1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. Broad WiMAXと@nifty WiMAXを比較。間違いのない契約先は?

Broad WiMAXと@nifty WiMAXを比較。間違いのない契約先は?

 2018/10/25 WiMAX
au UQ
  14 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
Broad WiMAXと@nifty WiMAXを比較。間違いのない契約先は?

Broad WiMAXと@nifty WiMAXの違いを比較

Broad WiMAX@nifty WiMAXですが、どちらもUQコミュニケーションズのMVNO(仮想移動体通信事業者)になります。
ですので、契約後に利用出来るWiMAX環境に関しては、全く同じとなっています。

では、Broad WiMAX@nifty WiMAXとでは、一体何が違って来るのでしょうか?
それは、実施中のキャンペーン特典月額料金の価格設定サポート対応面などが違って来ます。

ですので、Broad WiMAX@nifty WiMAXかを選ぶ上で、これらの点を比較した上で選ぶ必要性が出て来ます。
この作業を疎かにしてしまうと、契約後に後悔してしまうような事にもなりかねません。

後から後悔する事に
Broad WiMAXと@nifty WiMAXの違いについて把握してから契約しないと、後悔が残る事にも…。

と言う事で、Broad WiMAX@nifty WiMAXそれぞれの違いについて、比較して行きたいと思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。

Broad WiMAXよりも@nifty WiMAXの方が優れている点

金銭的メリットはBroad WiMAXよりも@nifty WiMAXの方がお得!

冒頭でご紹介したように、Broad WiMAX@nifty WiMAXとでは実施中のキャンペーン特典が異なります。
ですから、金銭的メリットを比較する上で、実施中のキャンペーン特典は無視出来ません。

ちなみに、Broad WiMAXでは高額な初期費用が無料になるWEB割キャンペーンを実施しています。
この初期費用についてですが、Broad WiMAXの月額最安プラン18,857円もの高額な初期費用を必要とする特殊な価格設定となっているのです。

Broad WiMAXのWEB割キャンペーン
Broad WiMAXのWEB割キャンペーンを利用する事で、Broad WiMAXの月額最安プランは月額料金の安さだけが残る形になる。

一方、@nifty WiMAXでは、キャッシュバックキャンペーンを実施しています。
そんな@nifty WiMAXのキャッシュバック額は月によって若干変動があるものの、約30,000円前後のキャッシュバックを貰う事が出来ます。

つまり、キャンペーン特典で考えると、Broad WiMAXよりも@nifty WiMAXの方が30,000円ほどお得になると言う訳なのです。
この30,000円の差はかなり大きいですよね?

ただし、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しています。
ですから、Broad WiMAXの月額料金は、価格設定が非常に安いのです。

そんなBroad WiMAXの月額最安プランに申し込むと、月額料金は次のようになります。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

一方、@nifty WiMAXの月額料金はと言うと、次のようになっています。

@nifty WiMAXの料金プラン
ご利用期間 WiMAX 2+ Flat 3年プラン WiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題プラン
ご利用開始月 0円
1~2ヵ月目 3,670円 3,670円
3ヵ月目~ 4,350円

ちなみに、Broad WiMAXのライトプラン@nifty WiMAXのWiMAX 2+ Flat 3年プランは、同条件の料金プランとなっています。
そして、@nifty WiMAXでWiMAX 2+ Flat 3年プランに申し込んだ場合のご利用開始月と37ヵ月間の支払い総額は、135,790円になります。

一方、Broad WiMAXでライトプランに申し込んだ場合のご利用開始月と37ヵ月間の支払総額は、111,388円になります。
つまり、Broad WiMAXの方が24,402円も安くなります。

また、Broad WiMAXのギガ放題プラン@nifty WiMAXのWiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題プランは、同条件の料金プランになっています。
そんな@nifty WiMAXでWiMAX 2+ Flat 3年 ギガ放題プランに申し込んだ場合のご利用開始月と37ヵ月間の支払い総額は、159,590円になります。

それに対して、Broad WiMAXでギガ放題プランに申し込んだ場合のご利用開始月と37ヵ月間の支払総額は、135,363円になります。
従って、Broad WiMAXの方が24,227円も安くなります。

ただし、前述したように、@nifty WiMAXではキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
ですから、結果的には5,000円ほど@nifty WiMAXの方がお得な計算となる訳なのです。

金銭的メリットを比較すると…
Broad WiMAXと@nifty WiMAXの金銭的メリットを計算すると、結果的に@nifty WiMAXの方が5,000円安くなる。

と言う事で、より安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、Broad WiMAXよりも@nifty WiMAXの方がお勧めとなります。

サポート対応はBroad WiMAXより@nifty WiMAXの方が安心!

冒頭でご紹介したように、Broad WiMAX@nifty WiMAXではサポート対応面にも違いがあります。
具体的には、サポートセンターの営業時間に差があるのです。

そんなBroad WiMAX@nifty WiMAXのサポートセンターの営業時間を比較すると、次の表のようになっています。

Broad WiMAXと@nifty WiMAXのサポートセンターの営業時間
比較項目 Broad WiMAX @nifty WiMAX
営業日 年末年始を除いた月額日から土曜日まで 毎日
営業時間 11時から18時まで 10時から19時まで

このように、サポートセンターの営業時間で言えば、@nifty WiMAXの方が使いやすいと言えます。
一方、Broad WiMAXは営業時間が短い分、混み合って繋がりにくいなどと言う悪評すらあったりするのです。

とは言え、Broad WiMAXのお客様向けサポートサイトでは、電話混雑予想カレンダーを掲載しています。
ですので、Broad WiMAXのサポートセンターが混み合う時間帯は、予め把握しておく事が可能となっていたりするのです。

混雑予想カレンダー
Broad WiMAXの電話混雑予想カレンダーを利用する事で、混み合う時間帯でのお問い合わせは避ける事が可能となっている。

実際に、私自身Broad WiMAXのサポートセンターを利用した事があるのですが、たった2コールで電話は繋がりました。
ですので、お問い合わせをするタイミングさえ選べば、Broad WiMAXであっても不都合を感じる事はありません。

とは言え、いちいちそんな事を気にしてられないと言う方であれば、@nifty WiMAXの方がお勧めとなります。

@nifty WiMAXよりもBroad WiMAXの方が優れている点

安くなる確実性は@nifty WiMAXよりBroad WiMAXの方が安心!

ご紹介したように、金銭的メリットで考えるとBroad WiMAXよりも@nifty WiMAXの方が安上がりになります。
ただし、安くなる確実性で言うと、実は@nifty WiMAXよりもBroad WiMAXの方が安心だったりするのです。

これは一体どう言う事なのかと言うと、キャッシュバックキャンペーンと言う特性上、@nifty WiMAXは確実に安くなるとは言えなかったりするのです。
インターネットサービスでは、昔からキャッシュバックキャンペーンが定番のキャンペーン特典になっています。

ただ、キャッシュバックキャンペーンに申し込んでキャッシュバックを受け取る為には、指定されている期間内でのキャッシュバック手続きが必要となっていたりするのです。
そして、キャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、せっかくのキャッシュバックは1円も貰えなくなってしまいます。

キャッシュバックが振り込まれない
キャッシュバックキャンペーンに申し込んだからと言って、キャッシュバックを貰えるとは限らない。

この点に関しては、以前光回線の代理店が公開していた統計情報が、非常に分かりやすいかと思います。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

インターネットサービスのキャッシュバックキャンペーンと言うと、契約から1年後でのキャッシュバック手続きを条件としている事が多いです。
ただ、その頃までにキャッシュバック手続きの事を覚えていられる方は全体の3割もいない為、実際にキャッシュバックを受け取る事が出来ている方は限られて来るのです。

では、@nifty WiMAXのキャッシュバック手続きはいつになるのかと言うと、機器発送月を含む4ヵ月目となっています。
ですので、キャッシュバックを貰い損ねてしまうリスクは、比較的低いと言えます。

とは言え、@nifty WiMAXのキャッシュバックであっても、確実に貰えるとは言えません。
従って、キャッシュバック手続きの事をいちいち覚えていられないと言う方であれば、キャッシュバックキャンペーンはお勧め出来ません。

一方、Broad WiMAXは月額料金が割り引きされるタイプのWiMAX取扱店ですから、特に手続きが必要となる条件などありません。
そう、何もしなくても確実に安くなると言うのが、Broad WiMAXの魅力なのです。

月額料金が安くなる
Broad WiMAXと契約すれば、安心して安くWiMAXサービスを利用出来るようになる。

Broad WiMAXと@nifty WiMAXの金銭的メリットの差額は、5,000円程度です。
だったら、確実性の高いBroad WiMAXを選ぶと言うのも、十分ありだと言えるのではないでしょうか?

貰えると思っていたキャッシュバックが貰えなくなるイライラ感を考えると、そのリスク回避になります。
せっかくの選択肢ですから、ぜひ活用して頂ければと思います。

WiMAXを利用開始出来るタイミングは@nifty WiMAXよりもBroad WiMAXの方が早い!

ご紹介しているように、確実性を求めるならBroad WiMAXの方がお勧めとなります。

そんなBroad WiMAXですが、もう一点@nifty WiMAXよりも優れている点があります。
それは一体何かと言うと、WiMAXサービスを利用開始出来るタイミングの早さになります。

もし、@nifty WiMAXと契約した場合、WiMAX端末は最短4日で届く形になります。
そして、WiMAX端末が届いたら、そのタイミングで利用開始出来ます。

WiMAX端末が届く
WiMAXサービスは、WiMAX端末が届いた段階で利用開始出来る。

一方、Broad WiMAXの場合だと、WiMAX端末の最短即日発送に対応しています。
ですので、平日の13時までの申し込み手続き分については、その日中にBroad WiMAXからWiMAX端末が発送されます。

そして、東京に近いエリアに住んでいる方であれば、申し込み手続きを行った翌日にはWiMAX端末が届く形になります。
つまり、@nifty WiMAXと比べて、3日ほど早くWiMAXサービスを利用開始出来る形となっている訳なのです。

そんなBroad WiMAXですが、実は店舗受取サービスバイク便サービスにも対応しています。
そして、これらのサービスを利用すれば、申し込み手続きを行ったその日からWiMAXサービスを利用開始する事でさえも可能だったりするのです。

ただし、Broad WiMAXの店舗受取サービスを利用出来るのは、次のエリアにあるBroad WiMAX受取センターまで直接足を運べる方でなければなりません。

  • 東京都の渋谷センター
  • 東京都の秋葉原センター
  • 埼玉県の大宮センター
  • 大阪府の梅田センター

また、Broad WiMAXのバイク便サービスについても、東京23区内にある場所しか対応していません。
しかも、Broad WiMAXのバイク便サービスに関しては、秋葉原からの距離に応じて配送料金が掛かってしまいます。

ですが、Broad WiMAXの店舗受取サービスバイク便サービスは、急いでインターネット環境が欲しい方には非常に便利なサービスとなっています。
だからこそ、上手に活用して、いち早くインターネット環境を手に入れて欲しいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Broad WiMAXと@nifty WiMAXを比較。間違いのない契約先は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • WiMAX端末のWi-FiとBluetooth、違いを知って使い分けてる?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックとau one net WiMAXコース

  • GMO WiMAXのキャッシュバックとコミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+)

  • 契約更新で損をするあの人。契約先を乗り換えて得をするあなた。

  • Wi-FiとWiMAXの違い、あなたは正確に説明出来ますか?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+とBroad WiMAXを比較。契約するなら?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。