1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAX
  5. Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

 2018/10/28 Broad WiMAX
au UQ
  12 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

Broad WiMAXの2年契約って、現在申し込めないの?

前、Broad WiMAXと契約すると、契約期間は2年間でした。
ところが、現在Broad WiMAXと契約する際には、3年プランしか選ぶ事は出来ません。

ですので、Broad WiMAXと2年契約を行う事は出来ない状況となっています。
と言う事で、これからBroad WiMAXと契約する方は、3年契約となる点に注意しましょう。

そこで知っておきたいのが、Broad WiMAXの2年プラン3年プランの違いの部分でしょう。
と言う事で、Broad WiMAXの3年プランの特徴について、詳しくご紹介して行きます。

契約期間の違いを把握する
これからBroad WiMAXと契約する方は、3年プランの特徴について把握しておくようにする。

ぜひ参考にして頂いて、後悔のないBroad WiMAXとの契約を行うようにしましょう。

Broad WiMAXの3年プラン、2年プランとの違いは?

冒頭でご紹介したように、Broad WiMAXは2年プランから3年プランへと変わりました。
そんな2年プラン3年プランの大きな違いは、契約期間の縛りの部分になります。

以前の2年プランでしたら、Broad WiMAXとの契約期間はWiMAX端末発送月の翌月を1ヵ月目とした24ヵ月間でした。
そして、25ヵ月目が契約更新月となり、25日までの解約手続きなら無料で対応してくれる形となります。

WiMAXサービスの契約期間
2年プランに申し込んだ方は、WiMAX端末発送月の翌月から25ヵ月目が契約更新月となる。

一方、今の3年プランに申し込んだ方の場合だと、WiMAX端末発送月の翌月を1ヵ月目とした36ヵ月間が契約期間となります。
そして、37ヵ月目が契約更新月となり、25日までの解約手続きなら無料で対応して貰えます。

ただし、Broad WiMAXの契約更新月以外での解約手続きに関しては、次の契約解除料を請求されてしまいます。

Broad WiMAXの契約解除料
ご利用期間 2年契約 3年契約
8日以内 0円
ご利用開始月 19,000円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25ヵ月目 0円 9,500円
26~36ヵ月目 9,500円
37ヵ月目 0円
38~48ヵ月目 9,500円
49ヵ月目 0円
50~72ヵ月目 9,500円
73ヵ月目 0円

と言う事で、2年プランから3年プランへと変わった事で、契約更新月のタイミングが変わってしまいました。
ですから、Broad WiMAXを解約する際には、契約更新月が来るタイミングを間違わないようにしましょう。

Broad WiMAXの3年プランに申し込むメリットは?

ご紹介したように、Broad WiMAXの契約期間2年間から3年間へと変わってしまいました。
この部分だけを見ると、Broad WiMAXは改悪されてしまったかのように思えてしまいます。

ですが、2年プランから3年プランへと変更になった事で、メリットとなる部分も存在するのです。
と言うのも、Broad WiMAXの3年プランには、月額1,004円のLTEオプション料金が無料になる特典も付いて来るのです。

ここで気になるのが、LTEオプション料金とは何なのかと言う点でしょう。
LTEオプション料金とは、WiMAX端末のハイスピードプラスエリアモードを利用する事で発生するオプション料金になります。

ハイスピードモード
WiMAX 2+通信のみを利用する通信モードで、標準の通信モードとなっている。
ハイスピードプラスエリアモード
WiMAX 2+通信とau 4G LTE通信を同時利用する通信モードで、オプション扱いとなる通信モードになっている。

そして、ハイスピードプラスエリアモードで利用するau 4G LTE通信はauの通信回線ですから、オプション扱いとなっているのです。
でも、わざわざ別料金が発生するハイスピードプラスエリアモードなど、存在する意味はあるのでしょうか?

WiMAX端末のハイスピードプラスエリアモード
ハイスピードプラスエリアモードで利用するau 4G LTE通信は、auの通信回線になる。

実は、ハイスピードプラスエリアモードで利用するau 4G LTE通信は、人口カバー率99%もの広大な通信エリアに対応しているのです。
ですから、ハイスピードモードで利用するWiMAX 2+通信と比べて、広いエリアで通信を行う事が出来るのです。

そんなWiMAXサービスの通信エリアの違いについては、サービスエリアマップで確認する事が出来ます。
ちなみに、サービスエリアマップのタブをWiMAX 2+LTEに切り替える事で、それぞれの通信エリアを確認する事が出来ます。

また、WiMAX端末をハイスピードプラスエリアモードへと切り替えると、WiMAX 2+通信au 4G LTE通信を同時通信する形になります。
その結果、WiMAX端末の通信速度を高速化する事も出来るのです。

例えば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)と言うWiMAX端末を例に、通信速度の違いを確認してみましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度
通信モード 下り最大通信速度 上り最大通信速度
ハイスピードモード 558Mbps 30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード 758Mbps 112.5Mbps

これだけ通信速度に違いが出て来ますので、通信速度が欲しい時にはハイスピードプラスエリアモードを活用したい所です。
そんなハイスピードプラスエリアモードを無料で利用出来るようになりますから、Broad WiMAXの3年プランは非常に魅力的であると言えるのです。

ただし、3年プランで利用しやすくなるハイスピードプラスエリアモードではありますが、1点注意しなければならない点はあります。
それは何かと言うと、Broad WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、月に7GBまでしか利用する事が出来ないのです。

これは、Broad WiMAXのギガ放題プランに申し込んでいる方であっても、月に7GBまでとなります。

Broad WiMAXの月間データ利用量
通信モード ライトプラン ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

と言う事で、無料で利用出来るようになるハイスピードプラスエリアモードではありますが、通信量の点には気を付けましょう。

どうしても2年間でBroad WiMAXを解約したい場合には?

ご紹介しているBroad WiMAXですが、どうしても2年間で解約したいと言う方もいる事でしょう。
そう言う時に活用したいのが、Broad WiMAXオリジナルの保証制度であるご満足保証になります。

このご満足保証制度は一体何なのかと言うと、Broad WiMAXの契約解除料を支払う事なく、いつでもBroad WiMAXを解約出来る保証制度になります。
ですので、Broad WiMAXを2年間使った後で、ご満足保証制度を利用してBroad WiMAXを解約する事も可能だったりします。

また、Broad WiMAXのご満足保証制度は、キャンペーン違約金も免除してくれます。
このキャンペーン違約金とは、Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用した方が2年以内に解約手続きを行った際に、19,000円を請求される違約金の事を指しています。

Broad WiMAXのWEB割キャンペーン
Broad WiMAXのWEB割キャンペーンとは、月額最安プランの高額な初期費用を無料にしてくれるキャンペーン特典の事。

そして、Broad WiMAXの契約解除料キャンペーン違約金を合計すると、中途解約後に次の料金を支払わねばならなくなってしまいます。

Broad WiMAXの契約解除料とキャンペーン違約金
ご利用期間 3年契約 キャンペーン違約金
8日以内 0円
ご利用開始月 19,000円 9,500円
1~12ヵ月目
13~24ヵ月目 14,000円
25~36ヵ月目 9,500円 0円
37ヵ月目 0円
38~72ヵ月目 9,500円
73ヵ月目 0円

そして、Broad WiMAXのご満足保証制度を利用する事で、これだけの金額の違約金を免除して貰えるのです。
そう考えると、Broad WiMAXのご満足保証制度は、非常に魅力的な保証制度であると言えます。

ただし、Broad WiMAXのご満足保証制度を利用した場合には、Broad WiMAXを解約して株式会社リンクライフが取り扱っている他のインターネット回線へと乗り換えなくてはなりません。
ですから、インターネット契約そのものを止めたいと言う方の用途には対応していません。

とは言え、2年間でBroad WiMAXを解約して、他のインターネット回線へと乗り換える事は出来ます。
せっかく用意されているBroad WiMAXオリジナルの保証制度ですから、上手に活用したい所です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Broad WiMAXって、2年契約には対応していないの?3年契約はどう違うの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • 【確認】Broad WiMAXを解約するのに必要なものは?

  • Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金とWEB割キャンペーンの特徴

  • 【注意】Broad WiMAXのau 4G LTE通信に対して適用される速度制限には何がある?

  • wimax-broad.jpのWiMAXサービスの評判ってどうなの?UQコミュニケーションズとの違いは?

  • 【注意】Broad WiMAXのお客様ページへログイン後出来る事と出来ない事

  • Broad WiMAXの通信速度はどれ位?実用上、全く問題はない?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。