1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 現Broad WiMAXユーザーの語るWiMAX 2+通信に対する評判は?

現Broad WiMAXユーザーの語るWiMAX 2+通信に対する評判は?

 2018/09/08 Broad WiMAX
au UQ
  42 Views
現Broad WiMAXユーザーの語るWiMAX 2+通信に対する評判は?

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信に対する評判について知りたい

Broad WiMAXと契約すると、WiMAX 2+通信au 4G LTE通信を利用する事が出来ます。
また、古いWiMAX端末SIMカードのアダプタを購入すれば、WiMAX通信も利用する事が出来ます。

WiMAX端末の行う通信
Broad WiMAXと契約すると、WiMAX 2+通信とau 4G LTE通信を利用出来るようになる。

そんなBroad WiMAXではありますが、現在メインの通信回線はWiMAX 2+通信になります。
と言う事で、Broad WiMAXのWiMAX 2+通信に対する評判をご紹介します。

ちなみに、私自身が実際にBroad WiMAXユーザーですから、その点は安心してご覧下さい。
私自身の実感も踏まえつつ、Broad WiMAXに対する評判をご紹介します。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーなので、想像ではなく実際のユーザーとしての実感をご紹介。

そんなWiMAXサービスですが、実は数多くの取扱店が存在します。
ですが、どのWiMAX取扱店もMVNO(仮想移動体通信事業者)と言う形式でUQコミュニケーションズと契約をしています。

分かりやすく言えば、UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りている形になりますから、通信品質は全く変わりません。
つまり、Broad WiMAXだからWiMAX 2+通信の通信速度が遅くなるだとか言う事もありませんから、そう言う理解でご覧下さい。

ちなみに、Broad WiMAX自体の評判について知りたいと言う方に関しては、以前Broad WiMAXユーザーの私が語る、Broad WiMAXに対する評判の実態と言う記事を書きました。
ですから、WiMAX 2+通信に限定しない評判について知りたい方は、併せてご覧になってみて下さい。

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信、通信速度の評判はどう?

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信、通信速度に対する評判は?

冒頭でご紹介したように、Broad WiMAXのメインの通信回線はWiMAX 2+通信になります。
そんなWiMAX 2+通信に対する口コミサイトの上の評判ですが、以前は遅いだとか繋がりにくいだとか言った悪評が見受けられました。

これは、WiMAX 2+通信に対応した基地局の数が足りず、通信状態が安定しなかった為です。
また、WiMAX端末自体の通信技術もそこまで高くはなく、下り最大通信速度が110Mbpsと言う形で登場した為です。

ですが、WiMAX 2+通信に対応した基地局は年々増設され、通信状態が安定するようになりました。
例えば、一つの場所に複数の基地局からの電波が届くような形となり、WiMAX 2+の電波の穴が出来にくくなりました。

また、WiMAX端末の通信技術も年々向上し、新しいWiMAX端末が発売されたりソフトウェアアップデートが行われるに、Broad WiMAXユーザーが利用出来る通信速度も高速化されています。
この記事を書いている現時点ですと、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)と言うWiMAX端末のWiMAX 2+通信の下り最大通信速度は、558Mbpsにもなります。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)でWiMAX 2+通信を利用時の下り最大通信速度は558Mbpsにもなる。

これだけの高速通信を利用出来る訳ですから、現段階でのBroad WiMAXのWiMAX 2+通信に対する評判は良いです。
通信速度が遅いだとか通信状態が安定しないだとか、そう言う悪評はあまり見受けられなくなりました。

実際に私自身の使用感はどうなのかと言う話も気になると思うのですが、1080pのフルHD動画の再生も問題なく行えています。
ですので、実用上必要な通信スペックは、現段階のWiMAX 2+通信で持ち合わせていると言う事になります。

そんなBroad WiMAXのWiMAX 2+通信であっても、稀に通信速度に対して悪評を投稿している方を見受ける事があります。
これは一体どうしてなのか、引き続きご紹介します。

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信の通信速度に対する悪評の原因は?

ご紹介したように、Broad WiMAXのWiMAX 2+通信は、実用レベル以上の通信スペックを持ち合わせています。
それでも通信速度に対して不満の声が投稿されているのは、速度制限が適用されている状況にあるからだと思われます。

と言うのも、WiMAXサービスは通信し放題のインターネットサービスではなくある程度以上通信した方に対しては速度制限が適用されてしまうのです。
そして、速度制限が適用されてしまうと、一定期間の通信速度が抑えられてしまうのです。

通信速度が制御されてしまう
WiMAXサービスである一定量以上の通信を行うと、一定期間の通信速度が制限されてしまう。

そんなBroad WiMAXに適用されてしまう速度制限には、次の2種類があります。

月間のデータ利用量による速度制限
月初めからの総通信量が7GBを超過してしまうと、月末までの通信速度が128Kbpsに制限されてしまう速度制限。
前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
前日までの直近3日間の合計通信量が10GBを超過してしまうと、18時から翌日の2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまう速度制限。

速度制限後の通信状態は、月間のデータ利用量による速度制限の方が厳しいです。
ただし、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込んでいる方であれば、WiMAX 2+通信を使ったハイスピードモードは対象外となります。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード ライトプラン ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

その代わり、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込むと、月額料金は高くなってしまいます。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

それに対して、前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限に関しては、ギガ放題プランに申し込んでいる方でも避ける事は出来ません。
ですから、朝から晩までインターネットを利用したり、毎日何時間も高画質動画を視聴するような方だと速度制限の対象となってしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限の適用時間は時間限定ですし、概ね1Mbpsの通信速度は確保されます。
また、この概ね1Mbpsの通信速度があれば、YouTubeの標準画質レベルの再生は可能です。

ただし、18時から翌2時までの間でのHD動画以上の視聴は出来ませんから、そう言う方が口コミサイト上に悪評を投稿しているものだと推測されます。
ですので、Broad WiMAXと契約するのでしたら、3日間の合計通信量が10GBを超過しないように注意する必要があります。

ここで、10GBの通信量の目安が実感出来るように、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

この通信量を目安にしながら、あなたの用途はWiMAXサービスに合っているのか検討してみて下さい。

ちなみに、ご紹介した通信量では足りないと言う方であっても、実はWiMAXサービスで無制限に通信出来る裏技があります。
詳しく知りたい方は、引き続きご覧下さい。

Broad WiMAXの速度制限がどうしてもキツいと言う方向けの裏技

ご紹介しているように、Broad WiMAXには速度制限があります。
ただ、Broad WiMAXには契約期間の縛りがありますので、速度制限がキツいからと解約する事は出来ません。

そう言った状況の方にお勧めなのが、古いWiMAX端末を購入してノーリミットモードを利用する方法になります。
このノーリミットモードとは何なのかと言うと、いくら通信しても速度制限の対象とはならないWiMAX通信を利用出来る通信モードになります。

WiMAXの通信モード
WiMAX端末のノーリミットモードを利用すれば、いくら通信しても速度制限の対象とはならない。

以前のWiMAXサービスでは、メインの通信モードがノーリミットモードでした。
ですが、現在ノーリミットモードに対応しているWiMAX端末は、ラインナップされていません。

と言うのも、ノーリミットモードではWiMAX回線を利用して通信を行うのですが、そのWiMAX回線で使っていた通信帯域WiMAX 2+回線へと移行している状況にあるからなのです。
その流れで、WiMAX回線を使用するノーリミットモードは、WiMAX端末に搭載されなくなってしまったのです。

WiMAXからWiMAX 2+への移行
WiMAX回線で利用していた通信帯域を、WiMAX 2+回線へと移行している状況にある。

とは言え、ノーリミットモードを搭載している古いWiMAX端末は、Amazon楽天で購入する事が出来ます。
ですから、ノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を購入する事によって、今でもノーリミットモードを利用する事が可能だったりするのです。

ちなみに、ノーリミットモードを搭載したモバイルWi-Fiルーターは、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
ノーリミットモードに対応しているモバイルWi-Fiルーターとしては、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が最後の機種となった。

>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す

>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す

一方、ノーリミットモードを搭載したホームルーターは、URoad-Home2+がお勧めとなります。

URoad-Home2+
ノーリミットモードに対応しているホームルーターとしては、URoad-Home2+が最後の機種となった。

>>AmazonでURoad-Home2+を探す

>>楽天市場でURoad-Home2+を探す

ちなみに、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15URoad-Home2+に使用されるSIMカードは、au Micro IC Card(LTE)です。
それに対して、Broad WiMAXと契約後に送られて来るSIMカードは、au Nano IC Card 04 LEになります。

ですから、SIMカードのサイズは異なってしまいます。

au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
今のWiMAX端末と昔のWiMAX端末とでは、SIMカードのサイズが違ってしまう。

この問題を解決するのが、SIMカードの変換アダプタになります。

SIMカードの変換アダプタ
SIMカードの変換アダプタで、au Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに。

そんなSIMカードの変換アダプタも、Amazon楽天で購入する事が出来ます。

>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す

>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す

方法としてはある程度出費が必要となりますが、実際に今も使えている方法になります。

au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEとSIMカードの変換アダプタを組み合わせて古いのWiMAX端末でノーリミットモードを利用する方法は、この記事を書いている現時点でも利用出来ている。

ただし、いつまでWiMAX回線が使える状況にあるのかは、明らかにされていません。
ですので、あくまでも自己責任で行って頂きたい裏技になります。

とは言え、こう言う方法もある訳ですから、安心してBroad WiMAXと契約出来る形にはなります。
ぜひ活用して頂いて、利便性の高いインターネット環境を手に入れて下さい。

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信の通信エリアに対する評判はどう?

Broad WiMAXのWiMAX 2+通信の通信エリアに対する評判に関しても、登場した頃の評判はイマイチでした。
例えば、少し郊外に行くと圏外表示されてしまうだとか、室内では圏外表示されてしまうだとか、そう言う悪評が多々見受けられました。

とは言え、現在のWiMAX 2+通信に対応している基地局の数は、かなりのものとなりました。
しかも、今現在でも、日々基地局の数は増え続けている一方です。

ですので、今現在のBroad WiMAXに対する口コミでは、WiMAX 2+通信の通信エリアが狭いだとか言うような口コミはほとんど見られなくなっています。
そう言う状況ですから、安心してBroad WiMAXのサービスを利用して頂いて大丈夫です。

WiMAXとWi-Fi
WiMAX 2+通信に対応した通信エリアは年々広がっているので、安心してサービスを利用しても大丈夫。

ちなみに、Broad WiMAXのWiMAX 2+通信に対応している通信エリアは、サービスエリアマップで確認する事が出来ます。
初期状態ではWiMAX通信の通信エリアが表示されますので、WiMAX 2+タブをタップしてからご覧下さい。

また、各WiMAX端末は、人口カバー率99%の通信エリアに対応しているau 4G LTEを利用したハイスピードプラスエリアモードを搭載しています。
ですので、万が一WiMAX 2+通信が圏外表示されてしまうようなエリアであっても、通信をする事は可能だったりします。

その他にも、WiMAXサービスにはエリア改善要望受付フォームが用意されていたりしますので、こちらから通信エリアに対する提案をする事も可能だったりします。
こう言ったサポート体制の取られているWiMAXサービスですから、安心してご利用頂ければと思います。

実際、私自身がBroad WiMAXを利用していて、通信エリアで不便を感じた事はありません。
逆に、以前は圏外表示されていたような場所でも通信出来るようになり、通信エリアが強化されている実感を持っているほどです。

そんな通信エリア面でも安心出来るBroad WiMAX
より詳しい情報に関しては、公式サイトをご覧下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

現Broad WiMAXユーザーの語るWiMAX 2+通信に対する評判は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
君得ネットの存在意義
インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」
そう言う、インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。

その理由ですが、インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。
それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。

また、それらインターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。
ですので、その最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。

情報過多
数多く存在するインターネット取扱店のキャンペーン情報を毎月追って行く作業は、意外と骨の折れる作業。


そこで頼りたくなるのが、インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。
ただ、インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。

しかも、その情報が正しければ良いものの、誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。
その中には、超有名な大手比較サイトでありながら、1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。

この大手比較サイトの嘘情報については、私自身も一度騙されました。
だからこそ思うのですが、私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。

そして、こう言った悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。
じゃあ、今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか?

そこで立ち上げたのが、この君得ネットです。
このサイトを通して正しい情報発信を続けて行く事で、後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。

満足の行くインターネット環境
正しい情報発信が、世の中をより良いものにする。


そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。
自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。

一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。
ですので、より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。

利害関係があるから良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、私自身気持ち的にも楽だったりします。
ですので、家電量販店でインターネットの販売員をするような事はせず、こうしてインターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。

自分が実際に使って、これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。
そう言う形で世の中に貢献出来たらと思います。

私がインターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。
そして、2014年の8月1日からは、モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
モバイルWi-Fiルーターは2014年から使い始めている。


それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、あえて様々なサービスを実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。
勿論、その中には失敗もあったりしつつ、何度も痛い経験をしています。

だからこそ、インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。
そこが、インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。

私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • Broad WiMAXで取り扱う端末、あなたにお勧めの機種は?

  • Broad WiMAXの3年プランってどんな料金プラン?利用するメリットは?

  • 【必見】Broad WiMAXのライトプラン、注意すべき速度制限は?

  • 【必見】Broad WiMAXの月額最安プランって、どんな料金プラン?そのメリットとデメリットは?

  • 【必見】Broad WiMAXの安心サポートプラスを解約する前に知っておきたい事

  • Broad WiMAXを紹介する際に、私が友人にアドバイスするとしたら?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。