1. TOP
  2. インターネット
  3. もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

 2018/08/08 インターネット   50 Views
もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

Wi-Fiルーターのメーカーのうち、特にお勧めは?

Wi-Fiルーターを選ぶ際、別で光回線の契約が必要なものと、インターネット回線の契約がセットになったものとが存在します。
そう、以前は光回線の契約が必須でしたが、今は光回線の契約をしなくても良い状況へと変わって来ているのです。

そんな中での利便性を考えると、光回線は回線工事が必要ですし、回線工事を行った建物の中でしかインターネットを利用する事は出来ません。
ですので、Wi-Fiルーターとしてお勧めなのは、インターネット回線の契約が一緒になっているタイプのものになります。

モバイルインターネット
Wi-Fiルーターの中には、インターネット回線の契約が一緒になっているタイプのものも存在する。

では、インターネット回線の契約が一緒になっているWi-Fiルーターのメーカーとしてお勧めなのはどこになるのかと言うと、HUAWEINECプラットフォームズ株式会社ZTESoftBankの4社が挙げられます。
そして、各社ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXPocket WiFiSoftbank Airのいずれかのサービスに対応しているWi-Fiルーターを製造しています。

Wi-Fiルーター製造メーカーと対応するWi-Fiルーター
通信回線 HUAWEI NECプラットフォームズ株式会社 ZTE SoftBank
ドコモ × × ×
WiMAX × ×
Pocket WiFi × ×
Softbank Air × × ×

このWi-Fiルーターのメーカー通信回線の組み合わせによって、それぞれ合っているユーザーが変わって来ます。
と言う事で、それぞれの用途を踏まえつつ、あなたにぴったりな組み合わせをご紹介して行きたいと思います。

  • Wi-Fiルーターを選ぶ際、別で光回線の契約が必要なものと、インターネット回線の契約がセットになったものとが存在する。
  • 光回線は回線工事が必要で、回線工事を行った建物の中でしかインターネットを利用する事は出来ない。
  • インターネット回線の契約が一緒になっているWi-Fiルーターのメーカーとしてお勧めなのは、HUAWEINECプラットフォームズ株式会社ZTESoftBankの4社となる。
  • 各社では、ドコモのモバイルWi-FiルーターWiMAXPocket WiFiSoftbank Airのいずれかのサービスに対応しているWi-Fiルーターを製造している。
  • Wi-Fiルーターのメーカー通信回線の組み合わせによって、それぞれ合っているユーザーが変わって来る。

各ユーザー別、お勧めのWi-Fiルーター

メールやSNSなどと言ったライトユーザー向けの用途でお勧めなWi-Fiルーターのメーカーは?

メールSNSを利用する事がメインの用途の方の場合、そんなに通信量は必要としません。
ですので、Wi-Fiルーターは月額料金が安い小容量プランに対応しているものを選ぶ形になります。

そう言ったライトユーザーの用途に向いているWi-Fiルーターは、ZTEと言うメーカーが製造しているPocket WiFi 601ZTになります。

Pocket WiFi 601ZT
Pocket WiFi 601ZTは、ライトユーザーに向いているWi-Fiルーター。

そんなPocket WiFi 601ZTY!mobileで契約するのがベストで、対応している料金プランは次のようになります。

Pocket WiFi 601ZTの対応する料金プラン
料金プラン データプランS Pocket WiFiプラン2 ライト
月間のデータ利用量 1GB 5GB
月額料金 1,980円 2,480円

このように、Pocket WiFi 601ZTデータプランSであれば、月額たった1,980円でWi-Fiルーターを利用出来るようになるのです。
そう考えると、かなりお得感あると思いませんか?

そんなPocket WiFi 601ZTに関しては、キャンペーンサイトでより詳しく紹介されています。
ですので、Y!mobileで取り扱っているPocket WiFi 601ZTに興味のある方は、そちらも併せてご覧下さい。

動画を視聴するなどの通信速度を要する用途でお勧めなWi-Fiルーターのメーカーは?

続いて、動画を視聴するなどのハードユースに対応している、通信速度重視のWi-Fiルーターについてご紹介します。
そんな通信速度追求型のWi-Fiルーターとしては、HUAWEIの製造しているSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)がぴったりです。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
通信速度重視の方にぴったりなのが、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)と言うHUAWEI製のWiMAX端末。

ここで気になるSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の通信速度ですが、下り最大通信速度が758Mbps上り最大通信速度は112.5Mbpsとなります。
ですので、もう少しで光回線の通信速度に追い付きそうなほど速い通信速度となっています。

ただし、NECプラットフォームズ株式会社が製造するWi-Fi STATION N-01Jと比べると、実は下り最大通信速度で負けています。
と言うのも、Wi-Fi STATION N-01J下り最大通信速度は788Mbpsで、上り最大通信速度が50Mbpsとなっているからなのです。

Wi-Fi STATION N-01J
Wi-Fi STATION N-01Jの下り最大通信速度は788Mbpsなので、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の下り最大通信速度758Mbpsよりも速い。

ですから、通信速度でWi-Fiルーターを選べば、Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)よりもWi-Fi STATION N-01Jの方が速いのではないかと思う方もいる事でしょう。
とは言え、Wi-Fi STATION N-01JはドコモのモバイルWi-Fiルーターですから、月額料金が高い割りには月に利用出来る通信量の上限が決まっていると言うデメリットを持っているのです。

ですので、総合的に考えるとWi-Fi STATION N-01JよりもSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)の方が利便性は高くなります。
そんなWiMAXサービスには、いくつか取扱店が存在します。

その中の1つであるBroad WiMAXの月額最安プランに申込む事で、安い料金でWiMAXサービスを利用出来るようになります。
実際に私が契約中なのも、このSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)Broad WiMAXの組み合わせとなります。

Speed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)
私自身がBroad WiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W05(HWD36)を利用している。

そんなBroad WiMAXに関しても、キャンペーンサイトでより詳しく紹介されています。
ですから、Broad WiMAXに興味のある方は、そちらも併せてご覧下さい。

日本のメーカーが作った製品でなければ安心出来ないと言う方向けのWi-Fiルーターのメーカーは?

ご紹介しているHUAWEIZTEは海外のメーカーになります。
ですので、海外のメーカーに抵抗感のある方にとっては、あまりお勧め出来ないWi-Fiルーターとなります。

そこでお勧めしたいのが、NECプラットフォームズ株式会社製のWi-Fiルーターになります。
そして、NECプラットフォームズ株式会社製のWi-Fiルーターの中でも特にお勧めなのが、WiMAXサービスに対応しているSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)
海外製のWiMAX端末に抵抗感のある方でも安心なのが、NECプラットフォームズ株式会社製のSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)。

このSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)が持つ特徴としては、ビームフォーミングに対応していると言う点が挙げられます。
ですので、あなたのお持ちのスマートフォンがビームフォーミングに対応しているのであれば、より効率の良い形でWi-Fiテザリングを行う事が出来るようになります。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)に関しても、お勧めの取扱店はBroad WiMAXになります。

Broad WiMAX
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)のお勧めな取扱店についても、Broad WiMAXとなる。

ですから、Speed Wi-Fi NEXT WX05(NAD35)に興味のある方は、Broad WiMAXのキャンペーンサイトも併せてご覧になってみて下さい。

自宅でネットゲームをプレイするような通信量を要する用途でお勧めなWi-Fiルーターのメーカーは?

ご紹介したWiMAXサービスは、3日間で利用出来る通信量が10GBまでと決まっています。
そして、この通信速度を超えてしまうと、18時から翌2時までの通信速度を概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

この概ね1Mbpsの通信速度ではYouTubeの通常画質レベルの視聴しか出来なくなってしまいます。
ですので、3日間で10GBを超えるような用途の方には、WiMAXサービスは向いていないと言う事になってしまいます。

ちなみに、10GBの通信量の目安として、YouTubeの視聴時間に換算したデータをご紹介します。

10GB分YouTubeを視聴した場合の視聴時間の目安
YouTubeの画質レベル 視聴時間
超高画質動画 約7時間
高画質(HD)動画 約13時間
標準画質(SD)動画 約47時間
低画質動画 約83時間

3日間でこの通信速度を超えてしまうようなヘビーユーザーに関しては、Softbank Airの方がお勧めとなります。
と言うのも、Softbank Airには速度制限がありませんので、たっぷりとインターネットゲームを楽しむ事が可能なのです。

SoftBank Airの行う通信
Softbank Airには速度制限がないので、3日間の通信量が10GBを超えてしまうようなヘビーユーザーでも安心。

そんなSoftbank Airにも、いくつか取扱店が存在します。
その中でも、株式会社NEXTが実施するキャッシュバックキャンペーンであれば、確実に高額なキャッシュバックを貰えると言うメリットがあります。

この株式会社NEXTに関しても、キャンペーンサイトで詳しく紹介されています。
ですから、株式会社NEXTに興味のある方は、そちらも併せてご覧になってみて下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

君得ネット|聞いて得する情報サイトの注目記事を受け取ろう

もう迷わない!お勧めのWi-Fiルーターメーカー厳選4社と取扱店

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

君得ネット|聞いて得する情報サイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


CAPTCHA


関連記事

  • GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンとY!mobile

  • これは快適!携帯出来るWi-Fiルーターを実現出来るネットワーク機器とは?

  • 【解決】Macユーザー向けのお勧めなモバイルWi-Fiルーターはどれ?

  • WiMAX VS LTE。それぞれの特徴と2018年の今選ぶべきサービスは?

  • スマホとWi-Fiルーターを組み合わせて使うメリットってあるの?

  • 必見!一人暮らしのWi-Fi環境、後悔のないベストな選択肢は?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。