1. TOP
  2. インターネット
  3. 一目瞭然の快適さ!Wi-Fi環境を家で設置する際に、お勧めなサービスは?

一目瞭然の快適さ!Wi-Fi環境を家で設置する際に、お勧めなサービスは?

 2018/08/14 インターネット   23 Views
一目瞭然の快適さ!Wi-Fi環境を家で設置する際に、お勧めなサービスは?

Wi-Fi環境を家で設置する際にお勧めのサービスは?

Wi-Fi環境と考える際に、これまで一般的だったのが光回線無線LANルーターを繋ぐ方法になります。
具体的には、最寄りの電柱から光ファイバーを家に引き込んで、無線LANルーターの機能でWi-Fiを家のあちこちへ飛ばすと言う方法になります。

光回線
最寄りの電柱から引き込んだ光ファイバーをモデムに繋ぎ、そのモデムと無線LANルーターとを繋ぐ事で、家のあちこちへWi-Fiを飛ばす事が出来るようになる。

ただ、この方法だと光回線の契約をしなければなりません。
そして、光回線の契約を行う際には、光回線の契約先とは別に契約するプロバイダも選ばなければならないのです。

しかも、光回線には光回線とプロバイダが一緒になった光コラボレーション(転用)と言ったモデルも存在します。
ですから、光回線の契約を行う際には、あまりにも選択肢の幅が広過ぎて、プロでも毎月の情報収集に頭を悩ませる事になってしまいます。

更に、組み合わせる無線LANルーターのメーカーや機種も選ぶとなると、その選択の幅は複雑極まりなくなってしまいます。
このように、光回線無線LANルーターとを組み合わせる方法は、かなり複雑で面倒な作業となります。

また、光回線を導入するには回線工事が必要で、数週間ほどの順番待ちが必要となります。
しかも、光回線の回線工事費は分割で月額料金に上乗せされますから、どうしても光回線の月額料金は高くなってしまいます。

それだけではなく、光回線は契約した建物内でしかインターネットを利用出来ないと言う最大のデメリットを持っています。
ですので、引っ越しを行う際には、再び回線工事が必要となってしまうのです。

こう言った諸々の理由から、これまでは一般的だった光回線無線LANルーターを組み合わせる方法に関しては、お勧め出来ません。
それよりも、これからはドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスSoftBank Airなどと言ったモバイルインターネットサービスを利用する方がお勧めな世の中へと変わって来ています。

と言うのも、これらのモバイルインターネットサービスは、無線を使って基地局と通信を行います。
ですので、回線工事などは必要ないのです。

モバイルインターネット
モバイルインターネットサービスは無線を使ってインターネットを行うので、回線工事などは必要ない。

つまり、モバイルインターネットサービスに対応した通信端末さえ持ち運べば、契約した建物以外の場所でもインターネットを利用する事が出来ると言う訳なのです。
この利便性は、光回線にはないものとなっています。

そんなモバイルインターネットサービスですが、どのサービスと契約するのかを選べば、後はラインナップ中の通信端末を選べば良いだけとなっています。
そう、モバイルインターネットサービスにはプロバイダと言う概念がありませんので、光回線と比べれば選択肢に悩まされる事もありません。

そんなモバイルインターネットサービスの通信端末の中には、WiMAXサービスのSpeed Wi-Fi HOME L01s(HWS32)Softbank AirのAirターミナル3と言うホームルーターも存在します。
そう言ったホームルーターを選ぶ事で、家に据え置きする専用のWi-Fiルーターを契約する事も出来ます。

コンセントにアダプタを挿し込めば、どこからでもインターネットを利用出来る便利な環境。
ぜひ手に入れてみたいと思いませんか?

そんなモバイルインターネットサービスですが、一番お勧めなのがBroad WiMAXになります。
なぜBroad WiMAXが一番お勧めなのか他のモバイルインターネットサービスの特徴を踏まえた上でご紹介して行きます。

家のWi-Fi環境として設置可能なモバイルインターネットサービスを比較

無制限に通信出来る珍しいタイプの自宅据え置き型Wi-Fiルーター、Softbank Air

私自身、モバイルインターネットサービスを検討する上で、一番興味を惹かれたのがSoftbank Airです。
と言うのも、Twitterの広告を見ていると、Softbank Airには速度制限がない事を全面に打ち出していたからです。

SoftBank Airの行う通信
Softbank Airは、速度制限がない事を全面に打ち出して広告を出している。

モバイルインターネットサービスと言えば、利用出来る通信量の上限は決まっている点が最大のデメリットになります。
ですので、毎日動画を5時間視聴するようなハードユーザーだと、速度制限に悩まされる事になります。

そんな中で、Softbank Airには速度制限がないと言う広告を目にした訳です。
興味を持つなと言うのが無理な話ですよね?

と言う事で、実際にSoftBankのショップに行って店員に話を聞いた訳ですが、Softbank Airには速度制限がないと言う認識で間違いないとの事でした。
そこでSoftbank Airの契約をしようとした訳ですが、実は無理だったのです。

と言うのも、Softbank Airの対応する通信エリアは狭くPocket WiFiサービスで言うアドバンスモードに対応した通信エリアでしか通信出来ない仕組みになっています。
ですので、私の住んでいる建物の中では、Softbank Airを利用する事が出来なかったのです。

ちなみに、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに関しては、後ほど詳しくご紹介します。
ここでは、Softbank Airの通信エリアは広くないと言う事だけ認識して頂ければ大丈夫です。

せっかく無制限に通信出来るSoftbank Airと言う素晴らしいサービスがあると言うのに、自分は使う事が出来ないのか…。
そう愕然としていたのですが、ある日、Softbank Airについて書かれている口コミサイトの投稿を目にしました。

そこでは、Softbank Airの最新機種であるAirターミナル3は、通信速度が遅過ぎて光回線とは比べ物にならないと言う悪評が沢山投稿されていました。
特に、Softbank Airは夜間の混雑時の通信速度が遅く、動画ですら視聴出来ないほどだと言う投稿すらあったのです。

動画ですら通信出来ないほど遅い
Softbank Airは夜間の混雑時の通信速度が遅く、動画ですら視聴出来ないほどだと言う悪評もある。

表向きの速度制限がなくても、動画を視聴出来なくなるほど遅くなる時間帯があるのでしたら無制限とは言えないですよね?
ですので、あの時Softbank Airの契約をしなくて良かったなぁと、心から思いました。

さて、無線を使ったインターネットサービスと言えば、大御所はドコモですよね?
そんなドコモでも、モバイルWi-Fiルーターを取り扱っています。

と言う事で、続いてはドコモのモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

自宅に据え置きするのに、ドコモのモバイルWi-Fiルーターはお勧め出来る?

ドコモと言えば一番信頼性の高いインターネットサービスのイメージがありますが、ドコモのモバイルWi-Fiルーターには月間データ利用量の上限が決まっています。
ですので、モバイルインターネットサービスの中では、一番利用出来る通信量が少ないサービスになります。

Wi-Fi STATIONの行う通信
ドコモのモバイルWi-Fiルーターは月に利用出来る通信量が予め決まっているので、他のモバイルインターネットサービスよりも速度制限が厳しいサービスになる。

従って、ドコモのモバイルWi-Fiルーターには厳しい速度制限が設けられていますから、家でメインに使うWi-Fi環境としてはお勧め出来ません。
もしメインで通信するインターネット回線として考えるのであれば、他のモバイルインターネットサービスを利用するようにしましょう。

また、ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、他のモバイルインターネットサービスと比べて料金が高額な点も気になる部分です。
そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金は実際どれだけ高いのか、詳しくご紹介します。

まず、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用するには、データプラン(ルーター)の月額1,200円と、光回線で言うプロバイダ料金に該当するmopera U シンプルプランの月額200円を支払う形になります。
この合計1,400円に加えて、あなたの利用した通信量に応じたベーシックパックの月額料金が上乗せされる形になります。

そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターのベーシックパックの料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ちなみに、月に5GBを超える通信量を必要とするミドルユーザー以上の方であれば、ドコモのパケット定額サービスに申し込んだ方が安上がりです。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

そして更に、ドコモでスマートフォンや携帯電話を契約中の方であれば、シェアオプションも適用される形になります。
このシェアオプションとは、スマートフォンや携帯電話で加入中のパケットパックをモバイルWi-Fiルーターと共有出来るようになるオプションサービスの事です。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プラン
ドコモのシェアオプションに加入すると、スマートフォンや携帯電話で利用出来るパケットをモバイルWi-Fiルーターと共有する形になる。

その結果、スマートフォンや携帯電話でパケットが余っているけどモバイルWi-Fiルーターのパケットは足りないなどと言った状況が起こらなくなります。
そう、ドコモのシェアオプションは、パケットを効率良く使う事が出来るオプションサービスなのです。

ただし、ドコモのシェアオプションは月額料金が500円掛かります。
その結果、ドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する為には、4,800~9,900円もの月額料金を支払い続けなければならないと言う事になるのです。

月にたった1GBしか通信出来ない料金プランであっても、月額料金は4,800円も掛かってしまう。
そう考えると、ドコモのモバイルWi-Fiルーターはかなり高く付くモバイルインターネットサービスであると言う事がお分かり頂けるかと思います。

それに対して、料金を抑えたい方にお勧めなモバイルインターネットサービスがPocket WiFiサービスになります。
と言う事で、続いてはPocket WiFiサービスについてご紹介します。

自宅のWi-Fi環境としては、料金の安さでお勧めなPocket WiFiサービス

Pocket WiFiサービスは、SoftBankの通信回線を利用するモバイルインターネットサービスになります。
取扱店としてはSoftbankY!mobileYahoo!Wi-Fiなどが存在するのですが、SoftBankのPocket WiFi月に7GBまでしか通信する事は出来ません。

一方、Y!mobileYahoo!Wi-Fiで取り扱っているPocket WiFiであれば、月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードに対応しています。
つまり、月に7GBを超えるような通信量であっても、Pocket WiFiをアドバンスモードに切り替えればそのままインターネットを利用し続ける事が出来る仕組みになっているのです。

Pocket WiFiサービスのアドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替える事で、7GB以上通信する事が出来るようになる。

ですので、Pocket WiFiサービスであれば、メインで利用するインターネット回線として考える事は可能なのです。
ちなみに、3日間で10GB以上通信するとアドバンスモードでも速度制限が適用されてしまいますが、それでも概ね1Mbpsの通信速度は維持されます。

ですから、YouTubeの標準画質レベルの視聴は可能な状態を維持出来るのです。
速度制限が適用される時間帯も18時から翌1時までの時間限定ですから、それほどまで厳し過ぎると言う事もないでしょう。

ここで、10GBの通信量の目安として、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

この通信量を目安に、Pocket WiFiサービスの導入を検討してみて下さい。

そんなたっぷり通信出来るPocket WiFiサービスですが、利用料金はドコモのモバイルWi-Fiルーターほど高くありません。
ここで、Y!mobileの料金プランを例にご紹介します。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

このように、Y!mobileでPocket WiFiの契約を行えば、月額4,380円で月間データ利用量の上限なく通信出来るになります。
そう、ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月に1GBしか通信出来ない料金プランよりも安い月額料金で、たっぷりと通信出来るインターネット環境が手に入るのです。

そんなPocket WiFiサービスと類似しているサービスに、WiMAXサービスがあります。
と言う事で、続いてはWiMAXサービスについてご紹介します。

自宅のWi-Fi環境として最もお勧め出来るWiMAXサービス

WiMAXサービスは、UQコミュニケーションズの運営しているモバイルインターネットサービスになります。
また、WiMAXサービスはauの4G LTE通信にも対応していて、auでも取り扱っています。

そんなWiMAXサービスですが、料金プランは次のようになります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

ちなみに、Flatツープラスプランは、月に7GBまで通信出来る料金プランになります。
一方、Flatツープラス ギガ放題プランの方はと言うと、月間データ利用量の上限がない料金プランになります。

そう、WiMAXサービスの料金プランは、実はPocket WiFiサービスのPocket WiFiプラン2と条件が変わらないのです。
ですので、支払う料金利用出来る通信量の条件は、WiMAXサービスPocket WiFiサービスとでは差がないと言う事になります。

そうなると、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは、どちらと契約しても全く変わらないのでしょうか?
実は、WiMAXサービスPocket WiFiサービスとでは、月間データ利用量の上限がない条件下での通信エリアの広さに大きな差があるのです。

例えば、WiMAXサービスの場合、Flatツープラス ギガ放題プランに申し込んだ方を対象に、標準のハイスピードモードへ対する月間データ利用量の上限がなくなります。
つまり、WiMAXサービスであれば、元々の状況のまま月間データ利用量の上限がなくなる仕組みになっている訳なのです。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

それに対して、Pocket WiFiサービスの場合だと、アドバンスオプションに申し込んだ方を対象に、Pocket WiFiのアドバンスモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります。
このPocket WiFiをアドバンスモードに切り替える際には、標準のFDD-LTE通信を利用出来なくなってしまいます。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

ですから、Pocket WiFiサービスのアドバンスモードに対応している通信エリアは、非常に限られた範囲のみとなってしまうのです。

このWiMAXサービスのWiMAX 2+通信Pocket WiFiサービスのアドバンスモードの通信エリアを比較したものが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiサービスの地図上では、青紫色に塗られているエリアだけがアドバンスモードに対応しているエリアになります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiサービスのアドバンスモードとWiMAXサービスのWiMAX 2+通信のエリアをそれぞれ比較すると、圧倒的にWiMAXサービスの通信エリアの方が広い。

この地図をご覧頂くと一目瞭然ですが、WiMAXサービスの方が圧倒的に広いエリアで通信出来る事がお分かり頂けるかと思います。
関東エリアでこれだけの差がある訳ですから、地方なら言う間でもないしょう。

と言う事で、広いエリアでたっぷりと通信したいのであれば、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。

そんなWiMAXサービスですが、実はよりお得な条件で契約出来る方法があります。
と言う事で、最後によりお得な条件でWiMAXサービスの契約を行う方法についてご紹介します。

WiMAXサービスをよりお得な条件で契約出来るBroad WiMAX

これまでご紹介して来たように、モバイルインターネットサービスの中でも、特にWiMAXサービスがお勧めとなります。
そんなWiMAXサービスですが、いくつか取扱店が存在するのをご存知でしょうか?

そして、各WiMAX取扱店ごとに、WiMAXサービスの利用料金が違って来るのです。
そう、全く同じWiMAXサービスを利用するのにも関わらず、支払う利用料金は取扱店ごとに変わって来るのです。

そんなWiMAX取扱店の中でも、特にお勧めなのがBroad WiMAXになります。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを用意しており、より安い月額料金でWiMAXサービスを利用出来る仕組みになっているからなのです。

そんなBroad WiMAXの月額最安プランの月額料金は、次の通りです

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,041円

これだけ安い月額料金利便性の高いWiMAXサービスを利用出来る訳ですから、非常にお得感は大きいです。
ですので、勿論私もBroad WiMAXユーザーだったりします。

Broad WiMAX
Broad WiMAXと契約すれば、安い料金でWiMAXサービスを利用出来るようになる。

そんなBroad WiMAXに関しては、公式サイトでより詳しい情報をご覧下さい。
また、Broad WiMAXではお得なWEB割キャンペーンも実施中ですから、お得な今のうちに申し込む事をお勧めします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

一目瞭然の快適さ!Wi-Fi環境を家で設置する際に、お勧めなサービスは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
お勧めのインターネットグッズ

あなたのインターネット環境をより良くする為に、お勧めのインターネットグッズをご紹介します。
ぜひ参考にして頂いて、より快適なインターネット環境を手に入れて下さい。


回線工事不要でインターネット環境を携帯出来るBroad WiMAX

広い通信エリアでたっぷり通信を行いたいのであれば、WiMAXサービスがお勧めです。
と言うのも、WiMAXサービスは無線通信を使ったインターネットサービスですから、インターネット環境を自由に携帯出来るようになります。


そんなWiMAXサービスの中でも、特にBroad WiMAXがお勧めです。
なぜなら、Broad WiMAXでは月額最安プランと言うオリジナルの料金プランを採用しており、安い月額料金でサービスを利用出来るからです。


Broad WiMAX
WiMAXサービスは、Broad WiMAXお月額最安プランが安上がりでお勧め。

ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトをご覧下さい。





Broad WiMAXとUQ mobileの組み合わせでキャッシュバックをゲット!

Broad WiMAXと契約するのであれば、スマートフォンのSIMカードをUQ mobileのSIMカードと差し替えるのをお勧めします。
と言うのも、インターネット環境をBroad WiMAXへと乗り換える事で、スマートフォンのインターネット通信もBroad WiMAXを経由する形になります。


その結果、スマートフォンのパケットは全く消費しなくなってしまうのです。
それでしたら、わざわざ高い携帯電話会社との契約を続けるよりも、月額料金の安いUQ mobileへ乗り換えた方がスマホ代を大きく浮かせる事が出来るようになります。


UQ mobileとiPhone SE
スマートフォンのSIMカードをUQ mobileへと乗り換える。

しかも、Broad WiMAXを運営している株式会社Link Life経由UQ mobileの契約を行えば、Broad WiMAXとの同時契約で25,000円ものキャッシュバックを貰える形になっているのです。
WiMAXサービスUQ mobileのセットキャンを実施しているのはBroad WiMAXだけですから、ぜひとも活用したい魅力的なキャンペーンと言えます。


Broad WiMAXと組み合わせて、お得に快適なインターネット環境を手に入れて下さい。





コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 安いインターネット回線を選ぶ際に、落ち入りがちな盲点と失敗とは?

  • 【解決】Wi-Fiルーターを選ぶ際に、一人暮らしでお勧めな機種は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+って、無制限に通信する事って出来るの?

  • 一人暮らしはWi-Fi選びが重要!パソコンがこんな便利なものになるなんて知らなかった!!

  • 必見!一人暮らしのWi-Fi環境、後悔のないベストな選択肢は?

  • もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。