1. TOP
  2. インターネット
  3. WiMAX
  4. au
  5. 【納得】一人暮らしのインターネット環境に、auのモバイルWi-Fiルーターってどうなの?

【納得】一人暮らしのインターネット環境に、auのモバイルWi-Fiルーターってどうなの?

au
au UQ
  7 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
【納得】一人暮らしのインターネット環境に、auのモバイルWi-Fiルーターってどうなの?

一人暮らしにauのモバイルWi-Fiルーターはどう?

auのスマホユーザーは特に気になる、auのモバイルWi-Fiルーター

一人暮らし中で、インターネット環境をどうしようか迷っているところ。
そんな時、auのスマートフォンを使っている方の場合だと、auのモバイルWi-Fiルーターの存在が気になる所だと思います。

そんな、auで取り扱っているモバイルWi-Fiルーターは、WiMAX端末になります。
このWiMAX端末は、電波を使って基地局との間で無線通信を行う事が出来ます。

WiMAX端末の行う通信
auでWiMAXサービスの契約を行えば、基地局との間で無線通信を行う事が出来るようになる。

つまり、光回線のように、建物に縛られるようなインターネット環境にはなりません。
そして、WiMAXのサービスエリア内であれば、どこへでもインターネット環境を持ち歩く事が出来ると言う特徴を持っているのです。

このメリットは、現在一人暮らしのあなたには非常に重要なポイントとなって来ます。
と言うのも、一人暮らしのあなたの場合だと、後に引っ越しをする可能性があるからなのです。

後に引っ越す際、光回線だと回線工事が必要となって来ます。
そうなると、回線工事待ちの数週間は、インターネットを利用出来なくなってしまいます。

また、新たな回線工事の際には回線工事費が発生しますし、回線工事には立ち会わないといけません。
そして、回線工事を休日に指定すると、更に工事加算金も支払わねばならなくなってしまうのです。

一方、WiMAXサービスには回線工事が必要ありませんから、そのままインターネット環境を引越し先に持ち運ぶ事が出来ます。
しかも、回線工事費が必要ない分、光回線よりもWiMAXサービスの方が安くなるのです。

WiMAXサービスは安い
光回線のような回線工事が必要ない分、WiMAXサービスは月額料金が安くなる。

ここで気になるauのWiMAXサービスの月額料金ですが、次の料金プランが用意されています。

auのWiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 WiMAX 2+ フラット for DATAプラン WiMAX 2+ フラット for DATA EXプラン WiMAX 2+ フラット for HOMEプラン
1~25ヵ月目 3,696円 4,380円
26ヵ月目~ 4,196円 4,880円

これだけ安い月額料金で、利便性の高いWiMAXサービスを利用する事が出来ます。
光回線の月額料金が5,000円台である事を考えると、かなりのコストパフォーマンスだと思いませんか?

と言う事で、続いてはauのWiMAXサービスにある各料金プランの違いについてご紹介します。

auで取り扱うWiMAXサービスの各料金プラン、それぞれの違いは?

冒頭でご紹介したように、auのWiMAXサービスには3種類の料金プランが存在します。
とは言え、WiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランは月額料金が同じである事からも分かるように、ほとんど同じ料金プランと見なして大丈夫です。

ただ単に、WiMAX 2+ フラット for DATA EXプランはモバイルWi-Fiルーター専用の料金プランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランはホームルーター専用の料金プランであると言うだけです。
と言う事で、WiMAX 2+ フラット for DATAプランWiMAX 2+ フラット for DATA EXプランの違いさえ分かっていれば問題ありません。

では、まずはWiMAX 2+ フラット for DATAプランについてご紹介します。
WiMAX 2+ フラット for DATAプランの月額料金は安いのですが、月間データ利用量の上限は7GBまでの料金プランになります。

月間のデータ利用量による速度制限
WiMAX 2+ フラット for DATAプランは月額料金が安いものの、月間データ利用量の上限は7GBまでとなる。

ですから、動画を視聴するような大容量通信には向いていない料金プランになります。
つまり、WiMAX 2+ フラット for DATAプランと言うのは、あまり通信しない代わりに月額料金を安く抑えたい方向けの料金プランとなっているのです。

一方、WiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランの方はと言うと、月額料金が684円高くなります
その代わりに、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード WiMAX 2+ フラット for DATAプラン WiMAX 2+ フラット for DATA EXプラン WiMAX 2+ フラット for HOMEプラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ですから、WiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランに申し込んだ方であれば、動画を視聴するような大容量通信の用途でも対応する事が出来ます。
ただし、WiMAX 2+ フラット for DATA EXプランWiMAX 2+ フラット for HOMEプランに申し込んだ方であっても、無制限に通信出来る訳ではありません。

と言うのも、WiMAXサービスには3日間の合計通信量が10GBまでと言う決まりもあるからなのです。
そして、3日間で10GB以上通信してしまうと、18時から翌2時までの通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
WiMAXサービスで3日間に10GB以上通信すると、速度制限の対象となる。

ここで気になる10GBの通信量ですが、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

とは言え、この速度制限は時間限定ですし、概ね1Mbpsの通信速度があればYouTubeの標準画質レベルの再生は可能です。
と言う事で、auのWiMAXサービスは非常に利便性の高いインターネットサービスである事をお分かり頂けたかと思います。

そんなWiMAXサービスですが、実はもっと安い月額料金で利用する事が出来る事をご存知でしょうか?
その方法とは、Broad WiMAXでWiMAXサービスの契約をする方法になります。

なぜauではなくBroad WiMAXと契約したら月額料金が安くなるのか、引き続きご紹介します。

一人暮らしのWi-Fi環境を安く抑えたいのであればBroad WiMAXがお勧め

ご紹介しているWiMAXサービスですが、取扱店はauだけではありません。
と言うのも、WiMAXサービス提供元であるUQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りているMVNO(仮想移動体通信事業者)は、複数存在するからです。

そのどのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、利用出来るWiMAX回線に違いなどありません。
ですから、全く同じ通信エリア内全く同じ通信速度のインターネット環境を手に入れる事が出来ます。

その一方で、各WiMAX取扱店ではオリジナルのキャンペーン特典独自の料金プランを用意して集客しています。
ですので、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行うのかと言う部分は、お得感と言う点に大きな差を生むのです。

月額料金が安くなる
どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約をするのかと言う点は、お得感と言う部分で大きな差を生む。

そんな中、特にお勧めなWiMAX取扱店がBroad WiMAXになります。
と言うのも、Broad WiMAXでは月額最安プランと言う独自の料金プランを用意していて、より安い月額料金でWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているからなのです。

このBroad WiMAXの月額最安プランの月額料金は、次の通りです。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

既にご紹介したauでWiMAXサービスを利用する場合の料金プランと比較して頂ければ、Broad WiMAXの月額最安プランがどれだけ安いのかお分かり頂けるかと思います。
これだけ月額料金に違いが出て来ますので、WiMAXサービスはBroad WiMAXと契約した方がお得なのです。

以前、賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でもご紹介した事がありますが、実は私自身もBroad WiMAXユーザーです。
そして、実際に安い月額料金でBroad WiMAXを利用する事が出来ています。

Broad WiMAX
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、自分が良いと実感した上でお勧めしている。

ですから、毎月の家計のやり繰りにおいて、通信費が負担になる事はありません。
ずっと昔ADSLを使っていた頃は6,000円以上の月額料金を支払っていましたが、その頃に比べるとかなり安くなった印象です。

次はあなたの番です。
一人暮らしのWi-Fi環境としてBroad WiMAXを導入する事で、安くて利便性の高いインターネット環境を手に入れて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

【納得】一人暮らしのインターネット環境に、auのモバイルWi-Fiルーターってどうなの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • ハイスピードプラスエリアモードを月に30GBまで利用出来る方法とは?

  • auのWiMAXサービスって、UQ WiMAXとどう違うの?その特徴は?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。