1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 【要チェック】安さが評判のBroad WiMAXって、初期費用はどうなの?

【要チェック】安さが評判のBroad WiMAXって、初期費用はどうなの?

 2018/09/30 Broad WiMAX
au UQ
  8 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
【要チェック】安さが評判のBroad WiMAXって、初期費用はどうなの?

Broad WiMAXの初期費用は無料になるって本当?

Broad WiMAXと言うと、18,857円もの高額な初期費用が必要なWiMAX取扱店になります。
とは言え、WEB割キャンペーンを利用する事によって、無料にする事が出来ます。

ただし、WEB割キャンペーンを利用するには有料オプションへの加入が必要となりますので、有料オプションの月額料金が発生してしまいます。
ですので、Broad WiMAXの初期費用は実質いくらになるのか、結局のところよく分からないと言う方もいる事でしょう。

有料オプションの支払い
Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用するには、有料オプションへ加入しなければならなくなる。

Broad WiMAXにはそう言う悪い評判も見られましたので、実際にBroad WiMAXを利用している私の経験からBroad WiMAXの初期費用についてご紹介します。
実際のBroad WiMAXの初期費用が知りたいと言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

Broad WiMAXの実際の初期費用ってどうなる?

Broad WiMAXのホームページ上を確認すると、料金プランは次のように表記されています。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

また、契約事務手数料の3,000円が必要だとも記載されています。
ですから、普通に考えると2,726円の日割り計算額契約事務手数料の3,000円さえ用意しておけば良いのかなと思ってしまいます。

Broad WiMAXの初期費用
Broad WiMAXの初期費用は、2,726円の日割り計算額と契約事務手数料の3,000円だけで大丈夫?

ですが、実際のBroad WiMAXの初期費用は、そのようになりません。
なぜBroad WiMAXの初期費用はこの金額にならないのかと言うと、次の部分が考慮されていないからです。

  • Broad WiMAXのホームページ上の表記は税抜き価格で、実際に請求される金額ではない。
  • Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用する際に有料オプションへ加入しなければならず、その有料オプションの月額料金が発生する。
  • Broad WiMAXと契約時にクレードル充電器を購入すると、その費用も請求される。
  • Broad WiMAXの最初の請求額は、初月分1ヵ月目の月額料金がまとめて請求される。

と言う事で、この部分をしっかり把握していないと、実際に請求が来た時に驚いてしまいます。
そして、思っていたよりも高いBroad WiMAXの請求額が生活費を圧迫しないように、くれぐれも気を付けましょう。

Broad WiMAXの初期費用の内訳は?

Broad WiMAXの実際の初期費用は?

ご紹介したように、Broad WiMAXの公式サイトで書かれている月額料金は、税抜き価格になります。
ですから、実際に請求されるBroad WiMAXの月額料金は、2,726円ではなくて2,944円になります。

また、Broad WiMAXの初期費用は、2ヵ月分の月額料金がまとめて請求される形になります。
ですので、2,944円の日割り計算額2,944円の合算された月額料金を支払う形になっています。

Broad WiMAXの月額料金
Broad WiMAXの月額料金は、初月分と1ヵ月分が一緒に請求される仕組みになっている。

更に、Broad WiMAXの契約初月分には、3,240円の契約事務手数料が発生します。
この契約事務手数料は、一度きりの請求となっています。

また、冒頭でご紹介したように、Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用する為には有料オプションへ加入しなければなりません
その際に加入する有料オプションは、次の通りです。

安心サポートプラス
WiMAX端末の自然故障水濡れ故障に対応した、月額550円の端末無料修理サービス。
MyBroadサポート
PCプレミアムサポートBroadメールKINGSOFT Internet Securityがセットになった、月額907円のオプションサービス。

ちなみに、MyBroadサポートは最大2ヵ月無料となりますので、すぐに解約すれば料金は発生しません。
ただし、安心サポートプラスの方は初月分から月額料金が発生しますので、税込価格の594円を支払う必要が出て来ます。

と言う事で、Broad WiMAXの初期費用は、9,722円になります。
ただ、初月分は日割り計算されますから、日数によってもう少し安くなる事もあります。

また、Broad WiMAXとの契約が26日から末日までの間の方の場合だと、安心サポートプラスの月額料金は2ヵ月分請求される仕組みになっています。
自分もこの仕組に騙されてしまい、安心サポートプラスの月額料金は2ヵ月分請求されてしまいました。

実際のBroad WiMAXにおける有料オプションの支払いの考え方
26日から末日の間でBroad WiMAXと契約してしまうと、安心サポートプラスの月額料金は2ヵ月分発生してしまう。

一応、Broad WiMAXのサポートセンターにお問い合わせをして、「WiMAX端末が届いて直ぐに解約したのに2ヵ月分支払わされるのは納得出来ない!」と抗議したのですが、こう言うシステムだから仕方がないと相手にして貰えませんでした。
ですので、もし該当する方は、2ヵ月分の安心サポートプラスの月額料金を支払うしかありません。

Broad WiMAXのクレードルの購入代金は?

Broad WiMAXでモバイルルータータイプのWiMAX端末を選んだ方に関しては、クレードルを購入する事も出来ます。
そんなクレードルとはWiMAX端末の充電台の事で、購入すると次のようなメリットが付いて来ます。

WiMAX端末のクレードル
WiMAX端末のクレードルは、様々な機能を持った充電台の事。
  • 常にWiMAX端末が通電状態になるので、いつでもフルチャージの状態でWiMAX端末を外に持ち出せる。
  • WiMAX端末のディスプレイが消灯しなくなるので、WiMAX端末をデジタル電波時計代わりにして利用出来る。
  • WiMAX端末に内蔵されたアンテナの位置が高い状態で維持されるので、通信効率が良くなる
  • クレードルに内蔵されたアンテナによって、通信状態が更に強化される。
  • クレードルの有線LANポートにLANケーブルを差してWiMAX端末をルータモードにする事で、Wi-Fiに非対応の機器を有線通信する事が出来る。
  • クレードルの有線LANポートと光回線やADSLを繋いでWiMAX端末をAPモードにする事で、WiMAX端末をWi-Fiルーター代わりにする事が出来る。
  • Wウイングアンテナを使ったビームフォーミングを利用する事で、通信の安定性を高めつつ電波の飛距離を伸ばす事が出来る。

ただし、Broad WiMAXで取り扱うクレードルは、有料となっています。
そして、各WiMAX端末の機種に応じた購入代金を支払わねばなりません。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルは、3,780円します。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルは、税込み価格で3,780円する。

一方、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)のクレードルは、3,981円します。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)クレードルセット
Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)のクレードルは、税込み価格で3,981円する。

ですので、利便性の高いクレードルではありますが、購入する方はその分初期費用が高くなってしまいます

Broad WiMAXの充電器の購入代金は?

Broad WiMAXでモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入する場合には、充電器の購入を行う事も出来ます。
ただ、充電器と言うとモバイルバッテリーを思い浮かべる方が多いと思いますが、ここではACアダプタの事になります。

充電器とはACアダプタの事
Broad WiMAXの充電器とは、ACアダプタの事を指す。

Broad WiMAXで別売りの充電器を購入しなかった場合WiMAX端末はパソコンのUSBポートから給電しなければなりません。
ですので、パソコンを持っていない方だと使い物になりません。

USB給電
充電器がない場合、WiMAX端末はパソコンのUSBポートから給電しなければならなくなる。

一方、Broad WiMAXの充電器を購入しておけば、コンセントから直接電源を取る事が出来るようになります。
と言う訳で、Broad WiMAXの充電器は、購入しておいた方が便利です。

そんなBroad WiMAXの充電器ですが、販売価格は1,944円になります。
と言う事で、Broad WiMAXで充電器を購入する方の場合には、初期費用がそれだけ高くなります。

Broad WiMAXの初期費用のまとめ

これまで、Broad WiMAXの初期費用についてご紹介して来ました。
ご紹介した内容を表にまとめると、次のようになります。

Broad WiMAXの初期費用
項目 料金
月額料金 9,722円
クレードルセット 3,780~3,981円
充電器 1,944円
合計額 15,446~15,647円

また、安心サポートプラスの月額料金が2ヵ月分請求される方であれば、初期費用は16,040~16,241円請求される形になります。
ただ、この計算は初月分の日割り計算を考慮していませんから、実際にはもう少し安くなります。

と言う事で、Broad WiMAXとの契約を考えている方は、最初の請求額はこの金額になると言う事に注意しましょう。
とは言え、Broad WiMAXの月額料金は他のWiMAX取扱店よりも安いですから、これでも安上がりな方だと言えます。

月額料金が安くなる
Broad WiMAXの月額料金は、他のWiMAX取扱店よりも安い。

一方で、月額料金が高いWiMAX取扱店と契約してしまうと、初期費用は更に高くなってしまいます。
そして、その分だけ料金の支払いに対して頭を悩ませる事になってしまいます。

ですから、Broad WiMAXと契約する事で、出来るだけ初期費用の負担額を抑えるようにしましょう。
より詳しい情報に関しては、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【要チェック】安さが評判のBroad WiMAXって、初期費用はどうなの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 現Broad WiMAXユーザーの語るWiMAX 2+通信に対する評判は?

  • broad.jpで取り扱うWiMAXサービスの良い評判と悪い評判は?

  • 【要チェック】Broad WiMAXへ電話でお問い合わせをする3つの流れ

  • Broad WiMAXは速度制限なし?ヘビーユーザー御用達の駆け込み寺

  • モバイルWi-Fiルーターの中でも、Broad WiMAXに対する評判が気になるあなたへ

  • 【実話】Broad WiMAXを使っていて、最悪な気分にさせられた経験を2つご紹介

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。