1. TOP
  2. インターネット
  3. Wi-Fiルーターを持ち運びするって、どんな感じ?利点と難点をご紹介

Wi-Fiルーターを持ち運びするって、どんな感じ?利点と難点をご紹介

インターネット   32 Views
Wi-Fiルーターを持ち運びするって、どんな感じ?利点と難点をご紹介

持ち運びに便利なモバイルWi-Fiルーターとは?

持ち運び出来るWi-Fiルーターってどうなの?

従来、インターネットサービスの契約先と言えば光回線が主流でした。
ただ、光回線は契約先でしか利用出来ず、そこが一番不便な部分でした。

固定回線におけるインターネットの仕組み
光回線の場合だと、契約して回線工事を行った建物内でしか利用出来ない。

そんな中、最近は持ち運び出来るWi-Fiルーターが登場し、インターネット回線を持ち歩く事が出来る時代に変わって来ました。
そんな持ち運び出来るWi-Fiルーターの事を、モバイルWi-Fiルーターと言います。

ちなみに、モバイルWi-Fiルーターは従来の光回線とは違って、無線を使って通信を行う形になります。
しかも、モバイルWi-Fiルーターはバッテリーを内蔵していますので、スマートフォンのように持ち運びする事が出来ると言う訳なのです。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターは、インターネット環境を持ち運び出来るように作られている。

そんな便利なモバイルWi-Fiルーターですが、何種類かサービスが存在します。
その中でも有名どころとしては、次の3種類のサービスが挙げられます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズ(au)のWiMAXサービス
  • Y!mobile(SoftBank)のPocket WiFiサービス

また、ドコモauSoftBankの格安SIMとSIMフリーのモバイルWi-Fiルーターを組み合わせたサービスも存在します。
更には、SIMカードを必要としない、クラウドSIMと言うサービスも登場して来ています。

このように、モバイルWi-Fiルーターはサービスの種類が数多く増えて来ています。
ただ、どのサービスも無線を使ってインターネットを利用出来る点は同じになります。

ちなみに、これらのサービス全てをまとめて、Pocket WiFiだと勘違いしている人も結構います。
ただ、それは恥ずかしい間違いとなります。

言うなれば、マクドナルドの中の一部にモスバーガーがあるのだと勘違いしているような、そう言う間違いと同じになります。
こう言った間違いを広めているサイトも存在する位ですので、そう言う誤った情報を発信しているサイトには注意したい所です。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスは別物
Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの違いすら判断出来ないような素人が情報発信をしているケースもあるので、注意したい所。

ご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターには、これだけ多くのサービスが存在します。
でも、これだけ種類があると、モバイルWi-Fiルーターはどこと契約すれば良いのか判断に困る事かと思います。

実際、私自身も最初はインターネットサービスには無知で、価格.comの比較表を見ながら契約先を決めました。
ただ、その買い物は失敗で、貰えもしないキャッシュバックを期待して、お得ではない契約をしてしまいました。

そんな痛い経験をしていますので、あなたがこう言った初心者の陥りやすい落とし穴にハマってしまわないように、この記事を書く事にしました。
この記事を最後までご覧頂く事で、納得した上でお得なモバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ事が出来るようになります。

ぜひご期待頂ければと思います。

モバイルWi-Fiルーターのメリットとは?

冒頭でもご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターは無線を利用し、バッテリーも内蔵しています。
ですから、モバイルWi-Fiルーターをコンセントへ挿しっぱなしにする必要はなく、携帯して持ち運べると言う点が非常に魅力的だったりします。

と言う事で、モバイルWi-Fiルーターであれば、従来の光回線のように自宅に帰ってからインターネットを楽しむと言う縛りはありません。

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンと一緒にモバイルWi-Fiルーターを持ち歩く事で、外出中でもインターネットを楽しむ事が出来るようになります。
例えば、通勤・通学中や昼休み、待ち合わせの時間などを、有効活用する事が出来るようになる訳なのです。

室内外でインターネット
モバイルWi-Fiルーターがあれば、ちょっとした空き時間にインターネットを楽しむ事が出来るようになる。

また、従来の光回線のような回線工事が不要であると言う点も、モバイルWi-Fiルーターのかなり大きなメリットとなります。
例えば、モバイルWi-Fiルーターであれば1ヵ月ほどの回線工事の順番待ちをする必要はありませんから、インターネットを利用出来なくなると言う期間は極力短くする事が出来ます。

この回線工事の順番待ちがどれだけしんどいのか、Twitter上の口コミをピックアップしてみましょう。

回線工事の順番待ちとは、これだけストレスになる事なのです。
モバイルWi-Fiルーターであればこの心配がなく、後に引っ越す場合でもそのままインターネット環境を転居先へ移動させる事が出来ます。

勿論、高額な回線工事費も発生しませんし、回線工事で壁にビス穴を空けられると言った事もありません。

更に、モバイルWi-Fiルータースマートフォンを一緒に持ち歩く事で、スマートフォンのパケットは消費しなくなります。
ですから、スマートフォンのパケットプランは、一番安いもので良くなります。

スマートフォンはWiMAX端末を経由して通信
インターネットへのアクセスは全てモバイルWi-Fiルーターを経由する事で、スマートフォンのパケットを消費しなくなる。

その結果、携帯電話代をかなり安く出来ると言うメリットも、モバイルWi-Fiルーターには付いて来るようになります。
実際に私自身もこの恩恵を受けていて、スマートフォンは月に1GBの一番安いプランへ加入していたりします。

データチャージ
私自身も、スマートフォンのパケットを必要としていない。

それでも、実際にはスマートフォンのパケットを消費するのが稀ですから、毎月パケットが余ってしまう状態になっています。
モバイルWi-Fiルーターにはこれだけのメリットがありますので、ぜひ導入したいサービスとなります。

モバイルWi-Fiルーターのデメリットとは?

ご紹介しているように良い事づくめのモバイルWi-Fiルーターではあるのですが、注意点もあります。
と言うのも、モバイルWi-Fiルーター光回線に劣っている唯一の部分として、速度制限の存在があるからです。

無線通信の場合、一人のユーザーが常識を外れる位の大容量通信を行うと、他のユーザーの通信品質を損ねてしまう恐れが出て来ます。
そこで、モバイルインターネットサービスの業界では、ある一定量以上の通信を行った方に対して、一定期間通信速度を制限する措置を行っているのです。

ちなみに、以前の大手のモバイルWi-Fiルーターには、無制限プランもありました。
ですが、ユーザーが増えるに連れて、軒並みに通信量へ対する規制が厳しくなって来ています。

そして、この記事を書いている現在ですと、3日間の合計通信量は10GBまでと言うのが業界の標準になって来ています。
この10GBの通信量を超過してしまうと、夕方から深夜に掛けての時間帯限定で、通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまう措置を実施されてしまいます。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
モバイルWi-Fiルーターの3日間の合計通信量が規定量を超えてしまうと、一定期間速度制限の対象となってしまう。

と言う事で、3日間の通信量が10GB内に収まるかどうかが、モバイルWi-Fiルーターを導入するかどうかの基準の1つになって来ます。
ちなみに、10GBの通信量の目安として、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

こう考えると、10GBの通信量があれば、割と十分だと言う方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、速度制限後の概ね1Mbpsの通信速度ですが、YouTubeの標準画質レベルが再生出来る程度の通信速度になります。
ですので、最低限必要な通信速度は、速度制限後も維持される形となります。

モバイルWi-Fiルーターの種類にはどんなものがある?

速度制限がないモバイルWi-Fiルーターもある!?

ご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターには速度制限が付き物です。
ただ、全てのモバイルWi-Fiルーターに速度制限があるのかと言うと、実はそうではありません。

大手のモバイルWi-Fiルーターは軒並みに速度制限を用意しているものの、マイナーなモバイルWi-Fiルーターの中には速度制限なしを公表しているサービスもあったりします。
その中でも特に注目したいのが、どんなときもWiFiになります。

このサービスは次世代のクラウドSIMを採用しており、ドコモauSoftBankの通信回線をマルチに利用する事が出来ます。
その仕組みから、速度制限を回避する事が出来るようになっているのです。

ただし、モバイルWi-Fiルーターの通信スペックはそんなに高性能ではない為、下り最大通信速度は150Mbpsとなります。
ですので、3日間で10GBの通信量を必要としない方が契約してしまうと、通常時の通信速度が大手の半分も出ないと言う事になってしまいます。

GlocalMe U2
どんなときもWiFiで利用するモバイルWi-Fiルーターの通信スペックは、そこそこと言った所。

ちなみに、大手のモバイルWi-Fiルーターだと、下り最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)を超えるものも続々と登場して来ています。
ただ、大手のモバイルWi-Fiルーターの速度制限時の通信速度は1Mbpsですから、どんなときもWiFiはその150倍もの最大通信速度が出る計算となります。

と言う事で、3日間の合計通信量が10GBを超えてしまう恐れのある方に関しては、どんなときもWiFiを検討してみるのも良いかもしれません。
そんなどんなときもWiFiのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

大手モバイルWi-Fiルーターのうちでお勧めなサービスは?

  • 3日間で10GB以上通信した方に対する速度制限は、それほどまで気にならない。
  • マニアックなサービスではなく、安心の大手のモバイルWi-Fiルーターと契約したい。

そう言う方の場合には、選択肢は次の3択となります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズ(au)のWiMAXサービス
  • Y!mobile(SoftBank)のPocket WiFiサービス

この中のドコモのモバイルWi-Fiルーターに関しては、月間データ利用量の上限が予め決まっているプランしかありません。
そして、契約出来る最大の月間データ利用量の上限がたった30GBまでで、その際の月額料金は8,380円にもなります。

と言う事で、利便性面からも料金面からも、他の2つのサービスと比較するとドコモのモバイルWi-Fiルーターはあまりお勧め出来ません。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
大手のモバイルWi-Fiルーターを比較すると、ドコモの契約条件はあまり良くない。

では、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは、一体どちらの方がお勧めなのかと言う点が気になって来る事かと思います。
実は、WiMAXサービスPocket WiFiサービスを比較すると、料金面月間データ利用量の面からは同条件となっています。

ただし、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアには、大きな差が出て来ます。
そして、この部分で比較するのであれば、お勧めは断然WiMAXサービスとなります。

なぜPocket WiFiサービスでは駄目なのかと言うと、その理由はアドバンスモードにあります。
と言うのも、Pocket WiFiサービスを月間データ利用量の上限なく利用する為には、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り換える必要が出て来るからなのです。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへ切り替えなければ、7GBの通信量を超えた段階で速度制限を適用されてしまう。

ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り換えると、メインのFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。
そうなると、対応出来る通信エリアは極端に狭くなってしまう為、住んでいる場所によってはアドバンスモードが利用出来ないと言う方も出て来てしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り換えると、FDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

そんなWiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアを比較したのが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなる。

これだけ通信エリアに差が出て来る訳ですから、大手のモバイルWi-Fiルーターの中から契約先を選ぶのであれば、WiMAXサービスが断然お勧めとなります。

そんなWiMAXサービスではありますが、複数のWiMAX取扱店が存在します。
と言う事で、引き続きお得なWiMAX取扱店の選び方をご紹介したいと思います。

WiMAXサービスの中でもイチオシのサービスは?

ご紹介したように、WiMAXサービスには複数の取扱店が存在します。
そして、各WiMAX取扱店ごとに、価格設定が違って来ます。

それでいて、どのWiMAX取扱店でも、利用出来る通信回線は全く同じだったりします。
それだったら、少しでも価格設定の安いWiMAX取扱店と契約して、お得な条件でサービスを利用したいものだと思いませんか?

そんな中、私がお勧め出来るのは、Broad WiMAXと言うWiMAX取扱店になります。
このWiMAX取扱店は私自身も契約中で、実際に安くWiMAXサービスを利用する事が出来ています。

Broad WiMAXの月額料金
Broad WiMAXは、月額料金の価格設定が安いWiMAX取扱店になる。

ただし、Broad WiMAXは業界最安値ではなく、もっと安い料金で利用出来るWiMAX取扱店も存在します。
その秘密ですが、高額なキャッシュバックキャンペーンにあったりします。

例えば、現在実施中のWiMAX取扱店のキャッシュバック額をランキングにすると、次のようになります。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年9月1日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 32,050円 12ヵ月
@nifty WiMAX 23,100円 12ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 23,000円 7ヵ月
コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+) 17,000円(※商品券) 6ヵ月
JPWiMAX 16,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
UQ WiMAX 13,000円 4ヵ月
Drive WiMAX 2 10,000円 2ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
hi-ho WiMAX 6,000円 4ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月

これだけ高額なキャッシュバックを貰う事が出来るのであれば、Broad WiMAXよりもお得な条件でWiMAXサービスを利用する事が出来たりします。
ですので、数あるWiMAX取扱店の比較サイトの記事を読んでいると、どれもこれもキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店をお勧めしていたりします。

ただし、インターネットサービスにおけるキャッシュバックキャンペーンは、実は貰えていない方が頻発しているキャンペーンだったりする事実も無視出来ません。
と言うのも、キャッシュバックは指定されている期間内での手続きが必要で、手続きを忘れた方は貰えなくなるキャンペーン特典だったりするのです。

キャッシュバック手続きのプロセス
キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックを受け取る為には、キャッシュバック手続きのタイミングを自分でスケジュール管理しなければならない。

実際、以前光回線の代理店が公開していた統計情報によると、ほとんどの方はキャッシュバック手続きを忘れてしまうのが見て取れます。

キャッシュバック手続き開始月と実際に手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月目 6割
8ヵ月目 4~5割
10ヵ月目 3割

ちなみに、WiMAX取扱店で一番多いのが、契約から約1年後にキャッシュバック手続きを必要とするケースです。
ただ、そうなると実際にキャッシュバック手続きの事を覚えていられるのは、全体のたった3割未満の方しかいない事になってしまいます。

ですから、キャッシュバックキャンペーンは、強気なキャッシュバック額を設定する事が出来ていると言うカラクリなのです。
逆に言えば、確実に貰える月額割引きキャンペーンの方は、キャッシュバックキャンペーンよりもお得ではないキャンペーンに見えてしまいます。

どれだけ高額なキャッシュバックキャンペーンであっても、貰えなければ何の意味もないと思いませんか?
と言う事で、面倒なキャッシュバック手続きが必要のないBroad WiMAXを、私自身は契約先として選んでいる訳なのです。

WiMAX端末と書類や説明書
面倒なキャッシュバック手続きがないと言う事で、私はBroad WiMAXを契約先として選んだ。

そんなBroad WiMAXに興味のある方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

クレジットカードを持たない方が、持ち運び出来るモバイルWi-Fiルーターを契約する場合は?

ご紹介しているBroad WiMAXですが、口座振替払いで申し込むと高額な初期費用も掛かってしまいます。
そうなるとお得感が相殺されてしまう為、Broad WiMAXを選ぶ意味がなくなってしまう事でしょう。

そんなBroad WiMAXではありますが、口座振替払いに対応している分まだマシと言えます。
と言うのも、持ち運び出来るモバイルWi-Fiルーターは、口座振替払いには対応していないケースが非常に多いからです。

口座振替払いには非対応
クレジットカードを持っていなければ申し込めないと言うモバイルインターネットサービスは、結構多い。

そんな中、口座振替払いの方でもお勧め出来るモバイルWi-Fiルーターとしては、@nifty WiMAXが挙げられます。
この@nifty WiMAXですが、キャッシュバックキャンペーンに対応しているWiMAXサービスとなります。

前述したように、キャッシュバックキャンペーンと言えば、貰い損ねが頻発していると言うデメリットも存在します。
そして、@nifty WiMAXのキャッシュバック手続きも約1年後ですので、貰い忘れてしまうリスクは高いと言えます。

とは言うものの、@nifty WiMAX口座振替払いにしている方であれば、引き落とし口座にそのままキャッシュバックが振り込まれる形になっていたりもします。
ですから、このケースであれば後からわざわざ振込み口座を指定する必要はなく、キャッシュバックを貰い損ねてしまうようなリスクはなくす事が出来ると言う訳なのです。

そんな@nifty WiMAXが気になる方は、次のボタンからキャンペーンサイトへと移動する事が出来ます。

持ち運び出来るモバイルWi-Fiルーターのまとめ

これまで、持ち運び出来るモバイルWi-Fiルーターの中でも、お勧めなサービスについてご紹介して来ました。
情報をまとめると、無制限に通信したいヘビーユーザーにはどんなときもWiFiがお勧めとなります。

そして、一般的な通信量で十分な方には、Broad WiMAXがお勧めとなります。
ただし、Broad WiMAXはクレジットカード払いじゃないと損をしてしまう為、口座振替払いの方は@nifty WiMAXの方がお勧めとなります。

ちなみに、私自身が契約中なのは、Broad WiMAXになります。
そして、持ち運び出来る利便性の高いインターネット環境を、実際に手に入れる事が出来ています。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)のクレードルセット
Broad WiMAXと契約した事で、持ち運び出来るインターネット環境を満喫出来ている。

ぜひあなたも参考にして頂いて、快適なインターネット環境を手に入れて下さい。
私のようにあなたが快適なインターネット環境を手に入れる事を、心から望んでいます。

そして、この記事がそのお役に立てたのであれば、とても嬉しく思います。
最後までご覧頂き、ありがとうございました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Wi-Fiルーターを持ち運びするって、どんな感じ?利点と難点をご紹介

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 最新版!大学生の一人暮らしに向いているWi-Fi環境はこれだ!

  • 自宅用の無線インターネットサービスの魅力と、有名なサービスを比較

  • なるほど納得!携帯出来るWi-Fiルーター、ベストな選択は?

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金ってどうなの?特徴も気になる

  • インターネット契約、18歳の未成年でも可能?親の同意書は必要?

  • 重要!一人暮らしのWi-Fi契約、最もお勧め出来るサービスはどれ?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。