1. TOP
  2. インターネット
  3. Wi-Fiをパソコンに繋ぐ方法が知りたいあなたへ

Wi-Fiをパソコンに繋ぐ方法が知りたいあなたへ

インターネット   8 Views
Wi-Fiをパソコンに繋ぐ方法が知りたいあなたへ

Wi-Fiをパソコンに繋ぐ方法とは?

パソコンWi-Fiに繋ぎたい。
その場合、前提条件としてインターネット契約Wi-Fi機器の準備が必要となって来ます。

そして、インターネット回線をWi-Fi機器と接続したら、パソコンと繋ぐ設定を行う流れになります。
パソコンWi-Fi機器を接続させる流れについてですが、まず、Wi-Fi機器のSSID情報パスワードを確認します。

SSIDの名前とパスワード
Wi-Fi機器のSSIDとパスワードをチェック出来るように、事前準備をする。

続いて、パソコンのWi-Fi設定画面から、Wi-Fiルーターに割り当てられているSSIDを探します。
Wi-Fiルーターと同じSSIDを見付けたら、そのSSIDに接続をします。

Wi-FiのSSIDの名前を探す
使っているWi-Fiルーターと同じSSIDを、パソコンが接続可能なWi-Fiの中から探す。

その際に、Wi-Fiルーターのパスワードを入力する画面が、パソコン上に表示されます。
ですから、パソコンを操作して、Wi-Fiルーターのパスワードを入力します。

Wi-Fiのセキュリティキーを入力する
セキュリティキーを聞かれるので、Wi-Fiルーターのパスワードを入力する。

この手順を踏む事で、パソコンをWi-Fiに接続出来るようになります。
そして、Wi-Fiルーターからインターネットへと接続する流れになります。

Wi-Fiの接続完了
接続済みの表示が出たら、パソコンからインターネットを利用出来るようになる。

最近は、WPSNFCタッチQRコードWi-Fiお引越し機能などと言った、ワンタッチでWi-Fi接続出来る機能も搭載されている事が多いです。
ですので、いちいちSSIDを探してパスワードを入力するような手間は、今はもう必要なくなって来ていたりします。

ちなみに、パソコンにWi-Fi機能が標準搭載されていない場合には、Wi-Fi子機を別途用意する必要があります。
そうしないと、Wi-Fi機器から発せられたWi-Fiを、パソコン側が認識出来ない形になってしまうからです。

例えば、ノートパソコンであれば最初からWi-Fi子機は内蔵されていますが、デスクトップパソコンだと別途購入が必要となります。
とは言え、購入したWi-Fi子機をパソコンのUSBポートに差し込むだけですから、特に面倒な設定などはありません。

ただ、Wi-Fi機器Wi-Fi子機が対応する周波数の帯域は、合致している必要性があります。

Wi-Fi
どちらか片方が使用するWi-Fiの周波数に対応していなければ、Wi-Fiは認識されない。

ちなみに、2.4GHzの帯域に対応しているものであれば広く普及していますが、電波干渉を受けやすいです。
それに対し、Wi-Fi機器が5GHzに対応している事を確認出来ていれば、出来るだけ5GHzに対応したWi-Fi子機を選びたい所ではあります。

以上が、Wi-Fiパソコンに繋ぐ方法となります。

さて、Wi-Fiパソコンへ接続する手順についてはご紹介した訳ですが、まだインターネット環境自体がないと言う方もいる事でしょう。
と言う事で、続いてはインターネット契約Wi-Fi環境についてご紹介します。

パソコンにWi-Fi機能を持たせる際のインターネット契約は?

パソコンを使ってWi-Fi環境を導入する際には、現在2つの大きな選択肢があります。
その中でもオーソドックスなのが、光回線無線LANルーターを組み合わせる方法になります。

光回線
インターネット環境を導入する場合、光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法が一般的。

ただし、光回線だと、導入するのに回線工事が必要となってしまいます。
この回線工事がかなり厄介で、回線工事が実施されるまでに数週間から数ヵ月ほど待たされてしまいます。

また、回線工事には立ち会う必要があり、休日に回線工事日を指定する為には別料金が発生してしまいます。
勿論、回線工事自体にも別料金が発生する為、光回線の月額料金は高くなってしまいます。

そして、後に引っ越す際には、再び回線工事が必要となってしまいます。

固定回線におけるインターネットの仕組み
光回線を利用する場合には、そのままインターネット環境も引っ越しと言う訳には行かなくなる。

それだけ導入が厄介な光回線なのですが、Wi-Fi環境は回線工事を行った建物の中限定となってしまいます。
ですので、ノートパソコンを持ち歩いてインターネットを利用するなどと言うような使い方は出来ません。

パソコンを使ってWi-Fi環境を導入するもう1つの方法としては、モバイルWi-Fiルーターを利用する方法があります。

このモバイルWi-Fiルーターですが、Wi-Fi機器に無線でインターネットへと接続出来る機能が搭載されている物となります。
つまり、導入するのに回線工事は必要なく機器が届いたらすぐにインターネットへと接続出来るようになります。

モバイルインターネット
モバイルWi-Fiルーターであれば、簡単な設定後にインターネットへと接続出来るようになる。

そして、回線工事が必要ないと言う事は、回線工事費も必要ありません。
つまり、光回線無線LANルーターを組み合わせる方法よりも、安価でインターネット環境が手に入ると言う訳なのです。

その上、モバイルWi-Fiルーターであれば、インターネット環境を常に携帯出来ます。
ですから、営業先や出張先にパソコンを持ち出して、そこでWi-Fi環境を活用する事も出来ると言う訳なのです。

利便性が高い上に、月額料金も安い。
そう考えると、選択肢はモバイルWi-Fiルーター1択になりますよね?

モバイルWi-Fiルーターを使ってパソコンをインターネット接続させる選択肢

ご紹介したように、パソコンをインターネット接続させるのには、モバイルWi-Fiルーターがお勧めです。

ただ、モバイルWi-Fiルーターと一括には出来るものの、実は様々なサービスが存在します。
しかも、各サービスによって契約条件は大きく異なる為、モバイルWi-Fiルーター選びは非常に重要なポイントとなって来ます。

ドコモとUQコミュニケーションズとY!mobile
モバイルWi-Fiルーターには様々なサービスが存在する。

そんなモバイルWi-Fiルーターですが、現在の有名どころは次の5種類のサービスになります。

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーター
  • UQコミュニケーションズ(au)のWiMAXサービス
  • Ymobile(Softbank)のPocket WiFiサービス
  • SoftbankのSoftbank Air
  • グッド・ラックのどんなときもWiFi

この中のドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXサービスPocket WiFiサービスに関しては、速度制限があります。
ですので、用途は限定されてしまいます。

例えば、動画を視聴したりネットゲームをするような用途には向きません。

速度制限
速度制限のあるモバイルWi-Fiだと、通信のし過ぎには注意が必要となる。

にも関わらず、インターネット上ではWiMAXの速度制限は緩いから、全く気にしなくても良いと言うような紹介をしているサイトもあります。
ですが、6年間WiMAXサービスを使い続けて来た私の経験上、今のWiMAXサービスの速度制限は全然緩くはないです。

一時期は緩いと言える時期もありましたが、どんどん速度制限の規制が厳しくなってしまいました。
そして、今現在のWiMAXサービスの速度制限はと言うと、実用レベル以下となっています。

速度制限のきっかけとなる3日間に10GBの通信量は全然余裕なく、動画用途だと簡単に超えてしまう通信量だったりします。
ですので、私自身は毎日が速度制限の対象となっていました。

【利用通信量のお知らせ】データ量通知サービス
私自身は毎日が速度制限の対象となっていた。

私だけの意見では説得力に欠けるでしょうから、Twitter上の声もご紹介します。

このように、3日間に10GBで速度制限は、全然緩くないです。

そして、速度制限後の通信速度は概ね1Mbpsで、動画は標準画質レベル(SD)しか視聴出来ません。
ちなみに、今の時代高画質動画(HD)が多いですから、速度制限中だと視聴出来ない動画が多くなってしまいます。

私自身も、WiMAXサービスを使っていた頃は、動画の視聴を18時になる前に済ませるようにしていました。
そして、18時以降でのネット番組の視聴は断念していました。

URoad-Home2+とSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
WiMAXサービスを使っていた頃は、用途が時間に左右されていた。

そのようなインターネット環境など、便利と言えますか?

このように、モバイルWi-Fiルーターを選ぶ上で、速度制限のあるサービスは選ぶものではありません。
以前はそれしかなかったから仕方なくWiMAXサービスを使っていましたが、今の時代はそうではありません。

普通に速度制限のないモバイルWi-Fiルーターも登場していますので、その中から契約先を選ぶようにしましょう。
と言う事で、引き続き速度制限のないモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

速度制限のないモバイルWi-Fiルーターでパソコンをネット接続させる

ご紹介しているように、モバイルWi-Fiルーターの中には速度制限のないサービスも存在します。
その中でも特に有名なのが、Softbank Airでしょう。

ただ、Softbank Airバッテリーを内蔵しておらず、ホームルーターとなります。
ですので、設置場所はコンセントの近くとなります。

つまり、Softbank Airの場合には、インターネット環境を持ち歩く事が出来ません。

SoftBank Airはコンセントが必要
Softbank Airの設置場所は、コンセントの近くで受信感度の良い場所限定となる。

また、Softbank Airは、契約した建物以外での使用を禁止しています。
ですから、使用感としては、Softbank Air光回線無線LANルーターを組み合わせた物と変わりません。

もし契約場所以外でSoftbank Airを使用してしまうと、Softbankから警告が届きます。
それも無視していると、高い違約金を支払う形で中途解約をしなければならなくなってしまいます。

と言う事で、使い勝手を考えると、Softbank Airもあまりお勧めではありません。

SoftBank Airで通信を行う
Softbank Airは無線を使うのにも関わらず、その一番のメリットをサービスの規約で制限している。

また、Softbank Airはユーザーからの評判がイマイチな点も気になる所です。
例えば、Twitter上の口コミを調べてみると、次のような口コミを見付ける事が出来ます。

このように、ユーザーからの評判はあまり良くないですから、そう言う点からもSoftbank Airはお勧め出来ません。

そうなると、残る選択肢はどんなときもWiFiになります。
このどんなときもWiFiも、速度制限がないインターネットサービスになります。

また、どんなときもWiFiについては、バッテリーを内蔵しているモバイルWi-Fiルーターを使用します。
ですから、インターネット環境を持ち歩く事が出来るようになります。

uCloudlink D1
どんなときもWiFiのモバイルWi-Fiルーターであれば、インターネット環境を携帯出来るようになる。

しかも、どんなときもWiFiではクラウドSIMと言う通信方式を採用していて、ドコモauSoftbankの通信回線を利用する事が出来ます。
と言う事で、どんなときもWiFiであれば、対応出来る通信エリアが非常に広いです。

さて、ご紹介しているどんなときもWiFiですが、ユーザーからの評判はどんな感じなのでしょうか?
と言う事で、Twitter上での評判を拾ってみましょう。

このように、どんなときもWiFiはユーザーからの良い評判が多いです。
と言う事で、使い勝手や評判から考えると、現状はどんなときもWiFiが一番のお勧めとなります。

そんなどんなときもWiFiに興味のある方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

私自身がパソコンをWi-Fi接続させるのに使っているサービスとは?

ご紹介しているように、どんなときもWiFiであれば速度制限はありません。
ですので、どんどん速度制限の規制が厳しくなっているWiMAXサービスPocket WiFiサービスと比べると、非常に快適であると言えます。

WiMAX端末がWiMAX環境に
速度制限のないノーリミットモードが使えなくなった頃から、WiMAXサービスの使い勝手は悪くなった。

実際、WiMAXサービスの速度制限がキツ過ぎて、どんなときもWiFiへと乗り換えている方は大勢います。
例えば、Twitter上で検索を掛けてみても、WiMAXサービスからどんなときもWiFiへと乗り換えたと言うツイートを沢山見掛けます。

ちなみに、私自身も、WiMAXサービスの速度制限がキツ過ぎて、どんなときもWiFiへと乗り換えをしました。

既にご紹介したように、私自身はWiMAXサービスで毎日速度制限の対象者となっていました。
そんな私が、どんなときもWiFiでは速度制限の事を全く気にせずにいられています。

実際、WiMAXサービスでは速度制限が実施される18時台に、どんなときもWiFiの通信速度と比較をしてみました。

速度制限時のWiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
同じ日、同じ時刻にWiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度を測定した。

18時から翌日の2時に掛けては、これだけの通信速度の差が出ます。

WiMAXサービスだと、実用レベル以下の通信速度です。
そう考えると、どんなときもWiFiの方が圧倒的に快適であると言えますよね?

ちなみに、WiMAXサービスの速度制限が解除される昼間の時間帯に通信速度を比較してみました。

WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度の比較
WiMAXサービスの速度制限が解除されているタイミングで、WiMAXサービスとどんなときもWiFiの通信速度を比較してみた。

このように、昼間の時間帯はWiMAXサービスの方が圧勝している訳ではありません。
実は、そんなに大きな通信速度の差などなかったりするのです。

しかも、上り通信の方を見てみると、実はどんなときもWiFiの方が圧勝だったりします。
と言う事で、実際の使い勝手では、どんなときもWiFiの方が圧倒的に便利です。

ですから、私が実際に自分のお金を使って利用した経験から言わせて貰うと、パソコンのWi-Fi環境はどんなときもWiFiがお勧めです。
そんなどんなときもWiFiに関して詳しく知りたいと言う方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

Wi-Fiをパソコンに繋ぐ方法が知りたいあなたへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • 賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法

  • 【比較】自分にぴったりなインターネット回線の選び方

  • モバイルWi-Fiルーターの費用はどれ位?よりお得なサービスは?

  • SoftBankのWi-Fiルーター、料金はいくら?よりお得な条件と安い料金で契約出来る方法があるって本当!?

  • ADSLの月額料金っていくら位?本当にインターネットの中でも安いの?

  • インターネット料金を安くしたいのなら、料金を比較するだけでは駄目

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。