1. TOP
  2. インターネット
  3. モバイルWi-Fiルーターの速度制限って実際どう?避ける方法は?

モバイルWi-Fiルーターの速度制限って実際どう?避ける方法は?

インターネット   17 Views
モバイルWi-Fiルーターの速度制限って実際どう?避ける方法は?

モバイルWi-Fiルーター最大の欠点は速度制限にあり!

モバイルWi-Fiルーターが登場した頃は、月間データ利用量の上限が決まっていると言うのが業界では一般的でした。
そして、1ヵ月に7GBまでと言うのが、業界の通信量の目安となっていました。

月間のデータ利用量による速度制限
モバイルWi-Fiルーターの1ヵ月の通信量の上限は、7GBまでが一般的だった。

なぜこのような速度制限が設けられているのかと言うと、通信回線の通信品質を保つ為には必要な事だと考えられているからです。
と言うのも、モバイルWi-Fiルーターは携帯電話の通信網を利用していますので、大勢のユーザーが大容量通信を行う事による通話への悪影響が考えられるからなのです。

そんな中で、Y!mobileのPocket WiFiサービス速度制限なしのアドバンスモードを提供開始しました。
また、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスも、速度制限なしのノーリミットモードを携えてサービスの提供開始をしました。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、月間データ利用量の上限がなくなる。

ただ、Pocket WiFiのアドバンスモードは、3日間の合計通信量が3GBまでと言う速度制限を設けてしまいました。
その事が原因となり、ユーザーからは批判と落胆の声が上がりました。

その一方で、UQコミュニケーションズのWiMAXサービスの方も、ノーリミットモードを搭載しないWiMAX端末ばかりを販売し始めてしまいました。
ですので、新たにWiMAXサービスの契約を行う方機種変更を行う方に関しては、半強制的に速度制限からは逃れられない通信環境へと移行させられてしまったのです。

WiMAX端末がWiMAX環境に
速度制限がないノーリミットモードを使い続けたいのであれば、最新機種ではなく古いWiMAX端末を使い続けるしかなくなった。

ただ、WiMAXサービス速度制限なしを全面に出して集客を行っていた過去があり、ユーザーからの反発は特に大きなものとなりました。
その結果、3日間の合計通信量が3GBを超過しても、高画質動画(HD)は視聴出来る程度の通信速度を維持出来るように規制緩和が行われました。

ですので、ノーリミットモードほどではないにせよ、速度制限後も快適な通信環境が維持出来る状態になりました。
私自身も、これなら速度制限はあってないものだと安心をしました。

この頃、ノーリミットモードの下り最大通信速度が40Mbpsから13.3Mbpsへと低速化され、古いWiMAX端末を使ってノーリミットモードを使い続けるユーザーの更なる締め出しが行われました。
更に決定的だったのが、噂として広まっていてそれを否定し続けていたものの、後にノーリミットモード自体の停波を公式に発表した事となります。

これにより、ノーリミットモードに対応した古いWiMAX端末を使っていたユーザーも、根こそぎ速度制限からは逃れられない通信環境への移行を余儀なくさせられてしまいました。
私自身も古いWiMAX端末でノーリミットモードばかりを使っていましたので、ハイスピードモードへと移行するきっかけになりました。

WiMAXの通信モード
ノーリミットモードを使い続けて来たユーザーにとって、停波の発表はかなり衝撃的だった。

その後、WiMAXサービスの3日間の合計通信量は10GBまでに規制緩和されました。
それと同時に、速度制限後の通信速度は、YouTubeの通常画質動画(SD)までしか視聴出来ない通信速度へと規制強化されてしまいました(速度制限は18時から翌2時までに限定)。

ですので、当時のUQコミュニケーションズは規制緩和だと発表をしていましたが、実際には速度制限の規制強化が行われました。
ちなみに、Y!mobileのPocket WiFiサービスの方も、WiMAXサービスと同程度の速度制限を採用する形になりました(速度制限は18時から翌1時までに限定)。

前日までの直近3日間のネットワーク混雑回避のための速度制限
速度制限の実施時間は短くなったものの、ゴールデンタイムの通信環境は実用レベルを下回るようになってしまった。

ちなみに、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの方はと言うと、月間データ利用量の上限が決まっている方式を採用し続けて現在に至っています。
ただ、当初の速度制限後の通信速度は128Kbpsでしたが、今は若干規制緩和されました。

具体的には、ギガホに申し込んだ方だけ、速度制限後もYouTubeの標準画質動画(SD)は視聴可能な通信速度となりました(速度制限は月末まで終日続く)。
と言う事で、速度制限後の通信環境はWiMAXサービスPocket WiFiサービスと大差ありませんが、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの速度制限の実施時間はかなり長くなります。

Wi-Fi STATION
速度制限で言うと、ドコモのモバイルWi-Fiルーターが一番条件はキツい。

このように、一時的に速度制限なしの時期はありましたが、現在の大手のモバイルWi-Fiルーターには速度制限があります。
ですので、モバイルWi-Fiルーターを利用する上での一番のデメリットは、速度制限にあると言っても良いでしょう。

Wi-Fiに制限が掛かるキッカケとなる3日間に10GBの通信量って、ぶっちゃけどうなの?

私自身は6年間WiMAXサービスを使って来て、速度制限の規制の変化を日常生活の中で体験して来ました。
そんな現在までの速度制限の規制の推移を、UQコミュニケーションズ自身は規制緩和と発表しています。

ただ、実際にWiMAXサービスを長く使って来た私自身の経験から言わせて貰うと、事実上は年々速度制限の規制強化が行われている印象です。
これまでの流れからすると、この先も規制強化はあれど、速度制限なしの状態に戻る事はないと思われます。

URoad-Home2+とSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
現在よりもずっとユーザー数が少ない段階で速度制限なしを手放したので、元に戻る事は期待出来ない。

競合サービスであるPocket WiFiサービスも同じような推移をしていますので、業界としては速度制限なしの通信環境の維持が非常に困難であると言う事なのでしょう。
そこで気になって来るのが、WiMAXサービスPocket WiFiサービスで採用されている3日間で10GBの通信量についてでしょう。

ここで、UQコミュニケーションズが発表している10GBの通信量の目安をご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

3日間にこれだけの時間動画を視聴出来る訳ですから、速度制限に掛かるハズがないと思ってしまいませんか?
実際、このデータを引用して、WiMAXサービスの速度制限は緩いから全く気にしなくても良いと言う過大広告を行っているサイトも多いです。

ただ、そう言ったサイトの著者は、実際に自宅のメイン回線としてWiMAXサービスを契約していないと断言出来ます。
単にホームページ上で発表されているデータを見ながら想像して、これだけ通信出来るのなら大丈夫だろうと無責任に読者へWiMAXサービスを売り付けているだけなのです。

アフィリエイトサイトの罠
WiMAXサービスの速度制限が緩いと言う発言には、真実味がない。

実際にモバイルWi-Fiルーターを使うと、上り通信下り通信の2種類の通信を同時に行います。
そして、その合計通信量で、3日間の通信量は計算されます。

また、モバイルWi-Fiルーターが行う通信は、動画の視聴だけに限りません。
OneDriveやiCloudなどのソフトによってファイル同期が行われると、バックグラウンドで自動的に通信が行われます。

例えば、スマートフォンでムービーを撮影すると、動画ファイルが自動的にインターネット上へアップされます。
続いて、同期しているパソコンへ自動的に動画ファイルがダウンロードされます。

これだけで、動画サイズの2倍の通信量を消費してしまいます。

データのアップロードとダウンロード
どのパソコンにも標準搭載されているファイル同期ソフトが、自動的に大容量通信を行っている事も多々ある。

また、OSやアプリのアップデートが行われると、半強制的に通信量を消費します。
そして、OSのアップデート内容によっては、数GBを消費してしまうケースもあります。

また、プレステをやる方であれば、ゲームソフトのダウンロードだけで速度制限に掛かってしまう事もあります。

このように、3日間に10GBの速度制限は、全然緩くはないです。
むしろ、ある程度通信する方であれば、速度制限は避けて通る事が出来ません。

実際、Twitter上の声を拾ってみれば、10GBの通信量が十分でない事実は明らかになります。

私自身WiMAXサービスを使っていた頃は、毎日速度制限の対象となっていました。
それは、動画を視聴していない期間も続き、本当にうんざりしていました。

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
WiMAXサービスの速度制限は、あなたが思っているよりも簡単に適用されてしまう。

そして、毎日18時以降は速度制限が実施されますので、動画の視聴はそれまでに済ませようと日程を変えたりしたものです。
このような速度制限を、緩いから気にしなくても良いと売り込むのって、どう思いますか?

速度制限後の概ね1Mbpsの通信速度は、Wi-Fi環境として実用レベル??

ご紹介しているように、モバイルWi-Fiルーター業界の速度制限では、YouTubeの標準画質レベル(SD)を視聴出来る程度の通信速度が一般的です。
そんな速度制限時の通信速度ですが、概ね1Mbps程度と発表されています。

ここで気になるのが、この概ね1Mbps程度の通信速度は実用レベルなのかどうかと言う話でしょう。
私自身の経験から言えば、実用レベルではありません。

パソコンの大画面で画質の良い動画を視聴したくても、高画質動画(HD)の視聴は出来ません。
ですので、わざわざ画質を落として動画を視聴しなくてはならなくなります。

動画の読み込みが遅い
速度制限中に綺麗な画質で動画を視聴しようとすると、スムーズには再生されなくなる。

今インターネット上にアップされている動画の大半が、高画質動画(HD)になります。
ですが、画質を落とす機能が搭載されていない動画配信サービスだと、視聴する事は出来なくなります。

また、標準画質レベル動画(SD)を視聴中に他の通信も行うと、動画の再生が止まってしまいます。
更に、ファイルのダウンロードを行う際には、ダウンロード時間に1日とか表示されてしまいます。

しかも、この速度制限のタイミングで更新プログラムのダウンロードが始まると最悪です。
1Mbpsの帯域を自動的に使われてしまい、まさに何も出来なくなってしまいます。

速度制限
更新プログラムのダウンロードは自動的に行われる為、速度制限の時間帯だと長引く上に、通信速度への影響もかなり大きくなる。

ですから、概ね1Mbpsの通信速度は実用レベルとは言えません。
WiMAXサービスの速度制限は気にしなくても良いと言う方がいるのでしたら、最初から1Mbps程度の通信速度しか出ない安いサービスを契約すれば良いと思います。

そんなインターネット環境など不便過ぎますので、私なら絶対に契約しませんが…。
ちなみに、Twitter上の声を拾ってみても、概ね1Mbpsの通信速度に対する不満の声を見掛けます。

と言う事で、実際にWiMAXサービスPocket WiFiサービスを使っている方ならすぐに分かる事ですが、概ね1Mbpsの通信速度は実用レベル以下となります。
この通信環境を容認出来ない方は、別のサービスを探した方が良いです。

速度制限のないモバイルWi-Fiルーターが登場!

ご紹介しているように、モバイルWi-Fiルーター最大の弱点は速度制限になります。
にも関わらず、業界大手は通信量の規制を厳しくしている流れがあります。

そして、速度制限の規制から目をそらすかのように、必要のない通信速度の高速化ばかりに力を入れています。
現在は1Gbps(1,000Mbps)超えの通信速度を大々的に発表していますが、実際の所15Mbpsあれば実用レベルの通信速度となります。

Speed Wi-Fi NEXT W06(HWD37)
フレッツ光と同等の通信速度が出せるモバイルWi-Fiルーターが、各社から続々と登場して来ている。

実際にユーザーがモバイルWi-Fiルーターに求めているのは、実用レベル以上の通信速度ではありません。
それよりも、通信速度は実用レベルあれば良いので、無制限に通信出来るモバイルWi-Fiルーターを求めています。

そんなユーザーの声を的確に反映させたサービスが、後発組として登場しました。
それが、どんなときもWiFiと言うサービスになります。

このどんなときもWiFiクラウドSIMと言う仕組みを採用していて、1つの通信回線に依存していません。
ですので、ドコモauSoftbankの通信回線を、その時々で使い分ける事が出来る仕組みになっているのです。

SIMカード
どんなときもWiFiであれば、その場所で最適な通信環境が手に入る。

つまり、携帯大手3キャリア全ての通信エリアで、インターネットを楽しむ事が出来るサービスとなっているのです。
しかも、1社の通信回線に依存していませんので、実は速度制限もありません。

と言う事で、モバイルWi-Fiルーター最大のデメリットである速度制限を、どんなときもWiFiであれば気にしなくても良いと言う事になります。

一応、不正使用に対しては速度制限を実施するとの記述はありますが、真っ当な用途であれば関係ありません。
実際、私自身WiMAXサービスからどんなときもWiFiに乗り換えましたが、月に700GBを超過しても速度制限の対象とはなっていません。

WiMAXサービスを使っていた頃は、毎日速度制限の対象となっていた私です。
そんな私が、好きなだけ通信出来るようになったのです。

uCloudlink D1
私自身がどんなときもWiFiを実際に使った上でお勧めしている。

ですから、速度制限の悩みから開放されたい方には、どんなときもWiFiをお勧めします。
そんなどんなときもWiFiに興味が出て来た方は、次のボタンからキャンペーンサイトをご覧になってみて下さい。

どんなときもWiFi、通信速度は大丈夫?

ご紹介しているどんなときもWiFiですが、一番気になるのは通信スペックの低さについてでしょう。
ここで、他社のモバイルWi-FiルーターどんなときもWiFiの通信速度を比較した表をご紹介します。

各モバイルインターネットサービスの通信速度を比較
通信サービス 下り最大通信速度 上り最大通信速度
ドコモ 1,288Mbps 131.3Mbps
WiMAX 1,237Mbps 75Mbps
Y!mobile 988Mbps 37.5Mbps
どんなときもWiFi 150Mbps 50Mbps

こうして見ると、どんなときもWiFiの通信スペックは大丈夫なのか、気になって来る方もいるかと思います。
ですが、そこは安心して下さい。

WiMAXサービスがユーザー数を一気に伸ばした要因となったノーリミットモードでは、下り最大通信速度が40Mbpsでした。
後にノーリミットモードの下り最大通信速度が13.3Mbpsに制限されましたが、それでも不満の声は出ていませんでした。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15が届く
WiMAXサービスで使い放題だったノーリミットモードと比べると、どんなときもWiFiの通信速度はかなり速い。

そんなWiMAXサービスのノーリミットモードと通信量の面では同条件でありながら、どんなときもWiFiの下り最大通信速度は150Mbpsも出るのです。
そう考えると、どんなときもWiFiの通信速度は十分過ぎると言えるのではないでしょうか?

また、前述したように、実質15Mbps程度の通信速度が出ていれば、実用レベルの通信速度は維持出来ます。
ここで、同時刻に私がWiMAXサービスどんなときもWiFiの通信速度を測定したデータをご紹介します。

WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
WiMAXサービスとどんなときもWiFiの実際の通信速度を計測してみると、大きな差はない事が分かる。

メーカー発表の通信速度では大きな差のあるWiMAXサービスどんなときもWiFiですが、実は、実際の通信速度だとそんなに違いなどありません。
と言う事で、どんなときもWiFiの通信速度に関しては、そんなに心配しなくても大丈夫です。

ちなみに、WiMAXサービスに対して速度制限が実施される時間帯でも、どんなときもWiFiの通信速度と比較をしてみました。

速度制限時のWiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
WiMAXサービスだと、速度制限後の18時以降はどんなときもWiFiと比べ物にならないほど遅くなる。

こうして見ると、常に実用レベル以上の通信速度を維持出来ているどんなときもWiFiの方が、通信環境としては安心だと思いませんか?
と言う事で、モバイルWi-Fiルーターを検討中のあなたには、どんなときもWiFiが一押しとなります。

そんなどんなときもWiFiの公式サイトへは、次のボタンから移動する事が出来ます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

モバイルWi-Fiルーターの速度制限って実際どう?避ける方法は?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • これだけは読んでおきたい!携帯出来るWi-Fiルーター、契約するならどこのルーターがベスト?

  • インターネット料金を安くしたいのなら、料金を比較するだけでは駄目

  • 安いインターネット回線を選ぶ際に、落ち入りがちな盲点と失敗とは?

  • モバイルWi-Fiルーターの契約先、最新のお勧めはここ!

  • 分かりやすく解説!携帯出来るモバイルWi-Fiルーター、接続の仕組みはどうなっているの?

  • そもそも、フレッツ光を使ったWi-Fi環境って、一人暮らしに向いているの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。