環境を導入してみて下さい。

Broad WiMAXのサポート対応に対する評判

Broad WiMAXの電話対応に対する評判

ご紹介しているBroad WiMAXですが、電話対応面に関して色々と気になる部分があります。

例えば、サポートセンターの営業時間は、月曜日から土曜日まで11時から18時までとなっています。
ですから、一般的なWiMAX取扱店のサポートセンターの営業時間と比べると、営業時間が短いとなっています。

サポートセンターが営業時間外
Broad WiMAXはサポートセンターの営業時間が短いので、他のWiMAX取扱店と比べて使い勝手が悪くなっている。

また、Broad WiMAXのサポートセンターの電話番号フリーコールに対応しておらず、ナビダイヤルを採用しています。
ですので、受付窓口に繋がるまでの待機時間中も、通話料金を負担させられてしまいます。

それに加えて、Broad WiMAXのサポートセンターは、電話がなかなか繋がらないと言う悪評もあります。
ここが、Broad WiMAXと契約する最大のデメリットと言っても良いでしょう。

この部分について、Twitterでも悪評がちらほら投稿されています。

とは言え、Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトでは、電話混雑予想カレンダーを掲載しています。
この電話混雑予想カレンダーを参考にしてお問い合わせをすれば、電話口で待たされると言ったリスクは避ける事が出来ます。

混雑予想カレンダー
電話混雑予想カレンダーで○の時間帯にお問い合わせをすれば、電話口で待たされると言ったリスクは避ける事が出来る。

実際、私自身もBroad WiMAXへ電話でお問い合わせをした事があります。
その時には、たった2コールで電話が繋がりました。

また、急ぎの用事でないのであれば、お問い合わせフォームを使ったお問い合わせ方法もあります。
更に、Broad WiMAXではチャットサポートにも対応しています。

これらのお問い合わせ方法も活用しつつ、Broad WiMAXの契約期間を過ごしたいものです。

Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトへのログイン後に対する評判

Broad WiMAXのサポート対応面で気になるもう1つの部分なのですが、お客様向けサポートサイトの情報量が少なかったりします。
一応、契約中の料金プランご利用明細は分かる形になっていますが、利用した通信量速度制限の適用状況は把握する事が出来ません。

この部分について、Twitter上でも気になっていると言う声が見受けられます。

WiMAXサービス提供元であるUQコミュニケーションズが直接運営しているUQ WiMAXであれば、通信量速度制限の適用状況は簡単に把握出来ます。
ですから、Broad WiMAXでも出来ない事はないハズなのですが、実際には導入されていません

通信量
UQ WIMAXであれば、My UQから通信量や速度制限の適用状況を把握する事が出来る。

Broad WiMAXは月額料金がかなり安いですから、こう言うシステムのクオリティー的なものは我慢するしかないのかもしれません。
そこは、ある程度の割り切りが必要となって来る部分です。

Broad WiMAXの解約手続きに対する評判

Broad WiMAXの初期契約解除制度に対する評判

契約期間の縛りがある全インターネットサービスでは、初期契約解除制度を利用する事が出来ます。
勿論、Broad WiMAXでも初期契約解除制度に対応していますので、8日以内ならユーザー都合での契約解除が出来ます。

キャンセル保証期間
Broad WiMAXからWiMAX端末が届いて8日以内であれば、初期契約解除制度を利用した解約手続きを行う事が出来る。

そんなBroad WiMAXで初期契約解除制度を利用した方からの声としては、Twitter上で次のように呟かれています。

実は、初期契約解除制度で免除となるのは、契約解除料キャンペーン違約金の部分のみとなります。
ですから、事務手数料契約初月分の月額料金WiMAX端末を返送する際の送料は支払わなければならないのです。

これは、どのWiMAX取扱店でも条件が同じですから、そう言うものだと諦めるしかありません。
とは言え、高額な契約解除料は支払わなくて良くなりますので、そう言う点では必要に応じて活用したい制度だったりします。

Broad WiMAXの契約解除料とキャンペーン違約金に対する評判

先ほどBroad WiMAXの初期契約解除制度のところで触れましたが、Broad WiMAXを解約する際には契約解除料キャンペーン違約金を支払わなければなりません。
この部分について、Twitter上では次のように呟かれています。

そんなBroad WiMAXの契約解除料キャンペーン違約金をまとめたものが、次の表になります。

Broad WiMAXの契約解除料とキャンペーン違約金
ご利用期間 2年契約 3年契約 キャンペーン違約金
8日以内 0円
ご利用開始月 19,000円 9,500円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目 0円 9,500円 0円
26~36ヵ月目 9,500円
37ヵ月目 0円
38~48ヵ月目 9,500円
49ヵ月目 0円
50~72ヵ月目 9,500円
73ヵ月目 0円

表で0円と書かれている月が、Broad WiMAXの契約更新月になります。
そして、契約更新月の1~25日までの解約手続きであれば、契約解除料を請求される事はありません。

WiMAXサービスの契約期間
契約更新月内での解約手続きであれば、無料でBroad WiMAXを解約する事が出来る。

ですから、Broad WiMAXを解約する際には、契約期間を守るようにしましょう。
わざわざ高い料金を支払ってBroad WiMAXを解約するのは、非常に勿体ないです。

Broad WiMAXのご満足保証制度に対する評判

Broad WiMAXの解約手続きに関してですが、Broad WiMAXではご満足保証制度と言うオリジナルの保証制度を設けています。
このご満足保証制度を利用する事で、いつでもBroad WiMAXから他のインターネット回線へと乗り換える事が出来ます。

インターネット回線を乗り換える
Broad WiMAXのご満足保証制度を利用すれば、負担なく他のインターネット回線へと乗り換える事が出来るようになる。

その際に、契約解除料キャンペーン違約金を請求される事はありません。
その代わりに、ご満足保証制度を使って乗り換える事が出来るインターネット回線は、株式会社リンクライフの取り扱っているインターネットサービスでなければなりません。

そんな株式会社リンクライフの取り扱っているインターネットサービスは、次の通りです。

  • SoftBank 光
  • auひかり
  • FLET’S 光 東日本
  • フレッツ 光 西日本
  • フレッツ ADSL
  • Broad 光 with NTT東日本
  • Broad 光 with NTT西日本
  • UCOM 光
  • Broad WiMAX
  • Broad LTE
  • NEXT mobile
  • ONE MOBILE
  • So-net 光
  • Yahoo!BB ADSL
  • ビッグローブ光
  • Pikara
  • NURO 光
  • MEGA EGG

これだけの選択の幅がありますので、Broad WiMAXのご満足保証制度の使い勝手は良いです。
そんなBroad WiMAXのご満足保証制度を利用した方の声としては、次のTweetを挙げる事が出来ます。

このように、Broad WiMAXのご満足保証制度を利用すれば、負担なく他のインターネット回線への乗り換えが出来ます。
Broad WiMAXにしかないオリジナルの保証制度ですので、必要に応じて使い分けたいものです。

Broad WiMAXで実施している違約金負担のお乗換えキャンペーンに対する評判

Broad WiMAXでは、他のWiMAX取扱店からいつでもBroad WiMAXへと乗り換える事が出来る違約金負担のお乗換えキャンペーンを実施しています。
そんな違約金負担のお乗換えキャンペーンですが、他のWiMAX取扱店を解約する際の契約解除料をBroad WiMAXが後ほどキャッシュバックしてくれます。

このBroad WiMAXが実施する違約金負担のお乗換えキャンペーンに対するTwitter上の評判としては、次の声が挙げられます。

このように、他のWiMAX取扱店からの乗り換えをサポートしているキャンペーンは、Broad WiMAXが実施する違約金負担のお乗換えキャンペーンだけです。
ですので、今契約しているWiMAX取扱店に不満を持っている方は、違約金負担のお乗換えキャンペーンを有効活用したいものです。

Broad WiMAXを実際に利用した上で気になった部分をレビュー

最後に、実際に私自身がBroad WiMAXを使っている上で、気になった出来事をレビューします。

まず、Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトにあるご利用明細についてのレビューです。
お客様向けサポートサイトに掲載されているご利用明細は、あまり当てになりません。

Broad WiMAXのご利用明細の確認
Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトに掲載されているご利用明細は、必ずしも正しい金額が掲載されている訳ではない。

と言うのも、私はBroad WiMAX側のミスで、契約の際にチェックを入れたハズのWiMAX端末のクレードルが配送されて来ませんでした。
そして、Broad WiMAXのサポートセンターに掛け合い、数週間後にクレードルだけ送って貰いました。

その時、ご利用明細上のクレードル代は1ヵ月目の月額料金に含まれる形で掲載されていました。
ところが、実際にクレジットカードで請求されたのは、2ヵ月目の月額料金に上乗せされる形になっていたのです。

この点についてBroad WiMAXへ問い合わせたところ、次の回答が返って来ました。

Broad WiMAXのサポートセンターによる回答
お忙しいところご連絡を頂きまして、誠にありがとうございます。
サポートサイトのご利用明細は、現在ご利用されている項目の金額を記載しているため、実際のご請求金額とは異なります。
また、通常当月の月額料金を当月請求いたしますが、初回請求については契約月契約月翌月の月額料金が合算で請求されるため、通常の月よりも高くなります。

7月分6347円8月分3538円が合算でご請求になっております。
W05用クレードル3780円翌月9月分2944円と合算請求されます。

お問合せいただく中、大変恐れ入りますが、
何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

と言う事で、Broad WiMAXのサポートセンター自身が、ご利用明細実際の請求額は異なると回答をしているのです。
ですから、Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトに記載されているご利用明細は、あまり当てにならないと言う事になります。

そんなBroad WiMAXのサポートセンターですが、安心サポートプラスの月額料金を加重払いさせられた時には、最悪な気分になりました。
既にご紹介したように、Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用する為には、安心サポートプラスMyBroadサポートへ強制的に加入しなければなりません。

とは言え、WiMAX端末が届いてすぐに解約手続きを行えば、支払うのは安心サポートプラスの月額550円だけで済みます。
ところが、私の場合には、2ヵ月分の1,100円を支払わされてしまったのです。

この時のBroad WiMAXの主張はと言うと、26日以降での解約手続きでしたので、お客様は安心サポートプラスを2ヵ月分利用した事になりますとの事でした。
26日にBroad WiMAXと契約し、28日にWiMAX端末が届いて即解約手続きを行ったのにです。

実際のBroad WiMAXにおける有料オプションの支払いの考え方
26日から月末までの期間は、利用日数に関係なく2ヵ月分有料オプションを利用したと見なされる。

たかだか550円をお客様から騙し取る為に訳の分からないルールを作るのかと、そのセコさに呆れてしまいました。
自分がBroad WiMAXのサポート対応をするのでしたら、550円は返金して顧客満足の方を選ぶと思うのですが…。

私とは状況が違いますが、解約手続き忘れでずっと有料オプション代を支払わされてしまっていた方の怒りの声が、Twitter上にはありました。

以前Broad WiMAXで強制加入条件だったのは、月額300円の安心サポートでした。
ですが、今のBroad WiMAXで強制加入させられるのは、月額550の安心サポートプラスの方になります。

ですから、解約手続きをうっかり忘れてしまうと、Twitterに投稿していた方よりも損失が大きくなってしまいます
ですので、Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用した方は、必ず不要な有料オプションを解約するようにしましょう。

と、Broad WiMAXに対して否定的な意見を書きましたが、月額料金が安いのは間違いないです。
ですので、私自身2ヵ月分の安心サポートプラスの月額料金を支払わされてしまったものの、それでもお得なのには変わりありません。

安心サポートプラスの料金を2ヵ月分支払わされる形に
安心サポートプラスの月額料金を支払ったとしても、Broad WiMAXが安いのには変わりない。

そんなBroad WiMAXを利用していて気になった点は、もう1つあります。
それは、営業の電話があると言う点になります。

これまで、ご満足保証制度の営業の電話ウォーターサーバーの営業の電話がありました。
とは言え、以前契約していたUQ WiMAXも、U-NEXTの営業の電話をして来た事があります。

ですので、Broad WiMAXだから営業の電話をして来ると言うような限定的な話ではありません。
ただ、電話の営業をされるのが苦手な方は、営業の電話があると言う点は心得ておいた方が良いです。

以上が、Broad WiMAXを実際に利用していて気になった点のレビューになります。
気になった点を挙げましたから批判ばかりになりましたが、安くWiMAXサービスを利用出来ていると言う点は事実です。

通信費の節約に
Broad WiMAXは月額料金が安いと言う点については、紛れもない事実。

と言う事で、安さ完璧なサポート対応の両方を求める事は出来ませんが、安さは実現出来るのがBroad WiMAXです。
ですから、安さ重視の方であれば、Broad WiMAXをお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【レビューあり】Broad WiMAXに対する様々な評判が知りたいあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • Broad WiMAXのバイク便サービスって、一体どんなサービス?利用料金は?

  • 【中途解約】Broad WiMAXの解約手数料と解約手続きの方法について知りたい!

  • Broad WiMAXの契約手続きについて、実際に契約をしながら解説!

  • 回線工事のイライラから開放!インターネットは即日開通の時代に

  • Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金とWEB割キャンペーンの特徴

  • 【注目】Broad WiMAXで速度制限後の通信速度はどうなる?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。