1. TOP
  2. インターネット
  3. 読めば納得!学生の一人暮らしにピッタリなWi-Fiサービスは?

読めば納得!学生の一人暮らしにピッタリなWi-Fiサービスは?

インターネット   46 Views
読めば納得!学生の一人暮らしにピッタリなWi-Fiサービスは?

学生の一人暮らしに向いているWi-Fi環境は?

光回線とモバイルWi-Fiルーター、一人暮らしの学生に向いているインターネットサービスは?

生の一人暮らしのWi-Fi環境としては、モバイルWi-Fiルーターが向いています。
その他にも光回線無線LANルーターを組み合わせる方法があるのですが、こちらは回線工事と言う厄介なデメリットが付いて来るのです。

光回線
光回線と無線LANルーターを組み合わせる方法の場合、回線工事を避ける事は出来ない。

ですから、あなたが学校を卒業して引っ越す時には、再び回線工事を行わねばならなくなります。
そうなると、引越し先で回線工事が行われるまでの数週間インターネット環境はなくなってしまうのです。

また、光回線の回線工事を行う際には、その場に立ち会わねばなりません
その際に、回線工事を休日で指定すると、通常の回線工事費とは別に工事加算金も支払わねばならなくなってしまうのです。

一方、モバイルWi-Fiルーターには回線工事が必要ありません。
ですから、通信端末が届いた段階から、インターネットを利用出来るようになります。

そして、どこへでもインターネット環境を携帯出来ますから、通学時や学校でもインターネットを楽しむ事が出来るのです。
この利便性がモバイルWi-Fiルーターならではのメリットになります。

室内外でインターネット
モバイルWi-Fiルーターと契約すれば、どこへでもインターネット環境を携帯出来るようになる。

しかも、モバイルWi-Fiルーターには回線工事が必要ありませんので、回線工事費工事加算金も、撤去工事費も存在しないのです。
そして、その分だけ光回線よりも安くインターネットを利用出来る仕組みとなっています。

そう言った利便性費用面を考慮すると、学生の一人暮らしにはモバイルWi-Fiルーターの方がお勧めとなります。
と言う事で、一人暮らしのWi-Fi環境を検討している学生の方は、モバイルWi-Fiルーターの中から選ぶようにしましょう。

一人暮らしの学生がモバイルWi-Fiルーターを導入する際のデメリットは?

ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターですが、勿論光回線よりも劣っている部分もあります。
そんなモバイルWi-Fiルーター光回線の特徴を比較したのが、次の表になります。

光回線とモバイルWi-Fiルーターを比較
比較項目 光回線 モバイルWi-Fiルーター
通信速度 かなり速い 実用レベル以上
通信量 無制限 3日間で10GBまで
回線工事 必要 不要
無線LANルーターのレンタル 必要 不要
利用料金 高い 普通
通信エリア 工事を行った建物内 通信エリア内
利用開始まで 数週間 最短即日

この表をご覧頂くと、モバイルWi-Fiルーターの通信量通信速度に関しては、光回線よりも劣っている事がお分かり頂けるかと思います。
とは言え、モバイルWi-Fiルーターの通信スペックでも、実は学生の一人暮らしの用途であれば十分に対応しているのです。

例えば、モバイルWi-Fiルーターの3日間の合計通信量は10GBまでと決まっていますが、この10GBの通信量があればかなりの用途に対応しているのです。
ここで、10GBの通信量を実感して頂く為に、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

モバイルWi-Fiルーターはこれだけの通信量に対応していますので、学生の方で通信量が足りないと言う方はそう多くないのではないでしょうか?
と言う事で、モバイルWi-Fiルーター光回線よりも劣っている部分もありますが、そこはそんなに気にしなくても大丈夫です。

さて、ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターですが、一人暮らしの学生が契約する際には、注意しなければならない点が1つあります。
ですから、続いては一人暮らしの学生がモバイルWi-Fiルーターの契約を行う際に注意すべき点について、詳しくご紹介します。

一人暮らしの学生がモバイルWi-Fiルーターの契約をする際の注意点

ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターですが、未成年での契約行為は出来ません。
ですから、未成年でモバイルWi-Fiルーターの契約を行う際には、親権者同意書を用意する必要が出て来ます。

ただし、親権者同意書インターネット上でダウンロードしてから印刷する手間が必要となりますので、通常の契約よりも面倒になってしまいます。
そこでお勧めなのが、親の名義でモバイルWi-Fiルーターの契約を行う形になります。

契約
親権者同意書を用意してから契約するよりも、親の名義でモバイルWi-Fiルーターの契約を行った方が楽。

こうすれば、わざわざ親権者同意書を準備する手間は必要なく、通常の契約方法でモバイルWi-Fiルーターの契約を行う事が出来ます。
と言う事で、未成年で学生の方は、両親にモバイルWi-Fiルーターの契約を代理で行って貰う事は出来ないかを聞いてみて下さい。

さて、ご紹介しているモバイルWi-Fiルーターには、複数の種類のサービスが存在します。
そして、どのモバイルWi-Fiルーターと契約するのかによって、あなたの利用出来るインターネット環境は大きく変わって来ます。

この部分については、以前賢い人は知っている!一人暮らし向けのWi-Fi環境を、最もお得な条件で手に入れる方法と言う記事でご紹介した事があります。
ですが、この記事では学生の一人暮らしと言う前提を踏まえた上で、お勧めのモバイルWi-Fiルーターについてご紹介します。

と言う事で、続いては各モバイルWi-Fiルーターの特徴を比較して行きたいと思います。
ぜひ参考にして頂いて、あなたにとってぴったりなモバイルWi-Fiルーターを見付けて下さい。

学生の一人暮らしに向いているモバイルWi-Fiルーターはどれ?

ドコモのモバイルWi-Fiルーター、学生の一人暮らしにはどう?

携帯電話会社として有名なドコモですが、実はモバイルWi-Fiルーターも取り扱っています。
そんなドコモのモバイルWi-Fiルーターを利用する場合、利用料金は次のようになります。

ドコモのモバイルWi-Fiルーターの月額料金
項目 月額料金
データプラン(ルーター) 1,200円
mopera U シンプルプラン 200円
パケットパック 2,900~8,000円
シェアオプション 500円
合計額 4,800~9,900円

この中でも特に気になるのが、月額料金に幅のあるパケットパックの部分ですよね?
そんなドコモのパケットパックでは、あなたの利用した通信量に応じた月額料金が請求されるベーシックパックを採用しています。

ドコモのモバイルWi-Fiルーター
ドコモのモバイルWi-Fiルーターは、あなたの利用した通信量に応じて月額料金が変動するベーシックパックを採用している。

このドコモのベーシックパックの月額料金は、次の通りです。

ドコモのベーシックパックの月額料金
月間データ容量 月額料金
1GB 2,900円
3GB 4,000円
5GB 5,000円
20GB 7,000円

ちなみに、毎月5GBの通信量を超えると言う方であれば、ベーシックパックよりもパケット定額サービスの方に申し込んだ方がお得です。
そんなドコモのパケット定額サービスの月額料金は、次の通りです。

ドコモのパケット定額サービスの月額料金
パケットパック 月間データ容量 月額料金
ウルトラデータLパック 20GB 6,000円
ウルトラデータLLパック 30GB 8,000円

さて、ご紹介したドコモのモバイルWi-Fiルーターの特徴をまとめると、次のようになります。

  • ドコモのパケット定額サービスの一番高額なプランに申し込んだとしても、モバイルWi-Fiルーターで利用出来る月間データ利用量の上限は30GBまでとなる。
  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターで月に1GBも通信していない状況であったとしても、月額料金は4,800円も取られてしまう。

と言う事で、学生の一人暮らしと言う用途で考えると、ドコモのモバイルWi-Fiルーターはあまりお勧め出来るサービスではありません。
月額料金が高い上にあまり通信出来るサービスではありませんので、他のモバイルWi-Fiルーターを利用するようにしましょう。

と言う事で、引き続きWiMAXサービスについてご紹介します。

WiMAXサービスを学生の一人暮らしの用途で利用する

WiMAXサービスは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営しているモバイルインターネットサービスになります。
そんなWiMAXサービスと契約するには、次の料金プランに申し込まねばならなくなります。

WiMAXサービスの料金プラン
ご利用期間 Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ご利用開始月 3,696円(日割り計算)
1~2ヵ月目 3,696円 3,696円
3ヵ月目~ 4,380円

WiMAXサービスの料金プランの中で、特に安いのがFlatツープラスプランです。
このFlatツープラスプランに申し込むと、あなたが月に利用出来る通信量は7GBまでとなります。

ですから、Flatツープラスプランは、動画を視聴しないようなライトユーザー向けの料金プランになります。
出来るだけ通信費を安く抑えたいと言う方に関しては、このFlatツープラスプランを検討してみるのも良いのではないでしょうか?

WiMAX端末の行う通信
WiMAXサービスのFlatツープラスプランは月に7GBまでしか通信出来ないものの、月額料金を安く抑える事が出来る。

それに対して、WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランは、若干月額料金が高くなってしまいます。
その代わり、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなります

つまり、動画を視聴するような方に関しては、Flatツープラス ギガ放題プランの方が向いていると言う事になる訳なのです。
このように、WiMAXサービスはドコモのモバイルWi-Fiルーターのように月に30GBまでしか通信出来ないと言う事がありませんので、非常に快適なインターネット環境が手に入ります。

WiMAXサービスの月間データ利用量
通信モード Flatツープラスプラン Flatツープラス ギガ放題プラン
ハイスピードモード 7GB
ハイスピードプラスエリアモード 7GB

ただし、WiMAXサービスは通信し放題のインターネットサービスではありません。
冒頭でご紹介したように、モバイルWi-Fiルーターの通信量は3日間の合計通信量が10GBまでと言う決まりがあります。

そして、この通信量を超過してしまうと、18時から翌2時に掛けての通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。
この速度制限は時間限定で、速度制限中でもYouTubeの標準画質レベルの再生であれば可能です。

YouTubeの通常画質動画
WiMAXサービスの速度制限中であっても、YouTubeの標準画質レベルであれば再生は可能。

とは言うものの、高画質動画の再生は出来なくなりますから、通信のし過ぎには注意しましょう。
さて、これらの情報をまとめると、WiMAXサービスの特徴は次の通りです。

  • WiMAXサービスの料金プランはシンプルで、しかも月額料金が高くはない。
  • WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランに申し込めば、標準のハイスピードモードに対する月間データ利用量の上限がなくなる
  • WiMAXサービスのFlatツープラス ギガ放題プランであっても、3日間の合計通信量は10GBまでとなる。

と言う事で、WiMAXサービスは学生の一人暮らしにお勧めなWi-Fi環境となります。
ですので、条件の良いモバイルWi-Fiルーターを探しているあなたには、WiMAXサービスをお勧めします。

そんなWiMAXサービスの競合サービスに、Pocket WiFiサービスがあります。
では、Pocket WiFiサービスは学生の一人暮らしにはどうなのか、引き続きご紹介します。

学生の一人暮らし、Pocket WiFiサービスはどう?

Pocket WiFiサービスは、SoftBankグループのY!mobileが運営しているモバイルインターネットサービスになります。
そんなPocket WiFiサービスは、SoftBankY!mobileの両方から契約する事が出来る形になっています。

Pocket WiFi
Pocket WiFiサービスは、SoftBankとY!mobileの両方から申し込む事が出来る形になっている。

ただし、SoftBankで取り扱っているPocket WiFiの機種は少なく申し込める料金プランも4G/LTEデータし放題フラットプランしかありません。
この4G/LTEデータし放題フラットプランですが、月に7GBまでしか通信出来ない月額3,696円の料金プランとなっています。

一方、Y!mobileであれば、取り扱っているPocket WiFiの機種が豊富にあります。
また、申し込めるPocket WiFiサービスの料金プランも、色々な種類が存在します。

そんなPocket WiFiサービスの料金プランは、次の通りです。

Pocket WiFiの料金プラン(Y!mobile)
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額料金 1,980円 2,480円 3,696円
月間のデータ利用量 1GB 5GB 7GB
アドバンスオプション料 非対応 684円

この中にあるアドバンスオプションとは、Pocket WiFiに対する月間データ利用量の上限がなくなるアドバンスモードが利用出来るようになるオプションサービスの事を差します。
ただし、Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えたとしても、3日間の合計通信量は10GBまでとなっています。

Pocket WiFiサービスで利用出来る通信量
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、月間データ利用量の上限がなくなる。

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、Y!mobileのPocket WiFiプラン2は、WiMAXサービスの料金プランと同じ月額料金同じ通信量を利用出来る価格設定となっています。
つまり、通信量料金面で判断すると、WiMAXサービスPocket WiFiサービスは全く同じ条件であると言う事が言える訳なのです。

では、WiMAXサービスPocket WiFiサービスどちらの方がより学生の一人暮らしに向いているのでしょうか?
この部分を判断するには、Pocket WiFiのアドバンスモードについて、もう少し詳しく知る必要があります。

Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまいます。
つまり、Pocket WiFiの通信速度は遅くなり、しかも、対応出来る通信エリアも狭くなってしまうのです。

アドバンスモード
Pocket WiFiをアドバンスモードへと切り替えると、標準のFDD-LTE通信は利用出来なくなってしまう。

そんなPocket WiFiのアドバンスモードWiMAX端末のハイスピードモードの通信エリアを比較したものが、次の地図になります。
ちなみに、Pocket WiFiのアドバンスモードに対応している通信エリアは、青紫色に塗られている範囲のみとなります。

Pocket WiFiサービスとWiMAXサービスの通信エリアの違い
Pocket WiFiのアドバンスモードとWiMAX端末のハイスピードモードの通信エリアを比較すると、圧倒的にWiMAX端末のハイスピードモードの方が通信エリアは広くなる。

これだけ通信エリアに差が出て来ますので、Pocket WiFiサービスよりもWiMAXサービスの方がお勧めとなります。
もしPocket WiFiサービスと契約してしまうと、後に引っ越した場所ではアドバンスモードが使えないなどと言ったトラブルも起こり得ます。

ご紹介しているWiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
そんな中でも、WiMAXサービスの契約先としてはBroad WiMAXがお勧めです。

なぜWiMAXサービスの契約先はBroad WiMAXがお勧めなのか、引き続きご紹介します。

学生の一人暮らしにはBroad WiMAXがお勧め!

WiMAXサービスには、複数の取扱店が存在します。
そのどのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行ったとしても、あなたの利用出来るWiMAX回線に違いなどありません。

WiMAXとWi-Fi
各WiMAX取扱店はUQコミュニケーションズからWiMAX回線を借りているMVNO(仮想移動体通信事業者)なので、利用出来る通信回線に差などはない。

ただし、各WiMAX取扱店では独自のキャンペーン料金プランを用意しており、そう言う形で集客に力を入れています。
ですので、どのWiMAX取扱店でWiMAXサービスの契約を行うのかと言う点は、お得感と言う点に大きな差を生んで来るのです。

そんな中で、特に人気なのがキャッシュバックキャンペーンです。
そして、WiMAXサービスを比較するサイトでは、ほとんどがキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店をお勧めしています。

ただ、私自身はキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAX取扱店をお勧めしません。
なぜなら、キャッシュバックキャンペーンに申し込んだとしても、ほとんどの方が貰い損ねてしまうからです。

と言うのも、WiMAXサービスのキャッシュバックを受け取る為には、平均して約1年後でのキャッシュバック手続きが必要となって来るのです。
ただ、その頃にはキャッシュバック手続きの事を忘れている方がほとんどですから、キャッシュバックキャンペーンは何も貰えないキャンペーンだと思った方が良いのです。

この部分に関しては、以前光回線の代理店が紹介していた統計情報を見れば納得出来ます。

キャッシュバック手続き開始月と手続きを行った方の割合
手続き開始月 手続きを行った割合
6ヵ月後 6割
8ヵ月後 4~5割
10ヵ月後 3割

キャッシュバック手続きが契約から約1年後ですと、全体の3割未満の方しかキャッシュバックを貰えていない事になります。
これほど低い確率のキャッシュバックキャンペーン、とてもじゃないですがあなたにお勧めする事など出来ません。

それよりも、確実に安い月額料金でサービスを利用出来るBroad WiMAXの方がお勧めです。
そんなBroad WiMAXと契約すると、次の料金プランが適用されます。

Broad WiMAXの月額最安プランの月額料金
ご利用期間 ライトプラン ギガ放題プラン
ご利用開始月 2,726円(日割り計算)
1~2ヵ月目 2,726円 2,726円
3~24ヵ月目 3,411円
25ヵ月目~ 3,326円 4,011円

Broad WiMAXであれば、これだけ安い月額料金利便性の高いWiMAXサービスを利用出来るのです。
だからこそ、学生の一人暮らしには、Broad WiMAXが一番お勧めなのです。

実は、私自身もBroad WiMAXユーザーで、実際に安い月額料金でWiMAXサービスを利用する事が出来ています。
そして、月々の負担額を抑える事が出来ていますので、家計のやり繰りも楽になっています。

Broad WiMAXからWiMAX端末が配送されて来る。
私自身がBroad WiMAXユーザーであり、月額料金の安さを実感する事が出来ている。

次はあなたの番です。
Broad WiMAXの月額最安プランを利用して、安く利便性の高いWiMAX環境を手に入れて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

読めば納得!学生の一人暮らしにピッタリなWi-Fiサービスは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • モバイルWi-Fiルーターでお勧めのサービスは?各サービスを比較!

  • ドコモのモバイルWi-Fiルーターの料金プランと利用出来る通信量

  • お勧めのWi-Fi環境を調べる中で、悪徳業者に騙されたくないあなたへ

  • Broad WiMAXとドコモのスマートフォン、組み合わせて併用すると…

  • Pocket WiFiサービスの中で、あなたに一番お勧めの機種は?

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバック特典とNTTドコモを比較

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。