1. TOP
  2. インターネット
  3. モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金を比較。お勧めは?

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金を比較。お勧めは?

インターネット   18 Views
モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金を比較。お勧めは?

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金っていくら位?

モバイルWi-Fiルーターの契約を考える際に、沢山の選択肢があって戸惑う方も多いかと思います。その中でも特に、どのプロバイダと契約すれば安くなるのか、そこに関心を持つ方もいる事でしょう。

ただ、そもそもの話になるのですが、モバイルWi-Fiルーターにはプロバイダ契約が不要だとご存知でしょうか?実は、プロバイダ契約を必要とするのは光回線やADSLなどの固定回線であって、モバイルWi-Fiルーターのような無線通信にはプロバイダ契約など必要ありません。

モバイルインターネット
無線通信を利用する上では、プロバイダとの契約は必要ない。

インターネット上には、Pocket WiFiのプロバイダ比較」などと言った風に、誤った言葉を多用しながら情報発信しているサイトも多いです。ですが、彼らの言うPocket WiFiはモバイルWi-Fiルーターの事で、プロバイダはMVNO(仮想移動体通信事業者)の事を指しています。

どちらも本来の言葉の意味を考えると明らかに誤っているのですが、誤った情報発信をしているサイトの影響で、間違った使い方が広まってしまいました。

ちなみに、プロバイダとは一体何なのかと言うと、光ファイバーなどの固定回線インターネット回線を繋ぐ役割を担っています。そして、固定回線の契約者に関しては、通信回線選びとは別にどのプロバイダを通してインターネット回線へと繋ぐのかも選ばなければなりません。

ただ、モバイルWi-Fiルーターの契約をする方に関しては、このプロセスが不要となっています。ですので、わざわざプロバイダの契約先を比較したりして検討する手間は不要ですし、プロバイダ料金も発生しません。

モバイルWi-Fiルーターは安い
モバイルWi-Fiルーターなら回線工事費やプロバイダ料金、無線LANルーターのレンタル料金が掛からないので、その分光回線などの固定回線よりも安上がりになる。

とは言っても、各モバイルWi-FiルーターにはMVNO(仮想移動体通信事業者)と言う形で数多くの取扱店が存在します。そして、MVNO(仮想移動体通信事業者)ごとに異なるキャンペーンを実施する形で、それぞれが集客を行っていたりします。

ですので、どのMVNO(仮想移動体通信事業者)でモバイルWi-Fiルーターの契約をするのかと言う部分は、お得感と言う部分に直結していたりします。と言う事で、プロバイダを比較したりする必要のないモバイルWi-Fiルーターではありますが、実はMVNO(仮想移動体通信事業者)選びは重要なポイントの1つになって来ます。

そう言う訳ですので、これからモバイルWi-Fiルーターの中で一押しのMVNO(仮想移動体通信事業者)についてご紹介して行きます。

ちなみに、私自身が契約しているモバイルWi-FiルーターのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、Broad WiMAXになります。その理由についても、後ほど詳しくご紹介して行きたいと思います。

そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ選びをする前の絞り込み

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ選びをする前に、まず決めなければならない事とは?

インターネットの契約先を選ぶ際に、俗に言うプロバイダ選びから始める方がいます。ただ、現在存在するモバイルWi-FiルーターのMVNO(仮想移動体通信事業者)の数は、数えきれないほどになって来ています。

このように、数を把握するだけでも大変なMVNO(仮想移動体通信事業者)ではあるのですが、実は、毎月キャンペーン内容が変動していたりします。ですから、全てのMVNO(仮想移動体通信事業者)で実施中のキャンペーン内容を把握しながら比較するのは、現実として難しい所ではあります。

そこで私が提案したいのは、まずどの通信回線に対応しているモバイルWi-Fiルーターと契約したいのかを考えると言う手順になります。この過程を最初に挟んでおくと、MVNO(仮想移動体通信事業者)の選択肢は半分以下に絞り込む事が出来ます。

選択肢を絞る
まずはモバイルWi-Fiルーターが対応する通信回線から選ぶ事で、MVNO(仮想移動体通信事業者)の選択肢を絞る事が出来る。

比較作業を大幅に軽減する事が出来るプロセスですから、必ず行っておくようにしましょう。ちなみに、現在モバイルWi-Fiルーターを選ぶのでしたら、大きく分類して次の4種類の選択肢が出て来ます。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズのWiMAXサービス
  • Y!mobileのPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air

それぞれのモバイルWi-Fiルーターの特徴を比較しつつ、あなたにぴったりなモバイルWi-Fiルーターを選んでみて下さい。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターって実際どう?

携帯電話会社として一番有名なドコモですが、モバイルWi-Fiルーターも取り扱っています。そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用したい場合、料金プランは次のようになっています。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 1,900~9,400円

ドコモで携帯電話やスマートフォンを契約している方の場合、月額500円のシェアオプションに加入する形となります。このシェアオプションとは、あなたが携帯電話やスマートフォンで契約中のパケットパックで利用出来る通信量を、モバイルWi-Fiルーターでも使えるようにするオプションサービスになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プラン
ドコモのモバイルWi-Fiルーターでシェアオプションに申し込むと、携帯電話やスマートフォンで利用出来る分のパケットをモバイルWi-Fiルーターにもシェア出来るようになる。

その代わりに、モバイルWi-Fiルーターに対して、新たにパケットパックの月額料金が請求される事はありません。このシェアオプションの仕組みを利用すれば、どちらか片方のパケットを余らせてしまうような無駄が発生しなくなります。

それに対して、ドコモの携帯電話やスマートフォンを契約していない方の場合だと、シェアオプションの月額料金は不要となります。その代わりに、次のパケットパックの月額料金を支払う必要性が出て来ます。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ちなみに、ドコモで月に5GBを超える通信量を必要とする方の場合だと、パケット定額サービスの方に申し込んだ方がお得になります。そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次のようになっています。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

と言う事で、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを契約する場合だと、個人契約での月間データ利用量の上限はたった30GBまでとなってしまいます。この通信量だと、ミドルユーザーまでしか対応出来なくなってしまいます。

しかも、月にたった30GBまでしか通信出来ないのにも関わらず、月額料金は9,400円も請求されてしまいます。ですから、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの契約は、あまり割に合いません。

と言う事で、現在モバイルWi-Fiルーターの契約先を選ぶ中で、わざわざドコモのモバイルWi-Fiルーターを選択する必要性はありません。他に安くて利便性の高いモバイルWi-Fiルーターはありますから、そちらのサービスをお勧めします。

SoftbankのSoftbank Airって実際どう?

正確に言うとモバイルWi-Fiルーターではありませんが、SoftbankのSoftbank Airも選択肢の1つとして考える事が出来ます。そんなSoftbank Airは、コンセントのある場所でしか利用出来ないホームルーターになります。

このSoftbank Airの特徴としては、速度制限がない事を公言しているサービスであると言う部分になります。ですので、他のモバイルWi-Fiルーターとは違って、3日間の合計通信量に対する速度制限もありません。

つまり、Softbank Airユーザーであれば、毎日何時間も動画を視聴し続けるような用途にも対応している事になります。ですから、無線通信でありながらも、Softbank Airの使用感は光回線のようなものであると考えられます。

ただ、ここで非常に残念なお知らせがあります。実は、スペック上では非常に魅力的なSoftbank Airではあるのですが、口コミサイト上での評判が全然良くありません。

例えば、Twitterで検索を掛けてみても、Softbank Airの通信速度に対する不満の声がぞろぞろと出て来ます。

と言う事で、快適なインターネット環境を考える上で、Softbank Airはあまりお勧め出来ません。もしSoftbank Airでインターネット上から容量の大きなファイルをダウンロードする際には、相当な時間待たされてしまいます。

あなたの貴重な時間を、容量の大きなファイルを読み込む度に奪って行く。そんなインターネット環境などいらないですよね?

UQコミュニケーションズのWiMAXサービスって実際どう?

じゃあ、モバイルWi-Fiルーターの中でお勧め出来るサービスは何なのか、いい加減に教えてと言う声が聞こえて来そうです。その答えですが、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスになります。

そんなUQコミュニケーションズのWiMAXサービスに申し込むと、次の料金プランが適用となります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、FlatツープラスプランFlatツープラス ギガ放題プランの月額料金の違いは、月間データ利用量の違いの部分になります。

WiMAXサービスの月間のデータ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

このように、WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランに申し込んで標準のハイスピードモードを利用する分には、月間データ利用量の上限がなくなります。つまり、動画を視聴するような大容量通信に対しても、Flatツープラス ギガ放題プランなら対応出来ると言う事になります。

月間のデータ利用量による速度制限
Flatツープラスプランの月間データ利用量の上限は7GBまでだが、Flatツープラス ギガ放題プランならその上限がなくなる。

これだけたっぷり通信出来るWiMAXサービスですが、月額料金は割安です。既にご紹介したドコモのモバイルWi-Fiルーターと比較して頂ければ、その違いは一目瞭然かと思います。

そう言った理由から、現在のモバイルWi-Fiルーターの中でも、WiMAXサービスが特にお勧めであると言えます。

Y!mobileのPocket WiFiサービスって実際どう?

ご紹介したモバイルWi-Fiルーターの種類の中で、まだY!mobileのPocket WiFiサービスについてはご紹介していませんでした。では、Y!mobileのPocket WiFiサービスは、選択肢としてどうなのでしょうか?

と言う事で、Y!mobileのPocket WiFiサービスに対する料金プランを確認してみましょう。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中のPocket WiFiプラン2に申し込んで、更にアドバンスオプションにも申し込んだとします。そうすると、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事が出来るようになります。

では、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、一体何が出来るようになるのでしょうか?実は、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限がなくなります。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限を気にせず通信出来るようになる。

つまり、Pocket WiFiサービスであれば、月額4,380円で月間データ利用量の上限なく通信出来るようになると言う訳なのです。この料金プランの条件、実はWiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランと全く同じである事に気付きませんか?

ですので、一見すると、WiMAXサービスでもPocket WiFiサービスでも、条件は全く同じように見えてしまいます。ただ、ここで見落とされているポイントが1つあります。

それは一体何なのかと言うと、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアの広さになります。この部分をご理解頂く為には、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードについて詳しく知る必要が出て来ます。

Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。ですから、Pocket WiFiサービスで月間データ利用量の上限なく通信出来るエリアと言うのは、非常に限られた範囲のみとなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、対応出来る通信帯域が狭くなってしまう。

それに対して、WiMAXサービスの方はと言うと、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がありません。ですから、本来の広い通信エリアに対して、月間データ利用量の上限なく通信する事が出来る仕組みとなっている訳なのです。

このWiMAXサービスPocket WiFiサービスの通信エリアの違いを表したのが、次の地図になります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスでアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなっている。

これだけ通信エリアに違いがある訳ですから、この部分を無視する事は出来ません。と言う事で、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めであると言う事になります。

さて、モバイルWi-Fiルーターの中でもWiMAXサービスが一番お勧めである事をご理解頂いた所で、選択肢はWiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)に絞られて来ました。そんなWiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)の中で、私はBroad WiMAXと契約をしています。

なぜ私がWiMAXサービスの中でもBroad WiMAXを選んだのか、これからその理由がお分かり頂けるようになるかと思います。ちなみに、Broad WiMAXのキャンペーンサイトが気になると言う方は、次のボタンから移動する事が出来ます。

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダこと取扱店、比較する際のポイントとは?

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ比較記事を読んでも意味がない訳

これまでご紹介して来たように、モバイルWi-Fiルーターの中でも今はWiMAXサービスがお勧めとなります。ですから、モバイルWi-Fiルーターの契約先は、WiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)の中から選べば良くなります。

そんなWiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)についてですが、インターネット上では数多くの比較サイトが存在します。これらPocket WiFiのプロバイダ比較サイトの記事についてですが、読むだけ無駄だったりします。

と言うのも、この手の記事の内容は、各キャンペーンサイト上で掲載されている料金を電卓で叩いて計算し、想像上だけで比較しているに過ぎないからです。そして、その計算の中には、割り引きキャンペーンが適用される確率の部分が全く考慮されていません。

もう少し具体的に説明すると、各MVNO(仮想移動体通信事業者)で実施中のキャッシュバックキャンペーンに申し込んだとしても、そのキャッシュバックを確実に貰えるとは限らないのです。ですので、場合によってはキャッシュバックキャンペーンに申し込んでも1円も戻って来ないケースだって普通にあります。

キャッシュバックを貰えず
キャッシュバックキャンペーンに申し込んだとしても、そのキャッシュバックが貰えるとは限らない。

特に、高額なキャッシュバックキャンペーンに申し込むほどに、キャッシュバックを貰える確率は低くなってしまいます。その根拠となるのが、キャッシュバックを貰えるまでに掛かる期間の部分となります。

WiMAX取扱店のキャッシュバック額比較(2019年4月1日現在)
WiMAX取扱店 キャッシュバック額(最高額) いつ貰えるか
GMOとくとくBB WiMAX 2+ 37,100円 12ヵ月
@nifty WiMAX 30,000円 9ヵ月
BIGLOBE WiMAX 2+ 30,000円 12ヵ月
JPWiMAX 16,000円(※Amazonギフト券) 12ヵ月
UQ WiMAX 13,000円 4ヵ月
株式会社シナジーパートナーズ 10,000円 2ヵ月
ASAHIネット WiMAX 2+ 10,000円 13ヵ月
コミュファ光モバイル(UQ WiMAX 2+) 10,000円(※商品券) 6ヵ月
hi-ho WiMAX 6,000円 4ヵ月
DTI WiMAX 2+ 6,000円 13ヵ月

このように、貰えるキャッシュバック額が高額になるほど、実際に貰えるようになるまでに掛かる期間は長くなってしまいます。そして、キャッシュバックを貰えるまでに掛かる期間が長くなると言う事は、キャッシュバック手続きが必要となる期間もそれだけ遅くなると言う事に繋がります。

キャッシュバックキャンペーンは、手続きが遅くなるほどに手続き忘れのリスクが高くなってしまいます。この事を表したのが、以前光回線の代理店が公開していた統計情報になります。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

このように、キャッシュバック手続きの開始月が遅くなるほど、キャッシュバック手続きのうっかり忘れが発生してしまいます。そんなキャッシュバック手続きには1ヵ月ほどの有効期限しかなく、過ぎるとキャッシュバックは貰えなくなってしまいます。

ちなみに、WiMAXサービスの中で業界最高額のキャッシュバックキャンペーンを実施しているGMOとくとくBB WiMAX 2+だと、キャッシュバック手続きが必要となるのは11ヵ月目の下旬になっています。そうなると、キャッシュバック手続きの事を覚えていられる割合と言うのは、全体の3割未満に下がってしまいます。

キャッシュバック手続きのプロセス
約1年後でのキャッシュバック手続きをうっかり忘れてしまうと、キャッシュバックは1円も貰えなくなってしまう。

どれだけ高額なキャッシュバックキャンペーンに申し込んだとしても、貰えなければ何の意味もありません。そう言ったリスクを無視する形で安さだけでMVNO(仮想移動体通信事業者)を比較するのは、何と無意味な事でしょうか?

ですので、WiMAXサービスのMVNO(仮想移動体通信事業者)を比較する際には、キャッシュバックキャンペーンを実施しているMVNO(仮想移動体通信事業者)を選択肢から除く事をお勧めします。

料金を比較して判明!本当にお勧め出来るモバイルWi-Fiルーターはこれだ!

これまで何度かご紹介してますが、私自身はBroad WiMAXと言うMVNO(仮想移動体通信事業者)とWiMAXサービスの契約をしています。その理由ですが、Broad WiMAXは安い月額料金でWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているからです。

では、Broad WiMAXの月額料金がどれだけ安いのか、一般的なWiMAX取扱店の月額料金と比較をしてみましょう。まずは、一般的なWiMAX取扱店の月額料金をご紹介します。

一般的なWiMAX取扱店の料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

この月額料金に対して、Broad WiMAXなら次の月額料金で同じWiMAXサービスを利用する事が出来る価格設定となっています。

Broad WiMAXの月額最安プラン
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

このように、WiMAXサービスをBroad WiMAXで申し込む事によって、月額料金を安く抑える事が出来る仕組みになっています。せっかく用意されているサービスですから、ぜひ活用したい所です。

一般的なWiMAX取扱店とBroad WiMAXの月額料金の差額
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 970円(日割り計算)
1~2ヵ月目 970円 970円
3~24ヵ月目 969円
25ヵ月目~ 370円 339円
37ヵ月目までの合計差額 28,690円 28,296円

ちなみに、月額料金が割り引きされるタイプのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、他にも存在します。例えば、カシモ WiMAXも月額料金の安いMVNO(仮想移動体通信事業者)としては有名だったりします。

安い月額料金
カシモ WiMAXも、月額料金の安いWiMAX取扱店としては有名。

そんなカシモ WiMAXの料金プランは、次のようになっています。

カシモ WiMAXの新端末プランの月額料金
ご利用期間 カシモ WiMAX 2+ ライトプラン(7GB) カシモ WiMAX 2+ ギガ放題プラン
初月~1ヵ月目 1,380円
2~24ヵ月目 2,980円 3,580円
25ヵ月目~ 3,379円 4,079円

ここで気になってくるのが、カシモ WiMAXBroad WiMAXはどちらの方が安いのかと言う点についてでしょう。と言う事で、それぞれのサービスを3年間利用し続けた場合の月額料金の総額を計算してみました。

Broad WiMAXとカシモ WiMAXの月額料金を比較(37ヵ月目まで)
WiMAX取扱店名 ライトプラン ギガ放題プラン
Broad WiMAX 108,062円 131,352円
カシモ WiMAX 111,848円 134,048円

このように、Broad WiMAXカシモ WiMAXの月額料金を比較してみると、Broad WiMAXの方が安上がりになります。と言う事で、より安い月額料金でWiMAXサービスを利用したいのであれば、カシモ WiMAXよりもBroad WiMAXの方をお勧めします。

そんなBroad WiMAXのキャンペーンサイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

モバイルWi-Fiルーターのプロバイダ料金を比較。お勧めは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。




Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • お勧めプロバイダをランキングサイトで見付けるより、もっと重要な事

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランと利用出来る通信量

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

  • 知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

  • 無制限に通信出来て安いモバイルWi-Fiルーター比較ランキング最新版

  • これは快適!携帯出来るWi-Fiルーターを実現出来るネットワーク機器とは?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。