1. TOP
  2. インターネット
  3. 知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

 2018/07/22 インターネット   20 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

Wi-Fiルーター本体を選ぶ上で気を付けたいポイントってあるの?

あなたはWi-Fiルーターの本体を探している。
そして、Wi-Fiルーターの種類の多さに圧倒されて、どのWi-Fiルーターを選べば良いのか迷っている事でしょう。

ですが、大丈夫。
この記事をご覧になって頂ければ、選択肢は自ずと絞られて来るからです。

どのWi-Fiルーター良いのかな?
この記事を最後までご覧頂く事で、Wi-Fiルーター選びの選択肢は絞られて来る。

そんなWi-Fiルーターには、外へ持ち運び出来るモバイルルーターと、室内に設置するホームルーターとが存在します。
それぞれのWi-Fiルーターにメリットデメリットがあり、そのWi-Fiルーターの特性を把握してから選択しないと後から後悔する事となってしまいます。

また、Wi-Fiルーターの中には速度制限がないものも存在するのですが、意外と口コミサイト上では評判が良くないものもあります。
ですので、速度制限のないWi-Fiルーター本体のメリットとデメリットについても、この記事で触れておきたいと思います。

ぜひ最後までご覧頂き、あなたのWi-Fiルーター本体選びの際の参考にしてみて下さい。

  • Wi-Fiルーターは種類が多いので、どのWi-Fiルーターを選べば良いのか圧倒されてしまう。
  • Wi-Fiルーターには、外へ持ち運び出来るモバイルルーター室内に設置出来るホームルーターとが存在する。
  • それぞれのWi-Fiルーターにメリットデメリットがあり、そのWi-Fiルーターの特性を把握してから選択しないと後から後悔する事となってしまう。
  • Wi-Fiルーターの中には速度制限がないものも存在するが、意外と口コミサイト上では評判が良くないものもある。

モバイルルーター?それともホームルーター?Wi-Fiルーター本体の選び方

常にインターネット環境を携帯出来るモバイルルーター

Wi-Fiルーターの中でも、特に人気が高いのがモバイルルーターになります。
モバイルWi-Fiルーターとも呼ばれたりするこの種類のWi-Fiルーターですが、無線を使ってインターネットへアクセスする事が出来ると言う特徴を持っています。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターは、無線を使ってインターネットへアクセスする事が出来る。

ですから、モバイルルーターを利用する際には、わざわざ回線工事などする必要はありません。
モバイルルーター本体を手に入れた時から、すぐにインターネットへアクセス出来るようになります。

また、モバイルルーターにはバッテリーが内蔵されている為、スマートフォンのように外へ持ち出せると言う特徴を持っています。
ですので、常にインターネット環境を携帯して、好きな場所でインターネットを楽しむ事も出来るのです。

と言う事で、場所を問わずインターネットを楽しみたいと言う方であれば、モバイルルーターがお勧めとなります。

  • モバイルルーターを利用する際には、わざわざ回線工事などする必要はない。
  • モバイルルーターにはバッテリーが内蔵されている為、好きな場所でインターネットを楽しむ事も出来る。

高いパフォーマンスで通信出来るホームルーター

Wi-Fiルーターの中には、バッテリーを内蔵していないタイプのものも存在します。
そう言ったバッテリーを内蔵していないWi-Fiルーターは、一般的にホームルーターと呼ばれます。

そんなホームルーターはバッテリーを内蔵していない為、コンセントのない場所で利用する事が出来ません。
ですが、バッテリーを内蔵していないからこそ、パフォーマンスを抑えてバッテリーを長持ちさせるような配慮が必要ないと言うメリットもあるのです。

コンセント
ホームルーターはバッテリーを内蔵していない為、コンセントのない場所で利用する事が出来ない。

ですので、ホームルータータイプのWi-Fiルーターは、通信パフォーマンスが高いです。
例えば、モバイルルーターの同時接続数は10台前後のものが大半なのですが、ホームルーターなら数十台もの同時通信に対応しているものも普通に存在するのです。

また、モバイルルーター2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信には対応していませんが、ホームルーターであれば対応しています。
ですから、古い機器新しい機器とを、それぞれ最適なWi-Fi方式で通信出来ると言うメリットも持ち合わせているのです。

2.4GHzのWi-Fi
古い機器から新しい機器まで対応する汎用性の高い周波数帯だが、混雑する分電波干渉が起こりやすい。
5GHzのWi-Fi
比較的新しい機器しか対応してない周波数帯だが、通信パフォーマンスが高くて電波干渉も起こりづらい。

と言う事で、一度に沢山の機器を通信させたい方や、古い機器と新しい機器とを同時に通信させたい方にとっては、ホームルーターの方がお勧めとなります。

  • ホームルーターはバッテリーを内蔵していない為、コンセントのない場所で利用する事が出来ない。
  • ホームルータータイプのWi-Fiルーターは通信パフォーマンスが高くモバイルルーターと比較して多くの機器の同時通信に対応している。
  • モバイルルーター2.4GHz5GHzのWi-Fiの同時通信には対応していないが、ホームルーターであれば対応している。

モバイルルータータイプのWi-Fiルーター、お勧めは?

たっぷり通信出来て、速度も速いモバイルルーター

モバイルルータータイプのWi-Fiルーターとして特にお勧めなのが、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)と言う機種になります。
このSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はWiMAXサービスに対応しているWi-Fiルーターなのですが、下り最大通信速度が758Mbpsにもなるのです。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)は、下り最大通信速度758Mbpsの超高速通信に対応しているWiMAX端末。

上り最大通信速度についても112.5Mbpsも出ますから、通信速度に関する不満は出て来ないほど快適なインターネットを楽しめます。
それだけ高速のインターネット環境を持ち歩ける訳ですから、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の快適さは群を抜いてます。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の本体価格は20,000円するのですが、Broad WiMAXのキャンペーンを利用すれば無料になります。
ですので、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)に興味のある方は、Broad WiMAXから申込むのをお勧めします。

ここで気になるBroad WiMAXに関しては、キャンペーンサイトでより詳しくご紹介されています。
ですので、Broad WiMAXに興味のある方は、そちらも併せてご覧になってみて下さい。

たっぷり通信出来て、ビームフォーミングにも対応しているモバイルルーター

あなたがお持ちのスマートフォンがビームフォーミングに対応しているのであれば、お勧めのモバイルルータータイプのWi-FiルーターはSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)になります。
と言うのも、前述したSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)はビームフォーミングに対応しておらず、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)ならばビームフォーミングに対応しているからです。

Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)クレードルセット
Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)はビームフォーミングに対応している唯一のWiMAX端末。

ですので、通信パフォーマンスの向上が期待出来るビームフォーミングを活用したい方の選択肢は、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)となる訳なのです。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の本体価格も20,000円します。
ただ、前述したBroad WiMAXのキャンペーンを利用すれば、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)の本体価格も無料になります。

ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX04(NAD34)に興味のある方は、ぜひともBroad WiMAXのキャンペーン特典を活用したい所です。

ホームルータータイプのWi-Fiルーター、お勧めは?

たっぷり通信出来て、同時接続数も多いホームルーター

ホームルータータイプのWi-Fiルーターとしてお勧めなのが、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)と言う機種になります。
と言うのも、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時通信に対応し、無線で40台、有線で2台の機器の同時通信に対応しているからです。

Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の同時接続数
Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)は2.4GHzと5GHzのWi-Fiの同時通信に対応し、無線で40台、有線で2台の機器の同時通信にも対応している。

これだけ数多くの機器の同時通信に対応している訳ですから、オフィスパソコン教室などと言った用途にも対応出来ます。

そんなSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)の本体価格も20,000円します。
ただ、Broad WiMAXのキャンペーンを利用すれば、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)も0円で購入する事が出来ます。

と言う事で、Speed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)に関しても、購入先としてお勧めなのはBroad WiMAXになります。

速度制限のない、通信し放題のホームルーター

ご紹介して来た各Wi-Fiルーターには、実は速度制限があります。
料金プランによっては月間データ利用量の上限を回避出来るのですが、3日間の合計通信量は10GBまでと決まっています。

この10GBの通信量をYouTubeの視聴時間に換算すると、次のようになります。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

ですので、この10GBの通信量を超えそうだと言う方の場合だと、別のWi-Fiルーター本体を選ぶ必要性が出て来るのです。
そして、3日間の合計通信量が10GBを超えてしまうヘビーユーザーであれば、速度制限のないSoftbank Airがお勧めとなって来ます。

SoftBank Air
3日間で10GB以上通信するようなヘビーユーザーに関しては、速度制限のないSoftbank Airの方がお勧め。

ただ、速度制限がないのならさぞやSoftbank Airの評判は良いだろうと思いきや、実は口コミサイト上でのSoftbank Airに対する評判はあまり良くありません。
夜中の時間帯の通信速度は10Mbpsを切るだとか、昼間でも30Mbps程度の通信速度しか出ていないだとか、そう言うSoftbank Airの通信速度に対する不満の声が複数見受けられるのです。

そんなSoftbank Airの対応する通信エリアはBroad WiMAXと比べてかなり狭いですから、そう言う部分が影響しているのかもしれません。
と言う事で、速度制限はないSoftbank Airではありますが、通信速度通信エリアに関しては注意が必要となって来ます。

そんなSoftbank Airの本体価格は、58,320円します。
ですが、株式会社NEXTの月月割を利用する事で、実質無料になります。

ここで気になる株式会社NEXTに関しても、キャンペーンサイトでより詳しくご紹介されています。
ですので、Softbank Airに興味のある方は、併せてご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

知らなかった!Wi-Fiルーター本体には選び方があるなんて!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXを速度制限なしで利用出来る方法

ご紹介しているBroad WiMAXですが、普通の使用方法では3日間に10GBまでしか通信出来ません。
その理由ですが、速度制限のないノーリミットモードに対応している端末がラインナップから消えたからです。


ですが、Amazonや楽天ではまだノーリミットモードに対応しているWiMAX端末を取り扱っていますから、それを購入する事で速度制限のないインターネット環境が手に入ります。
ちなみに、ノーリミットモードに対応しているモバイルルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15がお勧めとなります。


>>Amazonでノーリミットモード対応機種を探す


>>楽天市場でノーリミットモード対応機種を探す


一方、ノーリミットモードに対応しているホームルータータイプのWiMAX端末を購入したい方には、URoad-Home2+がお勧めとなります。


>>AmazonでURoad-Home2+を探す


>>楽天市場でURoad-Home2+を探す


ただし、今のWiMAX端末に使われているSIMカードはau Nano IC Card 04 LEで、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+に使われるSIMカードはau Micro IC Card(LTE)です。
ですので、WiMAX端末に挿入するSIMカードのサイズが異なります。


au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LE
au Micro IC Card(LTE)とau Nano IC Card 04 LEはサイズが異なる。

ですから、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+にau Nano IC Card 04 LEを挿入する為には、SIMカードの変換アダプタの購入も必要となって来ます。


au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタ
au Nano IC Card 04 LEをau Micro IC Card(LTE)へ変換するアダプタが存在する

このSIMカードの変換アダプタもAmazonや楽天で購入出来ますので、一緒に購入すると良いです。


>>AmazonでMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


>>楽天でMicroSIMとNano SIMの変換アダプタを探す


実際にau Nano IC Card 04 LEへSIMカードの変換アダプタを装着すると、サイズはau Micro IC Card(LTE)と同じになりました。


SIMカードの変換アダプタでau Nano IC Card 04 LEがau Micro IC Card(LTE)サイズに
SIMカードの変換アダプタを装着すれば、au Nano IC Card 04 LEはau Micro IC Card(LTE)と同じサイズになる。

ただ、実際にau Nano IC Card 04 LEで古いWiMAX端末のノーリミットモードを利用出来るのか半信半疑の方もいるでしょう。
と言う事で、URoad-Home2+au Nano IC Card 04 LEを挿入してみます。


au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する
au Nano IC Card 04 LEをURoad-Home2+に挿入する。

そしてURoad-Home2+の電源を入れると、実際にノーリミットモードで通信を始めました。


URoad-Home2+のノーリミットモード
au Nano IC Card 04 LEを挿入した場合であっても、ノーリミットモードでの通信は行える。

ちなみに、購入した変換アダプタは何度でも取り外しが可能ですので、必要に応じて最新のWiMAX端末に差し替える事が出来ます。
つまり、通信速度が必要な時は最新のWiMAX端末を、速度制限を避けたい時にはWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15やURoad-Home2+を使い分けると言った賢い選択が出来るようになります。


WiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入
通信速度が必要な場面では、最新のWiMAX端末にau Nano IC Card 04 LEを挿入する。

と言う事で、Broad WiMAXを使っていて速度制限がキツいと言う方に関しては、ノーリミットモードの活用をお勧めします。


※追記
2018年9月3日に、UQコミュニケーションズから「旧WiMAXサービスの提供終了に伴うWiMAX 2+機器への機種変更のお願い」が発表されました。
発表によると、WiMAX回線は2020年の3月31日で停波になるとの事です。


ですので、ご紹介したノーリミットモードを使う事によって速度制限を回避する方法は、2020年の3月31日までの期間限定で使える方法になります。
と言う事で、古いWiMAX端末を購入する方は、2020年の4月以降は使えなくなる事を承知した上で購入して下さい。


Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック特典とNTTドコモを比較

  • 海外でのWi-Fi環境を安く手に入れたい!それを実現出来る安いモバイルWi-Fiルーターはどこのサービス?

  • インターネットサービスにおけるプロバイダの役割って?契約は必要?

  • この1択で決まり!一人暮らし向けのWi-Fiルーターについて知りたい方へ

  • 賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。