1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. 【必見】Broad WiMAXは他のWiMAX取扱店と比較してどう?その特徴やメリットは?

【必見】Broad WiMAXは他のWiMAX取扱店と比較してどう?その特徴やメリットは?

 2018/10/27 Broad WiMAX   11 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
【必見】Broad WiMAXは他のWiMAX取扱店と比較してどう?その特徴やメリットは?

Broad WiMAXはどんな特徴を持ったWiMAX取扱店?

Broad WiMAXは、UQコミュニケーションズのMVNO(仮想移動体通信事業者)になります。
ですから、UQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りて、Broad WiMAXと言う独自のブランド名で販売をしている形になります。

つまり、Broad WiMAXと契約後に利用出来る通信回線は、他のWiMAX取扱店と変わりありません。
従って、どのWiMAX取扱店が通信速度は速いのかだとかどのWiMAX取扱店の通信エリアが広いのかと言った比較の仕方は、意味がありません。

では、Broad WiMAXと他のWiMAX取扱店を比較する上で、一体何が違うのでしょうか?
実は、月額料金の価格設定実施中のキャンペーン特典サポート対応面での違いがあります。

Broad WiMAXはどんなWiMAX取扱店?
Broad WiMAXが他のWiMAX取扱店と異なるのは、月額料金の価格設定や実施中のキャンペーン特典、サポート対応面の部分となる。

と言う事で、Broad WiMAX各WiMAX取扱店とを比較する形で、Broad WiMAXの特徴について確認して行きましょう。

Broad WiMAXとWiMAXサービス提供元を比較

冒頭でご紹介したように、WiMAXサービスはUQコミュニケーションズが運営しています。
そんなUQコミュニケーションズが直接取り扱っているWiMAXサービスは、UQ WiMAXになります。

また、UQコミュニケーションズはKDDIグループの企業なのですが、KDDIのauでもWiMAXサービスを取り扱っています。

auショップ
auでも、WiMAXサービスを取り扱っている。

そんなUQ WiMAXauのWiMAXサービスは、標準的な価格設定となっています。
ですので、価格競争をしている他のWiMAX取扱店と比べて、価格帯が高い印象となってしまいます。

例えば、UQ WiMAXの月額料金は次のようになっています。

UQ WiMAXの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

一方、auのWiMAXサービスは、月額料金が次のようになっています。

auのWiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 WiMAX 2+ フラット for DATAプラン WiMAX 2+ フラット for DATA EXプラン WiMAX 2+ フラット for HOMEプラン
1~25ヵ月目 3,696円 4,380円
26ヵ月目~ 4,196円 4,880円

それに対して、Broad WiMAXの月額料金は次のようになっています。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

ちなみに、FlatツープラスプランWiMAX 2+ フラット for DATAプランライトプランFlatツープラス ギガ放題プランWiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランギガ放題プラン同じ条件の料金プランと考えて大丈夫です。
また、auのWiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランは、単にモバイルルーターに対応した料金プランホームルーターに対応した料金プランかの違いだけです。

そして、ご覧頂くと一目瞭然なのですが、Broad WiMAXの方が圧倒的に安くWiMAXサービスを利用出来ます。
全く同じWiMAXサービスより安く利用する事が出来ると考えると、Broad WiMAXと契約しないのは勿体ないですよね?

WiMAXサービスを安く利用する
Broad WiMAXと契約する事で、より安くWiMAXサービスを利用出来るようになる。

では、UQ WiMAXauのWiMAXサービスは高いから損をしてしまうだけなのかと言うと、そんな事はありません。
サポート対応面は、UQ WiMAXauの方がBroad WiMAXよりもしっかりしています。

例えば、サポートセンターの営業日営業時間を比較するだけでも、明確な差が出て来るのです。

UQ WiMAXとauのWiMAXサービスとBroad WiMAXのサポート対応面を比較
比較項目 UQ WiMAX auのWiMAXサービス Broad WiMAX
営業日 年中無休 年末年始を除いた月曜日から土曜日まで
営業時間 9時から21時まで 9時から23時まで 11時から18時まで
電話番号 フリーコール 有料ダイヤル

これだけサポートセンターの対応に差がありますから、月額料金の差額分はここにあると考えても良いのではないでしょうか?
そして、あまりサポートセンターは利用しないから安くWiMAXサービスを利用したいと考えている方に関しては、Broad WiMAXの方がお勧めと言えます。

Broad WiMAXとキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店を比較

各インターネットサービスの実施するキャンペーンとしては、キャッシュバックキャンペーンが定番です。
そんなキャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAX取扱店も、当然ながら多く存在します。

例えば、GMOとくとくBB WiMAX 2+@nifty WiMAXなどが、キャッシュバックキャンペーンを実施するWiMAX取扱店としては有名です。
そんなキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店の中でも、特にGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額が高額です。

キャッシュバックキャンペーン
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンは、度々業界最高額になる事で有名。

ちなみに、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック額は毎月変動するのですが、最近では40,000円を超える事も多くなって来ました。
ですから、単純に電卓を叩いて計算するのでしたら、Broad WiMAXよりもGMOとくとくBB WiMAX 2+の方が圧倒的に安くなります。

ただし、ここで無視されているのが安くなる条件の確実さと言うポイントになります。
と言うのも、キャッシュバックキャンペーンに申し込んでキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必須となって来るのです。

例えば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約した方ですと、WiMAX端末が発送された月から11ヵ月目の下旬にキャッシュバック手続きを行わねばなりません。
そして、12ヵ月目の末日を過ぎてしまうと、GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック手続きは有効期限切れとなってしまいます。

キャッシュバック手続きのプロセス
GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックは、約1年後のキャッシュバック手続きを忘れてしまうと貰えなくなる。

1年後のキャッシュバック手続きなんて、別にどうって事ないよと思う方もいる事でしょう?
ですが、実際に1年も期間が経過してしまうと、キャッシュバック手続きの事など覚えていられる方は一部しか残っていなかったりするのです。

ここで、以前光回線の代理店が公開していた統計情報をご紹介します。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

と言う事で、余程注意をしていないと、キャッシュバックキャンペーンは貰えないと言う事になります。
実際、キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店に対する口コミサイト上の評判は、あまり良くありません。

ですから、キャッシュバック額だけを見て比較するのではなく、確実性も考慮するようにしましょう。
世の中にあるWiMAX取扱店の比較サイトは、電卓で月額料金からキャッシュバック額を差し引いて比較しているに過ぎないサイトが大半です。

一方、Broad WiMAXなら手続き不要で安くなりますから、安心感気軽さが違います。
絵に描いた餅のようなキャッシュバックキャンペーンに騙される事なく、確実に安くなるBroad WiMAXを選ぶようにしましょう。

Broad WiMAXと月額料金が安くなるタイプのWiMAX取扱店を比較

ご紹介しているように、Broad WiMAXは月額料金が安くなるタイプのWiMAX取扱店になります。
では、Broad WiMAXの他に、月額料金が安くなるタイプのWiMAX取扱店は存在しないのでしょうか?

実は、Broad WiMAX以外にも月額料金が安くなるタイプのWiMAX取扱店は存在します。
例えば、この記事を書いている現時点ですと、BIGLOBE WiMAX 2+So-net モバイル WiMAX 2+も月額料金が安くなるタイプのキャンペーンを実施しています。

月額料金が安くなる
月額料金が安くなるキャンペーンを実施しているのは、Broad WiMAXに限った事ではない。

ただ、BIGLOBE WiMAX 2+So-net モバイル WiMAX 2+は不定期にキャッシュバックキャンペーンへと変更したりしますので、この記事を書いている現時点ではと言う記述の仕方をさせて頂きます。
さて、他のWiMAX取扱店と比較したBroad WiMAXの月額料金の安さはどうなのかと言うと、比較的安い部類に入ります。

ただし、月額料金が安くなるタイプのWiMAX取扱店として、Broad WiMAXは業界最安値ではありません。
例えば、この記事を書いている現時点でのBroad WiMAXの月額料金は、BIGLOBE WiMAX 2+よりは安いもののSo-net モバイル WiMAX 2+よりは高くなります。

では、Broad WiMAXよりもSo-net モバイル WiMAX 2+の方が優れているのかと言うと、一概にそうとは言い切れません。
例えば、WiMAXサービスを利用開始出来るスピードを比較すると、Broad WiMAXの方が早くなります。

WiMAX端末が発送されるタイミング
Broad WiMAX 最短即日
So-net モバイル WiMAX 2+ 最短翌日

また、Broad WiMAXなら店舗受取サービスバイク便サービスにも対応しています。
ですので、申し込み手続きを行ったその日のうちに、WiMAXサービスを利用開始する事でさえも出来るのです。

バイク
Broad WiMAXであれば、申し込んだその日からWiMAXサービスを利用開始出来る様々なサービスを取り入れている。

更に、Broad WiMAXでは、オリジナルのご満足保証制度が存在します。
このご満足保証制度を利用すれば、いつでもBroad WiMAXから他のインターネット回線へと乗り換える事が可能となっています。

つまり、Broad WiMAXに対して不満が出た時に、負担なく乗り換えが出来ると言う保証内容となっている訳なのです。
このご満足保証制度がなかった場合には、次の契約解除料キャンペーン違約金を支払ってからBroad WiMAXを解約しなければなりません。

Broad WiMAXの契約解除料とキャンペーン違約金
ご利用期間 2年契約 3年契約 キャンペーン違約金
8日以内 0円
ご利用開始月 19,000円 9,500円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目 0円 9,500円 0円
26~36ヵ月目 9,500円
37ヵ月目 0円
38~48ヵ月目 9,500円
49ヵ月目 0円
50~72ヵ月目 9,500円
73ヵ月目 0円

このご満足保証制度を設けているWiMAX取扱店は、他に存在しません。
ですから、万が一の際のリスク回避を考えている方には、Broad WiMAXをお勧めします。

Broad WiMAXはUQ mobileとの組み合わせがお得!

ご紹介しているBroad WiMAXですが、株式会社リンクライフと言う会社が運営しています。
そんな株式会社リンクライフでは、UQ mobileと言うauの格安SIMを取り扱う代理店となっています。

iPhone SE
株式会社リンクライフでは、UQ mobileも取り扱っている。

ですから、Broad WiMAXの契約株式会社リンクライフが取り扱うUQ mobileの契約を同時期に行う事で、キャッシュバック特典も付いて来ます。
気になるそのキャッシュバック額ですが、最大25,000円となります。

Broad WiMAXと契約すると、スマートフォンからインターネットへアクセスする際にもBroad WiMAXを通す形になります。
ですので、スマートフォンの通信はほとんど利用しない事になります。

スマートフォンはWiMAX端末を経由して通信
Broad WiMAXと契約する事で、スマートフォンの通信量は消費しなくなる。

だったら、月額料金の安いUQ mobileへと乗り換えた方が、スマホ代の節約へと繋がります。
そして、UQ mobileへと乗り換えを行うのでしたら、キャッシュバックの貰えるBroad WiMAXと組み合わせた方がお得になると言う訳なのです。

このWiMAXサービススマートフォンの組み合わせで考えると、総合的にBroad WiMAXUQ mobileの組み合わせがお得になります。
と言う事で、WiMAXサービス単体ならGMOとくとくBB WiMAX 2+So-net モバイル WiMAX 2+の方が安いですが、スマートフォンとのセットならBroad WiMAXの方が安上がりとなります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【必見】Broad WiMAXは他のWiMAX取扱店と比較してどう?その特徴やメリットは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • Broad WiMAXを2年間使って、それ以降どうなるのかについて知りたい

  • 【要チェック】Broad WiMAXで取り扱うWiMAX端末に対する評判は?

  • 【重要】Broad WiMAXで7GB以上通信する場合の速度制限への対策方法

  • Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

  • 【解決】Broad WiMAXの解約手続きを電話で行う方法について知りたい!

  • Broad WiMAXのご満足保証制度って、どんなサービス?利用手順は?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。