1. TOP
  2. インターネット
  3. モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

インターネット   19 Views
モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

モバイルWi-Fiルーターを選ぶお勧めのポイント

モバイルWi-Fiルーターの契約を考える際に、通信速度が気になると言う方は多いでしょう。
また、各モバイルWi-Fiルーターのメーカーも、通信の速さを最重要視して追求している傾向にあります。

ですから、新端末が登場する度に、今回の製品はこれだけ速く通信出来ますと言うのを真っ先にアピールしていたりします。
ただ、モバイルWi-Fiルーターを比較するにおいて、通信速度はあまり重要ではなかったりします。

その理由については、後ほど詳しく解説します。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
大手のモバイルWi-Fiルーターは、通信速度の速さを競い合うように強化し合っている。

そんな中、モバイルWi-Fiルーターの比較サイトの記事を読んでいると、ほとんどのサイトが料金の比較表を掲示しています。
そして、ここで契約する方が一番安くなるから、他の契約先は損ですと言った訴求ばかりをしていたりします。

ですが、料金ばかりに気を取られていると、実は利便性の悪いモバイルWi-Fiルーターと契約させられてしまう事になります。
確かに料金も重要ではありますが、それよりも優先させるべき重要なポイントがあるのです。

それは何かと言うと、そのモバイルWi-Fiルーターが対応する通信エリアの広さと、速度制限のルールになります。
そして、その中でも特に重要なのは、速度制限のルールの方です。

この部分を無視してしまうと、不便を強いられてしまうほど通信速度が遅い状態で、モバイルWi-Fiルーターを利用し続けなければならなくなってしまいます。
と言うのも、各モバイルWi-Fiルーターには契約期間の縛りが存在するからです。

WiMAXサービスの契約期間
各モバイルWi-Fiルーターには、一定期間の契約期間の縛りが存在する。

だからこそ、あなたの用途と合っていないモバイルWi-Fiルーターと契約をしてしまうと、大変な事になってしまいます。
ですから、この部分は注意するようにして下さい。

さて、ご紹介した内容について、より詳しく解説をして行きたいと思います。
また、私自身が契約中のお勧めのモバイルWi-Fiルーターについてもご紹介して行きますので、ぜひ最後までワクワクしながらご覧下さい。

モバイルWi-Fiルーターは通信速度を比較する意味がない理由とは?

冒頭でご紹介した通り、各メーカーではモバイルWi-Fiルーターの通信速度を競うように高速化させ続けています。
恐らく、通信速度の速さを他社より上げる事で、印象的により良く見せているのではないでしょうか?

他の部分だと価格競争や利用出来る通信量の競争となってしまいます。
ですので、メーカー側は出来る限り避けたい所。

結果的に、手を入れやすくインパクトのある通信速度に力を入れているのではないでしょうか?
そんな各メーカーのモバイルWi-Fiルーターの通信速度は、次のようになっています。

各モバイルインターネットサービスの通信速度を比較
通信サービス 下り最大通信速度 上り最大通信速度
ドコモ 1,288Mbps 131.3Mbps
WiMAX 1,237Mbps 75Mbps
Y!mobile 988Mbps 37.5Mbps
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps

特に、各メーカー下り最大通信速度に力を入れている傾向が見て取れます。
ただ、実際の通信環境で言うと、下りの通信速度は50Mbpsもあれば実用レベルを超えています。

そう、下りの通信速度に1,000Mbpsも必要ないのです。
ですので、各メーカーは年々通信速度を高速化させ続けていますが、実際の意味はありません。

また、比較表の数値はあくまでもメーカー発表の理論値であり、実際に利用出来る通信速度ではない点にも注意しましょう。

実際、私自身WiMAXサービスどんなときもWiFiを同時に契約していた時期があり、通信速度を比較した事があります。
その時の比較データは次の通りです。

WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
同時刻にWiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度を比較。

このように、実際の通信速度を比較してみると、何倍もの通信速度の差は確認出来ませんでした。
むしろ、上り通信の方は、WiMAXサービスよりもどんなときもWiFiの方が圧勝していたりします。

と言う事で、メーカー発表の通信速度とあなたの居る場所での実際の通信速度は、ぴったりと一致しません。
各メーカーのホームページを見て比較するとどんなときもWiFiの通信速度が圧倒的に遅く見えてしまいますが、そんな事はありません。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット
WiMAXサービスを実際に使ってみると、下り最大通信速度の数値ほど速くインターネットを楽しむ事は出来ない。

さて、モバイルWi-Fiルーターの通信速度の比較が無意味である事を説明して来ました。
続いては、モバイルWi-Fiルーターの通信エリアの広さを比較して行きましょう。

モバイルWi-Fiルーターの通信エリアの落とし穴とは?

モバイルWi-Fiルーターを比較する上で、通信エリアの広さには要注意です。
と言うのも、契約したモバイルWi-Fiルーターの電波があなたの自宅まで届いていなければ、通信自体出来ないからです。

この部分で言うと、SoftBank Airには要注意です。
なぜなら、SoftBank Airは他のモバイルWi-Fiルーターと比較して、通信エリアが狭い傾向にあるからです。

SoftBank Airで通信を行う
SoftBank Airの対応する通信エリアは他社ほど広くはなく、契約前に通信エリアをしっかりと確認しなければならない。

私自身、今住んでいる場所はSoftBank Airの通信エリア外となっています。
とは言え、他のモバイルWi-Fiルーターであれば、人の生活圏内は大体カバー出来ています。

ただ、Y!mobileのPocket WiFiサービスにも注意が必要となります。
そんなPocket WiFiサービスでは、次のような料金プランとなっています。

Pocket WiFiの料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

そして、Pocket WiFiで7GB以上通信する為には、アドバンスオプションへ加入しなければなりません。
そうすると、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになる、アドバンスモードが使えるようになります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限なく通信出来るようになる。

ただ、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、メインのFDD-LTEの通信帯域が利用出来なくなってしまいます。
その結果、利用出来る通信エリアは限られたものとなり、通信速度も遅くなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、通信性能は制限されてしまう。

実際、アドバンスモードを利用したPocket WiFiの通信エリアがどれだけ狭くなるのか、WiMAXサービスの通信エリアと比較したのが次の地図です。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードが対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲限定となる。

と言う事で、一見すると通信エリアが広そうなサービスであっても、たっぷり通信出来るエリアは限定的だったりもします。

ちなみに、私自身が住んでいる場所ではWiMAXサービスの通信エリア圏内です。

ところが、実際にWiMAXサービスの電波をキャッチ出来るのは部屋の中の1ヵ所だけで、しかも、最大でアンテナが2本までしか立ちません。

WiMAXの電波が2本しか入らない
かろうじてギリギリ電波が入る状態なのにも関わらず、サービスエリア内として表記されている。

にも関わらず、ピンポイントエリア判定の結果では◯なのです。

このように、メーカー側では通信出来るとしている場所であっても、実際には通信出来ないケースも出て来ます。
ですから、実際に通信してみるまでは、自分の住んでいる場所が快適に通信出来るかどうかは分かりません。

そんなモバイルWi-Fiルーターの通信エリアなのですが、一番通信エリアが広いサービスはどんなときもWiFiになります。
と言うのも、どんなときもWiFiであれば、ドコモauSoftBankの3大キャリアに対応しているからです。

どんなときもWiFiから箱が届く
どんなときもWiFiであれば、大手携帯電話会社3社の通信網を利用出来る。

その秘密は、クラウドSIMと言う仕組みにあります。
実は、どんなときもWiFiで利用するuCloudlink D1には、SIMカードが挿されていません。

uCloudlink D1
どんなときもWiFiのモバイルWi-Fiルーターであれば、SIMカードの挿入は不要となっている。

そして、どんなときもWiFi側のサーバー上でSIMカードが割り当てられて、そのSIMカードを使ってインターネットを利用する形になっているのです。
この時、ドコモauSoftBankの各SIMカードの中から、あなたの居る場所で最適なSIMカードが割り当てられます。

SIMカード
クラウドサーバー上で、自動的にSIMカードが割り当てられる。

ちなみに、傾向としてはSoftBankのSIMカードを割り当てられるケースが多いようで、実際に私自身もSoftBankのSIMカードが割り当てられています。
と言う事で、通信エリアで安心したいのであれば、お勧めはどんなときもWiFiになります。

ご紹介しているどんなときもWiFiですが、興味の湧いて来た方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

お勧めのモバイルWi-Fiルーター、一番チェックすべきは速度制限のルール

冒頭でご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターを選ぶ上で一番重要なのが速度制限のルールになります。
と言うのも、モバイルWi-Fiルーター最大の弱点が速度制限であり、サービスによって速度制限のルールは異なるからです。

ちなみに、速度制限とは、ある一定量以上の通信を行った方に対して実施される、通信速度の制御措置の事を言います。
もし速度制限が実施されてしまうと、一定時間の通信速度が遅くなってしまいます。

これは、特定のユーザーが通信帯域を占有して、他のユーザーの通信環境に悪影響を及ぼさない為に実施されています。
ですから、モバイルWi-Fiルーターを利用する際には、速度制限が実施されない通信量を守る必要があるのです。

速度制限
モバイルWi-Fiルーターの大半が、速度制限によってユーザーの通信し過ぎを抑えている。

ちなみに、一番速度制限が厳しいのはドコモのモバイルWi-Fiルーターで、最大でも月に30GBまでしか通信出来ません。
これを超過してしまうと、月末までの通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

こうなると、動画は標準画質レベルでしか視聴出来なくなり、高画質動画(HD)は視聴出来なくなってしまいます。

また、WiMAXサービスPocket WiFiサービスであれば、月間データ利用量の上限はありません。
ただし、3日間の合計通信量は10GBまでと定められていて、超過すると夕方から夜に掛けての通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
月間データ利用量の上限がないモバイルWi-Fiルーターであっても、3日間の合計通信量には上限があったりする。

この3日間に10GBまでと言う通信量についてですが、意外と簡単に超過してしまいます。
私自身がWiMAXサービスを契約していた頃は、毎日速度制限の対象者となっていました。

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
WiMAXサービスを利用していた頃は、速度制限が当たり前だった。

また、Twitter上でも、3日間にたった10GBまでしか通信出来ない事に対する不満の声が沢山ツイートされています。

インターネット上でWiMAXサービスを押し売りしているサイトは、口を揃えてWiMAXサービスの速度制限は緩いと発信しています。
ですが、本当に速度制限が緩いのであれば、これだけ多くの不満の声は挙がらないかと思います。

私自身長くWiMAXサービスを使って来ましたが、3日間に10GBの通信量では全然足りません。

そんな中で、速度制限のないサービスも存在します。
それが、どんなときもWiFiになります。

実際、私自身WiMAXサービスからどんなときもWiFiへと乗り換えをしました。
そして、毎日WiMAXサービスの速度制限対象者だった私が、どんなときもWiFiを快適に利用する事が出来ているのです。

どんなときもWiFiで使用するuCloudlinkのD1
どんなときもWiFiへと乗り換えてからは、速度制限の事を考えながら通信する事がなくなった。

そんな状況なのですから、自信を持ってどんなときもWiFiをあなたにお勧め出来ます。
と言う事で、どんなときもWiFiに興味の湧いて来た方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ上で、ユーザーの口コミにも要注意

ご紹介しているように、モバイルWi-Fiルーターを選ぶ上では速度制限なしのサービスを選ぶのがお勧めです。

ちなみに、SoftBank Air速度制限なしを強みにしているサービスです。
ですから、3日間に10GBでは足りないヘビーユーザーであれば、SoftBank Airも選択肢の中の1つに入って来ます。

SoftBank Airの行う通信
SoftBank Airも速度制限なしを強みとしているサービス。

ただ、SoftBank Airは、実際のユーザーからの評判があまり良くないです。
例えば、Twitter上でSoftBank Airを検索してみると、次のような悪評が沢山ツイートされています。

ですから、速度制限なしと言う点は良いのですが、あなたにSoftBank Airをお勧めする事は出来ません。

と言う事で、現在私があなたにお勧め出来るモバイルWi-Fiルーターは、どんなときもWiFiのみとなります。
そんなどんなときもWiFiの詳細情報については、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

モバイルWi-Fiルーター、本当にお勧めの利便性高いサービスはどれ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

  • そんな理由が!?インターネットを繋ぐのに安いサービスはどれ?

  • パソコンを購入後のインターネット回線の選び方に迷ってるあなたへ

  • Wi-Fiルーターを持ち運びするって、どんな感じ?利点と難点をご紹介

  • SoftBankのWi-Fiルーター、料金はいくら?よりお得な条件と安い料金で契約出来る方法があるって本当!?

  • Wi-Fiを速い通信速度で利用したい。そんなあなたにお勧めなサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。